« 第439回:閣議決定された著作権法改正案の条文 | トップページ

2021年5月23日 (日)

第440回:JavaのAPI利用に関するアメリカ最高裁フェアユース判決

 前々回取り上げた特許法等改正案が、5月13日の参議院経済産業委員会で全会一致で可決され、14日の参議院本会議で可決・成立した。前回取り上げた著作権法改正案も、14日の衆議院文部科学委員会で全会一致で可決され、18日の衆議院本会議で可決されて参議院に送られ、20日の参議院文教科学委員会で趣旨説明がされた所なので、じきに委員会で審議され、本会議で可決・成立となるだろう。(それぞれ、衆議院のインターネット審議中継、参議院のインターネット審議中継参照。)

 その間に、4月5日に、アメリカの最高裁判所が、JavaのAPI利用はフェアユースであるとする判決を出した。これは、技術的な事も絡み、アメリカにおけるフェアユースの考え方とその広がりを見る上で非常に興味深いものと思うので、今回は、この判決について紹介する。

 まず、その判決(pdf)の最初の概要部分を以下に訳出する。

Oracle America, Inc., owns a copyright in Java SE, a computer platform that uses the popular Java computer programming language. In 2005, Google acquired Android and sought to build a new software platform for mobile devices. To allow the millions of programmers familiar with the Java programming language to work with its new Android platform, Google copied roughly 11,500 lines of code from the Java SE program. The copied lines are part of a tool called an Application Programming Interface (API). An API allows programmers to call upon prewritten computing tasks for use in their own programs. Over the course of protracted litigation, the lower courts have considered (1) whether Java SE's owner could copyright the copied lines from the API, and (2) if so, whether Google's copying constituted a permissible "fair use" of that material freeing Google from copyright liability. In the proceedings below, the Federal Circuit held that the copied lines are copyrightable. After a jury then found for Google on fair use, the Federal Circuit reversed, concluding that Google's copying was not a fair use as a matter of law. Prior to remand for a trial on damages, the Court agreed to review the Federal Circuit's determinations as to both copyrightability and fair use.

Held: Google's copying of the Java SE API, which included only those lines of code that were needed to allow programmers to put their accrued talents to work in a new and transformative program, was a fair use of that material as a matter of law. Pp. 11-36.

(a) Copyright and patents, the Constitution says, serve to "promote the Progress of Science and useful Arts, by securing for limited Times to Authors and Inventors the exclusive Right to their respective Writings and Discoveries." Art. I, §8, cl. 8. Copyright encourages the production of works that others might cheaply reproduce by granting the author an exclusive right to produce the work for a period of time. Because such exclusivity may trigger negative consequences, Congress and the courts have limited the scope of copyright protection to ensure that a copyright holder's monopoly does not harm the public interest.

This case implicates two of the limits in the current Copyright Act. First, the Act provides that copyright protection cannot extend to "any idea, procedure, process, system, method of operation, concept, principle, or discovery . . . ." 17 U. S. C. §102(b). Second, the Act provides that a copyright holder may not prevent another person from making a "fair use" of a copyrighted work. §107. Google's petition asks the Court to apply both provisions to the copying at issue here. To decide no more than is necessary to resolve this case, the Court assumes for argument's sake that the copied lines can be copyrighted, and focuseson whether Google's use of those lines was a "fair use." Pp. 11-15.

(b) The doctrine of "fair use" is flexible and takes account of changes in technology. Computer programs differ to some extent from many other copyrightable works because computer programs always serve a functional purpose. Because of these differences, fair use has an important role to play for computer programs by providing a context-based check that keeps the copyright monopoly afforded to computer programs within its lawful bounds. Pp. 15-18.

(c) The fair use question is a mixed question of fact and law. Reviewing courts should appropriately defer to the jury's findings of underlying facts, but the ultimate question whether those facts amount to a fair use is a legal question for judges to decide de novo. This approach does not violate the Seventh Amendment's prohibition on courts reexamining facts tried by a jury, because the ultimate question here is one of law, not fact. The "right of trial by jury" does not include the right to have a jury resolve a fair use defense. Pp. 18-21.

(d) To determine whether Google's limited copying of the API here constitutes fair use, the Court examines the four guiding factors set forth in the Copyright Act's fair use provision: the purpose and character of the use; the nature of the copyrighted work; the amount and substantiality of the portion used in relation to the copyrighted work as a whole; and the effect of the use upon the potential market for or value of the copyrighted work. §107. The Court has recognized that some factors may prove more important in some contexts than in others. Campbell v. Acuff-Rose Music, Inc., 510 U. S. 569, 577. Pp. 21-35.

(1) The nature of the work at issue favors fair use. The copied lines of code are part of a "user interface" that provides a way for programmers to access prewritten computer code through the use of simple commands. As a result, this code is different from many other types of code, such as the code that actually instructs the computer to execute a task. As part of an interface, the copied lines are inherently bound together with uncopyrightable ideas (the overall organization of the API) and the creation of new creative expression (the code independently written by Google). Unlike many other computer programs, the value of the copied lines is in significant part derived from the investment of users (here computer programmers) who have learned the API's system. Given these differences, application of fair use here is unlikely to undermine the general copyright protection that Congress provided for computer programs. Pp. 21-24.

(2) The inquiry into the "the purpose and character" of the use turns in large measure on whether the copying at issue was "transformative," i.e., whether it "adds something new, with a further purpose or different character." Campbell, 510 U. S., at 579. Google's limited copying of the API is a transformative use. Google copied only what was needed to allow programmers to work in a different computing environment without discarding a portion of a familiar programming language. Google's purpose was to create a different task-related system for a different computing environment (smartphones) and to create a platform - the Android platform - that would help achieve and popularize that objective. The record demonstrates numerous ways in which reimplementing an interface can further the development of computer programs. Google's purpose was therefore consistent with that creative progress that is the basic constitutional objective of copyright itself. Pp. 24-28.

(3) Google copied approximately 11,500 lines of declaring code from the API, which amounts to virtually all the declaring code needed to call up hundreds of different tasks. Those 11,500 lines, however, are only 0.4 percent of the entire API at issue, which consists of 2.86 million total lines. In considering "the amount and substantiality of the portion used" in this case, the 11,500 lines of code should be viewed as one small part of the considerably greater whole. As part of an interface, the copied lines of code are inextricably bound to other lines of code that are accessed by programmers. Google copied these lines not because of their creativity or beauty but because they would allow programmers to bring their skills to a new smartphone computing environment. The "substantiality" factor will generally weigh in favor of fair use where, as here, the amount of copying was tethered to a valid, and transformative, purpose. Pp. 28-30.

(4) The fourth statutory factor focuses upon the "effect" of the copying in the "market for or value of the copyrighted work." §107(4). Here the record showed that Google's new smartphone platform is not a market substitute for Java SE. The record also showed that Java SE's copyright holder would benefit from the reimplementation of its interface into a different market. Finally, enforcing the copyright on these facts risks causing creativity-related harms to the public. When taken together, these considerations demonstrate that the fourth factor - market effects - also weighs in favor of fair use. Pp. 30-35.

(e) The fact that computer programs are primarily functional makes it difficult to apply traditional copyright concepts in that technological world. Applying the principles of the Court's precedents and Congress' codification of the fair use doctrine to the distinct copyrighted work here, the Court concludes that Google's copying of the API to reimplement a user interface, taking only what was needed to allow users to put their accrued talents to work in a new and transformative program, constituted a fair use of that material as a matter of law. In reaching this result, the Court does not overturn or modify its earlier cases involving fair use. Pp. 35-36.

886 F. 3d 1179, reversed and remanded.

オラクルアメリカ社は、良く使われるJavaコンピュータプログラミング言語を利用するコンピュータプラットフォームであるJavaSEの著作権者である。2005年に、グーグルはアンドロイドを取得し、モバイル機器のための新たなソフトウェアプラットフォームを構築しようとした。Javaプログラミング言語に馴れ親しんだ数百万のプログラマーが新しいアンドロイドプラットフォームで働ける様にするため、グーグルはおよそ11500行のコードをJavaSEプラットフォームからコピーした。コピーされた行はアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)と呼ばれるツールの部分である。APIはプログラマーにその自身のプログラムにおける利用のために前もって書かれている計算タスクを呼び出す事を可能とするものである。長期に渡る訴訟経過の中で、下級審は、(1)JavaSEの権利者はAPIのコピーされた行について著作権を持ち得るか、(2)もしそうであるなら、グーグルのコピー行為はこのマテリアルの許される「フェアユース(公正利用)」となり、グーグルを著作権侵害責任から免除するかについて判断して来た。下の審理において、連邦裁判所は、コピーされた行は著作権保護の対象であると判示した。そして、陪審員がグーグルについてフェアユースとした後、連邦裁判所はそれを覆し、法律事項として、グーグルのコピー行為はフェアユースではないと結論づけた。賠償の審理のために差し戻すより先に、当裁判所は連邦裁判所の著作権保護対象性とフェアユースの両方に関する判断について再審理する事に同意した。

判示:プログラマーがその獲得した才能により新しく変形的なプログラムについて働く事を可能とするのに必要なものであるコード行のみを含む、グーグルのJavaSE APIのコピー行為は、法律事項として、そのマテリアルのフェアユースである。第11~36ページ。

(a)憲法は、著作権及び特許は「限定された期間において著作者と発明者にそれぞれの著作と発見について排他的権利を保証する事により科学と有用な芸術の進歩を促進するためのものである」と言っている(第1条第8節第8項)。著作物は他人が安価に複製可能なものであり得るが、著作権はある期間著作物を製造する排他的権利を著作者に付与する事によりその製造を促すものである。この様な排他性はネガティブな結果を引き起こし得るものであるから、議会と裁判所は、著作権者の独占が公益を害さない事を保証するために著作権保護の範囲を限定して来た。

本ケースにおいては、現行の著作権法における2つの限定が関係している。第1に、この法は、著作権の保護は「いかなるアイデア、手続き、プロセス、システム、実行方法、概念、原理、又は発見・・・」には及ばないと規定している(アメリカ合衆国法第17編(著作権法)第102条(b))。第2に、この法は、著作権者は他人が著作物について「フェアユース」をする事を止められないと規定している(第107条)。グーグルの訴えは、これらの規定を問題のコピー行為に適用する事を裁判所に求めるものである。本ケースを解決するのに必要以上の事を判断しないよう、当裁判所は、議論のために、コピーされた行は著作保護の対象であり得ると仮定し、グーグルのこれらの行の利用がフェアユースであるかに集中する。第11~15ページ。

(b)「フェアユース」の法理は柔軟であり、技術の変化を考慮に入れるものである。コンピュータプログラムは常に機能的な目的に使われるものであるから、コンピュータプログラムはある程度他の多くの著作物とは異なるものである。この様な違いのために、フェアユースは、コンピュータプログラムに与えられる独占をその適法な範囲に留める、文脈に基づくチェックを提供する事により、コンピュータプログラムに対して重要な役割を果たす。第15~18ページ。

(c)フェアユースの問題は事実と法律の混合問題である。再審査法廷は、陪審員による前提となる事実認定に適切に従うべきであるが、その事実からフェアユースとなるかの最終的な問題は法的な問題であり、判事が再審理する事ができる。ここでの最終的な問題は法律の問題であり、事実の問題ではないから、このアプローチは、修正第7条の陪審員による判断された事実の法廷による再審査の禁止に反するものではない。「陪審員による審理の権利」は、フェアユースの抗弁を陪審員が解決する権利を含むものではない。第18~21ページ。

(d)グーグルの限定的なAPIのコピー行為がフェアユースとなるかについて判断するため、当裁判所は、著作権法のフェアユース規定に定められた4つの主要要素を検討する:利用の目的及び性質;著作物の性質;著作物全体との関係で利用された部分の量及び本質性;並びに著作物の潜在的市場又は価値に対するその利用の影響(第107条)。当裁判所は、幾つかの要素が、ある文脈において他より重要なものと考えられる事を認めて来た(キャンベル事件判決)。第21~35ページ。

(1)問題となる著作物の性質はフェアユースに有利である。コピーされたコード行は、プログラマーに単純なコマンドの利用によって前もって書かれているコンピューターコードにアクセスする方法を提供する「ユーザインターフェース」の部分である。つまり、このコードは、コンピュータによるタスクの実行を実際に指示するコードの様な他の多くの種類のコードとは異なる。インターフェース部分として、コピーされた行は著作権保護対象を有しないアイデア(APIの全体的な構成)及び新たな創作的表現(グーグルによって独立に書かれたコード)と本質的に結びついている。他の多くのコンピュータプログラムと違い、コピーされた行の価値はその大部分がAPIシステムを学んだ利用者(コンピュータプログラマー)の投資に由来するものである。この様な違いがある事から、ここでのフェアユースの適用は議会がコンピュータプログラムについて規定した一般的な著作権保護を危うくするものとはならないであろう。第21~24ページ。

(2)利用の「目的及び性質」に関する調査は、多く、そのコピー行為が「変形的」であるか、すなわち、それが「さらなる他の目的又は異なる性質とともに新しい何かを追加する」かに帰着する(キャンベル事件判決)。グーグルのAPIの限定的なコピー行為は変形利用である。グーグルは、プログラマーが異なるコンピューティング環境において慣れ親しんだプログラミング言語の一部分を捨てずに働く事を可能にするのに必要なだけのものをコピーした。グーグルの目的は異なるコンピューティング環境(スマートフォン)のために異なるタスク関連システムを作り出し、その目標を達成して広める事に役立つプラットフォーム-アンドロイドプラットフォーム-を作り出す事にある。記録は、インターフェースの再実装によりさらなるコンピュータプログラムの開発が可能となる数多くのやり方を示している。したがって、グーグルの目的は著作権自体の憲法上の基本的な目的である創作的進歩と合致する。第24~28ページ。

(3)グーグルは、APIから、仮想的に何百かの異なるタスクを呼び出すのに必要な全ての宣言コードに及ぶ約11500行の宣言コードをコピーした。これらの11500行は、しかしながら、全体で286万行からなる、問題となるAPI全体の0.4%に過ぎない。本ケースにおける「利用された部分の量及び本質性」を考慮するにあたり、11500コード行は遥かに大きな全体の1小部分と見られるべきである。インターフェース部分として、コピーされたコード行は、プログラマーによってアクセスされる他のコード行と分離不能な形で結びついている。グーグルがこれらの行をコピーしたのは、その創作性又は美しさのためではなくそれによりプログラマーがその技能を新しいスマートフォンコンピューティング環境に持ち込む事を可能とするためである。「本質性」の要素は、ここでの様に、コピー行為の量が妥当なかつ変形の目的に結びついている場合には、一般的にフェアユースに有利に働く。第28~30ページ。

(4)第4の法定要素は、「著作物の潜在的市場又は価値」におけるコピー行為の「影響」に焦点をあてている(第107条第4項)。ここで、記録は、グーグルの新しいスマートフォンプラットフォームはJavaSEの代替市場ではない事を示している。記録は、また、JavaSEの著作権者はそのインターフェースの他の市場への再実装から利益を受けるであろう事も示している。最後に、この事実に基づき、著作権をエンフォースする事は公衆に対し創造性に関して害をもたらす恐れがある。これらの事を考え合わせると、これらの考察は、第4の要素-市場への影響-もフェアユースに有利に働く事を示している。第30~35ページ。

(e)コンピュータプログラムが主として機能的なものであるという事実は伝統的な著作権の概念をこの技術的な世界に適用する事を困難にしている。本ケースにおける独特な著作物に当裁判所の判例と議会の法制化によるフェアユースの法理を適用する事により、当裁判所は、プログラマーがその獲得した才能により新しく変形的なプログラムについて働く事を可能とするのに必要なもののみを取る、ユーザインターフェースを再実装するためのグーグルのAPIのコピー行為は、法律事項として、そのマテリアルのフェアユースとなると結論づける。この結論に至るにあたり、当裁判所はそのフェアユースに関する先例を覆したり、修正したりはしていない。第35~36ページ。

連邦裁判決は破棄され、差し戻される。

 今回のアメリカ最高裁判決のポイントは上の概要部分に良くまとめられているが、ここでコピーされたコード行と書かれているJavaのAPIは、判決の第7ページで以下の様に書かれている様に、Java言語プラットフォームの実行コードそのもの(プログラムと言う時に通常想定されるもの)ではなく、プログラマーがプログラムを書く際に利用する、宣言コードのみである事に注意が必要である。(以下で参考として一緒に付録Bのダイヤグラム表も引用しておく。)

Now let us consider the example that the District Court used to explain the precise technology here. Id., at 980-981. A programmer wishes, as part of her program, to determine which of two integers is the larger. To do so in the Java language, she will first write java.lang. Those words (which we have put in bold type) refer to the "package" (or by analogy to the file cabinet). She will then write Math. That word refers to the "class" (or by analogy to the drawer). She will then write max. That word refers to the "method" (or by analogy to the recipe). She will then make two parentheses ( ). And, in between the parentheses she will put two integers, say 4 and 6, that she wishes to compare. The whole expression - the method call - will look like this: "java.lang.Math.max(4, 6)." The use of this expression will, by means of the API, call up a task-implementing program that will determine the higher number.

In writing this program, the programmer will use the very symbols we have placed in bold in the precise order we have placed them. But the symbols by themselves do nothing. She must also use software that connects the symbols to the equivalent of file cabinets, drawers, and files. The API is that software. It includes both the declaring code that links each part of the method call to the particular task-implementing program, and the implementing code that actually carries it out. (For an illustration of this technology, see Appendix B, infra.)

Now we can return to the copying at issue in this case. Google did not copy the task-implementing programs, or implementing code, from the Sun Java API. It wrote its own task-implementing programs, such as those that would determine which of two integers is the greater or carry out any other desired (normally far more complex) task. This implementing code constitutes the vast majority of both the Sun Java API and the API that Google created for Android. App. 212. For most of the packages in its new API, Google also wrote its own declaring code. For 37 packages, however, Google copied the declaring code from the Sun Java API. Id., at 106-107. As just explained, that means that, for those 37 packages, Google necessarily copied both the names given to particular tasks and the grouping of those tasks into classes and packages.

ここで、地方裁判所が正確な技術について説明するのに使った例を考えよう。プログラマーが、そのプログラムの部分として、2つの整数のどちらが大きいかを決定したいとする。Java言語においてそうするために、プログラマーは、まず、java.langと書く。これらの語(私たちが太字にしたもの)は「パッケージ」(又は例えて言うならファイルキャビネットに相当する)を参照するものである。そして、プログラマーはMathと書く。この語は「クラス」(又は例えて言うなら引き出しに相当する)を参照するものである。そして、プログラマーは、maxと書く。この語は「メソッド」(又は例えて言うならレシピに相当する)。そして、プログラマーは2つの括弧( )を書く。そして、括弧の間にプログラマーは比較したい2つの整数、例えば4と6、を入れる。全体の表現-メソッドコール-は次の様になる:「java.lang.Math.max(4, 6)」。この表現の利用は、APIの手段によって、より大きな数を決定するタスク実行プログラムを呼び出す。

このプログラムを書くにあたり、プログラマーは、私たちが太字にした記号そのものを私たちが置いた順序通りに正確に利用する。しかし、記号はそれ自体では何もしない。プログラマーは、その記号を、ファイルキャビネット、引き出し及びファイルの等価物に繋げるソフトウェアも使わなくてはならない。APIがそのソフトウェアである。それは、メソッドコールのそれぞれの部分を個別のタスク実行プログラムに結びつける宣言コード及びそれを実際に実行する実行コードの両方を含んでいる。

ここで、私たちは、本ケースにおいて問題となるコピー行為に戻る。グーグルはサンのJavaAPIからタスク実行プログラムや実行コードをコピーしていない。グーグルは、2つの整数の内どちらが大きいかを決めるものや他の求める(通常はより遥かに複雑な)タスクを実行するものなどについて、自身のタスク実行プログラムを書いた。この実行コードはサンのJavaAPIとグーグルがアンドロイドのために作り出したAPIの大部分を構成している(地裁判決付録第212ページ)。その新しいAPIのパッケージのほとんどについて、グーグルは自身の宣言コードを書く事もしている。しかしながら、37のパッケージについて、グーグルはサンのJavaAPIから宣言コードをコピーした(同判決第106~107ページ)。今説明した通り、この事は、これらの37のパッケージについて、グーグルは必然的に個別のタスクに与えられた名前とパッケージとクラスにおけるこれらのタスクのグループ分けをコピーした事を意味する。

(付録Bのダイヤグラム表)

Javaapi_diagram

 さらに、上の概要の判示(a)の様に、ここで宣言コードは著作権保護対象と仮定してフェアユースについて判断するとして、宣言コードが著作権の保護対象か否かに関する明確な判示を避けている事にも留意が必要だが、その上で、アメリカ最高裁は、フェアユースの主要4要素についてそれぞれ判断し、特に、上の概要の(d)(2)の様に、第2要素の利用の目的及び性質について、プログラマーによる利用まで考慮して変形的利用であると、(d)(3)の様に、第3要素の利用部分の量及び本質性について、宣言コードは本質的なものとしてその変形的利用に結びついていると認め、(d)(4)に書かれている通り、第4要素の市場への影響について、APIの囲い込みが公衆の創造性を害する恐れも認め、この様な宣言コードのコピーはフェアユースであると判断しているのは、フェアユースについて一歩踏み込んだ判決と言っていいのではないかと思う。

 本判決のポイントは上記の概要だけでもほぼ掴めるのではないかと思うが、さらに補足として、第3要素と第4要素について書かれている本文から、それぞれキーとなる部分を抜き出して訳出しておくと、以下の様になるだろう。

We do not agree with the Federal Circuit's conclusion that Google could have achieved its Java-compatibility objective by copying only the 170 lines of code that are "necessary to write in the Java language." 886 F. 3d, at 1206. In our view, that conclusion views Google's legitimate objectives too narrowly. Google's basic objective was not simply to make the Java programming language usable on its Android systems. It was to permit programmers to make use of their knowledge and experience using the Sun Java API when they wrote new programs for smartphones with the Android platform. In principle, Google might have created its own, different system of declaring code. But the jury could have found that its doing so would not have achieved that basic objective. In a sense, the declaring code was the key that it needed to unlock the programmers' creative energies. And it needed those energies to create and to improve its own innovative Android systems.

We consequently believe that this "substantiality" factor weighs in favor of fair use.

私たちはグーグルがそのJava互換の目標を「Java言語で書くのに必要な」170コード行のみをコピーする事で達成し得たとする連邦裁判所の結論に同意しない(連邦裁判所判決第1206ページ)。私たちの考えでは、この結論は、グーグルの正当な目標を狭く見過ぎている。グーグルの基本的な目標は単にJavaプログラミング言語をそのアンドロイドシステムで利用可能とする事にあるのではない。それは、プログラマーがアンドロイドプラットフォームでスマートフォンのために新しいプログラムを書く時にサンのJavaAPIを用いていた時の知識と経験を利用可能とする事にある。原理的には、グーグルは宣言コードについて自ら異なるシステムを作り得たであろう。しかし、そうするのはその基本的な目標を達成するものではないと陪審員は判断しただろう。宣言コードはプログラマーの創作的エネルギーを解除するために必要なキーである。そして、自身の革新的なアンドロイドシステムを作り出し、改善するにはそのエネルギーが必要だったのである。

私たちは結果としてこの「本質性」の要素がフェアユースに有利に働くと考える。(第29~30ページ)

Finally, given programmers' investment in learning the Sun Java API, to allow enforcement of Oracle's copyright here would risk harm to the public. Given the costs and difficulties of producing alternative APIs with similar appeal to programmers, allowing enforcement here would make of the Sun Java API's declaring code a lock limiting the future creativity of new programs. Oracle alone would hold the key. The result could well prove highly profitable to Oracle (or other firms holding a copyright in computer interfaces). But those profits could well flow from creative improvements, new applications, and new uses developed by users who have learned to work with that interface. To that extent, the lock would interfere with, not further, copyright's basic creativity objectives. See Connectix Corp., 203 F. 3d, at 607; see also Sega Enterprises, 977 F. 2d, at 1523-1524 ("An attempt to monopolize the market by making it impossible for others to compete runs counter to the statutory purpose of promoting creative expression"); Lexmark Int'l, 387 F. 3d, at 544 (noting that where a subsequent user copied a computer program to foster functionality, it was not exploiting the programs "commercial value as a copyrighted work" (emphasis in original)). After all, "copyright supplies the economic incentive to [both] create and disseminate ideas," Harper & Row, 471 U. S., at 558, and the reimplementation of a user interface allows creative new computer code to more easily enter the market.

最後に、サンのJavaAPIの学習に対するプログラマーたちの投資があるとして、ここで、オラクルの著作権のエンフォースを認める事は公衆に害をなす恐れがあるだろう。プログラマーに対して似た訴求力を持つ代替APIを作成する事につき費用と困難性があるとして、ここで、エンフォースメントを認める事はサンのJavaAPIの宣言コードを新しいプログラムの未来の創作性を制限するロックとしてしまうだろう。オラクルだけがその鍵を持つ事になるだろう。この結果はオラクル(又はコンピュータインターフェースの著作権を有する他の企業)に高い利益をもたらす事だろう。しかし、この利益は、そのインターフェースで働く事を学んだユーザによって開発された創作的改善、新しいアプリケーション及び新しい利用から流入して来るものだろう。その限りで、このロックは、それ以上行かずとも、著作権の基本的な創作の目的を阻害する。コネクティックス事件判決第607ページ参照;セガ事件判決第152ページ参照(「競争する事を他者に不可能にする事によって市場を独占しようとする試みは創造的表現を促進するという法定の目的に反する」)。レックスマーク事件判決第544ページ参照(後のユーザが機能を育てるためにコンピュータプログラムをコピーした場合、それはプログラムの「著作物としての商業的価値」を利用したのではないと指摘)。結局の所、「著作権はアイデアの創作と普及[の両方]に経済的インセンティブを与える」(ハーパー&ロー事件判決第558ページ)ものであり、ユーザインターフェースの再実装は、より容易に市場に入る事を可能とする、新しい創作的コンピュータコードを可能とするのである。(第34~35ページ)

 このケースは、宣言コードは著作権保護対象でないとする事によっても同じ著作権非侵害の結論を出せたとは思うが(地裁判決ではその様な判断がされていた事もある)、そうしてしまうと、今度は自ら実行コードを書けば誰でもプログラミング言語の互換プラットフォームを提供できるという事になり、それはそれで逆の影響が大きく出かねないので、アメリカ最高裁は、著作権保護対象性についての判断を避け、グーグルのアンドロイドプラットフォームにおける部分としてのJavaAPIの宣言コードの利用についてフェアユースが適用されるとだけ言ってぎりぎりの解決を図ったものとも見られる。

 判決本文の細部や反対意見の訳出はここでは省略するが、この裁判が10年近くの長期に渡り裁判所間で行き来を繰り返している事や、一人の判事がその反対意見において同じ事実から真逆の著作権侵害の結論を導き出している事などからも、このケースはかなり微妙なものと知れる。その中で、この判決は、上で書いた通り、その部分だけを取り出して見れば、本質的な部分であるAPIの宣言コードの本来的な利用であるにも関わらず、ユーザ・利用者であるプログラマーによる利用まで考慮して変形的利用と捉え、APIの囲い込みが公衆の創造性を害する恐れも認めてフェアユースであるとした点で非常に興味深いものである。

 この判決が結論部分で述べている通り、確かに「コンピュータプログラムが主として機能的なものであるという事実は伝統的な著作権の概念をこの技術的な世界に適用する事を困難にしている」(上の概要部分の(e)又は本文第35ページ)のであって、そもそも著作権は、プログラミング言語のプラットフォームによる囲い込み、すなわち、プログラムやプログラマーそのものの技術的な囲い込みを正当化するべきものではなく、その点でアメリカ最高裁はフェアユースの意義から正しく解釈して結論を出していると私は思う。

 また、このケースはアメリカにおける大手ITプラットフォーマー間の限界紛争事例とも言え、その限りにおいて日本の法律問題に直結するとは思えないが、ひるがえって、日本法ではどうかと考えると、私自身は、この様なプログラム言語の宣言コードは著作物でないか著作権法第10条で著作権法の保護が及ばないとされているプログラム言語の一部であると考え、仮に保護を受ける場合でも第30条の4の思想感情非享受利用の権利制限の適用があると考えるが、それぞれ微妙な所があり、これらについて違う考えを持つ者もいるのではないかと思う。(第30条の4の権利制限の条文とその2018年の法改正経緯については第389回参照。)

 このケースのような限界事例のみをもって日本法についてどうこうと言うつもりは全くないが、日本においても、様々な判例からアメリカ型のフェアユースの意義に関する議論がさらに深められる事を、技術的な利用だけであれば今の第30条の4でそれなりの部分がカバーされているとも思えるが、そこに留まらず、より広く公正利用と考えられる変形利用やビジネス利用も含め著作物の公正利用を促すためにアメリカ型のフェアユースを導入する事が重要であるという考えが広く浸透する事を私は常に願っている。

(2021年5月25日夜の追記:幾つか誤記を直し、合わせ少し文章を整えた。)

|

« 第439回:閣議決定された著作権法改正案の条文 | トップページ

著作権国際動向(アメリカ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第439回:閣議決定された著作権法改正案の条文 | トップページ