2014年4月15日 (火)

第310回:イギリスの著作権法改正案(私的複製の拡充、パロディのための権利制限の創設など)

 今現在特許法等の改正案と著作権法改正案が国会にかかっており、それぞれ衆参の片方を通過しているという状況の中、オバマ米大統領来日を控えてTPP交渉の行方が最も気がかりなのだが、日米交渉の具体的内容はどうにも分からないので、今回は第285回の続きということでイギリスで国会に提出された著作権法改正案の内容について簡単に紹介しておきたい。

 イギリスの権利制限に関する法改正もかなり長い時間がかかっているが、このように国会に法改正案が提出されたことでその動きが止まっていなかったことが分かったのは喜ばしい。その中身は、私的複製関連引用・パロディ関連障害者関連研究・教育・図書館関連行政機関関連と多岐にわたるが、ここでは、特に気になる私的複製関連とパロディ関連について具体的条文がどうなったかということを見て行く。(イギリス政府のリリース、イギリス知的財産庁のリリースcurrent.ndl.go.jpの記事1も参照。)

 まず、私的複製の拡充として著作権法に追加される条文案は以下のようになっている。

28B Personal copies for private use
(1)
The making of a copy of a work, other than a computer program, by an individual does not infringe copyright in the work provided that the copy-
(a)is a copy of-
(i)the individual's own copy of the work, or
(ii)a personal copy of the work made by the individual,
(b)is made for the individual's private use, and
(c)is made for ends which are neither directly nor indirectly commercial.

(2) In this section "the individual's own copy" is a copy which-
(a)has been lawfully acquired by the individual on a permanent basis,
(b)is not an infringing copy, and
(c)has not been made under any provision of this Chapter which permits the making of a copy without infringing copyright.

(3) In this section a "personal copy" means a copy made under this section.

(4) For the purposes of subsection (2)(a), a copy "lawfully acquired on a permanent basis"-
(a)includes a copy which has been purchased, obtained by way of a gift, or acquired by means of a download resulting from a purchase or a gift (other than a download of a kind mentioned in paragraph (b)); and
(b)does not include a copy which has been borrowed, rented, broadcast or streamed, or a copy which has been obtained by means of a download enabling no more than temporary access to the copy.

(5) In subsection (1)(b) "private use" includes private use facilitated by the making of a copy-
(a)as a back up copy,
(b)for the purposes of format-shifting, or
(c)for the purposes of storage, including in an electronic storage area accessed by means of the internet or similar means which is accessible only by the individual (and the person responsible for the storage area).

(6) Copyright in a work is infringed if an individual transfers a personal copy of the work to another person (otherwise than on a private and temporary basis), except where the transfer is authorised by the copyright owner.

(7) If copyright is infringed as set out in subsection (6), a personal copy which has been transferred is for all purposes subsequently treated as an infringing copy.

(8) Copyright in a work is also infringed if an individual, having made a personal copy of the work, transfers the individual's own copy of the work to another person (otherwise than on a private and temporary basis) and, after that transfer and without the licence of the copyright owner, retains any personal copy.

(9) If copyright is infringed as set out in subsection (8), any retained personal copy is for all purposes subsequently treated as an infringing copy.

(10) To the extent that a term of a contract purports to prevent or restrict the making of a copy which, by virtue of this section, would not infringe copyright, that term is unenforceable.

第28B条 私的利用のための個人的複製
第1項
 個人がコンピュータプログラムを除く著作物のコピーを1つ作成することは、そのコピーが以下である場合においてその著作権を侵害しない-
(a)次のいずれかの1つのコピーであって、
(ⅰ)著作物のその個人所有のコピー、又は
(ⅱ)その個人によって作成された著作物の個人的コピー、
(b)その個人の私的利用のために作成され、かつ
(c)直接的にも間接的にも商業的な目的なく作成された場合。

第2項 本条において「個人所有のコピー」とは、そのコピーが以下である場合である-
(a)その個人に持続する形で合法的に入手され、
(b)違法なコピーではなく、
(c)本章で著作権を侵害することなくコピーを作成することができるとしている規定の下で作成されたものでない場合。

第3項 本条において「個人的コピー」は本条の下で作成されたコピーを意味する。

第4項 第2項(a)の目的において、「持続する形で合法的に入手され」たコピーとは-
(a)購入されたか、贈り物として手に入れたか、又は((b)に記載されている種類のダウンロードを除き)購入又は贈り物の結果のダウンロードによって入手したコピーを含み;そして
(b)有償又は無償で貸与されたか、放送されたか、ストリーム送信されたコピー、若しくはそのコピーへの一時的アクセスまでしか可能とされていないダウンロードから手に入れたコピーを含まない。

第5項 第1項(b)において、「私的利用」はコピーの作成が以下として簡単にできるようにされている場合の私的利用を含む-
(a)バックアップコピーとして、
(b)フォーマットシフトを目的として、又は
(c)その個人(及びその蓄積領域に対して責任を有する者)のみがアクセス可能なインターネット又は類似の手段によってアクセスされる電気的蓄積領域へのものを含む、蓄積を目的として。

第6項 著作物における著作権は、著作権者によりその譲渡が許諾されていない限り、(私的かつ一時的な形でなされる場合を除き)個人が著作物の個人的コピーを他の者に譲渡した場合に侵害される。

第7項 第6項で規定される著作権侵害の場合に、譲渡された個人的コピーはあらゆる目的において以後違法なコピーとして扱われる。

第8項 著作物における著作権は、(私的かつ一時的な形でなされる場合を除き)著作物の個人的コピーを作成した個人が著作物の個人所有のコピーを他の者に譲渡し、かつ、その譲渡後に著作権者のライセンスなく個人的コピーを保持した場合にも侵害される。

第9項 第8項に規定される著作権侵害の場合に、保持された個人的コピーはあらゆる目的において以後違法なコピーとして扱われる。

第10項 本条により著作権を侵害しないとされる行為を抑止又は制限しようとする契約条項はその限りにおいて実施できない。

(なお、ここでは省略するが第1B条に録音に関する隣接権に対しても同様の制限規定を設けている。)

 多少細か過ぎる気もしなくはないが、この条文案は、イギリスの今までの検討からほぼそのまま来ているもので、特に、第5項(c)でネット上の個人ストレージも私的複製たり得ることを明確化している点や、第10項で私的複製の権利制限が強行規定とされている点など、デジタル時代に対応した私的複製の形として高く評価できるものである。

 さらに、私的複製と技術的保護手段との間の調整規定も以下のように入っている。

Remedy where restrictive measures prevent or restrict personal copying
296ZEA. (1)
  This section applies where an individual is prevented from making a personal copy of a copyright work, or is restricted in the number of personal copies of it which may be made, because of a restrictive measure applied by or on behalf of the copyright owner.

(2) That individual, or a person being a representative of a class of such individuals, may issue a notice of complaint to the Secretary of State.

(3) Following receipt of a notice of complaint, the Secretary of State may give to the owner of that copyright work or an exclusive licensee such directions as appear to the Secretary of State to be requisite or expedient for the purpose of-
(a)establishing whether any voluntary measure or agreement relevant to the copyright work subsists, or
(b)(where it is established there is no subsisting voluntary measure or agreement) ensuring that the owner or exclusive licensee of that copyright work makes available to the complainant or the class of individuals represented by the complainant the means of benefiting from section 28B to the extent necessary to benefit from that section.

(4) In deciding whether to give such directions, the Secretary of State must consider whether the restrictive measure unreasonably prevents or restricts the making of personal copies, in particular having regard to-
(a)the right of the copyright owner to adopt adequate measures limiting the number of personal copies which may be made, and
(b)whether other copies of the work are commercially available on reasonable terms by or with the authority of the copyright owner in a form which does not prevent or unreasonably restrict the making of personal copies.

(5) The Secretary of State may also give directions-
(a)as to the form and manner in which a notice of complaint in subsection (2) may be delivered,
(b)as to the form and manner in which evidence of any voluntary measure or agreement may be delivered, and
(c)generally as to the procedure to be followed in relation to a complaint made under this section,
and shall publish directions given under this subsection in such manner as the Secretary of State thinks will secure adequate publicity for them.

(6) Subsections (5) to (8) of section 296ZE-
(a)apply to directions under subsection (3)(a) or (b) as they apply to directions under section 296ZE(3)(a) or (b), and
(b)apply to directions under subsection (5) as they apply to directions under section 296ZE(4).

(7) This section does not apply to copyright works made available to the public on agreed contractual terms in such a way that members of the public may access them from a place and at a time individually chosen by them.

(8) In this section-
"restrictive measure" means any technology, device or component designed, in the normal course of its operation, to protect the rights of copyright owners, which has the effect of preventing a copyright work from being copied (in whole or in part) or restricting the number of copies which may be made;
"personal copy" means a copy of a copyright work which may be made under section 28B;
"voluntary measure or agreement" has the same meaning as in section 296ZE, except that the reference to carrying out a permitted act is to be read as a reference to making a personal copy.

(9) Subsections (1) to (8) apply with any necessary adaptations to-
(a)rights in performances, and in this context "personal copy" refers to a copy of a recording of a performance which may be made under paragraph 1B of Schedule 2 without infringing the rights conferred by Chapter 2 of Part II (rights in performances), and
(b)publication right.

個人的にコピーすることを抑止又は制限する制限手段がある場合の救済措置
第296ZA条 第1項
 本条は著作権者又は権利者によって適用された制限手段のために、著作物の個人的コピーを作成することが個人に抑止されているか、作られるべき個人的コピーの数が制限されている場合に適用される。

第2項 その個人又はそのような個人のクラスを代表する者は、国務大臣に申し立てをすることができる。

第3項 申し立ての受理後、国務大臣は以下の目的のため必要又は適切と思われる指示をその著作物の著作権者又は排他的ライセンスを受けた者に出すことができる-
(a)その著作物に関して当事者間に何かしらの措置又は合意が存在しているかどうかを確かめること、又は
(b)(当事者間に措置又は合意が存在していないことが確かめられた場合に)その著作物の著作権者又は排他的ライセンスを受けた者が申し立てをした者又は申し立てをした者によって代表される個人のクラスに第28B条から受けられる便益に必要な限りにおいてその便益を受けられるようにする手段を入手可能とすることを確保すること。

第4項 そのような指示を出すかどうかを決めるにあたって、国務大臣はその制限手段が、特に以下の点に照らして個人的コピーを不合理に抑止又は制限するものであるかどうかを考慮しなければならない-
(a)作成され得る個人的コピーの数を制限する適切な手段を採用する著作権者の権利、及び
(b)著作物の別のコピーが個人的コピーの作成を抑制しないか、不合理に制限することのない形で著作権者の許諾を受け合理的な条件で商業的に入手可能かどうか。

第5項 国務大臣は以下に関する指示を与えることもできる-
(a)第2項の申し立てを送る形式と方法、
(b)当事者間の措置又は合意の証拠を送る形式と方法、及び
(c)本条の下でなされる申し立てが従うべき一般的な手続き、
そして、それらについて適切な公開性が確保されると考えられるやり方で国務大臣は本項において出される指示を公開しなければならない。

第6項 第286ZE条第5項から第8項は-
(a)第296ZE条(訳注:技術的制限手段と権利制限の間の調整規定)第3項(a)又は(b)に適用されるように、本条第3項(a)又は(b)の指示に適用され、そして
(b)第296ZE条第4項の指示に適用されるように、本条第5項の指示に適用される。

第7項 本条は、公衆の各員が任意の時間において任意の場所からに著作物へアクセスできるとする合意契約条項によって公衆に入手可能とされている著作物には適用されない。

第8項 本条において-
「制限手段」とは、著作権者の権利を保護するためにその通常の動作において用いられるあらゆる技術、装置又は設計部品であって、著作物の(全体又は部分の)コピーを抑止するか作成され得る著作物のコピーの数を制限効果を持つものを意味し;
「個人的コピー」とは、第28B条の下で作成され得る著作物のコピーを意味し;
「当事者間の措置又は合意」とは、許可された行為の実施に関する記載を個人的コピーの作成の記載に置き換えて読むことを除き、第296ZE条と同じ意味を有する。

第9項 第1項から第8項は、以下に準用される-
(a)実演における権利、その準用において「個人的コピー」は第2部第2章(実演における権利)から付与される権利を侵害することなく第1B条の下で作成され得る実演の録音録画のコピーを指す、及び
(b)出版権。

 このような救済措置などがどこまで機能するかについては実際の運用を待つ必要があるが、このイギリスの条文案のように、利用者・消費者の便益の保護やその権利も考慮して、私的複製の権利制限を契約との関係で強行規定化することや、技術的保護・制限手段との間の調整をより効果的な形で行うことは日本も含め他の国でももっとあって良いことと私は常々思っている。(文化庁と権利者団体が結託して権利制限関係の話に関する限りほとんど潰すか狭く使いにくいものとして来ている現状の日本では、残念ながらそのような前向きな法改正はかなり望み薄なのだが。)

 また、イギリスではこのように私的複製の拡充をしようとしているが、補償金制度導入の予定はやはりないということをもう1度ここで書いておく。上の条文案のようにフォーマットシフトなど極めて個人的なコピーのみに限られる私的複製に対して補償は不要だろうし、イギリスの補償金制度不採用方針は極めて妥当なものと私も思う。

 次に、パロディに関して追加される予定なのは以下のような条文である。

30A Caricature, parody or pastiche
(1)
Fair dealing with a work for the purposes of caricature, parody or pastiche does not infringe copyright in the work.

(2) To the extent that a term of a contract purports to prevent or restrict the doing of any act which, by virtue of this section, would not infringe copyright, that term is unenforceable.

第30A条 カリカチュア、パロディ又はパスティーシュ
第1項 著作物のカリカチュア、パロディ又はパスティーシュのためのフェアディーリング利用は著作権を侵害しない。

第2項 本条により著作権を侵害しないとされる行為抑止又は制限しようとする契約条項はその限りにおいて実施できない。

(なお、やはり省略するが、第2A条で実演及び録音に関する隣接権に対しても同様の制限規定を設けている。)

 風刺やパロディ、文体模写に関する権利制限もフランスと同等で、条文上特に狭くはされていない。実際の運用次第のところもあるが、このようなパロディ等に関する権利制限が長らくかなり狭いフェアディーリング規定を使って来たイギリスでも入りそうだということは知っておいて損はないだろう。

 これらの権利制限についてガイドラインも合わせて公開されているので、興味のある方は上でリンクを張ったイギリス知的財産庁のリリース中の資料も合わせて御覧頂ければと思う。

 ここから先この法改正案は普通にイギリスの国会を通り、予定通り今年の6月1日には施行されるのではないかと思うが、イギリスの動向については今後も追いかけて行きたいと思っている。

 最後に他のニュースも少しだけ紹介しておくと、current.ndl.go.jpの記事2に書かれている通り、欧州委員会の専門家グループがテキストマイニングのための著作権法改正を求める報告書を公開したりしている。

 また、4月10日にオランダの制度が問題となったケースで欧州司法裁が私的録音録画補償金の支払いにおいて違法複製は考慮されないとする結論自体は妥当な判決を出している。その判決文の中で、欧州司法裁は踏み込み過ぎではないかと私は思うが、合わせオランダはダウンロードを違法化しなければならないという注文がつけられた。既にダウンロード違法化・犯罪化をしてしまっている日本への影響は大してないだろうが、オランダはドイツのようなダウンロード違法化・犯罪化にもフランスのようなストライク法にも与しない国だっただけにこのような判決が出されたのは非常に残念である。(欧州司法裁判所のリリース(pdf)も参照。また、TorrentFreakの記事tweakers.netの記事(オランダ語)で書かれているところによると、オランダ政府はこの欧州司法裁の判決をもって国内法の解釈が変更されたとみなし、ダウンロードが違法化された(民事のみで刑事罰はなし)とするようである。)

 知財本部のことも一言書いておくと、今年は今までの計画の検証に力を入れているようであり、次の知財計画向けのパブコメはいまだに募集されていない。間違い探しのようなちまちました政策項目リストを毎年作ることの方がおかしいので、それならそれで別に構わないし、本来そうあるべき通り政策の検証をきちんとやってもらいたいと思う。

(2014年4月16日夜の追記:誤記を直し、合わせて翻訳と文章に少し手を入れた。)

(2014年6月15日夜の追記:イギリス政府の6月1日のリリースにあるように他の権利制限についてはすんなり入ったようだが、out-law.comの記事やEFFの記事にあるように上で取り上げた私的複製やパロディの権利制限に関する部分は再び国会審議にかけられることになり導入が遅れているようである。遅れているだけでじきに入るとは思うが、念のためここにも追記として書いておく。)

(2014年8月2日夜の追記:ip-watch.orgのブログ記事にもなっているが、イギリス政府のリリースにもある通り、私的複製やパロディの権利制限も7月29日に無事議会を通り、10月施行予定となった。)

(2014年10月1日夜の追記:bbc.comの記事telegraph.co.ukの記事torrentfreak.comの記事になっている通り、今日10月1日に私的複製やパロディの権利制限が無事施行された。)

(2015年8月23日夜の追記:各種記事などになっている通り(gizmodo.jpの記事businessnewsline.comの記事1参照)、イギリスの高等法院の判決(判決1参照)によりこの法改正は無効とされた。twitterでも書いていることだが、念のためにここにも書いておく。これからどうなるのかは何とも分からないが、私的複製についてはイギリスでもさらに揉め続けそうである。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

第285回:著作権政策を巡る欧州でのいくつかの動き(イギリスにおける著作権規制の緩和の検討の続き・欧州連合における著作権関係の検討の開始・欧州人権裁判所の著作権判決)

 今日2月18日に文化庁で文化審議会著作権分科会が開催された(茂木和洋氏の実況ツイート参照)。今年度の審議会はやはり各関係者の言いっ放しで終わっており、どうにもなっていないが、文化庁の動きにも引き続き注意して行くに越したことはないだろう。

 また、例年通りならじきに知財本部でパブコメが募集されるのではないかと思っているが、それまで多少時間があると思うので、ここで少し著作権政策を巡る欧州でのいくつかの動きについて紹介しておきたいと思う。(ここで取り上げた動きについてはtwitterでも多少触れている。なお、フランスで3ストライク法の見直しが行われようとしていることやアメリカでも6ストライクの話が出ていることなどもあるが、これらの話については、「P2Pとかその辺のお話」でフランス関連記事6ストライク関連記事などを書かれているので、リンク先をお読み頂ければと思う。)

(1)イギリスにおける著作権規制の緩和の検討の続き
 まず、gurdian.co.ukの記事にもなっている通り、時間がかなりかかっているものの、イギリスでは著作権法の規制緩和の話が地道に進んでいる。(前回の意見募集の内容については、第261回など参照。)イギリスのビジネス・イノベーション・技能省と知的財産庁の去年の2012年12月20日の共同リリースによると、検討の結果、イギリス政府として、以下のような項目を含む著作権法改正を予定しているそうである。

  • Private copying - to permit people to copy digital content they have bought onto any medium or device that they own, but strictly for their own personal use such as transferring their music collection or eBooks to their tablet, phone or to a private cloud;
  • Education - to simplify copyright licensing for the education sector and make it easier for teachers to use copyright materials on interactive whiteboards and similar technology in classrooms and provide access to copyright works over secure networks to support the growing demand for distance learning handouts for students;
  • Quotation and news reporting - to create a more general permission for quotation of copyright works for any purpose, as long as the use of a particular quotation is “fair dealing” and its source is acknowledged;
  • Parody, caricature and pastiche - to allow limited copying on a fair dealing basis which would allow genuine parody, but prohibit copying disguised as parody;
  • Research and private study - to allow sound recordings, films and broadcasts to be copied for non-commercial research and private study purposes without permission from the copyright holder. This includes both user copying and library copying;
  • Data analytics for non-commercial research - to allow non-commercial researchers to use computers to study published research results and other data without copyright law interfering;
  • Access for people with disabilities - to allow people with disabilities the right to obtain copyright works in accessible formats where a suitable one is not already on the market;
  • Archiving and preservation - to allow museums, galleries, libraries and archives to preserve any type of copyright work that is in their permanent collection which cannot readily be replaced; and
  • Public administration - to widen existing exceptions to enable more public bodies to share proactively third party information online, which would reflect the existing position in relation to the use of paper copies.
  • 私的複製−何かしらの所有媒体又は機器向けに買ったデジタルコンテンツを複製することを人々に許すこと、ただし、音楽コレクション又は電子書籍を自らのタブレット、携帯電話又はプライベートクラウドに移すような自身の私的利用目的のみに限る;
  • 教育−教育分野における著作権ライセンスを容易化し、教室でインタラクティブなホワイトボードや類似の技術を用いて著作権素材を教師が使用することを容易にし、生徒のため遠隔教育教材に関する増大する要求に応えるべくセキュアなネットワーク上で著作物へのアクセスを可能とする;
  • 引用及び時事報道−どのような目的であれ、特定の引用が「フェアディーリング」でその引用元が分かる限り、より広く著作物の引用を認めることとする;
  • パロディ、カリカチュア、パスティーシュ−フェアディーリングの考えに基づき限定的複製を認める、これは真性のパロディを認めるがパロディと偽った複製を禁止するものである;
  • 研究と私的学習−非商業的研究及び私的研究目的の録音、映像及び放送の無許諾複製を認める。これは利用者の複製と図書館の複製の両方を含む;
  • 非商業的研究のためのデータ分析−非商業的研究者に著作権法の干渉を受けることなくコンピュータを使って公表された研究結果や他のデータを研究することを認める:
  • 障害者のためのアクセス−障害のある人々に、適した形式のものが既に市場にない場合にアクセス可能な形式での著作物を入手する権利を認める;
  • アーカイブと保存−博物館、美術館、図書館及び文書館にその永久コレクションにあり、簡単に取り替えがきかないあらゆる種類の著作物の保存を認める;そして
  • 公的行政−既存の例外を拡大し、紙の複製の使用に関して、その立場を反映する、第三者の情報を積極的にオンラインで共有することをより多くの公的機関に可能とする。

 内容的には前回の意見募集時のものからそう大きく変化しているということはなく、イギリスはきちんと利用者と権利者の間のバランスを考えて検討を進めていたものと知れる。実際にいつ頃法案が提出されることになるのかまではやはり良く分からず、本当に法改正が通るまで何とも言えないところはあるが、このような著作権規制緩和の動きがイギリスで地道に続いていることは注目に値するだろう。

(2)欧州連合(EU)における著作権関係の検討の開始
 ロイターの記事techcrunch.comの記事になっているが、EUも著作権法に関して既存の法制の見直しを進めようとしている。

 欧州委員会の2012年12月5日のリリースによると、欧州委員会は、以下の2つを行うことについて合意したとある。

1) Immediate issues for action: launch of stakeholder dialogue
A structured stakeholder dialogue will be launched at the start of 2013 to work to address six issues where rapid progress is needed: cross-border portability of content, user-generated content, data- and text-mining, private copy levies, access to audiovisual works and cultural heritage. The discussions will explore the potential and limits of innovative licensing and technological solutions in making EU copyright law and practice fit for the digital age.
This process will be jointly led by Michel Barnier, Neelie Kroes and Androulla Vassiliou. By December 2013 the College will take stock of the outcome of this dialogue which is intended to deliver effective market-led solutions to the issues identified, but does not prejudge the possible need for public policy action, including legislative reform.

2) Medium term issues for decision-making in 2014
This track will include the completion of the relevant market studies, impact assessment and legal drafting work with a view to a decision in 2014 whether to table legislative reform proposals. The following four issues will be addressed together: mitigating the effects of territoriality in the Internal Market; agreeing appropriate levels of harmonisation, limitations and exceptions to copyright in the digital age; how best to reduce the fragmentation of the EU copyright market; and how to improve the legitimacy of enforcement in the context of wider copyright reform. Based on the outcomes of this process the Commission will decide on the next steps necessary to complete its review of the EU copyright framework.

1)即時行動項目:利害関係者の対話の開始
 2013年の初期から計画的な利害関係者の対話を開始し、進展が必要とされている次の6つの項目に対して働きかける:コンテンツの国境を超えたポータビリティ、ユーザー作成コンテンツ、データ・テキストマイニング、私的複製補償金制度、視聴覚作品及び文化的遺産へのアクセス。議論はデジタル時代に適したEU著作権法及び実務を作る上での革新的で技術的な解決策の可能性及び限界を探ることを目的とする。
 このプロセスはミッシェル・バルニエ、ネーリー・クロエス及びアンドルーラ・ヴァッシリューの皆によって進められる。2013年12月までに、委員会はあげられている項目に対する有効な市場主導の解決策をもたらすことを目的とした対話の成果を受け取ることとするが、法改正を含む公的な政策決定の必要性についての予断を与えることはない。

2)2014年における方針決定のための中期項目
 この項目は、法改正の提案をするかどうかという2014年の決定を目的とし、関連市場調査、インパクト評価及び法改正案の作成までを含む。次の4つの項目が一緒に検討される:域内市場における属地主義の影響の調査;デジタル時代における調和、制限及び例外の適切なレベルに関する合意;EU著作権市場の分断をなくして行く最善の方法;より広い著作権改革の流れにおいて正当なエンフォースメントをどのように改善するべきか。このプロセスの成果に基づき、欧州委員会はEUの著作権法制の見直しを達成するのに必要な今後のステップに関する決定を行う。

 これに関連して、欧州委員会の今年2月4日のリリース関連資料)にある通り、新たなライセンスのため利害関係者の対話を行うとする欧州ライセンスイニシアティブも公表された。(zdnet.comの記事ip-watch.orgの記事も参照。)

 2013年末か2014年中くらいを目処にそれなりの結論を出すとしているが、ここで、この検討項目中に著作権規制の保護強化に関する明確な言及はない上、権利制限・例外も含めて制度の調和を検討しようとしている点は欧州においても著作権保護強化一辺倒の流れがそれなりに変わって来ていることを示しているだろう。このような検討項目の立て方を見るにつけ、欧州議会における海賊版対策条約(ACTA)の否決はかなり大きな意味があったものと思う。

 欧州でもなおいろいろと問題はくすぶっており、このような検討も今のところガス抜きの域を出ず、ここから何が出て来るかはまだ分からない。ただ、どのような形になるにせよ、EUが中長期のスパンで特許と合わせて著作権についても域内で統合を進めようとしているのは確かだろう。(なお、そのリリース日経の記事時事通信の記事にもある通り、EUはやはり欧州単一特許導入の方針を去年の12月に決定しているが、まだ実務的な課題は多く、実際の導入がその計画通り進むかどうか良く分からない。)

(3)欧州人権裁判所の著作権判決
 また、欧州人権裁判所がこの1月10日に著作権に関する判決を出している。このアッシュビー・ドナルド他対フランス政府事件判決は、そのリリース(フランス語)(pdf)に書かれている通り、「欧州人権裁に訴えた、アッシュビー・ドナルド、マルチオ・マデイラ・モラエス及びオリヴィエ・クレッスらは、それぞれアメリカ、ブラジル及びフランス出身で、1958年、1952年及び1958年生まれで、ニューヨーク、パリ及びル・ペルー・シュール・マルヌに住んでいる。彼らはモード写真家である。事件は、クレッス氏が2003年のファッションショーで撮影した写真についてフランスのオートクチュール協会の許可なくその写真をドナルド氏とモラエス氏の管理するモード関連インターネットサイトで公開したことに対して彼らが著作権侵害罪に問われたことに関するものである。これらの者は特に欧州人権宣言第10条(表現の自由)によって保護されているその権利が侵害されたと訴えた」ものであり、最終的に第10条違反ではない(著作権侵害罪が成立するとしたフランスの裁判所の判断は妥当)とされたものだが、著作権問題が欧州人権裁判所まで行くほどになっているという点で興味深いものなので、ここで合わせて紹介しておく。(この判決については、dailymail.co.ukの記事faz.netの記事(ドイツ語)などにもなっている。)

 この判決(フランス語)で、欧州人権裁は、フランスの著作権侵害の判断が欧州人権条約第10条の表現の自由に抵触するかどうかを決めるには、その措置が「民主的な社会において必要」なものかどうかを決める必要があると前置きをした上で、以下のような表現の自由の判断原則について述べている。

i.  La liberte d'expression constitue l'un des fondements essentiels d'une societe democratique, l'une des conditions primordiales de son progres et de l'epanouissement de chacun. Sous reserve du paragraphe 2 de l'article 10, elle vaut non seulement pour les « informations » ou « idees » accueillies avec faveur ou considerees comme inoffensives ou indifferentes, mais aussi pour celles qui heurtent, choquent ou inquietent : ainsi le veulent le pluralisme, la tolerance et l'esprit d'ouverture sans lesquels il n'est pas de « societe democratique ». Telle que la consacre l'article 10, elle est assortie d'exceptions qui appellent toutefois une interpretation etroite, et le besoin de la restreindre doit se trouver etabli de maniere convaincante.
ii.  L'adjectif « necessaire », au sens de l'article 10 § 2, implique un « besoin social imperieux ». Les Etats contractants jouissent d'une certaine marge d'appreciation pour juger de l'existence d'un tel besoin, mais elle se double d'un controle europeen portant a la fois sur la loi et sur les decisions qui l'appliquent, meme quand elles emanent d'une juridiction independante. La Cour a donc competence pour statuer en dernier lieu sur le point de savoir si une « restriction » se concilie avec la liberte d'expression que protege l'article 10.
iii. La Cour n'a point pour tâche, lorsqu'elle exerce son controle, de se substituer aux juridictions internes competentes, mais de verifier sous l'angle de l'article 10 les decisions qu'elles ont rendues en vertu de leur pouvoir d'appreciation. Il ne s'ensuit pas qu'elle doive se borner a rechercher si l'Etat defendeur a use de ce pouvoir de bonne foi, avec soin et de façon raisonnable : il lui faut considerer l'ingerence litigieuse a la lumiere de l'ensemble de l'affaire pour determiner si elle etait « proportionnee au but legitime poursuivi » et si les motifs invoques par les autorites nationales pour la justifier apparaissent « pertinents et suffisants ». Ce faisant, la Cour doit se convaincre que les autorites nationales ont applique des regles conformes aux principes consacres a l'article 10 et ce, de surcroit, en se fondant sur une appreciation acceptable des faits pertinents.

.表現の自由は民主的な社会に必須の基礎の一つであり、その進歩と各自の発達の最も重要な前提条件の一つである。欧州人権条約第10条第2項の留保の下、それは無害なあるいは中立的な「情報」あるいは「思想」のためのみにあるのではなく、耳目をそばだたせたり、人のに衝撃を与えたり、動揺させたりするようなもののためにもあるのである。このようなことこそ多様性、寛容及び開かれた精神が求めていることであり、これらなくして「民主的な社会」はない。第10条は表現の自由をこのように確立しており、それに付随する例外は常に厳格に解釈することを求められ、表現の自由を制限するときその必要性ははっきりと納得が行く形で立証されていなければならない。
.第10条第2項の意味において「必要」との形容詞は、「差し迫った社会的要請」を意味する。加盟国にはこのような要請の存在の判断についてある程度の評価の幅が許されているが、この評価は、法及び法適用決定に対する欧州的管理も受ける。独立した司法の判断として出されたものであってもそうである。すなわち、欧州人権裁はこの「制限」が第10条の保護する表現の自由と合致するかを確かめる点で最終的な決定権限を有する。
.その管理権限を行使するにあたり、欧州人権裁は、各国司法機関に取って代わるのではなく、その評価権限の下に、各国司法機関が出した決定を第10条の観点から確かめることを役割とする。だからと言って、原告となる国がその権限を誠実に用いていたかを注意深く合理的なやり方で確かめることだけに欧州人権裁が留まるということはなく、欧州人権裁は、事件全体を見て、訴訟の対象となっている干渉が「追求する合法的な目的に対してバランスが取れた」ものになっているかと、国家機関がそれを正当化するのに持ち出す理由が「適切で十分」なものと思われるかとを決定しなければならない。そうして、欧州人権裁は、国家機関が第10条で確立されている原則に合致して規則を適用していることを、さらに、適切な事実から受け入れられる評価に基づきそうなっていることを確認するのである。

 このような原則を述べた上で、判決は、制限の余地のない政治的な言論などに比べると、欧州人権条約が商業分野において各国に与えている表現の自由の評価の幅は広く、ファッションショーの写真の無断配信「行為は主として商業的なもの」として、フランスが著作権侵害としたことに表現の自由との間で抵触はないとしている。

 確かにこのケースのように行為がほとんど商業的な取引の中で終止する場合において、行為は主として商業的なものとされ、著作権侵害の判断が妥当とされたのは結果としてやむを得なかったのかも知れないとは思うが、このような著作権事件が欧州人権裁まで行き、原則から考えれば当たり前のこととは言え、表現の自由のような人権が著作権を上回り得ると欧州人権裁が明確に述べているのは非常に興味深いことと思う。

 この判決で述べられている通り、著作権もまた表現の自由など他の人権との調整が必要な権利であることは間違いない。今のところ表現の自由と著作権の関係が問題となる事件をそう見かける訳ではないが、今後、表現の自由の観点から著作権の行使がはっきりと制限されて来るようなケースが国内外で出て来ることも十分に考えられるだろう。世界的に見てあまりに便利に使われてしまっている著作権だが、著作権もまた無敵の権利ではあり得ないのである。

(2013年2月19日夜の追記:誤記を訂正し、また、1カ所翻訳が正確でなかったので修正した(「この厳格解釈の必要性は確かな形で確立されていることである」→「表現の自由を制限するときその必要性ははっきりと納得が行く形で立証されていなければならない」)。)

(2013年3月31日の追記:上のBIS省のリリースにはより詳しい資料へのリンクがないので、念のため、イギリス知的財産庁の方のリリース意見募集回答資料(pdf)へのリンクをここに張っておく。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

第271回:欧米主要国におけるダウンロード違法化・犯罪化を巡る現状

 この6月8日に衆議院文部科学委員会で内閣提出の著作権法改正案(内容については第266回参照)の主旨説明が再度行われ、来週(定例日とすると最も早くて6月13日(水)だろうか)には採決が見込まれている(internet watchの記事も参照)目下この内閣提出の著作権法改正案に対し自公がダウンロード犯罪化のための修正提案を行うことはまず間違いない情勢で、与党の民主党がこれにどう対応するのか私も本当に不安である。

 このダウンロード犯罪化問題について、先日MIAUあるいは津田大介氏が業界団体の議員向けロビー資料を入手し公開してくれた(MIAUのツイートあるいは津田大介氏のツイート参照)。既に海外の法制がどうとか言う次元の問題ではなくなっている気もしているが、この資料の海外の法制に関する記載には到底看過し難い歪んだ理解が多々見られるので、ここでざっと欧米主要国におけるダウンロード違法化・犯罪を巡る状況をまとめて書いておきたいと思う。

(1)アメリカ
 まずアメリカについてだが、単なるダウンロードがフェアユースや表現の自由などとの関係でどう考えられるかが判例まで含めて明確になっている訳ではなく、アメリカは明確なダウンロード違法化・犯罪化国とは言えない。

 アメリカのような判例法の国で、僅かな条文だけを取り上げてどうこう言うのは間違いの元でしかないが、念のため説明しておくと、確かにアメリカの著作権法(アメリカ著作権局の条文ページ参照)に以下のような刑事罰に関する条文がある。(以下、翻訳は全て拙訳。なお、著作権法情報センターの翻訳も参照した。)

第506条 著作権侵害罪
(a)著作権侵害罪
(1)総則−以下の場合に、故意に著作権を侵害した者は、アメリカ合衆国法典第18編第2319条の規定に従い処罰される:
(A)私的な経済的利益を得ること、あるいは商業的利得を得ることを目的として著作権を侵害した場合;
(B)180日間に、著作物の1つ以上のコピー又は録音レコード(合計で1000ドル以上の市価を有する場合に限る)を、電気的手段による場合も含め、複製あるいは頒布し、著作権を侵害した場合;又は
(C)そのような者がその著作物が商業的頒布されるためにあると知っているかそうと知っているに違いない時に、商業的頒布のために作成された著作物をコンピュータネットワーク上で公衆送信可能とすることで著作権を侵害した場合。

(2)証拠−本条の目的において、著作物の複製又は頒布それ自体は故意の著作権侵害を立証するに足らない。
(後略)

(なお、対応するアメリカ刑法第2319条(アメリカ政府印刷局の条文ページ参照)から量刑を見ると、この第506条(1)(A)の場合について、通常は1年以下の懲役又は罰金であり、これが合計2500ドル以上の市価を有する10個以上のコピー又は録音レコードの複製又は頒布による侵害の場合になると5年以下の禁固又は罰金(重い再犯の場合は10年以下)となっており、この第506条(1)(B)の場合について、やはり通常は1年以下の懲役又は罰金で、これが合計2500ドル以上の市価を有する10個以上のコピー又は録音レコードの複製又は頒布による侵害の場合になると3年以下の禁固又は罰金(重い再犯の場合は6年以下)となっている。)

 大体、この条文は1997年の電子窃盗対策法(アメリカ著作権局の解説ページ参照)により導入されたものだが、導入以来10年以上経ちながら、単なるダウンロードに対する刑事訴追例が1件もないという状況が、このような立法の持つ意味と効果を良く表しているだろう(なお、単なるダウンロードを訴えたケースは民事でもないはずである)。ダウンロード犯罪化がどうこう言う以前に、アメリカでは違法ファイル共有に対する大量訴訟の時点で全く上手く行っていないというのが正しい現状認識だろうが、本当にこの条文に基づいて単なるダウンロードを訴追した場合、フェアユースや表現の自由、故意性や証拠による立証の観点から極めて重大な問題を生じさせるに違いない。ついでに言っておくと、このアメリカの著作権侵害に関する刑事規定において小売価格によるクライテリアや立証に関する規定が存在していることも忘れてはいけないだろう。

(2)イギリス
 イギリスについては、著作権法にダウンロードを明確に違法・犯罪とする条文は存在しておらず、またこれを違法・犯罪とする判例も存在していない。

 業界団体のロビー資料にはイギリスでダウンロードが違法化されていると書かれているのは、イギリス著作権法(イギリス政府の条文ページ、著作権情報センターの翻訳も参照)の私的複製に関する権利制限の範囲が非常に狭いため、条文上ダウンロードが入らないように見えるということを言っているのだろうが、これも明確な判例が存在している訳ではなく、やはり判例法の国であるイギリスでダウンロードが明確に違法化されているというのも正しい理解とは言い難い。

 イギリスについては、第261回で紹介したように、私的複製の範囲を広げようとする動きがあるくらいであり、イギリスについて言及しながらこのような権利制限の拡充の動きを無視するのは不公正のそしりを免れないだろう。

 また、第222回で紹介したように、イギリス版ストライク法であるデジタル経済法の話もあるが、これもなお揉め続けており、いまだに実施されていない。(bbc.co.ukの記事参照。)

(3)ドイツ
 ドイツが、世界で唯一ダウンロード違法化・犯罪化を明確に行いかつそれをエンフォースしようとした国であるということは間違っていない。

 しかし、このブログでずっと書いてきているように(第13回第97回第255回など参照)、ドイツは、2007年に、ダウンロード違法化・犯罪化を世界に先駆けて行ったものの、刑事訴訟の乱発を招き、裁判所・警察・検察ともに到底捌ききれない状態に落ち入ったため、2008年に再度法改正を行い、民事的な警告を義務づけ、要求できる警告費用も限定したが、やはり情報開示請求と警告状送付が乱発され、あまり状況は改善せず、今なお消費者団体やユーザーから大反発を招いているという状態にあり、かつダウンロード違法化・犯罪化のお陰でCDの売り上げが伸びたなどということもない(「P2Pとかその辺のお話@はてな」のブログ記事も参照)。大体、ドイツのダウンロード違法化・犯罪化が上手く行っていたら、各地方議会で選挙がある度に海賊党が躍進するといったことがある訳がないだろう(例えば最近のノルトライン・ヴェストファーレン州議会選挙の結果についてrp-online.deの記事など参照)。

(4)フランス
 フランスは3ストライクポリシーの主導国であり、ダウンロード違法化・犯罪化の文脈で持ち出すことは適切ではない。

 ただし、念のために書いておくと、フランスの知的財産法(フランス政府の条文ページ参照)が、2011年12月19日にフランス上下院を通過した法改正(正式名称は、「私的複製補償金に関する法改正案」)により、以下のように、権利制限条項において私的複製のソースを合法ソースに限定する改正がされているのはその通りである。(下線部が追加部分。この最新の法改正は反映されていないが、著作権情報センターの翻訳も参照した。)

第122−5条 公開された著作物について、著作権者は以下のことを禁止できない:
(中略)
第2項 複製を行う者の私的利用に厳密に当てられ、集団的な利用を目的としない、合法ソースからなされる複製又はコピー、ただし、オリジナルの著作物と同じ目的のための利用を意図した美術の著作物のコピー、第122−6−1条第2項に規定されている条件でなされたバックアップコピー以外のプログラムのコピー並びに電子的なデータベースのコピー又は複製を除く。;
(後略)

第221−3条 本編の権利者(訳注:隣接権者)は以下のことを禁止できない:
(中略)
第2項
 複製を行う者の私的利用に厳密に当てられ、集団的な利用を目的としない、合法ソースからなされる複製;
(後略)

 しかし、まずこの法改正は、私的複製補償金に関する合理化の観点から出て来たものであり、ダウンロード違法化・犯罪化を直接的な目的としていないことに注意しておく必要がある。つまり、この法改正は、第105回で紹介した、私的複製補償金は合法の私的複製に対する補償に限られるとする2008年7月のフランス行政裁判所(コンセイユ・デタ)の判決や、第241回で紹介した、欧州指令における私的複製補償金規定の解釈を示した欧州司法裁判所の判決を受けたものであり、フランス議会の法改正ページ中の法改正の検討をざっと見ても、フランス議会の審議では、この条項と私的複製補償金との関係こそ議論されているものの、このような私的複製の範囲の限定と民事訴訟・刑事訴追との関係はほとんど何も議論されていないのである。大体、国としてネット上での海賊版対策についてはストライクポリシーで行くという決定をしている中で、条文のこの部分だけを取り上げてダウンロード違法化・犯罪化であるとあげつらうのはかなり難があるだろう。

(今回は補償金問題に関してはひとまずおくが、フランスでも2008年の判決から法改正に至るまでに3年以上の歳月を要しているということが洋の東西で変わらない補償金問題の難しさを良く示しているだろう。この法改正の詳細については必要であればまた別途紹介しても良いが、一言だけ書いておくとフランスにおける補償金問題はこの法改正後もなお全く落ち着いていない。)

 業界団体の資料では、過去2009年以降フランスでアップロードとダウンロードを一体で訴追したケースがあるということを述べている。しかし、まずアップロードとダウンロードを同時に行うP2Pを用いた違法ファイル共有の場合と単なるダウンロードの場合を混同するのは決して適切でなく、さらに、この間にはストライクポリシーの導入もあり、上の法改正が大統領の署名を受けて成立したのが2011年12月20日のことであることも考えると、2011年4月までの判例を持ち出してあたかもダウンロード違法化・犯罪化が昔からフランスでなされており、その訴追事例もあるかの如き印象操作をしているのは悪質極まりない。フランスについても、単なるダウンロードを訴追したケースは1件もなく、ネット上での海賊版対策はストライクポリシーを主としており、その効果はなお不明であると言う方が正しいだろう。

 なお、フランスにおける3ストライク法の対象は主としてP2Pにおける違法ファイル共有だが、到底上手く行っているとは言い難く、その対象をストリーミングや直接ダウンロードに対して広げようとする法改正の目論見も頓挫し、大統領選で主導者であったサルコジ氏が落選しオランド氏が当選した結果、フランスで3ストライク法そのものについて見直しの機運が高まっていることも見逃せない。(chizai.nikkeibp.co.jpの記事も参照。)

(5)オランダ・スイス
 オランダ・スイスについては、ダウンロードを合法化したというより、ダウンロード違法化の動きが止まったという方が正しい。

 スイスでダウンロード違法化が止まった要因の一つとして確かにスイスにおいては音楽市場の規模が小さく外国の著作物のシェアが高いこともあげられるだろうが、第260回で紹介したスイス政府の報告書にはっきり書かれているように、それだけが要因ではない。スイス政府は、ダウンロード違法化・犯罪化のような法改正にはプライバシーや訴追の限界の問題があること、このような抑圧的手段では効果が見込まれないこと、現行法で対処可能であることなどを正しく認識してこのような判断に至っているのである。

 オランダにおけるダウンロード違法化の動きもかなり複雑でかつ幸いにも止まった話なのであまり紹介して来なかったが、TorrentFreakの記事にも書かれているように、オランダ議会も、市場規模がどうこう言うより、ダウンロード違法化・犯罪化のようなやり方が自由でオープンなインターネットに反すること、プライバシーや表現の自由の観点から問題があること、告発・訴訟の乱発・濫用の懸念があることなどを正しく認識してダウンロード違法化・犯罪化をしないと決定している。(オランダに関することについて必要であればもう少し詳しく紹介しても良い。)

 スイスやオランダでダウンロード違法化・犯罪化の動きが止まったことについて、市場の規模やシェアの話だけを要因として強調するのも極めて悪質な印象操作であると言わざるを得ない。

 最後に、上で書いたことを表にまとめておくと、以下のようになるだろうか。

Download_table
 ダウンロード違法化・犯罪化のような動きについて国内外問わずずっとフォローして来ているが、海外でもこのような立法が成功した例は一つもないという状況には何ら変わりはない。第256回参照。さらにさかのぼってダウンロード違法化問題当時に第40回で書いたことからでもあまり変わっていない。)唯一明確にダウンロード違法化・犯罪化を行ったドイツはその混乱から来る反動が今なお続いており、反面教師としての参考にしかならないだろうし、かえってオランダやスイスのようにプライバシーや表現の自由の観点からの懸念や効果に対する疑問からダウンロード違法化・犯罪化を明確に否定する国も出て来ているくらいなのである。

 自公による修正提案が今国会でどのように扱われるか実に不安だが、例えダウンロード犯罪化が提案されたとしても、不透明極まる与野党談合によることなく特に慎重に審議し、長期に渡り禍根を残すに違いない有害無益なものとして否決されることを私は切に願っている。

(6月11日の追記:誤記を修正するとともに、フランスにおける権利制限規定の翻訳を増やし、一覧表を追加した。共産党の宮本たけし議員の6月10日の日記ページによると、民自公での与野党談合により実質審議なしでダウンロード犯罪化を通そうとしているようだが、宮本たけし議員の言う通り引き続き与野党の議員に対する働きかけは続けて行くべきだろう。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

第261回:イギリスにおける権利制限関係の著作権法改正議論の進展

 この12月22日に日本の私的録音録画補償金裁判でメーカー側実質全面勝訴の高裁判決が出されたり(ITproの記事日経パソコンの記事参照)、アメリカではオンライン海賊対策法案の審議が続いていたりと(「P2Pとかその辺のお話」のブログ記事参照)、最近も話題に事欠かないが、これらの話はひとまず他にまかせ、ここでは、少しずつではあるが進展を見せているイギリスの権利制限関係の著作権法改正議論のことを取り上げる。

 この12月14日にイギリス知的財産庁が開始した著作権法改正に関する意見募集のリリースには、以下のように書かれている。

Government plans to improve UK's copyright laws

Proposals to modernise the copyright system and remove unnecessary barriers to growth were unveiled by the Government today.

The consultation, which follows up the recommendations in the Hargreaves Review of Intellectual Property and Growth, is part of a wider programme of work from government that includes action to tackle online infringement of copyright and to make sure the copyright system best encourages the creation and use of music, books, video and other copyright material.

The proposals include:

Creating an exception to allow limited acts of private copying - for example making it legal to copy a CD to an MP3 player. This move will bring copyright law into line with modern technology and the reasonable expectations of consumers.

Widening the exception for non-commercial research to allow data mining, enabling researchers to achieve new medical and scientific advances from existing research. Currently researchers cannot use some new computer techniques to read data from journal articles which they have already paid to access without specific permission from the copyright owners of each article.

Introducing an exception for parody and pastiche, to give comedians and other people the creative freedom to parody someone else's work without seeking permission from the copyright holder.

Establishing licensing and clearance procedures for `orphan works' (material with unknown copyright owners). This would open up a range of works that are currently locked away in libraries and museums and unavailable for consumer or research purposes.

Introducing provision for voluntary extended collective licensing schemes, which would make it simpler to get permission to use copyrighted works and help ensure rights owners are paid. These schemes would allow authorised collecting societies to license on behalf of all rights holders in a sector (except for those who choose to opt out).

Modernising other exceptions to copyright including those for education, quotation, and people with disabilities.

Minister for Intellectual Property Baroness Wilcox said:

"The Government is focused on boosting growth and some freeing up of existing copyright legislation can deliver real value to the UK economy without risking our excellent creative industries. We are encouraging businesses to come forward with thoughts and evidence on our proposals to help us achieve this.

"It's an exciting time for the development of intellectual property in the UK. We have already appointed Richard Hooper to run a feasibility study into a Digital Copyright Exchange and this consultation is the next step to ensure copyright legislation in the UK keeps up to date with emerging technologies and consumer demand."

The Government is encouraging responses to the consultation which will close on 21 March.

イギリス政府、著作権法の合理化計画を公表

著作権法制を合理化し、成長に対する不必要な障害を取り除くための提案が、今日政府から公表された。

本意見募集は、ハーグリーヴス報告書の提言を受けたものであり、オンラインにおける著作権侵害に対抗し、著作権法制が、音楽、本、動画等の著作物の創造と利用を最も良く促進することを確かなものとするための行動を含む、政府の広い作業計画の一部をなすものである。

この提案は、以下のことを含む:

私的複製の限定的行為を許容する例外の創設-例えば、CDからMP3プレーヤーへのコピーを合法化することなど。このことにより、著作権法は現代の技術と消費者の合理的期待とより合致したものとなる。

既存の研究から新たな医学的、科学的進展を作り出すことを研究者に可能とする、データマイニングを許容するための非商業的研究のための例外の拡充。現行法の下では、それぞれの記事の著作権者からの特別な許諾なしに、既にアクセスのために支払いをしている刊行物の記事からデータを新しいコンピュータ技術を用いて研究者が読み取ることはできない。

著作権者の許諾を求めることなく他人の作品をパロディ化する創造的自由を、喜劇作家他の人々に与えるための、パロディとパスティーシュのための例外の導入。

「孤児作品」(著作権者不明の著作物)のためのライセンス及びクリアランス手続きの確立。このことにより、現行法の下では、図書館及び博物館で秘蔵され、消費者あるいは研究者に入手不能となっている作品のある程度を開くことができる

著作物の利用許諾を得ることを容易とし、権利者への支払いを確かなものとする助けとなるであろう、自主的な集合ライセンスの仕組みの拡充のための規定の導入。この仕組みは、認可を受けた著作権管理団体に(オプト・アウトを選んだ者を除き)あるジャンルの全権利者の代表としてライセンスを行うことを許すものである。

教育、引用及び障害者のための例外等、他の著作権法上の例外の合理化。

バロネス・ウィルコックス知的財産担当大臣は、以下のように述べている:

「イギリス政府は成長の促進に注力しており、現行の著作権法からの解放は、私たちの素晴らしい創造的産業を危険に晒すことなく、イギリスの経済に真の価値をもたらすであろう。このことの達成に力を貸し、見解と証拠をもってこの提案に前向きに取り組んでくれるよう、私たちは産業界に促している。

今は、イギリスにおける知的財産の発展にとって刺激的な時である。私たちは、デジタル著作権取引所について具体的な検討の実行のためにリチャード・フーパーを指名しており、この意見募集は、イギリスにおける著作権法を最新の技術及び消費者の要求と合わせ続けるための次のステップである。」

イギリス政府は、3月21日を〆切とするこの意見募集に対して積極的な意見提出を求めている。

 このリリースだけでも大体のことは分かると思うが、同時に公表された意見募集用資料(pdf)の内容から、イギリス政府が考えている著作権法改正の主なポイントをあげると以下のようになる。

  • 十分な調査をした後、権利者団体あるいは著作権裁判所などの公的機関の許可により、孤児作品を使えるようにすること。
  • 特定の条件を満たす時、著作権団体が、オプトアウト方式で、その所属メンバーだけでなく、あるジャンル全体の代表としてライセンスを与えられるとすること。
  • 著作権団体の規約の最低基準を設定し、遵守しなかった場合に罰を科せるようにすること。
  • 個人利用のための私的複製の例外の導入。
  • 映像や音楽作品も含め複数の保存用コピーが作れるようにし、図書館だけでなく博物館などでも保存用のコピーを作れるようにする、図書館などのための例外の拡充。
  • 全てのメディアをカバーするよう、研究及び私的勉強のための例外の拡充。また、同施設内での研究及び私的勉強のための著作物の電気通信のための例外の導入。
  • 非商業的な研究のためのデータマイニングを目的とした、著作物全体の複製の可能化。
  • パロディ、カリカチュア及びパスティーシュのための例外の導入。
  • 映像や音楽作品も含め、より広い技術で複製が作れるようにし、複製可能な部分の割合を増やし、遠隔教育もカバーできるようにし、教育機関の定義も広げる、教育のための例外の拡充。
  • 障害者の定義を広げ、映像なども含めるようにする、障害者のための例外の拡充。
  • EU指令に合わせる形で、批評以外の目的での引用もカバーできるようにする、批評のための例外の拡充。
  • 関係資料をオンラインで公開できるようにする、行政のための例外の拡充。

 この新たな意見募集は今年5月のハーグリーヴス報告書の提言を受けたもので(イギリス知的財産庁のHP参照)、多くの重要な論点を含んでおり、意見募集用資料で、より一般的な形でのフェアディーリング規定の導入も検討の選択肢として書かれていることも注目に値するが、私が中でも特に注目しているのは、私的複製の権利制限とパロディの権利制限の導入の提案である。

 まず、私的複製の権利制限については、資料の第61ページから書かれているが、特に、第65ページで、以下のように、その多くの問題点を正しく指摘し、私的録音録画補償金を導入しないという方針が明確にされているのは高く評価するに値する。

Private copying levies

EU law permits exceptions for private copying, but requires that if such an exception causes economic harm to copyright owners, then compensation should be provided to them. With this in mind, many EU countries that have wide private copying exceptions have introduced levy systems - charges on certain digital media and devices that enable copying, such as blank DVDs, scanners and computers.

Levies vary considerably between EU states. They are applied to different media and devices at different rates, and appear to bear little relation to the actual harm caused by private copying. In Sweden, a 64GB iPod attracts a 19 euro levy compared with a 1.42 levy in Latvia. There is also inconsistency in the application of levies to different copying devices. For example, only four EU states extend a levy to personal computers and twelve states extend a levy to printers, whereas most apply levies to blank CDs. Most of the cost of levies is borne by consumers through higher prices.

There is evidence that levies are inefficient and inexact methods of compensating copyright owners, and that they distort markets. They also mean that consumers can end up having to pay twice for the right to copy content - once through the price of content when they buy it, and again via a levy when they buy a copying device. Consumers also have to pay levies if they intend to only store content they have generated themselves - for example copying home videos to blank DVDs.
In view of these problems, the Government does not intend to in troduce a private copying levy. To avoid having to implement a system of compensation, we will therefore need to ensure that any harm caused to copyright owners as a result of a private copying exception is kept to a bare minimum .

私的複製補償金

EU法は私的複製のための例外を認めているが、例外が著作権者に経済的害をもたらすようであれば、権利者に補償がなされることを求めている。このことに留意して、私的複製のための広い例外を設けているEU各国の多くは、補償金制度を導入し-空DVDやスキャナー、コンピュータといった、いくつかのデジタル媒体や機器に課金している。

補償金制度はEU各国で大幅に違う。補償金は、異なる媒体と機器に異なる料率で課され、私的複製によってもたらされる現実の害とほとんど関係がないように見える。スウェーデンで、64GBのiPODは19ユーロの補償金を課されるが、これに対し、ラトビアでは1.42ユーロである。様々な複製機器に対する補償金の賦課も一貫性に欠ける。例えば、EU加盟国の内、ほとんどが空CDに補償金を課しているものの、4カ国だけが補償金をPCにも課し、12カ国が補償金をプリンターにも拡大しているという状態である。値段の上昇によって、補償金のコストのほとんどは消費者により負担されている。

補償金が非効率で不正確な権利者への補償の方法であることは明らかである。このことについて、-一度はコンテンツを購入した時の支払いにより、二度目に複製機器を買う時に補償金を通じて-コンテンツを複製する権利に対する消費者の二重払いになり得るということも言われている。自ら作成したコンテンツの保存-例えば、ホームビデオを空DVDに複製するといったような-のみを目的としていたとしても、消費者は補償金を支払うことになる。このような問題に照らし、イギリス政府は、私的複製補償金制度を導入しようとは思わない。したがって、補償制度の導入を避けるべく、私たちは、私的複製の例外によって著作権者にもたらされる害が最小限に留められるようにしなければならないであろう。

 私的複製の権利制限すなわち補償金ではあり得ないのはこのブログではさんざん繰り返して来たことなので、ここでさらにくどくどと言葉を重ねることはしないが、補償金を巡って欧州大陸で繰り広げられている不毛な争いを見てうんざりしているのか、イギリスが私的複製の権利制限を導入しようとしながら欧州各国の二の轍を踏まないように補償金制度の導入を回避しようとしていることは、補償金を巡る世界動向の中で大いに注目すべき1つの動きに違いない。

 そして、技術的保護手段と私的複製の関係を記載している第69ページの以下の部分も興味深い。

Technological protection measures

7.53 As noted above, the Government is able to intervene in cases where an individual cannot use an existing exception due to Digital Rights Management (DRM) or other technological protection measures, to ensure that they are able to exercise the exception. These powers could be extended to apply to the private copying exception.

7.54 The EU Copyright Directive permits us to extend these provisions to allow the Government to intervene when an individual is unable to copy a work for private use, but only in certain circumstances. Such provisions cannot apply to ondemand services, and cannot prevent copyright owners restricting the number of copies that can be made by users of a private copying exception.

7.55 Extending these powers to cover a private copying exception is likely to deliver greater benefits to consumers. Reasonable technological measures that allow consumers to access services at a time and place chosen by them will be unaffected, but individuals will be able to challenge measures that are unduly restrictive and prevent them realising the full benefits of a private copying exception. In view of these potential benefits, we propose to extend these provisions to cover a private copying exception when it is introduced.

技術的保護手段

7.53 上記のように、著作権保護技術(DRM)あるいは他の技術的保護手段のお陰で個人が存在している例外を利用することができない場合に、例外を行使することができるようにするため、政府が介入することはあって良い。この権限は、私的複製にも適用され得るものである。

7.54 個人が著作物を私的利用のためにコピーできない場合に政府が介入することが許されるよう、このような定めを押し進めることは、EU著作権指令上も許されているが、条件もある。これらのような規定は、オンデマンドサービスには提起用され得ず、利用者が私的複製の例外から作ることができるコピーの数を著作権者が制限することを排除することもできない。

7.55 このような権限を私的複製の例外までカバーするように押し進めることは、より大きな利便性を消費者に与えるように思われる。消費者が自ら選んだ時と場所においてサービスにアクセスできるようにする合理的な技術的手段に影響を与えることはなく、私的複製の例外から全ての利便性を引きだそうとすることを阻害する、不当に制限的な手段に対抗することを個人に可能とすることであろう。このような潜在的な利便性の向上のために、私たちはこのような定めを、それが導入された場合に私的複製の例外まで及ぼすことを提案する。

 技術的保護手段によって私的複製の権利制限が逆に制限され得るという問題は、今後、さらに大きなものとして認識が深められて行くことと思うが、ここで、消費者の利便性と権利者の保護のバランスの問題点を正しく認識し、著作権保護技術(DRM)に対して私的複製が優越し得ることを提案しているのは非常に興味深いことである。

 さらに、この資料では、DRMとの関係だけではなく、契約と権利制限の関係についても、第119ページに以下のように書かれている。

7.248 Consistent with its commitment to better regulation, the Government is exploring whether a non-regulatory approach could deliver its policy objectives in this area. However, given the wide range of users and owners of copyright works affected by contracts, it appears unlikely at present that cross-sectoral agreement to preserve the full operation of copyright exceptions will be either achievable or sufficient.

7.249 The Government is, therefore, proposing to introduce a clause, applying to every exception provided by the Copyright Act, which would make clear that any contract term purporting to prohibit or restrict the use of an exception is unenforceable.

7.250 Some exceptions, including those for education and disabled people, explicitly permit licensing of the acts covered by them. The Government will separately consider the merits of these licensed exceptions. To the extent that they are preserved, any licensing scheme explicitly authorised by an exception will not be affected by the contract override clause.

7.248 規制をより良いものとするという責務に従い、政府は、この分野において非規制アプローチでその政策目的が達成されるかどうかについて検討している。しかしながら、契約によって広い範囲の利用者と著作物の権利者が影響を受けており、今のところ、著作権法上の例外を完全に実施可能なものとして維持する部門間の合意が、達成可能かあるいは十分であるようには見えない。

7.249 したがって、政府は、例外の利用を禁止又は制限することを目的とする契約条項が法的強制力を有さないことを明確にする条項を、著作権法によって規定される全ての例外に適用される条項として、導入することを提案する。

7.250 教育や障害者のためのものも含め、いくつかの例外は明示的にそれによってカバーされる行為のライセンスとなっている。政府は、これらのライセンス例外の利点について別々に検討する予定である。それらが維持される限りにおいて、例外によって認められる全てのライセンススキームは、契約によるオーバーライド条項によって影響を受けるべきではない。

 著作権法上の権利制限がDRMだけではなく契約によっても逆にオーバーライドされてしまうことがあり得るのは世の東西を問わず変わらないが、権利制限が設けられていることの趣旨に照らして考えれば、契約による権利制限のオーバーライドは適切でないことも多いだろう。権利制限の全てを強行規定とするべきかと言われれば必ずしもそうではないだろうが、この権利制限と契約の関係も今後さらに整理して行かなければならないものである。

  また、この資料は、それが表現の自由に関わる問題であることを正しく認識し、パロディの権利制限の導入を提言している点も非常にポイントが高い。

 イギリスのことは既に何度かこのブログでも取り上げており、さらに前の話をすれば、2006年にガワーズ報告書の公表、2008年にそれを受けた第1回の意見募集、2009年に第2回の意見募集(第207回参照)と、かなり前からイギリスは同じような検討をずっと続けており、今後どのタイミングで法案が提出されるのかも良く分からないが、今の方針のままきちんと法制化がなされれば、イギリスの著作権法はかなりマシになるだろう。

 ことある度にダウンロード違法化やストライクポリシーなどの抑圧的手段に関する動向ばかり大きく取り上げられるが、このような権利制限に関する動向も決して見過ごされてはならないものである。どこの国でも抑圧的手段の導入が利権団体の政治的圧力によって先にごり押しで通される中、権利制限に関するまともな議論がなかなか進まないのは残念でならないが、そもそもどのような形の法規制が本当に全国民を裨益するのかというところからきちんとした議論がなされることを私は常に願っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

第222回:イギリス下院を通過したデジタル経済法(イギリス版ストライクアウト法)

 第206回で提出時の法案の抄訳を載せたイギリスのデジタル経済法が、反対の声を押し切ってこの4月7日にイギリスの下院を通過し4月8日に成立した(下院における賛成189票対反対47票。ip- watch.orgの記事telegraph.co.ukの記事zdnet.co.ukの記事cnetの記事参照)。フランスでも3ストライク法はいまだに細部が詰め切れておらず今なお実質未施行であることを考えても(PC INpactの記事(フランス語)Numeramaの記事(フランス語)参照)、このイギリス版ストライク法もまだ揉め、実施されたとしても混乱するだけに終わると思うが、念のため、今回は、その通過時点の条文を翻訳しておきたいと思う。

 第206回と同じく、成立したデジタル経済法pdf版イギリス議会の法案HPも参照)から、ネット切断型の違法コピー対策、ストライクポリシーに関する第124A条から第124M条までを以下に抄訳する。

Online infringement of copyright: obligations of internet service providers
124A Obligation to notify subscribers of copyright infringement reports

(1) This section applies if it appears to a copyright owner that—
(a) a subscriber to an internet access service has infringed the owner's copyright by means of the service; or
(b) a subscriber to an internet access service has allowed another person to use the service, and that other person has infringed the owner's copyright by means of the service.

(2) The owner may make a copyright infringement report to the internet service provider who provided the internet access service if a code in force under section 124C or 124D (an "initial obligations code") allows the owner to do so.

(3) A "copyright infringement report" is a report that—
(a) states that there appears to have been an infringement of the owner's copyright;
(b) includes a description of the apparent infringement;
(c) includes evidence of the apparent infringement that shows the subscriber's IP address and the time at which the evidence was gathered;
(d) is sent to the internet service provider within the period of 1 month beginning with the day on which the evidence was gathered; and
(e) complies with any other requirement of the initial obligations code.

(4) An internet service provider who receives a copyright infringement report must notify the subscriber of the report if the initial obligations code requires the provider to do so.

(5) A notification under subsection (4) must be sent to the subscriber within the period of 1 month beginning with the day on which the provider receives the report.

(6) A notification under subsection (4) must include—
(a) a statement that the notification is sent under this section in response to a copyright infringement report;
(b) the name of the copyright owner who made the report;
(c) a description of the apparent infringement;
(d) evidence of the apparent infringement that shows the subscriber's IP address and the time at which the evidence was gathered;
(e) information about subscriber appeals and the grounds on which they may be made;
(f) information about copyright and its purpose;
(g) advice, or information enabling the subscriber to obtain advice, about how to obtain lawful access to copyright works;
(h) advice, or information enabling the subscriber to obtain advice, about steps that a subscriber can take to protect an internet access service from unauthorised use; and
(i) anything else that the initial obligations code requires the notification to include.

(7) For the purposes of subsection (6)(h) the internet service provider must take into account the suitability of different protection for subscribers in different circumstances.

(8) The things that may be required under subsection (6)(i), whether in general or in a particular case, include in particular—
(a) a statement that information about the apparent infringement may be kept by the internet service provider;
(b) a statement that the copyright owner may require the provider to disclose which copyright infringement reports made by the owner to the provider relate to the subscriber;
(c) a statement that, following such a disclosure, the copyright owner may apply to a court to learn the subscriber's identity and may bring proceedings against the subscriber for copyright infringement; and
(d) where the requirement for the provider to send the notification arises partly because of a report that has already been the subject of a notification under subsection (4), a statement that the number of copyright infringement reports relating to the subscriber may be taken into account for the purposes of any technical measures.

(9) In this section "notify", in relation to a subscriber, means send a notification to the electronic or postal address held by the internet service provider for the subscriber (and sections 394 to 396 do not apply).

124B Obligation to provide copyright infringement lists to copyright owners
(1)
An internet service provider must provide a copyright owner with a copyright infringement list for a period if—
(a) the owner requests the list for that period; and
(b) an initial obligations code requires the internet service provider to provide it.

(2) A "copyright infringement list" is a list that—
(a) sets out, in relation to each relevant subscriber, which of the copyright infringement reports made by the owner to the provider relate to the subscriber, but
(b) does not enable any subscriber to be identified.

(3) A subscriber is a "relevant subscriber" in relation to a copyright owner and an internet service provider if copyright infringement reports made by the owner to the provider in relation to the subscriber have reached the threshold set in the initial obligations code.

124C Approval of code about the initial obligations
(1)
The obligations of internet service providers under sections 124A and 124B are the "initial obligations".

(2) If it appears to OFCOM—
(a) that a code has been made by any person for the purpose of regulating the initial obligations; and
(b) that it would be appropriate for them to approve the code for that purpose, they may by order approve it, with effect from the date given in the order.

(3) The provision that may be contained in a code and approved under this section includes provision that—
(a) specifies conditions that must be met for rights and obligations under the copyright infringement provisions or the code to apply in a particular case;
(b) requires copyright owners or internet service providers to provide any information or assistance that is reasonably required to determine whether a condition under paragraph (a) is met.

(4) The provision mentioned in subsection (3)(a) may, in particular, specify that a right or obligation does not apply in relation to a copyright owner unless the owner has made arrangements with an internet service provider regarding—
(a) the number of copyright infringement reports that the owner may make to the provider within a particular period; and
(b) payment in advance of a contribution towards meeting costs incurred by the provider.

(5) The provision mentioned in subsection (3)(a) may also, in particular, provide that—
(a) except as provided by the code, rights and obligations do not apply in relation to an internet service provider unless the number of copyright infringement reports the provider receives within a particular period reaches a threshold set in the code; and
(b) if the threshold is reached, rights or obligations apply with effect from the date when it is reached or from a later time.

(6) OFCOM must not approve a code under this section unless satisfied that it meets the criteria set out in section 124E.

(7) Not more than one approved code may have effect at a time.

(8) OFCOM must keep an approved code under review.

(9) OFCOM may by order, at any time, for the purpose mentioned in subsection (2)—
(a) approve modifications that have been made to an approved code; or
(b) withdraw their approval from an approved code, with effect from the date given in the order, and must do so if the code ceases to meet the criteria set out in section 124E.

(10) The consent of the Secretary of State is required for the approval of a code or the modification of an approved code.

(11) An order made by OFCOM under this section approving a code or modification must set out the code or modification.

(12) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

(13) A statutory instrument containing an order made by OFCOM under this section is subject to annulment in pursuance of a resolution of either House of Parliament.

124D Initial obligations code by OFCOM in the absence of an approved code
(1)
For any period when sections 124A and 124B are in force but for which there is no approved initial obligations code under section 124C, OFCOM must by order make a code for the purpose of regulating the initial obligations.

(2) OFCOM may but need not make a code under subsection (1) for a time before the end of—
(a) the period of six months beginning with the day on which sections 124A and 124B come into force, or
(b) such longer period as the Secretary of State may specify by notice to OFCOM.

(3) The Secretary of State may give a notice under subsection (2)(b) only if it appears to the Secretary of State that it is not practicable for OFCOM to make a code with effect from the end of the period mentioned in subsection (2)(a) or any longer period for the time being specified under subsection (2)(b).

(4) A code under this section may do any of the things mentioned in section 124C(3) to (5).

(5) A code under this section may also—
(a) confer jurisdiction with respect to any matter (other than jurisdiction to determine appeals by subscribers) on OFCOM themselves;
(b) provide for OFCOM, in exercising such jurisdiction, to make awards of compensation, to direct the reimbursement of costs, or to do both;
(c) provide for OFCOM to enforce, or to participate in the enforcement of, any awards or directions made under the code;
(d) make other provision for the enforcement of such awards and directions;
(e) establish a body corporate, with the capacity to make its own rules and establish its own procedures, for the purpose of determining subscriber appeals;
(f) provide for a person with the function of determining subscriber appeals to enforce, or to participate in the enforcement of, any awards or directions made by the person;
(g) make other provision for the enforcement of such awards and directions; and
(h) make other provision for the purpose of regulating the initial obligations.

(6) OFCOM must not make a code under this section unless they are satisfied that it meets the criteria set out in section 124E.

(7) OFCOM must—
(a) keep a code under this section under review; and
(b) by order make any amendment of it that is necessary to ensure that while it is in force it continues to meet the criteria set out in section 124E.

(8) The consent of the Secretary of State is required for the making or amendment by OFCOM of a code under this section.

(9) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

(10) A statutory instrument containing an order made by OFCOM under this section is subject to annulment in pursuance of a resolution of either House of Parliament.

124E Contents of initial obligations code
(1)
The criteria referred to in sections 124C(6) and 124D(6) are—
(a) that the code makes the required provision about copyright infringement reports (see subsection (2));
(b) that it makes the required provision about the notification of subscribers (see subsections (3) and (4));
(c) that it sets the threshold applying for the purposes of determining who is a relevant subscriber within the meaning of section 124B(3) (see subsections (5) and (6));
(d) that it makes provision about how internet service providers are to keep information about subscribers;
(e) that it limits the time for which they may keep that information;
(f) that it makes any provision about contributions towards meeting costs that is required to be included by an order under section 124M;
(g) that the requirements concerning administration and enforcement are met in relation to the code (see subsections (7) and (8));
(h) that the requirements concerning subscriber appeals are met in relation to the code (see section 124K);
(i) that the provisions of the code are objectively justifiable in relation to the matters to which it relates;
(j) that those provisions are not such as to discriminate unduly against particular persons or against a particular description of persons;
(k) that those provisions are proportionate to what they are intended to achieve; and
(l) that, in relation to what those provisions are intended to achieve, they are transparent.

(2) The required provision about copyright infringement reports is provision that specifies—
(a) requirements as to the means of obtaining evidence of infringement of copyright for inclusion in a report;
(b) the standard of evidence that must be included; and
(c) the required form of the report.

(3) The required provision about the notification of subscribers is provision that specifies, in relation to a subscriber in relation to whom an internet service provider receives one or more copyright infringement reports—
(a) requirements as to the means by which the provider identifies the subscriber;
(b) which of the reports the provider must notify the subscriber of; and
(c) requirements as to the form, contents and means of the notification in each case.

(4) The provision mentioned in subsection (3) must not permit any copyright infringement report received by an internet service provider more than 12 months before the date of a notification of a subscriber to be taken into account for the purposes of the notification.

(5) The threshold applying in accordance with subsection (1)(c) may, subject to subsection (6), be set by reference to any matter, including in particular one or more of—
(a) the number of copyright infringement reports;
(b) the time within which the reports are made; and
(c) the time of the apparent infringements to which they relate.

(6) The threshold applying in accordance with subsection (1)(c) must operate in such a way that a copyright infringement report received by an internet service provider more than 12 months before a particular date does not affect whether the threshold is met on that date; and a copyright infringement list provided under section 124B must not take into account any such report.

(7) The requirements concerning administration and enforcement are—
(a) that OFCOM have, under the code, the functions of administering and enforcing it, including the function of resolving owner-provider disputes;
(b) that there are adequate arrangements under the code for OFCOM to obtain any information or assistance from internet service providers or copyright owners that OFCOM reasonably require for the purposes of administering and enforcing the code; and
(c) that there are adequate arrangements under the code for the costs incurred by OFCOM in administering and enforcing the code to be met by internet service providers and copyright owners.

(8) The provision mentioned in subsection (7) may include, in particular—
(a) provision for the payment, to a person specified in the code, of a penalty not exceeding the maximum penalty for the time being specified in section 124L(2);
(b) provision requiring a copyright owner to indemnify an internet service provider for any loss or damage resulting from the owner's failure to comply with the code or the copyright infringement provisions.
...

124G Obligations to limit internet access: assessment and preparation
(1)
The Secretary of State may direct OFCOM to—
(a) assess whether one or more technical obligations should be imposed on internet service providers;
(b) take steps to prepare for the obligations;
(c) provide a report on the assessment or steps to the Secretary of State.

(2) A "technical obligation", in relation to an internet service provider, is an obligation for the provider to take a technical measure against some or all relevant subscribers to its service for the purpose of preventing or reducing infringement of copyright by means of the internet.

(3) A "technical measure" is a measure that—
(a) limits the speed or other capacity of the service provided to a subscriber;
(b) prevents a subscriber from using the service to gain access to particular material, or limits such use;
(c) suspends the service provided to a subscriber; or
(d) limits the service provided to a subscriber in another way.

(4) A subscriber to an internet access service is "relevant" if the subscriber is a relevant subscriber, within the meaning of section 124B(3), in relation to the provider of the service and one or more copyright owners.

(5) The assessment and steps that the Secretary of State may direct OFCOM to carry out or take under subsection (1) include, in particular—
(a) consultation of copyright owners, internet service providers, subscribers or any other person;
(b) an assessment of the likely efficacy of a technical measure in relation to a particular type of internet access service; and
(c) steps to prepare a proposed technical obligations code.

(6) Internet service providers and copyright owners must give OFCOM any assistance that OFCOM reasonably require for the purposes of complying with any direction under this section.

(7) The Secretary of State must lay before Parliament any direction under this section.

(8) OFCOM must publish every report under this section—
(a) as soon as practicable after they send it to the Secretary of State, and
(b) in such manner as they consider appropriate for bringing it to the attention of persons who, in their opinion, are likely to have an interest in it.

(9) OFCOM may exclude information from a report when it is published under subsection (8) if they consider that it is information that they could refuse to discloInformation Act 2000.

24H Obligations to limit internet access
(1)
The Secretary of State may by order impose a technical obligation on internet service providers if—
(a) OFCOM have assessed whether one or more technical obligations should be imposed on internet service providers; and
(b) taking into account that assessment, reports prepared by OFCOM under section 124F, and any other matter that appears to the Secretary of State to be relevant, the Secretary of State considers it appropriate to make the order.

(2) No order may be made under this section within the period of 12 months beginning with the first day on which there is an initial obligations code in force.

(3) An order under this section must specify the date from which the technical obligation is to have effect, or provide for it to be specified.

(4) The order may also specify—
(a) the criteria for taking the technical measure concerned against a subscriber;
(b) the steps to be taken as part of the measure and when they are to be taken.

(5) No order is to be made under this section unless—
(a) the Secretary of State has complied with subsections (6) to (10), and
(b) a draft of the order has been laid before Parliament and approved by a resolution of each House.

(6) If the Secretary of State proposes to make an order under this section, the Secretary of State must lay before Parliament a document that—
(a) explains the proposal, and
(b) sets it out in the form of a draft order.

(7) During the period of 60 days beginning with the day on which the document was laid under subsection (6) ("the 60-day period"), the Secretary of State may not lay before Parliament a draft order to give effect to the proposal (with or without modifications).

(8) In preparing a draft order under this section to give effect to the proposal, the Secretary of State must have regard to any of the following that are made with regard to the draft order during the 60-day period—
(a) any representations, and
(b) any recommendations of a committee of either House of Parliament charged with reporting on the draft order.

(9) When laying before Parliament a draft order to give effect to the proposal (with or without modifications), the Secretary of State must also lay a document that explains any changes made to the proposal contained in the document laid before Parliament under subsection (6).

(10) In calculating the 60-day period, no account is to be taken of any time during which Parliament is dissolved or prorogued either House is adjourned for more than 4 days.

124I Code by OFCOM about obligations to limit internet access
(1)
For any period during which there are one or more technical obligations in force under section 124H, OFCOM must by order make a technical obligations code for the purpose of regulating those obligations.

(2) The code may be made separately from, or in combination with, any initial obligations code under section 124D.

(3) A code under this section may—
(a) do any of the things mentioned in section 124C(3) to (5) or section 124D(5)(a) to (g); and
(b) make other provision for the purpose of regulating the technical obligations.

(4) OFCOM must not make a code under this section unless they are satisfied that it meets the criteria set out in section 124J.

(5) OFCOM must—
(a) keep a code under this section under review; and
(b) by order make any amendment of it that is necessary to ensure that while it is in force it continues to meet the criteria set out in section 124J.

(6) The consent of the Secretary of State is required for the making or amendment by OFCOM of a code under this section.

(7) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

(8) A statutory instrument containing an order made by OFCOM under this section is subject to annulment in pursuance of a resolution of either House of Parliament.

124J Contents of code about obligations to limit internet access
(1)
The criteria referred to in section 124I(4) are—
(a) that the requirements concerning enforcement and related matters are met in relation to the code (see subsections (2) and (3));
(b) that the requirements concerning subscriber appeals are met in relation to the code (see section 124K);
(c) that it makes any provision about contributions towards meeting costs that is required to be included by an order under section 124M;
(d) that it makes any other provision that the Secretary of State requires it to make;
(e) that the provisions of the code are objectively justifiable in relation to the matters to which it relates;
(f) that those provisions are not such as to discriminate unduly against particular persons or against a particular description of persons;
(g) that those provisions are proportionate to what they are intended to achieve; and
(h) that, in relation to what those provisions are intended to achieve, they are transparent.

(2) The requirements concerning enforcement and related matters are—
(a) that OFCOM have, under the code, the functions of administering and enforcing it, including the function of resolving owner-provider disputes;
(b) that there are adequate arrangements under the code for OFCOM to obtain any information or assistance from internet service providers or copyright owners that OFCOM reasonably require for the purposes of administering and enforcing the code; and
(c) that there are adequate arrangements under the code for the costs incurred by OFCOM in administering and enforcing the code to be met by internet service providers and copyright owners.

(3) The provision made concerning enforcement and related matters may also (unless the Secretary of State requires otherwise) include, in particular—
(a) provision for the payment, to a person specified in the code, of a penalty not exceeding the maximum penalty for the time being specified in section 124L(2);
(b) provision requiring a copyright owner to indemnify an internet service provider for any loss or damage resulting from the owner's infringement or error in relation to the code or the copyright infringement provisions.
...

124K Subscriber appeals
(1)
The requirements concerning subscriber appeals are—
(a) for the purposes of section 124E(1)(h), the requirements of subsections (2) to (8); and
(b) for the purposes of section 124J(1)(b), the requirements of subsections (2) to (11).

(2) The requirements of this subsection are—
(a) that the code confers on subscribers the right to bring a subscriber appeal and, in the case of a technical obligations code, a further right of appeal to the First-tier Tribunal;
(b) that there is a person who, under the code, has the function of determining subscriber appeals;
(c) that that person is for practical purposes independent (so far as determining subscriber appeals is concerned) of internet service providers, copyright owners and OFCOM; and
(d) that there are adequate arrangements under the code for the costs incurred by that person in determining subscriber appeals to be met by internet service providers, copyright owners and the subscriber concerned.

(3) The code must provide for the grounds of appeal (so far as an appeal relates to, or to anything done by reference to, a copyright infringement report) to include the following—
(a) that the apparent infringement to which the report relates was not an infringement of copyright;
(b) that the report does not relate to the subscriber's IP address at the time of the apparent infringement.

(4) The code must provide for the grounds of appeal to include contravention by the copyright owner or internet service provider of the code or of an obligation regulated by the code.

(5) The code must provide that an appeal on any grounds must be determined in favour of the subscriber unless the copyright owner or internet service provider shows that, as respects any copyright infringement report to which the appeal relates or by reference to which anything to which the appeal relates was done (or, if there is more than one such report, as respects each of them)—
(a) the apparent infringement was an infringement of copyright, and
(b) the report relates to the subscriber's IP address at the time of that infringement.

(6) The code must provide that, where a ground mentioned in subsection (3) is relied on, the appeal must be determined in favour of the subscriber if the subscriber shows that—
(a) the act constituting the apparent infringement to which the report relates was not done by the subscriber, and
(b) the subscriber took reasonable steps to prevent other persons infringing copyright by means of the internet access service.

(7) The powers of the person determining subscriber appeals must include power—
(a) to secure so far as practicable that a subscriber is not prejudiced for the purposes of the copyright infringement provisions by an act or omission in respect of which an appeal is determined in favour of the subscriber;
(b) to make an award of compensation to be paid by a copyright owner or internet service provider to a subscriber affected by such an act or omission; and
(c) where the appeal is determined in favour of the subscriber, to direct the copyright owner or internet service provider to reimburse the reasonable costs of the subscriber.

(8) The code must provide that the power to direct the reimbursement of costs under subsection (7)(c) is to be exercised to award reasonable costs to a subscriber whose appeal is successful, unless the person deciding the appeal is satisfied that it would be unjust to give such a direction having regard to all the circumstances including the conduct of the parties before and during the proceedings.

(9) In the case of a technical obligations code, the powers of the person determining subscriber appeals must include power—
(a) on an appeal in relation to a technical measure or proposed technical measure—
(i) to confirm the measure;
(ii) to require the measure not to be taken or to be withdrawn;
(iii) to substitute any other technical measure that the internet service provider has power to take;
(b) to exercise the power mentioned in paragraph (a)(ii) or (iii) where an appeal is not upheld but the person determining it is satisfied that there are exceptional circumstances that justify the exercise of the power;
(c) to take any steps that OFCOM could take in relation to the act or omission giving rise to the technical measure; and
(d) to remit the decision whether to confirm the technical measure, or any matter relating to that decision, to OFCOM.

(10) In the case of a technical obligations code, the code must make provision—
(a) enabling a determination of a subscriber appeal to be appealed to the First-tier Tribunal, including on grounds that it was based on an error of fact, wrong in law or unreasonable;
(b) giving the First-tier Tribunal, in relation to an appeal to it, the powers mentioned in subsections (7) and (9); and
(c) in relation to recovery of costs awarded by the Tribunal.

(11) In the case of a technical obligations code, the code must include provision to secure that a technical measure is not taken against a subscriber until—
(a) the period for bringing a subscriber appeal, or any further appeal to the First-tier Tribunal, in relation to the proposed measure has ended (or the subscriber has waived the right to appeal); and
(b) any such subscriber appeal or further appeal has been determined, abandoned or otherwise disposed of.

124L Enforcement of obligations
(1)
Sections 94 to 96 apply in relation to a contravention of an initial obligation or a technical obligation, or a contravention of an obligation under section 124G(6), as they apply in relation to a contravention of a
condition set out under section 45.

(2) The amount of the penalty imposed under section 96 as applied by this section is to be such amount not exceeding £250,000 as OFCOM determine to be—
(a) appropriate; and
(b) proportionate to the contravention in respect of which it is imposed.

(3) In making that determination OFCOM must have regard to—
(a) any representations made to them by the internet service provider or copyright owner on whom the penalty is imposed;
(b) any steps taken by the provider or owner towards complying with the obligations contraventions of which have been notified to the provider or owner under section 94 (as applied); and
(c) any steps taken by the provider or owner for remedying the consequences of those contraventions.

(4) The Secretary of State may by order amend this section so as to substitute a different maximum penalty for the maximum penalty for the time being specified in subsection (2).

(5) No order is to be made containing provision authorised by subsection (4) unless a draft of the order has been laid before Parliament and approved by a resolution of each House.

124M Sharing of costs
(1)
The Secretary of State may by order specify provision that must be included in an initial obligations code or a technical obligations code about payment of contributions towards costs incurred under the copyright infringement provisions.

(2) Any provision specified under subsection (1) must relate to payment of contributions by one or more of the following only—
(a) copyright owners;
(b) internet service providers;
(c) in relation to a subscriber appeal or a further appeal by a subscriber to the First-tier Tribunal, the subscriber.

(3) Provision specified under subsection (1) may relate to, in particular—
(a) payment by a copyright owner of a contribution towards the costs that an internet service provider incurs;
(b) payment by a copyright owner or internet service provider of a contribution towards the costs that OFCOM incur.

(4) Provision specified under subsection (1) may include, in particular—
(a) provision about costs incurred before the provision is included in an initial obligations code or a technical obligations code;
(b) provision for payment in advance of expected costs (and for reimbursement of overpayments where the costs incurred are less than expected);
(c) provision about how costs, expected costs or contributions must be calculated;
(d) other provision about when and how contributions must be paid.

(5) No order is to be made under this section unless a draft of the order has been laid before Parliament and approved by a resolution of each House.
...

オンライン著作権侵害:インターネット・サービス・プロバイダーの義務
第124A条 著作権侵害報告を契約者に通知する義務
第1項
 著作権者に、以下のように思われた時に、本条は適用される。
(a)インターネット・アクセス・サービスの契約者が、そのサービスを用いて著作権者の著作権を侵害したと思われた時;あるいは
(b)インターネット・アクセス・サービスの契約者が、他の者にそのサービスを使用することを許し、この他の者が、そのサービスを用いて著作権者の著作権を侵害したと思われた時。

第2項 著作権者は、第124C条あるいは第124D条により効力を有する規約(「当初義務規約」)によってそうすることが可能とされていれば、インターネット・アクセス・サービスを提供するインターネット・サービス・プロバイダーに対し、著作権侵害報告を作ることができる。

第3項 「著作権侵害報告」は、
(a)著作権者の著作権の侵害があると思われることを記載し;
(b)その推定される侵害に関する詳細を含み;
(c)その推定される侵害に対する証拠として、契約者のIPアドレスと、この証拠が集められた時を含み;
(d)証拠が集められた日から1ヶ月以内にインターネット・サービス・プロバイダーに送られ;そして
(e)当初義務規約のその他の要件に合致する報告である。

第4項 著作権侵害報告を受け取ったインターネット・サービス・プロバイダーは、当初義務規約がプロバイダーにそうすることを求めている場合は、その報告を契約者に通知しなくてはならない。

第5項 第4項の通知は、プロバイダーが報告を受け取った日から1ヶ月以内に契約者に送られなければならない。

第6項 第4項の通知は、次の事項を含まなければならないー
(a)それが、著作権者によって作られた著作権侵害報告に対する応答として本条に基づき送られたものであるという記載;
(b)報告を作成した著作権者の名:
(c)推定される侵害に関する詳細;
(d)契約者のIPアドレスと証拠が集められた時を示す、推定される侵害に関する証拠;
(e)契約者による上訴とそれがどのような理由に基づいてなされ得るかということに関する情報
(f)著作権とその目的に関する情報;
(g)違法な利用からインターネット・アクセス・サービスを保護するために契約者が取ることのできる措置に関する助言、あるいは、その助言を得ることを可能とする情報;
(h)ワイヤレス電子通信ネットワークの保護に関する助言;
(i)その他当初義務規約が含めることを求めている事項。

第7項 第6項(h)の目的について、インターネット・サービス・プロバイダーは、様々な状況における契約者の適切な保護を考慮に入れなければならない。

第8項 第6項(i)により求められている事項は、一般的なことを目的とするものであれ特定のことを目的とするものであれ、特に次の事項を含むー
(a)推定される侵害に関する情報がインターネット・サービス・プロバイダーによって保持され得るという記載;
(b)著作権者によって作られたプロバイダーへの著作権侵害報告が関係している契約者についての開示を、著作権者はプロバイダーに求められるという記載;
(c)そのような開示において、著作権者は、契約者の個人情報の開示を裁判所に要求でき、契約者に対し、著作権侵害訴訟を起こせるという記載;そして
(d)既に第4項の通知が送られているために通知を送るプロバイダーの義務が部分的に発生した場合には、契約者に関する著作権侵害報告の数が、何かしらの技術的手段の目的において考慮に入れられるという記載。

第9項 本条において、契約者に関する、「通知」とは、インターネット・サービス・プロバイダーが契約者について保持している電子あるいは郵便のアドレスに通知を送ることを意味する(ここで、第394条から第396条(訳注:正式な通知に関する条項)は適用されない)。

第124B条 著作権者への著作権侵害リストの提供義務
第1項
 以下の場合には、インターネット・サービス・プロバイダーは、著作権侵害リストを著作権者に提供しなければならないー
(a)著作権者がある期間のそのリストを要求し;そして
(b)当初義務規約が、インターネット・サービス・プロバイダーにそれを提供することを義務づけている場合。

第2項 「著作権侵害リスト」は、
(a)
著作権者が作成した著作権侵害報告に関係する契約者を並べたものであるが、
(b)契約者が特定できるようにはされていないリストである。

第3項 著作権者が、その契約者について作成した著作権侵害報告が当初義務規約に規定されているしきい値を超えた場合、契約者は、著作権者に対し「関係する契約者」とされる。

第124C条 当初義務規約の承認
第1項
 第124A条と第124B条におけるインターネット・サービス・プロバイダーの義務が、「当初義務」である。

第2項 情報通信庁が、
(a)この当初義務を規定する目的で誰かによって規約が作られ;そして
(b)その目的に照らしてその規約を承認することが適切であると判断する時、情報通信庁はそれを承認し、この承認によって与えられた日からそれは効力を有する。

第3項 本条において承認される規約の規定は、次の規定を含み得るー
(a)著作権侵害規定あるいは個別のケースで適用される法令における権利と義務が満たすべき条件の特定;
(b)(a)の条件が満たされているか否かを決定する上で合理的に必要となる情報あるいは補助の提供を、著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーに対して求められるようにすること;

第4項 第3項(a)に記載されている規定は、次のことに関して特に取り決めをインターネット・サービス・プロバイダーと作っていない限り、著作権者に関して権利あるいは義務は適用されないことを明確に記載し得るー
(a)ある特定の期間内に、著作権者からプロバイダーに送られる著作権侵害報告の数;
(b)プロバイダーに発生する費用の負担分の前払い。

第5項 第3項(a)に記載されている規定は、特に、次のことを規定することができるー
(a)特定の期間内に著作権侵害報告の数が規約で決められているしきい値を超えない限り、インターネット・サービス・プロバイダーに関して権利と義務は適用されないこと、ただし、規約に特段の定めがある場合はこの限りでない;
(b)そのしきい値に達した場合は、その到達時あるいはその後から権利あるいは義務が適用されること。

第6項 第124E条に決められているクライテリアを満たさない限り、情報通信庁は本条に規定されている規約を承認してはならない。

第7項 2つ以上の承認規約が同時に効力を持つことは無い。

第8項 情報通信庁は、承認した規約について確認をし続けなければならない。

第9項 情報通信庁は、第2項に記載されている目的で、以下のことができるー
(a)承認した規約に加えられる修正の承認;あるいは
(b)承認した規約からの承認の取り消し、これは承認あるいは取り消しで与えられた日から効力を有する、また、第124E条で定められているクライテリアを満たさない場合はそうしなければならない。

第10項 規約の承認あるいは承認した規約の修正には、大臣の同意を必要とする。

第11項 本条に基づき情報通信庁によって出される承認を与えるか取り消す命令により、その承認あるいは取り消しが有効になる。

第12項 第403条(訳注:情報通信庁によって作られる規則と命令に関する条項)は本条の情報通信庁が命令を出す権限に適用される。

第13項 本条に基づき情報通信庁によって出される命令を含む法的手段は、各議会の決定による取り消しの対象となる。

第124D条 承認規約が無い場合に情報通信庁によって作られる当初義務規約
第1項
 第124A条と第124B条が施行されたが、第124C条に基づいて承認された当初義務規約が存在していない時には、情報通信庁は、当初義務を規定する目的の規約を命令によって作らなければならない。

第2項 情報通信庁は、以下の期間が終わる前に第1項の規約を作る必要は無い。
(a)第124A条と第124B条の施行の日から6ヶ月の期間、あるいは
(b)大臣が情報通信庁への通知により特定する、より長い期間

第3項 第2項(a)に記載されている期間か、第2項(b)で特定されていた、より長期間の終わりに発効する規約を情報通信庁が作ることができないと大臣が考える場合のみ、大臣は第2項(b)の通知を与え得る。

第4項 本条に基づく規約にも、第124C条第3項から第5項が適用される。

第5項 本条に基づく規約は、以下のことを含み得るー
(a)何らかの事項について情報通信庁自体に裁判権を与えること(ただし、契約者による上訴を決定する裁判権を除く);
(b)そのような裁判権を行使するに当たり、情報通信庁が、補償の裁定、費用の償還に関する指導、あるいはその両方ができるようにすること;
(c)情報通信庁が、この規約に基づいてなされる裁定あるいは指導をエンフォースメントできるように、あるいは、そのエンフォースメントに関与できるようにすること;
(d)そのような裁定あるいは指導のエンフォースメントに関するその他の規定;
(e)契約者の上訴を決定するため、自身の規則を作り、自身の手続きを定め得る1つあるいはそれ以上の主体を設立すること;
(f)契約者の上訴を決定する役割を果たし、裁定あるいは指導をエンフォースできる者、あるいは、これらのエンフォースに関与できる者を定めること;
(g)そのような裁定あるいは指導のエンフォースメントに関するその他の規定;そして
(h)当初義務を規定することを目的とするその他の規定;

第6項 第124E条に定められているクライテリアを満たさない限り、情報通信庁は、本条に基づく規約を定めてはならない。

第7項 情報通信庁は、
(a)本条に基づく規約を確認し続け;そして
(b)それが効力を有している間に、第124E条で定められているクライテリアを満たすことを確保するのに必要である場合には、命令によってその修正をしなければならない。

第8項 本条に基づく規約の情報通信庁による作成あるいは修正には、大臣の同意を必要とする。

第9項 第403条が、本条に基づく命令の作成に関する情報通信庁の権限にも適用される。

第10項 本条に基づき情報通信庁によって出される命令を含む法的手段は、各議会の決定による取り消しの対象となる。

第124E条 当初義務規約の内容
第1項
 第124C条第6項と第124D条第6項に記載されているクライテリアはー
(a)規約において、著作権侵害報告(第2項参照)に関して必要な規定を作ること;
(b)契約者への通知(第3項と第4項参照)に関して必要な規定を作ること;
(c)第124B条第3項の意味において関係する契約者が誰かを決定する目的で適用されるしきい値を設定すること(第5項と第6項参照);
(d)インターネット・サービス・プロバイダーがどのように契約者に関する情報を保持するかに関する規定を作ること;
(e)その情報をいつまで保持できるかを定めること;
(f)第124M条の命令によって含められなくてはならないとされる費用の分配に関する規定を作ること;
(g)規約に関係して、管理とエンフォースメントに関する要件を定めること(第7項と第8項参照);
(h)規約に関係して、契約者の上訴に関する要件を定めること(第124K条参照);
(i)関係する事項について、規定がその目的に照らし客観的に正当なものであること;
(j)その規定が、特定の者について、あるいは、特定の者に関する記載について、不当な区別をするようなものとなっていないこと;
(k)その規定が、達成すべきことに対して、バランスの取れたものとなっていること;そして
(l)その規定が達成すべきことに関して、透明性が保たれていること;

第2項 著作権侵害報告についての規定は、次のことを定めなければならないー
(a)報告に含まれる著作権侵害の証拠を得る手段について求められる要件;
(b)含まれるべき証拠に関する基準;そして
(c)報告で必要とされる様式。

第3項 インターネット・サービス・プロバイダーが1つあるいはそれ以上の著作権侵害を受け取った契約者への通知についての規定は、次のことを定めなければならないー
(a)プロバイダーが契約者を特定する上で用いる手段に関する条件;
(b)プロバイダーが契約者に通知することを求められた報告について;そして
(c)それぞれのケースにおける通知の様式、内容と手段に関する条件。

第4項 第3項に記載されている規定は、通知の目的に照らして、契約者への通知の日より12ヶ月以上前にインターネット・サービス・プロバイダーが受け取った著作権侵害報告を考慮に入れることを認めてはならない。

第5項 第1項(c)に従い適用されるしきい値は、第6項に従い、特に次の1つあるいは複数の事項を含む形で決められ得るー
(a)著作権侵害報告の数;
(b)報告が作られた時;そして
(c)関係する推定される侵害の時。

第6項 第1項(c)に従い適用されるしきい値は、特定の日より12ヶ月以上前にインターネット・サービス・プロバイダーにより受け取られた著作権侵害報告が、その日にしきい値に達したかどうかに影響を与えるように運用されてはならない;そして、第124B条で規定されている著作権侵害リストは、この報告において考慮に入れられてはならない。

第7項 管理とエンフォースメントに関して、以下のことが必要とされるー
(a)情報通信庁が、本条に基づき、著作権者・プロバイダー間の紛争解決の役割を含め、それを管理し、エンフォースする役割を果たすこと;
(b)規約の管理とエンフォースの目的のために情報通信庁が合理的に必要とする、情報と補助をインターネット・サービス・プロバイダーあるいは著作権者から情報通信庁が入手できることとする、適切な取り決めが規約にあること;
(c)インターネット・サービス・プロバイダーと著作権者によって支払われるべき、規約の管理とエンフォースによって情報通信庁に生じる費用についての適切な取り決めが規約にあること;

第8項 第4項に記載されている規定は、特に、次の事項を含むことができるー
(a)第124L条第2項で規定されている時点における最大の罰金を超えることの無い罰金の支払いを、規約で特定される者に支払うとする規定;
(b)規約あるいは著作権侵害に関する規定に、著作権者の過失により従うことができなかった場合に、それによって生じた損失あるいは損害について、インターネット・サービス・プロバイダーを免責することを著作権者に求める規定;

(略:第9項 「著作権者・プロバイダー間の紛争」という用語の解釈・定義規定。)

(略:第124F条 進展報告書に関する規定。インターネットにおける著作権侵害の状況について、情報通信庁が定期的に大臣に報告することと規定。)

第124G条 インターネットアクセスを制限する義務:評価と準備
第1項
 大臣は、以下のことをするよう情報通信庁に指示することができるー
(a)1つあるいはそれ以上の技術的義務をインターネット・サービス・プロバイダーに課すべきであるか否かを評価すること;
(b)その義務の準備に必要な措置を取ること;
(c)その評価あるいは措置に関する報告を大臣に提供すること。

第2項 インターネット・サービス・プロバイダーに関する「技術的義務」とは、そのサービスの特定の契約者に対して技術的手段を取るプロバイダーの義務である。

第3項 「技術的手段」とは、
(a)契約者に提供されるサービスのスピードあるいは容量を制限する;
(b)契約者に、特定の物へのアクセスを得ることをできなくするか、そのような利用を制限する;
(c)契約者に提供されるサービスを遮断する;あるいは
(d)他の形で契約者に提供されるサービスを制限する手段である。

第4項 1人あるいは複数人の著作権者とそのサービス・プロバイダーに関し、第124B条第3項の意味で、契約者が関係する契約者である場合に、インターネット・サービス・プロバイダーの契約者は「関係する」とされる。

第5項 第1項に基づいて、大臣が情報通信庁に実行するあるいは取ることを指示する評価と措置は、特に、次のことを含むー
(a)著作権者、インターネット・サービス・プロバイダー、契約者あるいはその他の者に対する意見聴取;
(b)特定のタイプのインターネット・アクセス・サービスに関する技術的手段の有効性に対する評価;そして
(c)技術的義務規約の提案のための措置。

第6項 本条に基づいて出される指示の目的に照らして、情報通信庁が合理的に求められる補助を、インターネット・サービス・プロバイダーは情報通信庁に与えなければならない。

第7項 大臣は、本条に基づく指示について全て国会に報告しなければならない。

第8項 情報通信庁は、本条に基づいて、以下の通り報告書を公表するー
(a)大臣に報告書を送った後、実行可能となり次第すぐに、そして
(b)その意見により、関心を持つと見える者の注意を引くのに適切と考える形で。

第9項 第8項に基づいて公表する時、2000年の情報公開法により拒絶することができると考える場合、情報通信庁は、報告書からその情報を除くことができる。

第124H条 インターネット・アクセスを制限する義務
第1項
 大臣は、以下の場合に適切だと考える時は、インターネット・サービス・プロバイダーに技術的義務を課すことができるー
(a)命令により1つあるいは複数の技術的義務がインターネット・サービス・プロバイダーに課すべきか否かを情報通信庁が判断し;そして
(b)この判断、第124F条に基づいて情報通信庁が作る報告書と大臣が関係すると考える他の事項を考慮に入れ、大臣が命令を出すのが適切と考える場合。

第2項 当初義務規約が発効した最初の日から12ヶ月以内に、本条に基づく命令が出されることは無い。

第3項 本条に基づく命令は、その技術的手段が取られる日を特定するか、それが特定されるべきことを規定する。 

第4項 命令はまた、次のことを定めることができるー
(a)契約者に対して関係する技術的手段が取られるクライテリア;
(b)その手段の一部として取られる措置と、それが取られるべき時。

第5項 以下のことがない限り、本条に基づく命令は出され得ないー
(a)大臣が第6項から第19項に従い、そして
(b)命令案が国会に報告され、両院に承認されること。

第6項 大臣が本条に基づく命令を提案する場合、大臣は国会に次のことを含む文書を提出しなければならないー
(a)提案が説明され、そして
(b)命令案の形式によりそれが定められていること。

第7項 第6項に基づく文書が提出された日から60日以内(「60日の期間」)に、大臣は、その提案に効果を与える命令案を(修正のあり無しにかかわらず)国会に報告してはならない。

第8項 提案に効果を与える本条の命令案を用意するに当たり、大臣は、60日の期間の命令案についてなされる次の事項に配慮しなければならないー
(a)命令案の報告を受け持つ国会の委員会の代表、そして
(b)その勧告。

第9項 その提案に効果を与える命令案を国会に報告する時(修正のあり無しにかかわらず)、大臣は、第6項に基づき国会に提出される文書に含まれた提案の変更を説明する文書をさらに提出しなければならない。

第10項 60日の期間を計算する際、国会の閉会あるいは各院の4日以上の延長の期間は計算に入れられない。

第124I条 インターネット・アクセスを制限する義務について情報通信庁が作る規約
第1項 第124H条により効力を有する1つあるいはそれ以上の義務があるとされる期間に、情報通信庁は、その義務を規定する目的で、技術的義務規約を命令により作らなければならない。

第2項 この規約は、第124D条に基づき作られる当初義務規約と別にあるいはともに、作られることができる。

第3項 本条に基づく規約はー
(a)第124C条第3項から第5項あるいは第124D条第5項(a)から(g)に記載されている事項を含むことができ;そして
(b)他の技術的義務を規定する目的の規定を作ることができる。

第4項 情報通信庁は、第124J条で定められているクラリテリアを満たさない限り、本条に基づく規約を作ってはならない。

第5項 情報通信庁は、
(a)本条に基づく規約を確認し続け;そして
(b)それが効力を有している間に、第124J条で定められているクライテリアを満たすことを確保するのに必要である場合には、命令によってその修正をしなければならない。

第6項 本条に基づく規約の情報通信庁による作成あるいは修正には、大臣の同意を必要とする。

第7項 第403条が、本条に基づく命令の作成に関する情報通信庁の権限にも適用される。

第8項 本条に基づいて情報通信庁によって作られる命令を含む規則等は、各議会の決定による取り消しの対象になる。

第124J条 インターネット・アクセスを制限する義務についての規約の内容
第1項
 第124I条第4項に記載されているクライテリアはー
(a)規約に関係して、エンフォースメントとそれに関連する事項について満たすべき条件を定めること(第2項と第3項参照);
(b)規約に関係して、契約者の上訴に関する要件を定めること(第124K条参照);
(c)第124M条の命令によって含めなくてはならないとされる費用の分配に関する規定を作ること;
(d)それを大臣が作成することを求める時に必要とされるその他の規定を作ること;
(e)関係する事項について、規定がその目的に照らし客観的に正当なものであること;
(f)その規定が、特定の者について、あるいは、特定の者に関する記載について、不当な区別をするようなものとなっていないこと;
(g)その規定が、達成すべきことに対して、バランスの取れたものとなっていること;そして
(h)その規定が達成すべきことに関して、透明性が保たれていること。

第2項 エンフォースメントと関連事項に関して、以下のことが必要とされるー
(a)情報通信庁が、本条に基づき、著作権者・プロバイダー間の紛争解決の役割を含め、それを管理し、エンフォースする役割を果たすこと;
(b)規約の管理とエンフォースの目的のために情報通信庁が合理的に必要とする、情報と補助をインターネット・サービス・プロバイダーあるいは著作権者から情報通信庁が入手できることとする、適切な取り決めが規約にあること;
(c)インターネット・サービス・プロバイダーと著作権者によって支払われるべき、規約の管理とエンフォースによって情報通信庁に生じる費用についての適切な取り決めが規約にあること;

第3項 エンフォースメントと関連事項に関して作られる規定は、(大臣がそうでないことを求めない限り)特に、次の事項を含むことができるー
(a)第124L条第2項で規定されている時点における最大の罰金を超えることの無い罰金の支払いを、規約で特定されている者に支払うとする規定;
(b)規約あるいは著作権侵害に関する規定において、著作権者の権利侵害あるいはミスに由来する損失あるいは損害について、インターネット・サービス・プロバイダーを免責することを著作権者に求める規定;

(略:第4項 「著作権侵害紛争」と「契約者による上訴」という用語の解釈・定義規定。)

第124K条 契約者の上訴
第1項
 契約者の上訴に関する要件は、以下の通りであるー
(a)第124E条第1項(h)の目的について、第2項から第8項;そして、
(b)第124J条第1項(b)の目的について、第2項から第11項。

第2項 本条により、以下のことが必要とされるー
(a)規約により、契約者に上訴を行う権利を与えること、そして、技術的義務規約のケースで、第1審裁判所に対するさらなる上訴の権利を与えること;
(b)この規約において、契約者の上訴を決定する者がいること;
(c)この者は、実務的な目的から、(契約者の上訴の決定に関する限り)インターネット・サービス・プロバイダー、著作権者とインターネット・サービス・プロバイダーから独立とされること;そして
(d)契約者の上訴を決定する際、この者に発生する費用について、インターネット・サービス・プロバイダー、著作権者と関係する契約者との間の適切な取り決めが存在すること。

第3項 規約は、(上訴が、著作権侵害報告に関係しているか、これを参照して行われたことに関係している限り)、次の事項を上訴の理由に含め定められなければならないー
(a)この報告に関係する推定される侵害が、著作権侵害では無かったこと;
(b)この報告が、推定される侵害の時において、契約者のIPアドレスに関係していないこと;

第4項 著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーによる規約に定められている義務違反を上訴の理由に含め、規約は定めらなければならない。

第5項 著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーが、その上訴が関係しているか、その上訴がそれを参照して行われたことに関係している、著作権侵害報告(複数の報告がある場合はそのそれぞれ)について、以下のことを示さない限り、いかなる理由に基づくにせよ上訴は契約者の有利となるように決定されることが規約で定めなければならないー
(a)この報告に関係する推定される侵害が、著作権侵害であったこと;
(b)この報告が、推定される侵害の時において、契約者のIPアドレスに関係していること;

第6項 第3項に記載されている理由に基づく場合、契約者が以下のことを示した場合、上訴は契約者に有利となるように決定されることが規約で定めなければならないー
(a)報告が関係する推定される侵害を構成する行為が、契約者によってなされたものでは無かったこと、そして
(b)そのインターネット・アクセス・サービスによる他の者の著作権侵害を防ぐ合理的な措置を契約者が取っていたこと。

第7項 契約者の上訴を決定する者の権限は、以下の権限を含むー
(a)可能な限り、著作権侵害規定の目的に照らして故意の行為あるいは過失から契約者が不当な扱いを受けることがないようにし、このような故意の行為あるいは過失に関して、契約者の有利となるように上訴が決定されることを保証する権限;
(b)このような故意の行為あるいは過失により影響を受けた契約者に対し、著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーが支払うべき補償を裁定する権限;そして
(c)上訴が契約者の有利となるように決定された場合、この契約者に合理的な費用を償還することを著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーに指導する権限。

第8項 上訴を決定する者が、手続きの前と間における当事者の振る舞いを含むあらゆる状況を考慮してそのような指導を行うことが不当であると考えない限り、第7項(c)の費用の償還の指導権限により、その上訴に成功した契約者に対する合理的な費用の補償がなされることを規約で定めなければならない。

第9項 技術的義務規約の場合に、契約者の上訴を決定する者の権限は以下の権限を含まなければならないー
(a)以下の技術的手段あるいは技術的手段の提案に関する上訴に対する権限ー
(ⅰ)その手段を認める権限;
(ⅱ)その手段が取られるべきでないか却下されるべきことを求める権限;
(ⅲ)インターネット・サービス・プロバイダーが取ることの可能な他の技術的手段により置き換える権限;
(b)上訴が維持できないが、決定する者がその権限の行使が正当化される例外的な状況があると考える場合に、(a)(ⅰ)あるいは(ⅱ)の権限を行使する権限;
(c)技術的手段について行われた故意の行為又は過失に関して、情報通信庁が取ることのできる措置を取る権限;そして
(d)技術的手段を認めるかどうかの決定、あるいは、この決定に関する事項を、情報通信庁に付託する権限。

第10項 技術的義務規約の場合に、規約は次の規定を含まなければならないー
(a)事実誤認、誤ったあるいは不当な法適用に基づくなどの理由等から、契約者の上訴の決定がさらに第1審裁判所に上訴できることを可能にする規定;
(b)その上訴に関して、第7項と第9項に記載された権限を第1審裁判所に与える規定;そして
(c)費用の償還が裁判所により裁定されるとする規定。

第11項 技術的義務規約の場合に、規約は、以下の時まで契約者に対して技術的手段が取られることがないことを保証する規定を含まなければならないー
(a)提案される手段に関係して、契約者の上訴あるいは第1審裁判所に対するさらなる上訴をなし得る期間が終わる時(あるいは、契約者が上訴の権利を放棄した時);そして
(b)このような契約者の上訴あるいはさらなる上訴の全てが決定されるか、取り下げられるか他の形で処分された時。

第124L条 義務のエンフォース
第1項
 当初義務あるいは技術的義務違反、あるいは第124G条第6項の義務違反に対しては、第45条(訳注:情報通信長による条件設定の権限に関する条項)に定められている条件違反に該当するものとして、第94条から第96条(訳注:情報通信庁によるエンフォースメント通知などに関する条項)が適用される。

第2項 第96条に基づいて、本条によって課される罰金は、25万ポンドを超えず、情報通信庁が、
(a)適切で;そして
(b)違反と比較してバランスの取れたものとして決定されるものとする。

第3項 この決定をする際には、情報通信庁は、次の事項を考慮に入れなければならないー
(a)インターネット・サービス・プロバイダーから提出される異議;
(b)(適用される場合は)第94条に基づいてプロバイダーに通知される義務違反に適うようにプロバイダーが取る措置;
(c)それらの違反の結果として生じたことの救済についてプロバイダーが取る措置;

第4項 大臣は、第2項で規定されている時点における最大の罰金の額の変更に関して本条を命令によって修正することができる。

第5項 命令案が国会に報告され、両院に承認されない限り、第4項により許される規定を含む命令は作られ得ない。

第124M条 費用の配分
第1項
 大臣は、著作権侵害規定に基づき発生した費用の分配について、当初義務規約あるいは技術的義務規約に含まれなければならない規定を、命令により定める。

第2項 第1項に基づいて定められる規定は、次の者による負担分の支払いのみに関係するー
(a)著作権者;
(b)インターネット・サービス・プロバイダー;
(c)契約者の上訴、あるいは、第1審裁判所への契約者によるさらなる上訴に関し、契約者;

第3項 第1項に基づいて定められる規定は、特に、次の事項に関係し得るー
(a)インターネット・サービス・プロバイダーに発生した費用の負担分の著作権者による支払い;
(b)情報通信庁に発生した費用の負担分の著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーによる支払い;

第4項 第1項で定められる規定は、特に、次の規定を含み得るー
(a)当初義務規約あるいは技術義務規約が含むべき発生した費用に関する規定;
(b)予想費用の前払い(と発生した費用が予想されたより少なかった場合には、超過分の返済)に関する規定;
(c)どのように費用、予想費用あるいは負担分が計算されるかということに関する規定;
(d)いつどのように負担分が支払われるかということについてのその他の規定;

第5項 命令案が国会に報告され、両院に承認されない限り、本条に基づく命令は出され得ない。

(略:第124N条、用語の解釈・定義規定。)

 細かな修正は入っているが、ストライクポリシーの基本的なスキームに変更はなく、イギリスでも提起されていた情報の自由の侵害などの憲法違反を含むとする反対論は著作権団体が有する政治力によって押し切られた格好である。

 これは、第206回でも書いた通り、実質的にインターネット・サービス・プロバイダーを著作権警察化し、大臣命令あるいは情報通信庁の権限で、著作権団体からの申告に基づいて推定有罪のネット切断を一方的にユーザーに課そうとする非道なものであるが、当然のことながら、イギリスにおいても、このイギリス版ストライク法であるデジタル経済法に根強く反対していたインターネット・サービス・プロバイダーやユーザーからの協力は全く得られないだろう。フランスやニュージーランドのように、実運用の細部が詰め切れず、実質施行が見送られ続けるという事態も十分に考えられる。さらにイギリスは判例法の国でもあるので、実際にネット切断などが行われた場合裁判で争われ、判例により修正が加えられる可能性も高い。

 提出時の法案と比べ、今の条文では、第124K条でユーザーによるネット切断に対する異議・上訴についてかなり細かく規定しているが、IPアドレスレベルで証明責任をユーザーに転嫁しようとしている点なども問題があるだろう。このようなユーザーからの異議・上訴についての条文も、イギリスにおけるストライクポリシーの運用を巡る今後の揉め事・混乱をさらに増幅することにつながるのではないかと私は考えている。

 今日4月20日の知財本部・第6回インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループ(開催案内参照。himagine_no9氏、kzmogi氏のtwitter実況も参照)でも、ストライクポリシーが明確に俎上にあげられるなど、日本でもこのポリシーを導入しようとする動きは今後も強まると考えられるが(今週23日の金曜日にはコンテンツ強化専門調査会も予定されている。開催案内参照)、どこの国でもストライクポリシーは揉め事のタネにしかなっておらず、イギリスもまたフランスと同じく反面教師にしかならないだろう。今日の知財本部のワーキンググループでもいまいち要領を得ないやり取りが行われたようだが、憲法で保障された情報アクセス権を含む表現の自由、推定無罪の原則などを踏みにじるストライクポリシーは絶対に導入されるべきでないと私は考えている。

 「表現規制について少しだけ考えてみる(仮)」(関連エントリ1エントリ2エントリ3エントリ4)や「弁護士山口貴士大いに語る」、「チラシの裏(3週目)」等で紹介されているので、リンク先をご覧頂ければ十分とは思うが、最後に少し触れておくと、内閣府の男女共同参画局から「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に関する意見募集(内閣府のリリース参照)が5月12日〆切でかかっている。次から次へと性懲りも無くロクでもない話ばかり出て来るが、このパブコメは私も出すつもりでいる。

 次回は、4月12日から16日にニュージランドで開かれていた模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)の第8回関係国会合の結果概要(pdf)(経済産業省のリリース参照)によると、それにしても遅いとは思うが、この21日にACTAの条文案が正式に公表されるようなので、また海賊版対策条約の話を書きたいと思っているが、他の話を挟むことになるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

第207回:著作権の権利制限に関するイギリス政府の意見募集ペーパー

 前回、イギリスのストライク法案のことを取り上げたが、イギリス政府から今現在パブコメにかけられている、著作権の権利制限に関する提案がかなり具体的なものとなっているので、この話も国際動向の1つとして紹介しておきたいと思う。

 3月末までの意見募集にかかっているイギリス知的財産庁の報告書(pdf)イギリス知的財産庁のHP参照)は、「知的財産権に関するガワーズ・レビューの実現に向けた一歩:著作権の権利制限に関する第2意見募集」と題されていることからも分かるように、2006年のガワーズ・レビュー(イギリス知的財産庁のHP参照)の提案を受け、2008年1月に行われた意見募集の結果(結果概要(pdf)前回の意見募集ペーパー(pdf) )を踏まえて、さらに検討して条文案まで含めて案を具体化したという体裁を取っている。

 第17回で少し書いているが(イギリスの現行の権利制限規定についてさらに言いたいこともあるが、現行の条文(英語)についてはとりあえず著作権情報センターHPの訳参照)、イギリスの権利制限は、かなり狭く時代遅れなものとなっており、2006年のガワーズ・レビューはそれなりに先端的な拡充を提案していた。今度の報告書で、ある程度レビューに従って取り入れるとされたものもあるが、入れるべきでないとされたものもある。

 特に、取り入れるとされたものは、教育に関する権利制限の拡充(遠隔教育のため・抜粋の対象著作物の拡大)、図書館・文書館のための権利制限の拡充(保存のため)であり、取り入れないとされたものは、私的フォーマットシフトに関する権利制限、パロディ・カリカチュア・パスティーシュのための権利制限である。

 詳細については直接付録Aに載っている条文案などをご覧頂ければと思うが、取り入れるとされた権利制限について、ここでは、途中の第20ページと第41ページの要約部分に書かれていることを以下に訳出しておく。

We propose to:
・Extend the educational exceptions to permit certain broadcasts and study material (for example handouts of excerpts from copyright works) to be transmitted outside the institutional campus for the purposes of distance learning but only via secure networks.
・Extend the exception relating to small excerpts so that it covers film and sound recordings but this will not cover artistic works.

We also propose to retain existing provisos so that:
・The exception will apply only to the extent that licensing schemes are not in place.
...

We propose:
・to extend the current exception to allow libraries, archives, museums and galleries  to copy for preservation purposes films, sound recordings and certain  artistic works not already provided for, to enable the transfer of works to different formats and to enable more than one preservation copy to be
made;
・to ensure that legal deposit libraries are put in the same position as other libraries when it comes to copying for preservation purposes.

We further propose retaining for the amended exception existing features of the current exception, namely that:
・the exception continues to apply for preservation purposes;
・the scope of the exception retains current limits so it does not extend to e.g. performance or communication to the public;
・copying relates only to items within permanent collections;
・copies should only be made where it is not reasonably practicable to purchase another copy.
...

我々は次のことを提案する:
・遠隔教育の目的で、教材、放送等を、教育機関のキャンパス外に送信することを可能とするよう、教育目的の例外を拡大すること、ただし、セキュアなネットワークを通じた場合に限る。
・短い抜粋に関する例外を、映画や録音もカバーするように拡大すること、ただし、この例外は、芸術作品まではカバーしない。

また、以下の既存の条件も保持することを提案する:
・この例外は、ライセンススキームが無い場合にのみ適用される。

我々は次のことを提案する:
・保存の目的で、図書館、文書館、博物館と美術館に、今現在規定されていない映画、録音等を複製し、著作物を異なる媒体に移し、1つ以上のコピーを作成することを可能とするよう、現行の例外を拡大すること;
・保存の目的でコピーする場合、法定納本図書館も他の図書館と同じ立場でできると保証すること。

また、修正を受ける例外について、現在の例外の特徴を保持することも提案する、特に:
・この例外は、保存目的のみに適用される;
・この例外の範囲について現行の制限は保持される、つまり、それが、上演や公衆送信まで拡張されることは無い;
・コピーは、永久保存される収蔵品についてのみ可能である;
・他のコピーを買うことが合理的な範囲で実行可能でない場合のみ、コピーは作られ得る。

 これら自体が狭く作られていることも問題となり得ると思うが、さらに問題なのは、折角ガワーズ・レビューで取り入れるとされながら、今回の報告書で導入が否定された私的フォーマットシフトとパロディに関する権利制限についてだろう。

 これらの権利制限については、最初の第2ページから第6ページの要旨に、

FORMAT SHIFTING
6. Recognising the divergence between the current law, which does not permit private copying of legitimately owned content such as music, and what happens in practice, the Gowers Review recommended a limited form of private copying (format shifting). The first stage of the consultation followed this with a proposal to allow consumers to make a copy in another format of a work they
legally owned for playback on a device in their lawful possession. It was proposed that the exception would only apply to personal or private use and the owner would not be permitted to sell, loan or give away the copy or share it more widely.

7. Although the overall majority were in favour of the principle of introducing this exception, there was little consensus as to how the proposal could be implemented. The main points of contention surrounded the circumstances under which copies could be made (some suggesting only when there was an absolute technical requirement), the types of content that should be covered (some would
only accept copying of music, others wanted all types of content covered), and whether content holders would suffer significant harm as a result, and therefore require the introduction of a scheme for fair compensation (usually implemented
in other Member States through a system of “levies”).

8. The polarised nature of the responses to this proposal, in particular in relation to the issue of fair compensation, has highlighted the difficulty
of meeting the needs and expectations of both consumers and rights holders in the digital age. The narrow, UK-only format shifting measure considered in the first stage of the consultation does not appear to meet those needs. The recent
BIS/IPO Copyright Strategy concluded that discussions at EU level might be a possible way forward, and should include consideration of a broad exception to copyright for non-commercial use together with any requirement for fair
compensation.
...

PARODY, CARICATURE AND PASTICHE
16. The first stage of the consultation considered whether a new exception for parody, caricature and pastiche should be introduced. A fair dealing style exception was proposed.

17. Most respondents expressed no interest in this exception, and of those who commented opinions were quite polarised. Those in favour cited various reasons including promoting freedom of speech, and protecting the valuable cultural asset that parody represents. A minority incorporated caveats intended to restrict the extent of the exception in recognition of the potential negative
consequences for rights holders.

18. Rights holders were generally against the introduction of an exception.  Their objections included the vibrancy of the current parody scene in the UK, lack of evidence supporting change, and the potential financial and reputational
damage.

19. Overall, we do not believe that there is sufficient justification to introduce a new exception for parody in the UK now.There is scope for further
debate within an EU context about the potential for a non-commercial use exception which if implemented could cover some parody.
...

フォーマットシフト
6.合法に入手した音楽のようなコンテンツの私的複製を認めない現行法と、実際に行われていることの間の離隔を認め、ガワーズ・レビューは、限定された形の私的複製(フォーマットシフト)の導入を提言していた。これに続く、第1の意見募集においても、合法に所有している機器において再生するために、合法に入手した著作物を他のフォーマットに複製することを消費者に認めるとする提言が行われた。この例外は個人的あるいは私的な利用のみに適用され、所有者は、それをそれ以上販売も、貸与も、譲渡も共有もできないと提案されていた。

7.大多数がこの例外の導入に前向きだったにもかかわらず、この提案をどう法制化するかという点についてはほとんどコンセンサスが無かった。主な争点は、コピーが作られ得る状況(完全に技術的な要件が必要と示唆する意見があった)、カバーされるコンテンツのタイプ(音楽のコピーのみ認められるとする意見があり、全てのタイプのコンテンツをカバーすることを求める意見があった)、そして、権利者が結果として相当の損害を被るか否か、そのために公正な補償のための制度を導入する必要があるか否か(他のEU加盟国では、「補償金」制度として制度化されているところが多い)を巡るものだった。

8.特に公正な補償に関して、この提案に対する意見が両極端に分かれていることは、デジタル時代において消費者と権利者の間のニーズと期待を合わせることが困難であることをはっきり示している。第1の意見募集において考えられていた狭い、イギリス独自のフォーマットシフトのための権利制限は、このニーズと合致するものではないと思われる。最近のビジネス・イノベーション省と知的財産庁による報告書「著作権戦略(pdf)」も、この議論はEUレベルで進められるだろうものであり、そこで、非商用利用についてのより広い例外と、公正な補償の必要性についての考慮がなされるべきであると結論している。

パロディ、カリカチュアとパスティーシュ
16.第1の意見募集で、パロディ、カリカチュアとパスティーシュについての新たな例外を導入するべきかと訊ねた。フェアディーリング形式の例外が提案されていた。

17.多くの意見は、この例外について関心を示しておらず、このことについてコメントしているものは全く両極端に分かれていた。表現の自由の促進や、パロディの有する文化的価値の保護などの様々な理由から、これを支持する意見があった。少数だが、権利者に対するあるかも知れない負の影響を考え、例外の範囲を制限すべきという抗議の意見もあった。

18.権利者は概して例外の導入に反対だった。その反対理由は、現在のイギリスにおけるパロディ状況の不安定、改正を支持する理由の欠如、あるかも知れない経済的・人格的被害などである。

19.全体として、現在パロディのための新たな例外を導入するに足る理由があるとは我々は思わない。非商用利用のための例外として、パロディをカバーできるかどうかの可能性については、EUレベルのさらなる議論の範囲に入るものである。

と書かれているが、要するに、フォーマットシフトとのためとパロディのための権利制限という2つの一般ユーザーにとって重要な意味を持つだろう権利制限は、ガワーズ・レビューで導入が明確に謳われていたにもかかわらず、イギリスでも、例によって権利者団体の難癖と政治力で潰されたということである。EUレベルでより広い権利制限の検討をするべきと書いているが、いかなる国際条約にも抵触しないことをまず国内で導入せずしてどうするのか。国民全体を裨益する話だったとしても、自分たちに都合の良いように作った国際動向を理由にして、癒着団体の不利益となる法改正を潰すのは、政府・官僚が良く使うやり口の一つである。

 上で訳した部分だけでも分かると思うが、どこの国でも、権利者団体が言っていること、やっていることに変わりはない。技術の進歩に即して補償金制度抜きで私的なフォーマットシフトを認めて著作権法の法的安定性を高めること、表現の自由を考慮してパロディを明確に認めることなどは極めて妥当なことだと私も思うが、それに対して彼らが持ち出すのは、常に、潜在的な「あるかも知れない」不利益や自分たちに都合よく作った国際動向に過ぎない。現実に国民全体に及ぶだろう利益と、一部の団体の架空の不利益ではそもそも同じ秤にかけることすらできないと私は思うが、世界的に見て権利者団体の政治力がまだ強く、どこの国であれ、残念ながら、今後も、このような主張で国民全体を裨益するだろう法改正が潰されることは十分に考えられる。

 しかし、今現在権利者団体の政治力が強いとしても、実のところ、彼らが皆、一国の経済はおろか文化すらないがしろにしても、自身の既存のビジネスモデル・既得権益のみ守られれば良いと、その非道な主張を政治力の不当な行使によってごり押ししているに過ぎないということは、この情報化時代にあって、既にほとんどの者に見透かされていることである。彼らがインターネットの無かった時代をいくら懐かしんで足掻こうと、時計の針を戻すことはできない。イギリス政府も相当利権に蝕まれていると見えるが、権利者団体があらゆる国で常に言いつのる「複製=対価」の著作権神授説にほとんど合理性は無く、長い目で見れば、不当な既得権益は必ず排除されて行くものと私は考えている。

 前回取り上げたストライク法案と並行する形で、このように権利制限の拡充に関する検討も進められていることは注目されてしかるべきだが、かなり良くできていたガワーズ・レビューから考えると、権利制限について明らかな後退が見られることは非常に残念な話であり、このような政府と癒着団体による卑劣な細工に騙される事なく、イギリス国民が今後も地道に本当に時代にあった法改正を求めて行くことを、また、日本でも権利者団体は各種の権利制限についてほぼ同じ主張をしている訳だが、日本がフェアユースの議論において、イギリスと同じ道を辿らないことを私は願っている。

 また、「P2Pとかその辺の話」でも、前回取り上げたイギリスのストライク法案が取り上げられているので、興味のある肩は是非リンク先をご覧頂ければと思う。このような、現行法でも課され得る巨額の賠償かストライクかどちらかを選べと二者択一を迫るという恫喝は、フランスの3ストライク法の議論でも一部見られたものだが、こうした本来二者択一でないものを二者択一にすることもまた、良くある姑息な議論・問題のすり替え手段の1つである。今現在、問題が発生しているとするなら、まずその莫大な賠償額の方をどうするかということから議論するべきで、そこにストライクポリシーの議論は混ぜるべきではない。

 次回は、年内最後になると思うので、また落ち穂拾いエントリにしたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

第206回:イギリスのデジタル経済法案(イギリス版ストライクアウト法案)

 前回、知財本部の会合の話を取り上げたが、その議事録が公開されたので、そのリンクを最初に張っておく。

 この議事録中で、日本の知財学界の重鎮である、元東大教授の中山信弘氏は「戦略本部には、法案を作る能力が無いために、今までは戦略本部が戦略計画を作って、後は各官庁がそれを独自に実施しているという状態であったわけで、統一性がとれていなかった面が有るわけです。一例を挙げますと、政府として振興策を採り、今後の発展が期待されているコンテンツ産業の我が国の成長率は、世界の平均をはるかに下回っているわけであります。コンテンツは、知的財産制度と密接な関係に有るわけですけれども、その整備が遅れているにもかかわらず、各官庁の統一がとれていないというのが現状であります。この戦略本部が主導権をとって、きちっと各官庁を指導していくという、そういう立場をとっていただきたいと思います」と、明確に知財本部に苦言を呈しているが、この本部会合は30分という短時間で開催されたものであり、全ての意見は言いっぱなしに終わっている。

 菅副総理が最後に「単なる調整役ではなくて、戦略性を持った形での本部というものを、また色々知恵を借りて出していただきたいと思います」とは言っているが、やはり例年通り「専門調査会での検討を経て、来年前半に新たな知的財産推進計画を取りまとめ」ることとされ、鳩山首相・菅副総理を始めとして並んでいただろう大臣連が中山信弘先生の根本的な問題提起を理解したとは到底思えない状況である。この体たらくでは、残念ながら、来年も政策は迷走し続けるだろう。

 さて、まだ法案が貴族院(イギリス上院)に提出され委員会審議にかかっている段階であり、権利者団体以外ほぼあらゆる者に反対されていることを考えても、下院まで含めてこのまますんなり法案が通るとは思えないが、今回は、今現在イギリスで非難が沸騰しているデジタル経済法案、イギリス版ストライクアウト法案について紹介したいと思う。

 このデジタル経済法案には、孤児作品に関する事項なども含まれているので、もし何かあれば他の部分もそのうち紹介したいと思うが、ここでは、イギリス上院のHPに載っている当初の法改正案(pdf)から、通信法(2003年の現行通信法)改正部分の、ネット切断型の違法コピー対策、ストライクポリシーに関する第124A条から第124M条までを以下に抄訳する。

Online infringement of copyright: obligations of internet service providers
124A Obligation to notify subscribers of copyright infringement reports

(1) This section applies if it appears to a copyright owner that—
(a) a subscriber to an internet access service has infringed the owner’s copyright by means of the service; or
(b) a subscriber to an internet access service has allowed another person to use the service, and that other person has infringed the owner’s copyright by means of the service.

(2) The owner may make a copyright infringement report to the internet service provider who provided the internet access service if a code in force under section 124C or 124D (an “initial obligations code”) allows the owner to do so.

(3) A “copyright infringement report” is a report that—
(a) states that there appears to have been an infringement of the owner’s copyright;
(b) includes a description of the apparent infringement;
(c) includes evidence of the apparent infringement that shows the subscriber’s IP address and the time at which the evidence was gathered; and
(d) complies with any other requirement of the initial obligations code.

(4) An internet service provider who receives a copyright infringement report must notify the subscriber of the report if the initial obligations code requires the provider to do so.

(5) A notification under subsection (4) must include—
(a) a statement that it is sent under this section in response to a copyright infringement report made by a copyright owner;
(b) a description of the apparent infringement;
(c) evidence of the apparent infringement;
(d) information about copyright and its purpose;
(e) advice about how to obtain lawful access to copyright works;
(f) advice about the protection of electronic communications networks that use wireless telegraphy; and
(g) anything else that the initial obligations code requires it to include.

(6) The things that may be required under subsection (5)(g), whether in general or in a particular case, include in particular statements that—
(a) information about the apparent infringement may be kept by the internet service provider;
(b) the copyright owner may require the provider to disclose which copyright infringement reports made by the owner to the provider relate to the subscriber;
(c) following such a disclosure, the copyright owner may apply to a court to learn the subscriber’s identity and may bring proceedings against the subscriber for copyright infringement;
(d) the number and nature of copyright infringement reports relating to the subscriber may be taken into account for the purposes of any technical measures.

(7) In this section “notify”, in relation to a subscriber, means send a notification to the electronic or postal address held by the internet service provider for the subscriber (and sections 394 to 396 do not apply).

124B Obligation to provide copyright infringement lists to copyright owners
(1)
An internet service provider must provide a copyright owner with a copyright infringement list for a period if—
(a) the owner requests the list for that period; and
(b) an initial obligations code requires the internet service provider to provide it.

(2) A “copyright infringement list” is a list that—
(a) sets out, in relation to each relevant subscriber, which of the copyright infringement reports made by the owner to the provider relate to the subscriber, but
(b) does not enable any subscriber to be identified.

(3) A subscriber is a “relevant subscriber” in relation to a copyright owner if—
(a) the owner has made one or more copyright infringement reports in relation to the subscriber; and
(b) the number of the reports has reached the threshold (if any) set in the initial obligations code.

124C Approval of code about the initial obligations
(1)
The obligations of internet service providers under sections 124A and 124B are the “initial obligations”.

(2) If it appears to OFCOM—
(a) that a code has been made by any person for the purpose of regulating the initial obligations; and
(b) that it would be appropriate for them to approve the code for that purpose,
they may approve it, with effect from the date given in the approval.

(3) The provision that may be contained in a code and approved under this section includes provision that—
(a) specifies conditions that must be met for rights and obligations under the copyright infringement provisions or the code to apply in a particular case;
(b) requires copyright owners or internet service providers to provide any information or assistance that is reasonably required to determine whether a condition under paragraph (a) is met.

(4) The provision mentioned in subsection (3)(a) may, in particular, specify that a right or obligation does not apply in relation to a copyright owner unless the owner has made arrangements with an internet service provider regarding—
(a) the number of copyright infringement reports that the owner may make to the provider within a particular period; and
(b) payment in advance of a contribution towards meeting costs incurred by the provider.

(5) The provision mentioned in subsection (3)(a) may also, in particular, provide that—
(a) except as provided by the code, rights and obligations do not apply in relation to an internet service provider unless the number of copyright infringement reports the provider receives within a particular period reaches a threshold set out in the code;
(b) once the threshold is reached, rights or obligations apply in relation to a time before it was reached.

(6) OFCOM must not approve a code under this section unless satisfied that it meets the criteria set out in section 124E.

(7) Not more than one approved code may have effect at a time.

(8) OFCOM must keep an approved code under review.

(9) OFCOM may, at any time, for the purpose mentioned in subsection (2)—
(a) approve modifications that have been made to an approved code; or
(b) withdraw their approval from an approved code, with effect from a date given in the approval or withdrawal, and must do so if the code ceases to meet the criteria set out in section 124E.

(10) The consent of the Secretary of State is required for the approval of a code or the modification of an approved code.

(11) Where OFCOM give or withdraw an approval under this section, they must give notification of their approval or of its withdrawal.

(12) The notification must be published in such manner as OFCOM consider appropriate for bringing it to the attention of the persons who, in OFCOM’s opinion, are likely to be affected by the approval or withdrawal.

124D Initial obligations code by OFCOM in the absence of an approved code
(1)
For any period when sections 124A and 124B are in force but for which there is no approved initial obligations code under section 124C, OFCOM must by order make a code for the purpose of regulating the initial obligations.

(2) OFCOM may, but need not, comply with subsection (1) so far as the period falls six months or less after sections 124A and 124B come into force.

(3) A code under this section may do any of the things mentioned in section 124C(3) to (5).

(4) A code under this section may also—
(a) establish one or more bodies corporate with the capacity to make their own rules and establish their own procedures;
(b) determine the jurisdiction of a body established by the code or, for the purposes of the code, of any other person;
(c) confer jurisdiction with respect to any matter on OFCOM themselves (but this is subject to anything else in or under the copyright infringement provisions that relates to appeals by subscribers);
(d) provide for a person on whom jurisdiction is conferred to make awards of compensation, to direct the reimbursement of costs, or to do both;
(e) provide for such a person to enforce, or to participate in the enforcement of, any awards or directions made under the code;
(f) make other provision for the enforcement of such awards and directions; and
(g) make other provision for the purpose of regulating the initial obligations.

(5) OFCOM must not make a code under this section unless they are satisfied that it meets the criteria set out in section 124E.

(6) OFCOM must—
(a) keep a code under this section under review; and
(b) by order make any amendment of it that is necessary to ensure that while it is in force it continues to meet the criteria set out in section 124E.

(7) The consent of the Secretary of State is required for the making or amendment by OFCOM of a code under this section.

(8) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

124E Contents of initial obligations code
(1)
The criteria referred to in sections 124C(6) and 124D(5) are—
(a) that the code makes the required provision about copyright infringement reports (see subsection (2));
(b) that it makes the required provision about the notification of subscribers (see subsection (3));
(c) that it makes provision about how internet service providers are to keep information about subscribers;
(d) that it limits the time for which they may keep that information;
(e) that it makes any provision about contributions towards meeting costs that is required to be included by an order under section 124L;
(f) that the requirements concerning enforcement and related matters are met in relation to the code (see subsection (4));
(g) that the provisions of the code are objectively justifiable in relation to the matters to which it relates;
(h) that those provisions are not such as to discriminate unduly against particular persons or against a particular description of persons;
(i) that those provisions are proportionate to what they are intended to achieve; and
(j) that, in relation to what those provisions are intended to achieve, they are transparent.

(2) The required provision about copyright infringement reports is provision that specifies—
(a) requirements as to the means of obtaining evidence of infringement of copyright for inclusion in a report;
(b) the standard of evidence that must be included;
(c) the required form of the report; and
(d) a time limit for making the report.

(3) The required provision about the notification of subscribers is provision that specifies, in relation to a subscriber in relation to whom an internet service provider receives one or more copyright infringement reports—
(a) requirements as to the means by which the provider identifies the subscriber;
(b) which of the reports the provider must notify the subscriber of; and
(c) requirements as to the form, contents and means of the notification in each case.

(4) The requirements concerning enforcement and related matters are—
(a) that OFCOM or another person has, under the code, the functions of administering and enforcing it, including the function of resolving copyright infringement disputes;
(b) that any such other person is sufficiently independent of internet service providers and copyright owners;
(c) that there is a person who, under the code, has the function of determining subscriber appeals;
(d) that that person is sufficiently independent of internet service providers, copyright owners and OFCOM; and
(e) that there are adequate arrangements under the code for the costs of the carrying out by a person mentioned in paragraph (a) or (c) of functions in relation to the code to be met by internet service providers and copyright owners.

(5) The provision mentioned in subsection (4) may include, in particular—
(a) provision for the payment, to a person specified in the code, of a penalty not exceeding the maximum penalty for the time being specified in section 124K(2);
(b) provision requiring a copyright owner to indemnify an internet service provider for any loss or damage resulting from the owner’s failure to comply with the code or the copyright infringement provisions.
...

124G Obligations to limit internet access: assessment and preparation
(1)
The Secretary of State may direct OFCOM to—
(a) assess whether one or more technical obligations should be imposed on internet service providers;
(b) take steps to prepare for the obligations;
(c) provide a report on the assessment or steps to the Secretary of State.

(2) A “technical obligation”, in relation to an internet service provider, is an obligation for the provider to take a technical measure against particular subscribers to its service.

(3) A “technical measure” is a measure that—
(a) limits the speed or other capacity of the service provided to a subscriber;
(b) prevents a subscriber from using the service to gain access to particular material, or limits such use;
(c) suspends the service provided to a subscriber; or
(d) limits the service provided to a subscriber in another way.

(4) The assessment and steps that the Secretary of State may direct OFCOM to carry out or take under subsection (1) include, in particular—
(a) consultation of copyright owners, internet service providers, subscribers or any other person;
(b) an assessment of the likely efficacy of a technical measure in relation to a particular type of internet access service; and
(c) steps to prepare a proposed technical obligations code.

(5) Internet service providers must give OFCOM any assistance that OFCOM reasonably require for the purposes of complying with any direction under this section.

(6) The Secretary of State must lay before Parliament any direction this section.

124H Obligations to limit internet access
(1)
The Secretary of State may at any time by order impose a technical obligation on internet service providers if the Secretary of State considers it appropriate in view of—
(a) an assessment carried out or steps taken by OFCOM under section 124G; or
(b) any other consideration.

(2) An order under this section must specify the date from which the technical obligation is to have effect, or provide for it to be specified.

(3) The order may also specify—
(a) the criteria for taking the technical measure concerned against a subscriber;
(b) the steps to be taken as part of the measure and when they are to be taken.

124I Code by OFCOM about obligations to limit internet access
(1)
For any period during which there are one or more technical obligations in force under section 124H, OFCOM must by order make a technical obligations code for the purpose of regulating those obligations.

(2) The code may be made separately from, or in combination with, any initial obligations code made under section 124D.

(3) A code under this section may—
(a) do any of the things mentioned in section 124C(3) to (5) or section 124D(4)(a)to (f)); and
(b) make other provision for the purpose of regulating the technical obligations.

(4) OFCOM must not make a code under this section unless they are satisfied that it meets the criteria set out in section 124J.

(5) OFCOM must—
(a) keep a code under this section under review; and
(b) by order make any amendment of it that is necessary to ensure that while it is in force it continues to meet the criteria set out in section 124J.

(6) The consent of the Secretary of State is required for the making or amendment by OFCOM of a code under this section.

(7) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

(8) A statutory instrument containing an order made by OFCOM under this section is subject to annulment in pursuance of a resolution of either House of Parliament.

124J Contents of code about obligations to limit internet access
(1)
The criteria referred to in section 124I(4) are—
(a) that the requirements concerning enforcement and related matters are met in relation to the code (see subsection (2));
(b) that it makes any provision about contributions towards meeting costs that is required to be included by an order under section 124L;
(c) that it makes any other provision that the Secretary of State requires it to make;
(d) that the provisions of the code are objectively justifiable in relation to the matters to which it relates;
(e) that those provisions are not such as to discriminate unduly against particular persons or against a particular description of persons;
(f) that those provisions are proportionate to what they are intended to achieve; and
(g) that, in relation to what those provisions are intended to achieve, they are transparent.

(2) The requirements concerning enforcement and related matters are—
(a) that OFCOM or another person has, under the code, the functions of administering and enforcing it, including the function of resolving copyright infringement disputes;
(b) that any such other person is sufficiently independent of internet service providers and copyright owners;
(c) that there is a person who, under the code, has the function of determining subscriber appeals;
(d) that that person is sufficiently independent of internet service providers, copyright owners and OFCOM;
(e) that there are adequate arrangements under the code for the costs of the carrying out by a person mentioned in paragraph (a) or (c) of functions in relation to the code to be met by internet service providers and copyright owners; and
(f) that provision is made, in accordance with subsection (3), for the appeal to the First-tier Tribunal of determinations of subscriber appeals.

(3) The provision mentioned in subsection (2)(f) is provision—
(a) enabling a determination of a subscriber appeal to be appealed to the First-tier Tribunal, including on grounds that it was based on an error of fact, wrong in law or unreasonable;
(b) giving the First-tier Tribunal power, in relation to an appeal to it, to—
(i) withdraw a technical measure;
(ii) confirm a technical measure;
(iii) take any steps that a person administering or enforcing the code could take in relation to the act or omission giving rise to the technical measure;
(iv) remit the decision whether to confirm the technical measure, or any matter relating to that decision, to a person mentioned in subsection (2)(c);
(v) award costs;
(c) in relation to recovery of costs awarded by the Tribunal.

(4) The provision mentioned in subsection (2) may also (unless the Secretary of State requires otherwise) include, in particular—
(a) provision for the payment, to a person specified in the code, of a penalty not exceeding the maximum penalty for the time being specified in section 124K(2);
(b) provision requiring a copyright owner to indemnify an internet service provider for any loss or damage resulting from the owner’s infringement or error in relation to the code or the copyright infringement provisions;
(c) provision for the taking of a technical measure to be postponed until a subscriber appeal to a person mentioned in subsection (2)(c) or an appeal to the First-tier Tribunal has been determined.
...

124K Enforcement of obligations
(1)
Sections 94 to 96 apply in relation to a contravention of an initial obligation or a technical obligation, or a contravention of an obligation under section 124G(5), as they apply in relation to a contravention of a condition set out under section 45.

(2) The amount of the penalty imposed under section 96 as applied by this section is to be such amount not exceeding £250,000 as OFCOM determine to be—
(a) appropriate; and
(b) proportionate to the contravention in respect of which it is imposed.

(3) In making that determination OFCOM must have regard to—
(a) any representations made to them by the internet service provider;
(b) any steps taken by the provider towards complying with the obligations contraventions of which have been notified to the provider under section 94 (as applied); and
(c) any steps taken by the provider for remedying the consequences of those contraventions.

(4) The Secretary of State may by order amend this section so as to substitute a different maximum penalty for the maximum penalty for the time being specified in subsection (2).

(5) No order is to be made containing provision authorised by subsection (4) unless a draft of the order has been laid before Parliament and approved by a resolution of each House.

124L Sharing of costs
(1)
The Secretary of State may by order specify provision that must be included in an initial obligations code or a technical obligations code about payment of contributions towards costs incurred under the copyright infringement provisions.

(2) Provision specified under subsection (1) may relate to, in particular—
(a) payment by a copyright owner of a contribution towards the costs that an internet service provider incurs;
(b) payment by a copyright owner or internet service provider of a contribution towards the costs that OFCOM incur.

(3) Provision specified under subsection (1) may include, in particular—
(a) provision about costs incurred before the provision is included in an initial obligations code or a technical obligations code;
(b) provision for payment in advance of expected costs (and for reimbursement of overpayments where the costs incurred are less than expected);
(c) provision about how costs, expected costs or contributions must be calculated;
(d) other provision about when and how contributions must be paid.
...

オンライン著作権侵害:インターネット・サービス・プロバイダーの義務
第124A条
 著作権侵害報告を契約者に通知する義務
第1項 著作権者に、以下のように思われた時に、本条は適用される。
(a)インターネット・アクセス・サービスの契約者が、そのサービスを用いて著作権者の著作権を侵害したと思われた時;あるいは
(b)インターネット・アクセス・サービスの契約者が、他の者にそのサービスを使用することを許し、この他の者が、そのサービスを用いて著作権者の著作権を侵害したと思われた時。

第2項 著作権者は、第124C条あるいは第124D条により効力を有する規約(「当初義務規約」)によってそうすることが可能とされていれば、インターネット・アクセス・サービスを提供するインターネット・サービス・プロバイダーに対し、著作権侵害報告を作ることができる。

第3項 「著作権侵害報告」は、
(a)著作権者の著作権の侵害があると思われることを記載し;
(b)その推定される侵害に関する詳細を含み;
(c)その推定される侵害に対する証拠として、契約者のIPアドレスと、この証拠が集められた時を含み;そして
(d)当初義務規約のその他の要件に合致する報告である。

第4項 著作権侵害報告を受け取ったインターネット・サービス・プロバイダーは、当初義務規約がプロバイダーにそうすることを求めている場合は、その報告を契約者に通知しなくてはならない。

第5項 第4項における通知は、次の事項を含まなければならないー
(a)それが、著作権者によって作られた著作権侵害報告に対する応答として本条に基づき送られたものであるという記載;
(b)推定される侵害に関する詳細;
(c)推定される侵害に関する証拠;
(d)著作権とその目的に関する情報;
(e)著作物への合法なアクセスをどのようにして得るかということに関する助言;
(f)ワイヤレス電子通信ネットワークの保護に関する助言;
(g)その他当初義務規約が含めることを求めている事項。

第6項 第5項(g)により求められている事項は、一般的なことを目的とするものであれ特定のことを目的とするものであれ、特に次の事項を含むー
(a)推定される侵害のインターネット・サービス・プロバイダーによる保存に関する情報;
(b)プロバイダーへの著作権者によって作られた著作権侵害報告が関係している契約者についての開示を、著作権者はプロバイダーに求められること;
(c)そのような開示において、著作権者は、契約者の個人情報の開示を裁判所に要求でき、契約者に対し、著作権侵害訴訟を起こせること;
(d)契約者に関する著作権侵害報告の数と性質が、何かしらの技術的手段の目的において考慮に入れられること。

第7項 本条において、契約者に関する、「通知」とは、インターネット・サービス・プロバイダーが契約者について保持している電子あるいは郵便のアドレスに通知を送ることを意味する(ここで、第394条から第396条(訳注:正式な通知に関する条項)は適用されない)。

第124B条 著作権者への著作権侵害リストの提供義務
第1項
 以下の場合には、インターネット・サービス・プロバイダーは、著作権侵害リストを著作権者に提供しなければならないー
(a)著作権者がある期間のそのリストを要求し;そして
(b)当初義務規約が、インターネット・サービス・プロバイダーにそれを提供することを義務づけている場合。

第2項 「著作権侵害リスト」は、
(a)著作権者が作成した著作権侵害報告に関係する契約者を並べたものであるが、
(b)契約者が特定できるようにはされていないリストである。

第3項 以下の場合に、契約者は、著作権者に対し「関係する契約者」とされるー
(a)著作権者が、その契約者について1つあるいはそれ以上の著作権侵害報告を作成し;そして
(b)その報告の数が、(もしあれば)当初義務規約に規定されているしきい値を超えている場合。

第124C条 当初義務規約の承認
第1項
 第124A条と第124B条におけるインターネット・サービス・プロバイダーの義務が、「当初義務」である。

第2項 情報通信庁が、
(a)この当初義務を規定する目的で誰かによって規約が作られ;そして
(b)その目的に照らしてその規約を承認することが適切であると、
判断する時、情報通信庁はそれを承認し、この承認によって与えられた日からそれは効力を有する。

第3項 本条において承認される規約の規定は、次の規定を含み得るー
(a)著作権侵害規定あるいは個別のケースで適用される法令における権利と義務が満たすべき条件の特定;
(b)(a)の条件が満たされているか否かを決定する上で合理的に必要となる情報あるいは補助の提供を、著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーに対して求められるようにすること;

第4項 第3項(a)に記載されている規定は、次のことに関して特に取り決めをインターネット・サービス・プロバイダーと作っていない限り、著作権者に関して権利あるいは義務は適用されないことを明確に記載し得るー
(a)ある特定の期間内に、著作権者からプロバイダーに送られる著作権侵害報告の数;
(b)プロバイダーに発生する費用の負担分の前払い

第5項 第3項(a)に記載されている規定は、特に、次のことを規定することができるー
(a)特定の期間内に著作権侵害報告の数が規約で決められているしきい値を超えない限り、インターネット・サービス・プロバイダーに関して権利と義務は適用されないこと、ただし、規約に特段の定めがある場合はこの限りでない;
(b)一旦そのしきい値に達した場合は、その到達前に権利あるいは義務が適用されること。

第6項 第124E条に決められているクライテリアを満たさない限り、情報通信庁は本条に規定されている規約を承認してはならない。

第7項 2つ以上の承認規約が同時に効力を持つことは無い。

第8項 情報通信庁は、承認した規約について確認をし続けなければならない。

第9項 情報通信庁は、第2項に記載されている目的で、以下のことができるー
(a)承認した規約に加えられる修正の承認;あるいは
(b)承認した規約からの承認の取り消し、これは承認あるいは取り消しで与えられた日から効力を有する、また、第124E条で定められているクライテリアを満たさない場合はそうしなければならない。

第10項 規約の承認あるいは承認した規約の修正には、大臣の同意を必要とする。

第11項 本条に基づき承認を与えるか取り消すかした場合は、情報通信庁は、その承認あるいは取り消しの通知をしなければならない。

第12項 その承認あるいは取り消しによって影響を受けると情報通信庁が考える者に注目されるよう情報通信庁が適切と考えるやり方で、その通知は公表されなくてはならない。

第124D条 承認規約が無い場合に情報通信庁によって作られる当初義務規約
第1項
第124A条と第124B条が施行されたが、第124C条に基づいて承認された当初義務規約が存在していない時には、情報通信庁は、当初義務を規定する目的の規約を命令によって作らなければならない。

第2項 第124A条と第124B条の施行後6ヶ月以内については、情報通信庁は、第1項に従ってもよいが、その必要は無い。

第3項 本条に基づく規約にも、第124C条第3項から第5項が適用される。

第4項 本条に基づく規約は、以下のことを含み得るー
(a)自身の規則を作り、自身の手続きを定め得る1つあるいはそれ以上の主体を設立すること;
(b)規約によって設立される主体、あるいは、規約の目的に照らして他の者の裁判権を定めること;
(c)何らかの事項について情報通信庁自体に裁判権を与えること(ただし、契約者による上訴に関する著作権侵害規定に関係する事項を除く);
(d)裁判権を与えられた者に、補償、費用の裁定に関する指導、あるいはその両方ができるようにすること;
(e)そのような者に、この規約をエンフォースメントできるように、あるいは、このエンフォースメントに、規約に基づいてなされる裁定あるいは指導に関与できるようにすること;
(f)そのような裁定あるいは指導のエンフォースメントに関するその他の規定;
(g)当初義務を規定することを目的とするその他の規定;

第5項 第124E条に定められているクライテリアを満たさない限り、情報通信庁は、本条に基づく規約を定めてはならない。

第6項 情報通信庁は、
(a)本条に基づく規約を確認し続け;そして
(b)それが効力を有している間に、第124E条で定められているクライテリアを満たすことを確保するのに必要である場合には、命令によってその修正をしなければならない。

第7項 本条に基づく規約の情報通信庁による作成あるいは修正には、大臣の同意を必要とする。

第8項 第403条(訳注:情報通信庁によって作られる規則と命令に関する条項)が、本条に基づく命令の作成に関する情報通信庁の権限にも適用される。

第124E条 当初義務規約の内容
第1項
 第124C条第6項と第124D条第5項に記載されているクライテリアはー
(a)規約において、著作権侵害報告(第2項参照)に関して必要な規定を作ること;
(b)契約者への通知(第3項参照)に関して必要な規定を作ること;
(c)インターネット・サービス・プロバイダーがどのように契約者に関する情報を保持するかに関する規定を作ること;
(d)その情報をいつまで保持できるかを定めること;
(e)第124L条の命令によって含められなくてはならないとされる費用の分配に関する規定を作ること;
(f)規約に関係して、エンフォースメントとそれに関連する事項について満たすべき条件を定めること(第4項参照);
(g)関係する事項について、規定がその目的に照らし客観的に正当なものであること;
(h)その規定が、特定の者について、あるいは、特定の者に関する記載について、不当な区別をするようなものとなっていないこと;
(i)その規定が、達成すべきことに対して、バランスの取れたものとなっていること;そして
(j)その規定が達成すべきことに関して、透明性が保たれていること。

第2項 著作権侵害報告についての規定は、次のことを定めなければならないー
(a)報告に含まれる著作権侵害の証拠を得る手段について求められる要件;
(b)含まれるべき証拠に関する基準;
(c)報告で必要とされる様式;そして
(d)報告作成の期限。

第3項 インターネット・サービス・プロバイダーが1つあるいはそれ以上の著作権侵害を受け取った契約者への通知についての規定は、次のことを定めなければならないー
(a)プロバイダーが契約者を特定する上で用いる手段に関する条件;
(b)プロバイダーが契約者に通知することを求められた報告について;そして
(c)それぞれのケースにおける通知の様式、内容と手段に関する条件。

第4項 エンフォースメントと関連事項に関して、以下のことが必要とされるー
(a)情報通信庁あるいは他の者が、本条に基づき、著作権侵害に関する紛争解決の役割を含め、それを管理し、エンフォースする役割を果たすこと;
(b)そのような他の者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(c)本条に基づき、契約者の上訴を判断する役割を果たす者がいること;
(d)その者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(e)(a)あるいは(c)に記載されている者によって実施されることの費用について、規約に照らして適切な取り決めが、インターネット・サービス・プロバイダーと権利者の間でなされること。

第5項 第4項に記載されている規定は、特に、次の事項を含むことができるー
(a)第124K条第2項で規定されている時点における最大の罰金を超えることの無い罰金の支払いを、規約で特定される者に支払うとする規定;
(b)規約あるいは著作権侵害に関する規定に、著作権者の過失により従うことができなかった場合に、それによって生じた損失あるいは損害について、インターネット・サービス・プロバイダーを免責することを著作権者に求める規定;

(略:第6項 「著作権侵害紛争」と「契約者による上訴」という用語の解釈・定義規定。)

(略:第124F条 進展報告書に関する規定。インターネットにおける著作権侵害の状況について、情報通信庁が定期的に大臣に報告することと規定。)

第124G条 インターネットアクセスを制限する義務:評価と準備
第1項
 大臣は、以下のことをするよう情報通信庁に指示することができるー
(a)1つあるいはそれ以上の技術的義務をインターネット・サービス・プロバイダーに課すべきであるか否かを評価すること;
(b)その義務の準備に必要な措置を取ること;
(c)その評価あるいは措置に関する報告を大臣に提供すること。

第2項 インターネット・サービス・プロバイダーに関する「技術的義務」とは、そのサービスの特定の契約者に対して技術的手段を取るプロバイダーの義務である。

第3項 「技術的手段」とは、
(a)契約者に提供されるサービスのスピードあるいは容量を制限する;
(b)契約者に、特定の物へのアクセスを得ることをできなくするか、そのような利用を制限する;
(c)契約者に提供されるサービスを遮断する;あるいは
(d)他の形で契約者に提供されるサービスを制限する手段である。

第4項 第1項に基づいて、大臣が情報通信庁に実行するあるいは取ることを指示する評価と措置は、特に、次のことを含むー
(a)著作権者、インターネット・サービス・プロバイダー、契約者あるいはその他の者に対する意見聴取;
(b)特定のタイプのインターネット・アクセス・サービスに関する技術的手段の有効性に対する評価;そして
(c)技術的義務規約の提案のための措置。

第5項 本条に基づいて出される指示の目的に照らして、情報通信庁が合理的に求められる補助を、インターネット・サービス・プロバイダーは情報通信庁に与えなければならない。

第6項 大臣は、本条に基づく指示について全て国会に報告しなければならない。

第124H条 インターネット・アクセスを制限する義務
第1項
 大臣は、以下のことを考慮して適切だと考える時は、インターネット・サービス・プロバイダーに技術的義務を課すことができるー
(a)第124G条に基づき情報通信庁によって実行される評価あるいは取られる措置;あるいは
(b)その他の考慮。

第2項 本条に基づく命令は、その技術的手段が取られる日を特定するか、それが特定されるべきことを規定する。

第3項 命令はまた、次のことを定めることができるー
(a)契約者に対して関係する技術的手段が取られるクライテリア;
(b)その手段の一部として取られる措置と、それが取られるべき時。

第124I条 インターネット・アクセスを制限する義務について情報通信庁が作る規約
第1項
 第124H条により効力を有する1つあるいはそれ以上の義務があるとされる期間に、情報通信庁は、その義務を規定する目的で、技術的義務規約を命令により作らなければならない。

第2項 この規約は、第124D条に基づき作られる当初義務規約と別にあるいはともに、作られることができる。

第3項 本条に基づく規約はー
(a)第124C条第3項から第5項あるいは第124D条第4項(a)から(f)に記載されている事項を含むことができ;そして
(b)他の技術的義務を規定する目的の規定を作ることができる。

第4項 情報通信庁は、第124J条で定められているクラリテリアを満たさない限り、本条に基づく規約を作ってはならない。

第5項 情報通信庁は、
(a)本条に基づく規約を確認し続け;そして
(b)それが効力を有している間に、第124J条で定められているクライテリアを満たすことを確保するのに必要である場合には、命令によってその修正をしなければならない。

第6項 本条に基づく規約の情報通信庁による作成あるいは修正には、大臣の同意を必要とする。

第7項 第403条が、本条に基づく命令の作成に関する情報通信庁の権限にも適用される。

第8項 本条に基づいて情報通信庁によって作られる命令を含む規則等は、国会の決定によって廃止され得る。

第124J条 インターネット・アクセスを制限する義務についての規約の内容
第1項
 第124I条第4項に記載されているクライテリアはー
(a)規約に関係して、エンフォースメントとそれに関連する事項について満たすべき条件を定めること(第2項参照);
(b)第124L条の命令によって含めなくてはならないとされる費用の分配に関する規定を作ること;
(c)それを大臣が作成することを求める時に必要とされるその他の規定を作ること;
(d)関係する事項について、規定がその目的に照らし客観的に正当なものであること;
(e)その規定が、特定の者について、あるいは、特定の者に関する記載について、不当な区別をするようなものとなっていないこと;
(f)その規定が、達成すべきことに対して、バランスの取れたものとなっていること;そして
(g)その規定が達成すべきことに関して、透明性が保たれていること。

第2項 エンフォースメントと関連事項に関して、以下のことが必要とされるー
(a)情報通信庁あるいは他の者が、本条に基づき、著作権侵害に関する紛争解決の役割を含め、それを管理し、エンフォースする役割を果たすこと;
(b)そのような他の者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(c)本条に基づき、契約者の上訴を判断する役割を果たす者がいること;
(d)その者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(e)(a)あるいは(c)に記載されている者によって実施されることの費用について、規約に照らして適切な取り決めが、インターネット・サービス・プロバイダーと権利者の間でなされること。
(f)第3項に従い、契約者の上訴を判断する第一審の裁判所についての規定が作られること;

第3項 第2項(f)に記載されている規定は、
(a)間違った事実に基づく、法律の適用が間違っているあるいは不当である等の理由に基づき、第一審裁判所へ上訴することで、契約者の判断を可能とする;
(b)上訴に関して、第一審に以下の権限を与えるとする;
(ⅰ)技術的手段の除去;
(ⅱ)技術的手段の承認;
(ⅲ)技術的手段に関して行われる行為あるいは懈怠に対して、規約を管理し、エンフォースする者が、取ることのできる措置;
(ⅳ)第2項(c)に記載されている者に対して、技術的手段あるいはその他の事項を課す決定の緩和;
決定の
(ⅴ)費用の裁定;
(c)法廷によって裁定される費用の回復に関する規定である。

第4項 第2項に規定されている規定は、(大臣がそうでないことを求めない限り)特に、次の事項を含むことができるー
(a)第124K条第2項で規定されている時点における最大の罰金を超えることの無い罰金の支払いを、規約で特定されている者に支払うとする規定;
(b)規約あるいは著作権侵害に関する規定に、著作権者のミスにより従うことができなかった場合に、それによって生じた損失あるいは損害について、インターネット・サービス・プロバイダーを免責することを著作権者に求める規定;
(c)契約者による第2項(c)に記載されている者への上訴まで、あるいは、第一審の裁判所が上訴について決定する時まで、技術的手段を取ることを延期する規定;

(略:第5項 「著作権侵害紛争」と「契約者による上訴」という用語の解釈・定義規定。)

第124K条 義務のエンフォース
第1項
 当初義務あるいは技術的義務違反、あるいは第124G条第5項の義務違反に対しては、第45条(訳注:情報通信長による条件設定の権限に関する条項)に定められている条件違反に該当するものとして、第94条から第96条(訳注:情報通信庁によるエンフォースメント通知などに関する条項)が適ようされる。

第2項 第96条に基づいて、本条によって課される罰金は、25万ポンドを超えず、情報通信庁が、
(a)適切で;そして
(b)違反と比較してバランスの取れたものとして決定されるものとする。

第3項 この決定をする際には、情報通信庁は、次の事項を考慮に入れなければならないー
(a)インターネット・サービス・プロバイダーから提出される異議;
(b)(適用される場合は)第94条に基づいてプロバイダーに通知される義務違反に適うようにプロバイダーが取る措置;
(c)それらの違反の結果として生じたことの救済についてプロバイダーが取る措置;

第4項 大臣は、第2項で規定されている時点における最大の罰金の額の変更に関して本条を命令によって修正することができる。

第5項 命令案が国会に報告され、両院に承認されない限り、第4項により許される規定を含む命令は作られ得ない。

第124L条 費用の配分
第1項
 大臣は、著作権侵害規定に基づき発生した費用の分配について、当初義務規約あるいは技術的義務規約に含まれなければならない規定を、命令により定める。

第2項 第1項に基づいて定められる規定は、特に、次の事項に関係し得るー
(a)インターネット・サービス・プロバイダーに発生した費用の負担分の著作権者による支払い;
(b)情報通信庁に発生した費用の負担分の著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーによる支払い;

第3項 第1項で定められる規定は、特に、次の規定を含み得るー
(a)当初義務規約あるいは技術義務規約が含むべき発生した費用に関する規定;
(b)予想費用の前払い(と発生した費用が予想されたより少なかった場合には、超過分の返済)に関する規定;
(c)どのように費用、予想費用あるいは負担分が計算されるかということに関する規定;
(d)いつどのように負担分が支払われるかということについてのその他の規定;

(略:第124M条、用語の解釈・定義規定。)

 第124G条第3項でユーザーに課される技術的手段としてアクセス遮断があり得ることを明記している点からも、ストライク法案の1種であるとすぐに知れるが、これは、第188回で紹介したイギリス政府による3ストライクポリシーの提案をほぼそのまま条文化したものである。著作権団体の政治力はいまだ強く、イギリス政府もその圧力に負け、他のあらゆる者の意見を無視して、このような法案を国会に提出して来たものと見える。

 この法案は、憲法裁判で完全に否定されたフランスの3ストライク法案の第1案(第178回参照)、あるいは、ニュージーランドで一時導入されかかったものの、反発があまりにも大きかったために施行が見送られ、修正に関する検討が続けられている改正著作権法のストライク規定(第88回参照)に近く、実質的にインターネット・サービス・プロバイダーを著作権警察化し、大臣命令あるいは情報通信庁の権限で、著作権団体からの申告に基づいて推定有罪のネット切断を一方的にユーザーに課そうとする非道なものである。(また、「P2Pとかその辺のお話」で、最近明らかにされたというニュージーランドの修正ストライク規定が取り上げられているので、興味のある方は是非リンク先をご覧頂ければと思う。)

 前々回、既にネット大企業が反対に回ったことについて少し触れたが、イギリスでも、当然のように、政府与党と権利者団体以外にほとんどこのストライク法案の擁護者は見られない状況にあり、今後も何かあれば随時紹介して行きたいと思っているが、現状を見る限り、イギリスにおけるこのストライク法案の審議も、フランス同様、混乱を極めることになるだろう。

 第188回でも書いた通り、残念ながら、現状では世界的に見て著作権団体の方がまだ政治力が強く、このようにどこの国も政策的におよそロクなことを言い出さない状況が当分は続くのではないかと思うが、情報と技術の性質に対する完全な無理解を示し、国民の情報に関する最重要の基本権を侵害するものとしかなりようのない、ネット切断型のストライクポリシーや技術的な著作権検閲のような違法コピー対策は、失敗が約束されているものと私は考えている。

 なお、どこの国でもレーティング・認定・検閲利権の作り方は同じであり、やはり全く同じように批判されているので詳細は省略するが、このデジタル経済法は、1984年のビデオ録画法で今まで政府認定レーティング機関のレーティングの対象となっていたDVDなどに加えて、この法律を改正してビデオゲームもレーティングの対象として追加し、ゲームのレーティングを完全に義務化しようとしている点でもかなりタチが悪いものである。(このイギリスのレーティングシステムとこの法律の施行に関するゴタゴタについてさらに細かなことが気になるようであれば、政府認定検閲団体のイギリス映画倫理委員会の英語版wikiや1984年ビデオ録画法の英語版wikiを参照頂ければと思う。)

 今現在パブコメにかかっているイギリスの著作権の権利制限に関する提案についてもどうせなら一緒に紹介したいと思っていたが、ストライク法案の話だけでかなり長くなってしまったので、その話は次回に回したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

第188回:ネット切断型のストライクポリシーを採用しようとあがくイギリス政府

 第179回で紹介した「デジタル・ブリテン」最終報告書でもストライクポリシーをにおわせていたイギリス政府が、その採用を急ごうと悪あがきを続けているので、今回は、その話を紹介しておきたいと思う。

 報道など(ITmediaの記事Morningstarの記事Telegraphの記事Timesの記事BBCの記事TorrentFreakのブログ記事P2P Blogのブログ記事参照)でも取り上げられているので、リンク先をご覧頂くだけでも十分だと思うが、要するに、イギリス政府も、著作権団体のロビー圧力に負け、「デジタル・ブリテン」最終報告書に書いていた提案に、ネット切断型の対策を追加する羽目になったということである。

 この追加については、イギリスのビジネス・イノベーション&スキル省から、リリースと、違法なP2Pファイル共有対策に関する意見募集(提案の追加に合わせて9月29日まで〆切が伸ばされた)に対する追加の提案書(pdf)が公表されており、ここでは、この提案書から、ネット切断に関する部分を以下に訳出する。

In the consultation we set out proposed legislation that would introduce two obligations to be imposed on ISPs by Ofcom – to send notifications to subscribers alleged by rights holders to be infringing copyright, and to monitor the number of notifications each subscriber is associated with; the ISP would then make this data available to rights holders on receipt of a court order. We also proposed a mechanism whereby Ofcom would be granted reserve powers to oblige ISPs to utilise specified technical measures against repeat infringers should these two obligations prove to be deficient in reducing infringement. It is the mechanism around this introduction of potential further technical measures where our thinking has evolved. In addition we are considering the case for adding into the list of technical measures the power, as a last resort, to suspend a subscriber’s account. Finally, we feel it would be better if we were able to be more specific in the legislation about the way costs are shared by industry parties.
...

Suspension of accounts
The original proposal lists six technical measures that Ofcom might require ISPs to impose on repeat infringers. Since the issue of the consultation some stakeholders have argued strongly that none of those technical measures is powerful enough to have a significant deterrent effect on infringing behaviour. Also we cannot know how P2P technology might develop in the short to medium term, and we want to ensure that Ofcom has a full tool-kit from which to select the most appropriate measure should technical measures be deemed necessary. Taking those points into account, although we continue to regard the uptake and use of Internet services as essential to a digital Britain, we are considering the case for adding suspension of accounts into the list of measures that could be imposed. This does not necessarily mean that suspension would be used - this step would obviously be a very serious sanction as it would affect all members of a household equally, and might disrupt access to other communications, so it should be regarded as very much a last resort. Accordingly a thorough examination of the proportionality and effectiveness of the measure (as with any of the other measures) would have to be undertaken before ISPs would be required to implement it, even if the decision to move to technical measures is taken. As ever we would need to ensure any such measure fully complied with both UK and EU legislation

意見募集において、情報通信庁によってインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に課される2つの義務−権利者から著作権侵害の容疑を受けた契約者に通知を送ることと、それぞれの契約者に送られた通知の数を監視すること−を導入する法制を我々は提案している。そして、ISPは、裁判所の命令を受けて、このデータを権利者に入手可能とする。この2つの義務では著作権侵害を減らすことに不十分であると示されたときのため、我々は、さらに、侵害を繰り返す者に対し特別な技術的手段を使用することをISPに義務づける予備的権限を情報通信庁に与える機構を提案する。これは、我々が考えを発展させているところの、このさらなる潜在的な技術的手段の導入のための機構である。加えて、現状から、最後の手段として、契約者のアカウントを停止する権限を技術的手段のリストに加えるべきだと我々は考えている。また、我々は、コストの各業界の間の配分について、この法律中でより具体的にできると良いと我々は思っている。
(中略)

アカウントの停止
最初の提案は、情報通信庁により侵害を繰り返す者に対してISPが課すことを求められる技術的手段として、6つをリストに上げている。意見募集を開始したときから、これらの技術的手段のどれも侵害行為を大きく抑止する十分な力を持っていないと、一部の利害関係者が強く主張していた。また、短中期的にどのようにP2P技術が発展するか我々には分からず、技術的手段が必要とみなされるならば、最も適切な手段を選択できるよう、情報通信庁がツールの完全な一式を持つことを確保したいと思っている。英国のデジタル化にとって必要なものとして、インターネットの評価と利用を我々は尊重し続けるが、これらの点を考慮に入れ、現状から、課され得る手段のリストにアカウントの停止も加えるべきだと我々は考えている。このことは、必然的に、アカウント停止が用いられるだろうということを意味するものではない−この段階は、家庭の全ての者に影響を与え、他の通信へのアクセスも遮断するもので、明らかに非常に重大な罰であり、したがって、正に最後の手段として考えられるべきものである。したがって、技術的手段が取られるべきとの決定が取られたとしても、ISPがそれを導入することを求められる前に、(他の手段と同様に)手段の有効性とバランスに関する完全な調査がなされなければならない。さらに、我々には、このような手段がイギリスとEUの法制との完全な合致を確保する必要もある。

 著作権団体の圧力に負けてこのような追加提案をしたと、文書中でも露骨に触れられているが、これもまた提案に過ぎない。上でリンクを張った記事にも書かれているように、このような唐突なネット切断の提案に関しては、ISPやユーザー団体が反発を強めているのは勿論、いくつかの音楽家団体も反対を表明しており、この提案が簡単にイギリスで通るとは思えない。この有様では、かえって各関係者の反発を煽るだけに終わり、今までの比較的穏当な提案の導入すら覚束なくなるだろう。EU議会が、この種のネット切断型の違法コピー対策を否定する決定を繰り返し行っていることも忘れてはならない。

 ストライクポリシーに関しては、今月、フランスで3ストライク法案の第2案(第181回参照)の審議が再開される予定だが、これも、フランス与党のごり押しで国会を通ったとしても、前のものと同じく憲法裁判によって断罪されることになるだろう。

 韓国も、その変形ストライク法から、ウェブストレージやP2Pサービスのアクセス遮断を行うことを考えているようだが(中央日報の記事参照)、韓国が本当に実行に移そうとすれば、その混乱はまた日本にまで伝わって来ることだろう。(この韓国の法制も紹介したいと思っているところだが、アクセス遮断が本当に実行できるかかなり怪しいと私は踏んでいる。)

 日本でも、権利者団体とISP団体で作った「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」が、日本版変形ストライクポリシーの第一歩として、ファイル共有ユーザーに対する注意喚起メールの送信を実施しようとしている(internet watchの記事も参照)。このレベルでも、規模次第で相当混乱することになるだろう。ここでもまたダウンロード違法化が響いている。(なお、間違ったことは書いていないと言えば書いていないが、この協議会のQ&Aは、ファイル共有とアップロードとダウンロードに関する法律と技術の現状についての十分な説明に全くなっておらず、ミスリードを誘うものとなっている。)

 また、違法コピー対策ということでは、総務省の「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」で検討されていた、日本レコード協会が中心となって提案している携帯電話における著作権検閲(総務省提出パブコメ参照)のため、日本レコード協会と電気通信事業者協会中心で、また別の「違法音楽配信対策協議会(仮称)」を無意味に立ち上げるようである(読売のネット記事参照)。中国のグリーン・ダムの例を引き合いに出すまでも無く、このような技術的な著作権検閲は、法律やコストの面での問題があまりにも大きく、確実にどこかで頓挫するだろう。

 残念ながら、現状では世界的に見て著作権団体の方がまだ政治力が強く、どこの国も政策的におよそロクなことを言い出さない状況が当分は続くのではないかと思うが、情報と技術の性質に対する完全な無理解を示し、国民の情報に関する最重要の基本権を侵害するものとしかなりようのない、ネット切断型のストライクポリシーや技術的な著作権検閲のような違法コピー対策は、失敗が約束されているものと私は考えている。

 最後にもう少し、他のニュースも紹介しておくと、第185回第186回に載せた規制緩和パブコメの結果がIT本部の「デジタル利活用のための重点点検専門調査会」の資料(pdf)概要(pdf))として公表されているので、リンクを張っておく(ITproの記事も参照)。IT本部も役所の1つとしてあまり信用はできないが、この調査会の動きも注目しておいた方が良いだろう。突っ込んだ話は全て一朝一夕でどうにかなる問題ではない、パブコメ出しは今後も地道に続けて行くつもりである。

 文化庁の文化審議会・著作権分科会の法制問題小委員会で、一般フェアユース条項に関する検討が続けられているが(cnetの記事1ITproの記事cnetの記事2参照)、主として権利者団体側が強く反対し、主として利用者側が強く賛成しているという中で、権利者団体と癒着している文化庁がどのようにまとめようとして来るかは火を見るより明らかであり、一般フェアユース条項の導入に関しても全く油断はできない。

 「表現規制について少しだけ考えてみる(仮)」で触れられているが、番外その18で取り上げたアダルトゲーム自主規制問題について、残念ながらソフトウェア倫理機構の8月末の総会で規制強化案が通ったようである。一つの業界に閉じる話であればともかく、一番の問題は、このような一業界の選択の影響が、今後、今の日本の表現に絡むあらゆる業界に波及して行くに違いないことである。(「『反ヲタク国会議員リスト』メモ」で取り上げられているが、国家公安委員会も6月にアダルトゲーム規制について触れていたらしい。いまさら今の日本のどこでマッチポンプが行われても驚かないが、「国家公安委員会は、...個人の権利と自由を保護し、公共の安全と秩序を維持することを任務とする」と警察法の第5条に明記され、警察の暴走を止める重責を負っているはずの国家公安委員会ですら、個人の権利と自由の保護のことなど全く考えていないというのが今の日本の惨状である。)  

 また、「チラシの裏(3周目)」、「『反ヲタク国会議員リスト』メモ」、「創作表現は理論で性暴力は実践か?」、「北へ。の国から」、「Suzacu Late Show」、「Запретная Зона」等々で既に突っ込まれているので、リンク先をご覧頂ければ十分と思うが、表現規制問題に関しては、規制派団体のマッチポンプにより、国連の女子差別撤廃委員会が、「性暴力」という規制派団体の曖昧な用語をそのまま使って根拠無くゲーム・漫画・アニメの規制を日本に求めるロクでもないコメントを出している。法的拘束力こそ無いものの、これもまた、自らのマッチポンプでありながら、何かにつけダシにして規制派団体が騒ぐ可能性が高く、残念ながら、表現規制問題に終わりは見えない。

 次回は、各国著作権法紹介の続きをしようかと思っているが、表現の自由一般の話を書くことにするかも知れない。

(9月8日の追記:「P2Pとかその辺の話」で、上でリンクを張ったこのイギリスの動きに関するTorrentFreakのブログ記事の翻訳をされているので、興味のある方は是非リンク先をご覧頂ければと思う。)

(9月11日の追記:やはり「P2Pとかその辺の話」で、イギリスの動きに関するもう1つのTorrentFreakのブログ記事の紹介として「英国ミュージシャン各団体、英国版スリーストライク提案を批判」というエントリを書かれているので、興味のある方は是非リンク先をご覧頂ければと思う。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

第179回:イギリス文化省の「デジタル・ブリテン」最終報告書に含まれている海賊版対策

 第151回で、イギリス文化省の「デジタル・ブリテン」中間報告書を取り上げたが、この6月18日に、その最終報告書(pdf)が公表された(イギリス文化省のリリース報告書のHP)。

 これもまた、日本の報告書と同じで、その通りになるとは全く限らないものだが、現時点でのイギリス政府の考え方を知る上で重要な資料と思うので、今回は、この最終報告書の内容を紹介しておきたいと思う。(この報告書は非常に大部のもので、あくまでメインは通信放送政策であり、ここで取り上げるのは、その知財関係の部分に過ぎない。なお、知財とは直接関係しないが、Businessweekの記事でも触れられているように、固定銅線網にブロードバンド化のための税をかけるという案もイギリス国内で相当議論を呼ぶのではないかと思う。)

 まず、第1章の概要(第7ページ~)の中から、特に海賊版対策を目的としたもの等法制に関する部分を抜粋して以下に訳出する。(いつもの如く、以下全て翻訳は拙訳。)

45 In relation to rights, the Government believes piracy of intellectual property for profit is theft and will be pursued as such through the criminal law. The civil infringement of taking someone else’s intellectual property or passing it on to others through file-sharing without any compensating payment is, in plain English, wrong. However, the Government also believes, and the evidence suggests, that most people, given a reasonable choice would much prefer not to do wrong or break the law. The objective of the Government’s policy is therefore three-fold. Firstly, to provide a framework that encourages the growth of legal markets for downloading that are inexpensive, convenient and easily accessible for consumers.

46 Secondly, through encouraging suitable information and education initiatives, to ensure that consumers are fully aware of what is and is not lawful. And thirdly we aim to provide for a graduated response by rights-holders and ISPs so that they can use the civil law to the full to deter the hard core of users who wilfully continue unlawful activity. The Government intends to provide initially for Ofcom to have a duty to secure a significant reduction in unlawful file sharing by imposing two specific obligations: notification of unlawful activity and, for repeat-infringers, a court-based process of identity release and civil action. The Government is also providing for intermediate technical measures by ISPs, such as bandwidth reduction or protocol blocking, if the two main obligations have been reasonably tried but, against expectations, shown not to have worked within a reasonable but also reasonably brisk period.

47 As part of the Government’s desire to encourage inexpensive but legal consumer access to digital content, we will also make some changes to the legislative framework around copyright licensing, to tackle problems such as those surrounding the use of so-called orphan works and thus help digital markets in those works to develop.

48 Fundamental changes to existing analogue models of rights, monetisation and personal security capabilities require a total re-thinking of business models. The private sector will be doing its own research. But as set out in ‘Building Britain’s Future’ the Technology Strategy Board has a major and growing role in addressing collaborative and pre-competitive research and innovation in key sectors of our economy. Digital Britain is one of the core programmes for the Technology Strategy Board which has committed £30m to Digital Britain- related research and a minimum of £10m to specific innovation programmes. They will use the next generation broadband networks as test-beds to enable infrastructure providers, content owners and consumers to come together to trial innovative projects on micropayments and other methods of monetisation of digital content, new rights models and new methods of ensuring personal digital security.

49 Creative content is not restricted to the traditional analogue industries of the performing arts, film and broadcasting. Other countries such as Canada extend the model of cultural tax relief beyond the film industry to the interactive and online worlds. CGI, electronic games and simulation also have a significant role in Britain’s digital content ecology and in our international competitiveness. Each of these has the same capability as the more traditional sectors, such as film, to engage us and reflect our cultural particularism. They may in future have a cultural relevance to rival that of film. The Government has therefore committed to work with the industry to collect and review the evidence for a tax relief to promote the sustainable production for online or physical sale of culturally British video games. This work will balance any potential support with the need for fair competition and ensure value for money for taxpayers.

45 権利に関して、政府は、営利目的での知的財産権の侵害行為は窃盗であり、このようなものは刑法によって訴追されるべきであると考える。他人の知的財産権の民事的な侵害、あるいは、何らの補償なくそれをファイル共有を通じてイギリス国内で他者に提供することは、間違っている。しかしながら、ほとんどの人々は、合理的な選択肢を与えられれば、間違ったことをすることも法律を破ることも無いと、政府は信じており、そのように証拠も示唆している。したがって、政府の政策目標は、3つの側面を有している。第1に、安価で、便利で、消費者にとって簡単にアクセス可能な合法ダウンロード市場の発展を促進すること。

46 第2に、適切な情報と教育戦略の促進を通じて、消費者に、確実に、何が合法で何が違法かを完全に気づかせること。そして、第3に、意図的に違法な行為を続けている中核ユーザーを完全に抑止するための民事手続きを使えるようにし、権利者とインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に段階的対応を提供することを我々は目的とする。違法行為の通知と、繰り返しの侵害者に対する、司法判断に基づく個人情報開示と民事の手続きという2つの特別な義務を科すことで、違法なファイル共有を確実に相当減らすことを、情報通信庁に義務づけることを、政府はまず意図している。2つの主な義務が合理的に試されたが、予想に反して、合理的に合理的な短期間で機能しないことが示された場合、政府はまた、帯域制限やプロトコル・ブロッキングのような、介入技術手段をISPに提供する。

47 消費者の安価で合法なデジタルコンテンツへのアクセスを促進するという政府の希望については、著作権ライセンスを取り巻く法的枠組みを何がしか変え、いわゆる孤児作品の利用を取り巻く問題のような問題に取り組み、このようにして、このような作品のデジタル市場の発展の後押しをすることを考えている。

48 権利、マネタイズと個人のセキュリティ能力のアナログモデルに対する根本的な変化は、ビジネスモデルの完全な再考を必要としている。民間部門も自身の研究を行うことだろう。しかし、「ブリテンの未来構想」において立案されているように、技術戦略委員会は、我々の経済におけるキー部門における協力的で前競争的な研究に対する取り組みに、主な成長要因があると見ている。デジタル・ブリテンは、3000万ポンドをデジタル・ブリテン関連の研究に、少なくとも1000万ポンドを特定のイノベーション・プログラムに向けることを決めた技術戦略委員会のコア・プログラムの1つをなすものである。それらは、インフラ提供者、コンテンツ所有者と消費者が、デジタルコンテンツの小額決済他のマネタイズ方法、新たな権利モデルと個人的なデジタルセキュリティを確保する新たな方法に関する革新的なプロジェクトをともに試すことを可能とするための実証実験のような、次世代のブロードバンド・ネットワークのために使われる。

49 創造的なコンテンツは、伝統的なアナログの実演芸術、映画と放送産業に限られるものではない。カナダのような他の国は、文化減税のモデルを、映画産業から、インタラクティブなオンラインの世界まで広げている。CG、電子ゲームとシミュレーションもまた、ブリテンのデジタルコンテンツ環境と我々の世界的競争の中で、大きな役割を担っている。これらのそれぞれは、映画のような、より伝統的な部門と同じ潜在力を有しており、我々の注意を引き、我々の文化的特性を反映している。それらは、将来的に、フィルムに対抗する文化的な正当性を有するようになることだろう。したがって、政府は、この産業とともに、文化的なブリテンのビデオゲームのオンラインあるいは物理的な販売のための適切な製作を促進する税軽減のための証拠の収集と検討の仕事を行うと約束した。この仕事は、公正な競争の必要性に対するあらゆる潜在的なサポートとバランスが取れ、納税者に対する金銭的価値が確かに有るものでなくてはならない。

 より具体的な内容は、第105ページからの「第4章 デジタル世界における創造的産業」に書かれているが、第111ページからの「法制の提案」については、第113ページにまとめがついているので、上と重なるところもあるが、その部分をさらに以下に訳出する。

Legislation to reduce unlawful peer-to-peer file-sharing
The key elements of what we are proposing to do are:
Ofcom will be placed under a duty to take steps aimed at reducing online copyright infringement. Specifically they will be required to place obligations on ISPs to require them:
- to notify alleged infringers of rights (subject to reasonable levels of proof from rights-holders) that their conduct is unlawful; and
- to collect anonymised information on serious repeat infringers (derived from their notification activities), to be made available to rights-holders together with personal details on receipt of a court order.

Ofcom will also be given the power to specify, by Statutory Instrument, other
conditions to be imposed on ISPs aimed at preventing, deterring or reducing
online copyright infringement, such as:
Blocking (Site, IP, URL);
Protocol blocking;
Port blocking;
Bandwidth capping (capping the speed of a subscriber’s Internet connection and/or capping the volume of data traffic which a subscriber can access);
Bandwidth shaping (limiting the speed of a subscriber’s access to selected protocols/services and/or capping the volume of data to selected protocols/
services); and
Content identification and filtering.

This power would be triggered if the notification process has not been successful after a year in reducing infringement by 70% of the number of people notified.

違法P2Pファイル共有を減らすための法制
我々が提案していることのキーとなる要素は次のようなものである:
情報通信庁は、オンライン著作権侵害を減らすことを目的として歩を勧める義務の下に置かれる。特に、彼らには、ISPに次の義務を課すことが求められることになる:
(権利者から提出される合理的なレベルの証拠によって)権利を侵害していると考えられる者に、その行動が違法なものであることを通知すること;そして、
(その通知された行為から)深刻な繰り返しの侵害者についての匿名のまま情報を収集し、裁判所の命令の受理とともに、個人情報とともにそれを権利者に入手可能とすること。

情報通信庁は、法定のツールとして、オンライン著作権侵害を予防し、防止しあるいは減らすことを目的とした以下のようなISPに課される他の条件を特定する権限を与えられる:
ブロッキング(サイト、IP、URL);
プロトコル・ブロッキング;
帯域の上限設定(契約者のインターネット接続のスピードの上限設定及び/又は契約者がアクセス可能なデータトラフィックの量の上限設定)
帯域シェイピング(契約者の特定のプロトコル/サービスへのアクセス及び/又は特定のプロトコル/サービスのデータ量の上限設定)
内容の特定とフィルタリング。

このような権限は、通知手続きが、1年後、通知を受けた人々の数の70%の侵害を減らすことに成功しない場合に、開始される。

 前回書いたように、フランスでは、憲法裁判で3ストライクアウトポリシーの本質が否定されたが、今なお、イギリスの方針は、中間報告書第151回参照)で書かれていたことと変わらず、ISPに警告通知を出すことや侵害を繰り返すユーザーの情報を収集することを義務づけようとしており、ISPの著作権警察化を図ろうとしていると見える。

 当たり前の話で、警告通知などの全コストをISP、消費者あるいは国家負担とすると、権利者団体によって警告通知要請が乱発され、混乱をまねくことになるに違いないのだが、この最終報告書を読んでも、警告通知や情報収集のコスト負担についてイギリスがどう考えているのかはいまだ良く分からない

 第151回で、エンフォースメントの主体となる権利エージェンシーというものがどうなるのか良く分からないとも書いたが、第4章の第25段落で「産業界の主体(中間報告書に記載されている『権利エージェンシー』あるいは今の用語で『権利機関』)が、情報通信庁のためのこれらの法律の起草に参加し、賛同することを我々は期待し、全ての権利者とISPがこれにおいて役割を果たすことを我々は促す。」と書かれているくらいで、この権利エージェンシーについても、この最終報告書でもやはり良く分からないことに変わりは無い

 フランスやニュージーランドの例を見ても、このような変形ストライクポリシーはまず入り口のところでコケそうな気もするが、イギリスの考えでは、さらに、どのような形を取るにせよ、このようなポリシーの導入後、6ヶ月経っても効果が見られない場合には、追加措置を検討し、1年後に上記の引用箇所の後半に書かれているような技術的な手段をさらに導入しようとするらしい。以前の中間報告書にはここまではっきりと書かれていなかったように思うが、このような技術による著作権検閲は、法的・技術的に極めて問題が大きく、検閲の禁止や表現の自由の観点から見ても非常に危険なものである。

 イギリスがどのように、このような変形ストライクポリシー・技術による著作権検閲を押し進めるのか、そもそも押し進められるのかも良く分からないが、見る限り法的・技術的・ビジネス的に問題は山積みであり、今のところうまく行くようには私には全く思えない。(今のところ非常に難しいように思うが、もし、本当にこのようなポリシーが導入された場合には、英米は裁判(判例法)の国なので、生じた混乱について裁判で時間をかけて軌道修正して行くことになるのだろう。)

 さらに、法制絡みの話として、他にいくつか気になったところもいくつか訳しておくが、まず、第113ページに、フェアユースについて、

FAIR USE
32.
A number of people have raised with us during this process whether the current IP infringement framework reflects the digital environment, and whether provisions for ‘fair use’ by citizens are reasonable. The Government has considered whether, in the round there should also be a modernisation of ‘fair use’ rights for consumers to reflect the realities of the digital age. The Government has concluded that the scope for such modernisation is heavily constrained within the EU copyright framework. The Government is however considering the scope to amend the copyright exceptions regime where we believe exemptions exist, in areas such as distance learning and the preservation of archive material and intends to announce a consultation on these later this year. Clearly, on the broader question of modernisation of fair use rights, further work remains to be done.

ファアユース
32.
今度のプロセスを通じて、最近の知的財産権侵害の枠組みがデジタル環境を反映したものであるかどうか、「フェアユース」規定が市民にとって合理的なものかどうかについて、かなりの数の人々が我々に問題提起をして来た。政府は、今回、デジタル時代の現実を反映して、消費者のための「フェアユース」の権利の現代化が必要かどうかを検討した。政府は、そのような現代化の範囲は、EUの著作権法制の中で大きな制約を受けているという結論を得た。しかしながら、政府は、著作権の例外制度の範囲の改正について、遠隔教育やアーカイブ資料の保存など制限が存在して良いと思う部分があることを考慮し、今年の後半に検討を開始するつもりである。疑いも無く、フェアユースの権利の現代化のようなより大きな問題についても、さらになすべき仕事は残っている。

と書かれている。要するにEUの枠内ではフェアユースの導入は難しいが、検討を続けるということである。この書き方を見ても、欧州でのフェアユース規定導入は今のところ期待薄だが、欧州においてもフェアユース導入の議論があるというくらいの参考にはなるだろう。

 また、恐らく、イギリスでも放送局がわめいているためだろう、かなりトリッキーな書き方になっているが、私的録画補償金問題についても、第119ページに、

REUSE - THE RIGHT TO RECORD
62.
Recording equipment (e.g. PVRs, DVD Recorders) enables consumers to record copyright material that can be viewed at the leisure of the consumer over an indefinite period of time. The market for recording equipment is growing, and forecasts suggest that consumers are increasingly turning to time-shifted and non-linear viewing.

63.  Industry participants argue that consumers should pay for a ‘right to copy’, reimbursing the copyright holder for the privilege of (a) retaining a recording of the material, and (b) being able to watch the material outside of the linear broadcast window.

64. The UK music industry already has a well established licensing regime for audio copyright material, and it is argued that this should be replicated for visual content.

65. A system of reuse charges already exists in Europe, generating ?568m in 2004 across the 22 EU states that employ it. Most of this income is recycled back to the copyright holder, with a proportion retained for national cultural initiatives. Oliver & Ohlbaum estimate that a similar system in the UK could generate c.£176m pa by 2012, and c.£206m pa by 2015 in reuse charges.

66. In the UK, however, broadcasters already benefit from substantial public intervention of a kind not available in a range of other EU States e.g. the TV Licence fee, direct Government grants and regulatory assets (e.g. spectrum allocation, EPG position). While the Government recognises that a reuse system has the potential to generate significant incremental revenues for UK content, it is not persuaded that in the current economic climate it would be right to add to the retail cost of recording devices. Government will keep this issue under review and will invite Ofcom to assess the cost/benefit and framework required for the introduction of ‘re-use’ fees for private copying and format shifting.

再利用-録画権
62.
録画機器(例、アナログビデオ、DVD録画機)は、消費者によって限りの無い時間にかけて好きに見られるよう、著作物を録画することを消費者に可能とするものである。この録画機器の市場は成長しており、消費者を大きくタイムシフト・異時視聴へと向けると予想も示唆している。

63.産業関係者は、消費者は「複製権」のために支払うべきであり、(a)録画媒体の保持と(b)直接的な放送ウィンドウの外で媒体を見るが可能になることという恩恵のために、著作権者に補償をするべきだと主張している。

64.イギリスの音楽産業は既に、音楽媒体についてライセンス体制を作り上げており、それを映像コンテンツにも適用するべきだと主張している。

65.再利用料のシステムは既にヨーロッパにおいて存在しており、それを採用している22のEU諸国全体で2004年に5億6800万ユーロを生み出している。この収入のほとんどは著作権者に戻されるが、その一部は、国家的な文化事業のために取り置かれる。オリバー&オールバウムは、イギリスにおける似たようなシステムは、再利用料として2012年には1億7600万ポンドを、2015年には2億600万ポンドを生み得ると試算している。

66.しかしながら、イギリスにおいては、放送局は既に、他のEU諸国においては手に入らないような類いの、例えば、テレビ視聴料、政府による直接的な認可と規制資産(例えば、帯域の割当、EPGの位置等)のような、実質的な公的介入から利益を得ている。政府は、再利用システムが、イギリスのコンテンツのためにかなりの収入増をもたらし得ることは認めるものの、今の経済情勢の中で、録画デバイスの小売りコスト増をまねくことが正しいとは全く思わない。引き続きこのことを検討し続けるとともに、私的複製とフォーマットシフトに対する「再利用」料の導入に必要となるコスト・ベネフィット分析と枠組みの評価をするよう、政府は、情報通信庁に促す。

という記載が入っている。結論は、引き続き検討という日本のお役所のようなものだが、私的録音録画補償金問題において、公的に与えられている各種の既得権益は補償金の一種と考える必要があるということや、社会全体としてのコスト・メリット分析が非常に重要であるということを正しく認識している点で、イギリスは今のところ録画補償金制度の導入に非常に否定的であると考えて良いだろう。

 文化庁へのパブコメには度々書いている(例えば、第154回参照)が、コンテンツ産業振興として使われる税金も補償金の一種ととらえられるのであり、放送局についても、各種の受信料や電波帯域の割当などの公的な既得権益を全て補償金の一種ととらえることは当然可能である。イギリスにおいて私的録音録画補償金制度が存在していないことで何か不都合が生じているという話も聞かず(上で録音についてライセンススキームが存在していると言っているが、法的な私的複製補償金はイギリスには存在していないので、これはiTunesなどにおける契約を指したものだろう)、権利者団体があらゆる国で常に言いつのる「複製=対価」の著作権神授説にほとんど合理性は無く、まともにコスト・メリット分析をやれば、外資からの資本の還流手段として抜け目無くこの制度を利用している、大手メーカーを国内に擁していない欧州大陸各国ならいざしらず、普通の国なら全体として損という結果が出るだけだろう。権利者団体の言うことをどこまでも丸呑みにするしか能の無い腐り切った日本政府に期待はほとんどできないが、私的録音録画問題について、これらの点を正しく認識している政府が世界には存在していることは注目されても良いのではないかと思う。

 また、孤児作品についても、何かしらの許諾スキームの導入を考えているようだが、最終的にどのような形になるのかはこの報告書からはまだ良く分からない。法定の罰金上限の引き上げ(5千ポンドから5万ポンドへの引き上げ)や、他にも、ケーブルによる放送の再送信を著作権侵害でないとするイギリス著作権法第73条の除去なども検討されているので、もし興味があれば、報告書本文に直接当たってもらえればと思う。

 フランスでの憲法裁判の結果、欧州各国でのいわゆるストライクポリシー採用の芽はほとんど消えたのではないかと私は思っているが、フランスでもサルコジ大統領が相変わらず往生際悪く、著作権問題についてとことんまでやると宣言するなど(GNTの記事参照)、欧州において、ストライクポリシーの余波は当分残りそうである。

 最後に1つだけ著作権関係の国際ニュースを紹介しておくと、オランダで、下院の委員会が、ダウンロード違法化とセットで私的録音録画補償金を完全に廃止するという提案をしたようである(tweakers.netの記事De Telegraafの記事Trouwの記事参照)。非常に大胆な提案だが、記事を読んでも賛否ともにあり、非常に危険な妥協としてどこかで止まるのではないかと私は思っている。なお、このような提案とオランダにおけるフィリップスの存在は決して無関係では無いだろう。

(6月25日の追記:昨日(6月24日)に知財本部で「知的財産推進計画2009」(pdf)が決定されたので(知財本部のHP本部会合議事次第も参照)、次回は、この知財計画の内容について書きたいと思っている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

第163回:イギリス知的財産庁の意見募集ペーパー「デジタル社会における著作権」

 第151回で、イギリス文化省の「デジタル・ブリテン」中間報告書のことを取り上げたが、その中の海賊版対策に関する項目について、この13日に、イギリス知的財産庁が、「デジタル社会における著作権」という意見募集ペーパーを公表している(イギリス知財庁のリリースペーパー本文(pdf))。

 「デジタル・ブリテン」中間報告書でいまいち良く分からなかったデジタル権利エージェンシーについては、やはり要領を得ないのだが、ペーパー(pdf)の付録Aを読むと、要するに、権利者団体なりが集まって作る団体であって、任意で著作物の登録が行え、登録された著作物に対しては合法性・品質を保証する英国規格院検査証が使用可能となり、民事的なエンフォースや著作権啓蒙キャンペーン行うというものを考えているようである。

 その上で、法制の提案としては、これも付録Bから引用するが、

Annex B: Preventing and reducing online copyright infringement: the obligations

1 This paper sets out a basic proposal for legislation that would place specific obligations on ISPs within a framework that requires a code to establish the detail of how those obligations are to work. The code would also have the scope to go further and require further action from ISPs in relation to repeat infringers. All aspects of the code would have to be approved by Ofcom in accordance with their normal principles of proportionality, objective justification etc.

2 Notification obligation
2.1
The specific obligation in terms of notification will sit on ISPs. Any ISP will be obliged to notify an account holder, upon receipt of appropriate evidence (standards to be set by the code) from a rights holder of copyright infringement on that account, of the existence of such evidence.

2.2 A request in respect of a specific infringement may only be made by the rights holder of that material or someone authorised to act on their behalf. There may need to be a time limit as to how long after an infringement occurs a request may be made.

2.3 The ISP will have to send a notification to the account holder setting out the details of the alleged infringement. The notification will also have to provide:
・advice and guidance on securing wireless networks;
・a statement that it the notification is sent pursuant to the legislation;
・advice on how/where to access legitimate content;
・information about copyright and why it is important; and
・anything else specified by the code.

2.4 The standard of evidence required from rights holders should be as high as can be reasonably demanded. The template used by the BPI in the MOU trial should serve as a model for this as it has proved satisfactory to all the ISPs in the trial and has not provoked any particular concerns by consumers affected.

3 Serious Infringer Obligation

3.1 The second obligation is to maintain data relating to the notifications sent to their customers on behalf of each rights holder or their designated agent. To be absolutely clear - there is no intention to require ISPs to monitor the activity of their customers. Rather, they will collate information on the number of times they have been requested to send notifications to each customer by each rights holder or their representative.

3.2 In practical terms this means that an ISP would need to know, and be able on an anonymous basis to relate to any individual rights holder, the account holders against whom there has been the highest number of notifications at any given point.

3.3 The ISP would need to be able to alert the rights holder, upon request, of the next time they received an infringement notification in respect of one of these serious infringers. The rights holder could then use that infringement event as the basis to go to court to get an order for the release of the personal details of the account holder in order to take legal action. The rights holder would then be able to present evidence in relation to all the notified infringements by that account holder in any subsequent litigation.

4 Code of practice
...
4.6 Provisions in the code may also:
・require ISPs to restrict the network access of an account holder by:
-constraining the amount of data that they can access in a period of time;
-constraining the speed at which they can access data;
-restricting access to specific traffic protocols;
-suspending access to the internet until they have taken appropriate action (for example completing a questionnaire designed to educate on the importance of copyright); and
-other technical tools that might be appropriate and proportionate as a mechanism for preventing or reducing online copyright infringement.
...

付録B:オンライン著作権侵害の予防と防止:法的義務

 このペーパーは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)に対して特定の義務を課す法制の基本的な提案も行うものである。また、この枠組みは、これらの義務がどのように機能するかについての細かなことを定める規約を必要とする。この規約は、その先の範囲、反復違反者との関係でISPに求められるさらなる行動も含む。この規約は、バランス、客観性、正当性等々の通常の原理と一致するよう、あらゆる点で、情報通信庁の認可を必要とする。

2 通知の義務
2.1
 通知に関して特定の義務がISPに課される。全てのISPは、そのアカウントにおいて著作権侵害がなされていることについて適切な証拠(規約によって定められる基準による)を、権利者から受け取ったとき、そのような証拠の存在について、アカウント保持者に通知する。

2.2 特定の侵害に関する請求は、その物の権利者あるいは、その代理として行動する権利を有する者によってのみ行使され得る。侵害が生じてから請求がなされるまでの期間について期限を設ける必要がある。

2.3 ISPは、侵害容疑の詳細について明確に書かれた通知を、アカウント保持者に送らなくてはならない。通知は、次のものも提示しなくてはならない:
・ワイヤレスネットワークのセキュリティに関するガイダンスと助言;
・通知が法律に基づくものであるという記述;
・どこで/どのように合法的なコンテンツにアクセスできるかについての助言
・著作権とどうしてそれが重要であるかに関する情報;そして
・規約によって特定される他の事項。

2.4 権利者に求められる証拠の基準は、合理的に求められる限り高いものであるべきである。試行の中で全てのISPにとって満足の行くものであり、関係する消費者の懸念も引き起こさないものであることが示されたものであるので、試行の合意の中で全英レコード産業協会(BPI)によって使われたテンプレートがそのモデルとして使われるべきだろう。

3 深刻な侵害者に対する法的義務
3.1
 第2の法的義務は、権利者あるいはその指定する代理人に変わってその利用者に送った通知に関するデータを保持することである。完全に明確にしておくが-ISPにその利用者の行動を監視させることを求める意図は無い。そうでは無く、ISPは、各権利者あるいは代理人から各利用者への通知請求の回数の情報を集めることになるだろう。

3.2 実務的な言葉で言えば、これは、ISPは、ある時点で最大数の通知が出されたアカウント保持者を知っているべきということを、匿名性の原則に基づきながら、その者を個々の権利者に知らせることができるということを意味する。

3.3 ISPは、求めに応じて、これらの深刻な侵害者が侵害通知を再び受けた場合、そのことについて権利者に注意することができることとされるべきである。その後、法的アクションを起こすために、アカウント保持者の個人情報の開示命令を得るべく法廷へ赴く基礎として、権利者は、この侵害に関するイベントを用いることができる。そして、権利者は、その後の全ての訴訟において、アカウント保持者の通知を受けた全ての侵害に関し証拠を提出可能となる。

4 運用規約
(中略)
4.6 規約の規定は次のものを含み得る:
・以下によって、アカウント保持者のネットワークアクセスを制限することをISPに求めること:
-ある期間の間に彼らがアクセスできるデータ量の制限;
-彼らのデータアクセス速度の制限;
-特定のトラフィックプロトコルのアクセスの制限;
-適切な行動(例えば、著作権の重要性についての教育のために作られたアンケートに答えることなど)まで、そのインターネットへのアクセスを遮断すること;そして
-オンライン著作権侵害を予防あるいは防止するための機構として適切でバランスの取れたものである、他の技術的な手段。
(後略)

と、ISPにユーザーへの警告通知の義務と、この通知回数が多い深刻な侵害者についての権利者への報告義務を課すことを考えているようである。

 オプションとしてではあるがネット切断についても書かれており、イギリスも、フランスやニュージーランドで揉めるだけ揉めているストライクポリシーを採用しようと、ISPの著作権警察化を図ろうともがいていることが、このペーパーからは見て取れる。実際のところ、フランスで公的機関(第104回参照)が行うとしていることを、イギリスでは、権利者団体らにデジタル権利エージェンシーを作らせ、そことISPに振り分けようとしているというだけのことである。

 警告通知などの全コストはISPが負わされることになるのではないかと思うが、その場合、まず間違いなく警告通知要請が乱発され、混乱をまねくことになるだろう。しかし、この要請の主体となるのであろうデジタル権利エージェンシーについては、その費用対効果の面から、権利者側からもケチがついており(MusikWeekの記事P2P Blogのブログ記事参照)、この案の通りに行くかどうかは実に怪しい。(著作権の任意登録システムと組み合わせたところが多少他の国とは違っていると言えば違っているのかも知れないが、そもそもどこの国であれ、第56回で書いたように、この手のインセンティブ付き登録システムがうまく機能するとは到底思えない。)

 「デジタル・ブリテン」最終報告書の取りまとめなど、また動きがあれば紹介したいと思っているが、この体たらくでは、イギリスもストライクポリシーで当分揉め続けることになるのではないかと思う。

(3月25日の追記:ニュージーランド政府が、大問題となった改正著作権法のストライク条項の施行を断念し、その改正に着手すると発表したとのニュースがあった(Scoopの記事NBRの記事参照)。今後どうなるかは読めないが、ニュージーランドのこのような動きは、イギリスやフランスでのストライクポリシーの検討にも何かしらの影響を及ぼして行くことだろう。

 また、スペインでは、ある上院議員が、私的複製補償金の廃止の検討について言及したようである(internautas.orgの記事参照)。非道な著作権強権国家・補償金大国スペインにおいて、「あらゆるデジタルメディアに私的複製補償金を課す改正知的財産法の施行後3年を経て、このような無差別の追加コストは、その作品のための著作者への補償として最上の方法では無く、かえって、私たちの国の技術発展の重荷となり、国民の経済的損失となっていることがはっきりした」というのは、間違いではないだろう。日本と同様、ヨーロッパにおいても各者の利害が複雑に絡み合っている私的複製補償金を廃止するのは現実的には極めて困難だと思うが、このような考えが、ヨーロッパにおいても政治のレベルに明確に伝わって来ているということは非常に大きい。)

(3月25日夜の追記:今日の文化審議会著作権分科会で補償金問題のそもそも論を検討する基本問題小委員会の設置が決まったようである(internet watchの記事参照)。この問題に終わりは無い。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)