2019年3月 3日 (日)

第405回:閣議決定された特許法・意匠法等改正案

 今最も気になっているのは、文化庁が国会提出を目論んでいるダウンロード違法化・犯罪化の対象拡大を含む著作権法改正案の行方だが、先週3月1日に特許法・意匠法等の改正案が先に閣議決定され、国会に提出されているので、先にその条文を見ておきたい。

 その内容は、経産省のリリースに掲載されている概要(pdf)に、

(1)特許法の一部改正
①中立な技術専門家が現地調査を行う制度(査証)の創設
 特許権の侵害の可能性がある場合、中立な技術専門家が、被疑侵害者の工場等に立ち入り、特許権の侵害立証に必要な調査を行い、裁判所に報告書を提出する制度を創設する。

②損害賠償額算定方法の見直し
(ⅰ)侵害者が得た利益のうち、特許権者の生産能力等を超えるとして賠償が否定されていた部分について、侵害者にライセンスしたとみなして、損害賠償を請求できることとする。
(ⅱ)ライセンス料相当額による損害賠償額の算定に当たり、特許権侵害があったことを前提として交渉した場合に決まるであろう額を考慮できる旨を明記する。

※②については実用新案法、意匠法及び商標法において同旨の改正を実施。

(2)意匠法の一部改正
①保護対象の拡充
 物品に記録・表示されていない画像や、建築物の外観・内装のデザインを、新たに意匠法の保護対象とする。

②関連意匠制度※の見直し
※自己の出願した意匠又は自己の登録意匠(本意匠)に類似する意匠の登録を認める制度
 一貫したコンセプトに基づき開発されたデザインを保護可能とするため、
(ⅰ)関連意匠の出願可能期間を、本意匠の登録の公表日まで(8か月程度)から、本意匠の出願日から10年以内までに延長する。
(ⅱ)関連意匠にのみ類似する意匠の登録を認める。

③意匠権の存続期間の変更
「登録日から20年」から「出願日から25年」に変更する。

④意匠登録出願手続の簡素化
(ⅰ)複数の意匠の一括出願を認める。
(ⅱ)物品の名称を柔軟に記載できることとするため、物品の区分を廃止する。

⑤ 間接侵害※規定の拡充
※侵害を誘発する蓋然性が極めて高い予備的・幇助的行為を侵害とみなす制度
「その物品等がその意匠の実施に用いられることを知っていること」等の主観的要素を規定することにより、取り締まりを回避する目的で侵害品を構成部品に分割して製造・輸入等する行為を取り締まれるようにする。

と書かれているとおり、ほぼ制度ユーザーにしか関係しない話で、今年度の審議会報告書から予想された内容であるが(特許庁のHP1HP2の産業構造審議会・知的財産分科会・特許制度小委員会の報告書(pdf)、意匠小委員会の報告書(pdf)参照)、今回の特許法、意匠法の改正もかなり大きな改正事項を含んでいる。

 その条文案(新旧対照条文(pdf)法律案・理由(pdf)参照)を見ると、このうち、(1)①の「中立な技術専門家が現地調査を行う制度(査証)の創設」については、この法改正が通ると、特許法の第105条の2以下に以下のような条文が追加される事になる。

(査証人に対する査証の命令)
第百五条の二 裁判所は、特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟においては、当事者の申立てにより、立証されるべき事実の有無を判断するため、相手方が所持し、又は管理する書類又は装置その他の物(以下「書類等」という。)について、確認、作動、計測、実験その他の措置をとることによる証拠の収集が必要であると認められる場合において、特許権又は専用実施権を相手方が侵害したことを疑うに足りる相当な理由があると認められ、かつ、申立人が自ら又は他の手段によつては、当該証拠の収集を行うことができないと見込まれるときは、相手方の意見を聴いて、査証人に対し、査証を命ずることができる。ただし、当該証拠の収集に要すべき時間又は査証を受けるべき当事者の負担が不相当なものとなることその他の事情により、相当でないと認めるときは、この限りでない。

(第2項以下:略)

(査証人の指定等)
第百五条の二の二 査証は、査証人がする。
 査証人は、裁判所が指定する。
 裁判所は、円滑に査証をするために必要と認められるときは、当事者の申立てにより、執行官に対し、査証人が査証をするに際して必要な援助をすることを命ずることができる。

(第百五条の二の三以下:略)

 ここで細かな内容まで踏み込むことはしないが、これは、以前から議論になっていた、ドイツにあるような中立的な専門家による査察制度を日本でも特許侵害訴訟において導入しようとするもので、どこまで使われるかは法改正後の実際の運用次第ではあるが、去年の法改正同様、証拠調べの手段をさらに拡充するものである。

 今回の法改正案では、意匠法の改正事項の方がより大きなものであるといえるだろうが、そのうち、(2)①の「保護対象の拡充」と③の「意匠権の存続期間の変更」を見ておくと、主に以下のように、意匠法第2条の定義を変え、第8条の2に内装の意匠を追加し、第21条の存続期間を変えるとしている。

第二条 この法律で「意匠」とは、物品(物品の部分を含む。第八条を除き、以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合若しくはこれらの結合(以下「形状等」という。)、建築物(建築物の部分を含む。以下同じ。)の形状等又は画像(機器の操作の用に供されるもの又は機器がその機能を発揮した結果として表示されるものに限り、画像の部分を含む。次条第二項、第三十七条第二項、第三十八条第七号及び第八号、第四十四条の三第二項第六号並びに第五十五条第二項第六号を除き、以下同じ。)であつて、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。

 前項において、物品の部分の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合には、物品の操作(当該物品がその機能を発揮できる状態にするために行われるものに限る。)の用に供される画像であつて、当該物品又はこれと一体として用いられる物品に表示されるものが含まれるものとする。
 この法律で意匠について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。
 意匠に係る物品の製造、使用、譲渡、貸渡し、輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同じ。)をする行為
 意匠に係る建築物の建築、使用、譲渡若しくは貸渡し又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
 意匠に係る画像(その画像を表示する機能を有するプログラム等(特許法(昭和三十四年法律第百二十一号)第二条第四項に規定するプログラム等をいう。以下同じ。)を含む。以下この号において同じ。)について行う次のいずれかに該当する行為
 意匠に係る画像の作成、使用又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出(提供のための展示を含む。以下同じ。)をする行為
 意匠に係る画像を記録した記録媒体又は内蔵する機器(以下「画像記録媒体等」という。)の譲渡、貸渡し、輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為

  この法律で意匠について「実施」とは、意匠に係る物品を製造し、使用し、譲渡し、貸し渡し、輸出し、若しくは輸入し、又はその譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同じ。)をする行為をいう。
(第3項以下:略)

(内装の意匠)
第八条の二 店舗、事務所その他の施設の内部の設備及び装飾(以下「内装」という。)を構成する物品、建築物又は画像に係る意匠は、内装全体として統一的な美感を起こさせるときは、一意匠として出願をし、意匠登録を受けることができる。

(存続期間)
第二十一条 意匠権(関連意匠の意匠権を除く。)の存続期間は、設定の登録意匠登録出願の日から二十年二十五年をもつて終了する。

 関連意匠の意匠権の存続期間は、その本意匠の意匠権の設定の登録基礎意匠の意匠登録出願の日から二十年二十五年をもつて終了する。

 この法改正案について、本当に二十五年の保護期間が必要なのか私は今も疑問に思っているが、前にも書いたとおり、意匠権は、審査登録を前提として、業として登録意匠の実施をする権利なので、著作権法の様に一般ユーザーまで巻き込んで大きな問題が発生するということはないだろうとも思っている。

 ただし、この法改正で、意匠の保護対象として、元から追加されていた機器の操作画像に加えて、機器が機能を発揮した結果としての画像が追加されるとともに、登録意匠の画像を表示する機能を有するプログラム等の電気通信回線を通じた提供やこれを記録した記録媒体の譲渡等が権利範囲に含まれることとなるのはかなりの拡大と言って良い。ここで、条文上、保護対象は「機器がその機能を発揮した結果として表示されるもの」とされていることから、一般的なコンテンツ画像は除外されているものと思われるが、これがどのように解釈されて運用されて行くのか、今後作られるのだろう特許庁の審査基準等に気をつけた方がいいだろう。

 あとはさらにマニアックな話になるので、条文案をここで引き写すことはしないが、全体としてほぼ制度ユーザーにしか関わらない話で別に大きな問題があるというものではないものの、今回の特許法や意匠法の改正案もやはり保護強化・プロパテント方向のものであって、今の日本でこの流れが止まる事はなかなかないのだろうと思わせるものである。

 著作権法改正案については、自民党の総務会で了承が一時見送られているが(朝日新聞の記事参照)、文化庁としては引き続き今国会での提出を狙っていると思うので、何ら予断はできない。これは一部の関係者への説明不足というような話ではないが、問題の根幹、一番本質的なことが理解されていないのではないかという懸念は拭えず、この著作権法改正案の問題が今現在最も危険であり、要注意である。(弁護士ドットコムの記事で取り上げられている自民党の総務会前の部会時点の資料については、明治大学知的財産法政策研究所のHPで詳細な検証レポートが公開されているので、是非リンク先のレポートを御覧頂ければと思う。)

(2019年3月21日夜の追記:誤記を修正した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

第403回:2018年の終わりに

 TPP11協定の発効に伴って今日まさに著作権の保護期間の延長が施行された事を始めとして今年も非道い一年だったが、取り上げる暇があまりなかった各省庁の細かな動きについて最後にまとめて書いておきたいと思う。

 まず、知的財産関係の法改正に絡む動きとしては、特許庁から、1月16日〆切で産業構造審議会・知的財産分科会・意匠制度小委員会報告書「産業競争力の強化に資する意匠制度の見直しについて(案)」に対する意見募集の実施についてというパブコメが掛かっている。

 この特許庁の意匠制度の見直しについて(案)という報告書案は、意匠制度小委員会で検討されていたもので、意匠法の大幅な改正、保護強化を打ち出して来ており、「1.画像デザインの保護」、「2.空間デザインの保護」、「3.関連意匠制度の拡充」、「4.意匠権の存続期間の延長」、「5.複数意匠一括出願の導入」、「6.物品区分の扱いの見直し」、「7.その他」という各項目に書かれている事はどれも重要な法改正事項を含むが、ここでは、中でも大きなものと言えるだろう、「1.画像デザインの保護」、「2.空間デザインの保護」、「4.意匠権の存続期間の延長」の内容について以下簡単に紹介する。

 画像デザインの保護については、既存の意匠法の話が前提となっているので分かりにくいが、「操作画像や表示画像については、画像が物品(又はこれと一体として用いられる物品)に記録・表示されているかどうかにかかわらず保護対象とすることが適当」(第3ページ)、「他方、壁紙等の装飾的な画像や、映画・ゲーム等のコンテンツ画像等は、画像が関連する機器等の機能に関係がなく、機器等の付加価値を直接高めるものではない。これらの画像については、意匠法に基づく独占的権利を付与して保護する必要性が低いと考えられることから、保護対象に追加しないこととするべき」(同)と書かれている通りで、物品と一体となっていないような操作画像まで意匠保護の対象とするが、コンテンツ画像までは対象としないという事が書かれている。

 空間デザインの保護では、「現行意匠法の保護対象である『物品』(動産)に加え、『建築物』(不動産)を意匠の保護対象とすべき」(第5ページ)と、建築物の外観や内装まで意匠保護の対象とするとしている。

 意匠権の存続期間の延長としては、「意匠権の存続期間を20年から25年に延長すべき」(第10ページ)、「意匠権の存続期間を『登録日から20年』から、『出願日から25年』に見直すべき」と、保護期間を延長するとしている。

 特に、意匠権の保護期間延長については、報告書案の第10ページで、「意匠権の15年目現存率が、平成24年の17.3%から平成28年の22.0%へと増加していることから、意匠権を長期的に維持するニーズが高まっていることがうかがえる」、「諸外国と比較しても、欧州において、最長25年の意匠権の存続期間が認められている」と一応もっともらしい根拠も少し書かれているが、これも、本当に25年前のデザインを使う事があるのか、使う事があるとして、特許の保護期間ですら通常は20年で25年は例外的な延長の結果として認められるものに過ぎない中で、それは産業の発達のための創作保護法である意匠法で保護するべきものなのかという根本から考えるとかなり疑わしいものである。ただし、意匠権者が専有する権利は、特許と同じく、審査登録制を前提として、あくまで業として意匠の実施をする権利なので、著作権の保護期間の延長によって生じる様な問題は生じないだろう。(本報告書案の内容はともかく、意匠法の本当の問題はやはり著作権法との関係にあるのだが、そのレベルの問題の整理は極めて難しく、世界的に見ても当分進む事はないだろう。)

 特許庁が次に提出する事を考えているのだろう法改正はパブコメに掛かっている報告書案の内容の通り、意匠法中心なのだろうと思うが、特許制度小委員会商標制度小委員会も開催されており、それぞれ直近の12月25日の配布資料と12月27日の配布資料を見ると、証拠収集手続の強化や損害賠償額算定などについて検討が進められているようであり、他の事項も追加されるのかもしれない。

 経産省では、不正競争防止小委員会が11月20日に開催され、その配布資料として、限定提供データに関する指針(案)が示されている。この指針案に対するパブコメはもう締め切られているが、じきに案の取れた正式版の指針が出されるのだろう。(指針のレベルでどうこう言う事はないが、そもそもの法改正の必要性については私はいまだに疑問に思っている。)

 文化庁では、前回その報告書案に対するパブコメを載せた法制・基本問題小委員会以外にも、文化審議会・著作権分科会の下で、著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会国際小委員会が開催されている。直近の12月4日の利用・流通に関する小委員会で、配布資料として、著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会の審議の経過等について(クリエーターへの適切な対価還元関係)(案)という資料が出されており、文化庁と権利者団体は相変わらず私的録音録画補償金の対象拡大を狙っていると知れるが、金さえ取れれば後は何でもいいと言わんばかりで、徹頭徹尾意味不明の理屈をずっと捏ね回している。12月19日の国際小委員会(配布資料参照)では追及権について議論された様だが、文化庁が最終的にどうするつもりなのかは良く分からない。

 知的財産戦略本部では、検証・評価・企画委員会知的財産戦略ビジョンに関する専門調査会が開催されており、各種タスクフォースも開催されているが、来年の知財計画がどうなるのか、ブロッキング問題について知財本部として今後どうするつもりなのかは良く分からない状況である。

 今年は知財本部における著作権ブロッキングの検討が止まった事はかろうじて良かった事の一つとしてあげられるが、本来必要のなかったはずの著作権保護期間延長がTPP関連と称して不合理極まる形で国会を通されて施行されてしまうなど、ここ10年ほどの間で知財政策上悪い意味で大きなターニングポイントとなってしまった年として後世評価される事になるだろう。だからと言って私は諦めるつもりもない。今年も非道い一年だったが、政官業に巣食う全ての利権屋に悪い年を、このブログを読んで下さっている方々に心からの感謝を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

第394回:意匠の保護範囲・対象拡大の提言を含む経産省・特許庁の産業競争力とデザインを考える研究会の報告書

 今国会で、5月18日に権利制限の拡充を中心とする著作権法改正(第389回参照)が成立したのはいいとしても、5月23日に問題の多い不正競争防止法改正(第390回参照)についても何ら本質的な議論がされることなく成立したのは残念であり、また、5月18日に11カ国版のTPP協定承認案が衆議院を通過して成立が確実になり、5月24日に著作権の保護期間延長を含むTPP11関連法案(前回参照)まで衆議院を通過して成立する恐れが強いのは痛恨の極みという他ない。

 今一番気掛かりなのは無論TPP11関連法の行方だが、先週5月23日には、経産省・特許庁から、産業競争力とデザインを考える研究会の報告書が取りまとめられ、公表されているので、今回はこの報告書の事を取り上げる。(経産省のリリース参照。)

 この報告書の本体や別冊には政策的におよそどうでもいいことしか書かれていないが、別紙の産業競争力の強化に資する今後の意匠制度の在り方(pdf)において意匠法の改正が提言されているのは見逃せない。

 例によって1ページ目には意味不明のお題目が書かれているが、2ページ目以降の「2.各課題における問題の所在と今後の検討の必要性」では、以下の様な意匠法改正の方向性が打ち出されているのである。

2.1 意匠権の保護対象
2.1.1 画像デザインの保護
(略)
② 検討の方向性
 例えば、画像デザイン等、新技術の特性を活かした新たな製品やサービスのために創作されたデザインを適切に保護できるよう、意匠法における意匠の定義を見直すなど、意匠法の保護対象について検討を進めるべきではないか。

2.1.2 空間デザインの保護
(略)
② 検討の方向性
 一部の空間デザインを適切に保護できるよう、意匠法の保護対象の範囲について検討を進めるべきではないか。

2.2 ブランド形成に資するデザインの保護
2.2.1 一貫したコンセプトに基づく製品群のデザインの保護
(略)
② 検討の方向性
 一貫したデザインコンセプトによって創作された後発のデザインについて、最初に出願されたデザインが公開された後であっても意匠登録をすることができるよう、諸外国に先駆けて検討を行ってはどうか。

2.2.2 意匠権の存続期間
(略)
② 検討の方向性
デザインによるブランド形成、及びブランドの維持に資するよう、意匠権の存続期間について検討を行うべきではないか。

2.3 意匠権を取得するための手続要件の簡素化
2.3.1 一意匠一出願制度
(略)
② 検討の方向性
 一つの出願に複数の意匠を含むことができるよう、組物の意匠の規定との調整をはかりつつ検討を行うべきではないか。

2.3.2 意匠に係る物品
(略)
② 検討の方向性
 願書の「意匠に係る物品」の欄の記載の要件について、検討を行うべきではないか。

2.3.3 図面等の記載要件
(略)
② 検討の方向性
 国際意匠登録制度や外国の意匠登録制度との調和を意識しつつ、図面要件の緩和について、部分意匠の取り扱いも含めて検討を進めるべきではないか。

 これをまとめると、要するに、経産省・特許庁として、

(1)意匠の定義の見直しによる画像デザイン一般の保護
(2)意匠法の保護対象の範囲の拡大による店舗デザインなどの空間デザインの保護
(3)最初の出願公開後の同様のデザインコンセプトによる後発デザインの登録の可能化
(4)意匠権の保護期間の延長
(5)多意匠一出願制度
(6)願書の「意匠に係る物品」欄の記載要件の緩和もしくは撤廃
(7)図面要件の緩和

という提言をしているということである。

このうち、(1)、(2)、(5)~(7)は意匠の定義又は保護範囲・対象の拡大の話として関連しているのだろうが、現行の意匠法第2条第2項で規定されている、物品と一体の操作画面を超えて何をどこまで保護しようとするのか良く分からず、意匠の保護範囲・対象を曖昧な形で一気に広げようとする検討が行われるのではないかと、かなり不安である。

 大体意匠の保護範囲・対象の拡大の議論は今に始まった話ではなく、特許庁の産業構造審議会・知的財産分科会・意匠小委員会の平成28年2月報告書の際の議論(特許庁のリリース参照)でも、それこそ、操作画面の保護を導入した平成18年法改正当時(特許庁の法改正案の解説及び平成18年2月の報告書(pdf)参照)から延々賛否両論があって見送られ続けている経緯があると思うが、特許庁が何をどこまで考えて今回このような大胆な提言をしているのかは不明である。

 (3)の最初の出願公開後の同様のデザインコンセプトによる後発デザインの登録の可能化も、新規な意匠を登録することで創作を保護するというそもそもの意匠法の目的に背馳するものであるし、(4)の意匠権の保護期間の延長も法目的に照らして現行の20年より長い保護期間が本当に必要とされるのか甚だ疑問である。

 何にせよ、今後、特許庁の意匠小委員会で意匠の保護強化のための本格的な検討が始まるのだろうが、元となる研究会の提言はかなり大胆なものであり、今後の検討は要注意だろう。

 また、上でも書いた通り、今一番気掛かりなのは著作権の保護期間延長を含むTPP11関連法案の行方だが、このような悪辣極まる法案が参議院を通らないことを私は切に願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

第393回:著作権保護期間延長を含むTPP11協定関連法改正案他

 著作権ブロッキングの問題を先に取り上げたが、今回は第390回の続きで今国会に提出されている知的財産法改正案のことである。

(1)TPP11協定関連法改正案
 先月、3月27日に、11カ国でのTPP協定(正式名称は「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」)の妥結に伴い、TPP11協定関連法改正案が閣議決定され、国会に提出されている。(TPP等政府対策本部のHP概要(pdf)要綱(pdf)法律案・理由(pdf)新旧対照表(pdf)参照条文(pdf)参照。)

 概要(pdf)の別紙に、主な改正内容として、

○TPP整備法のうち、現状未施行となっている以下の10本の法律の改正規定について、施行期日を環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11協定)の発効日に改正する(TPP整備法附則第1条)

①関税暫定措置法(※1)
②経済上の連携に関する日本国とオーストラリアとの間の協定に基づく申告原産品に係る情報の提供等に関する法律
③著作権法(※2)
④特許法(※2)
⑤商標法
⑥医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
⑦私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
⑧畜産物の価格安定に関する法律
⑨砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律
⑩独立行政法人農畜産業振興機構法

※1 牛肉の関税緊急措置の廃止に係る規定の施行期日は、TPP12協定の発効日のままとする(TPP11協定の発効時点では、当該措置は存続)(TPP整備法第4条、第4条の2(新設)及び附則第1条)
※2 TPP11協定上の凍結項目(「著作物等の保護期間の延長」、「技術的保護手段」、「衛星・ケーブル信号の保護」及び「審査遅延に基づく特許権の存続期間の延長」)を含む(TPP整備法附則第1条)
*なお、TPP12協定を引用した箇所については、TPP11協定に対応できるよう規定を整備する。

と書かれているが、この「※2」に書かれている通り、この法改正案は、TPP11協定において凍結されている著作物等の保護期間の延長などの知財関連項目に対応する法改正の施行日を、元の12カ国でのTPP協定ではなく、TPP11協定の発効日にする内容になっている。

 条文上は、未施行の元のTPP12協定のための法律(正式名称は「環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律」)を法改正するという形を取り、附則の第1条で以下のように著作権法などの改正が含まれる全体の施行日をTPP11協定の発効日に変えている。(下線部が追加部分。)

第一条 この法律は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定環太平洋パートナーシップ協定が日本国について効力を生ずる日(第三号において「発効日」という。)から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。
 附則第九条の規定 公布の日
 第三条中商標法第二十六条第三項第一号の改正規定及び第十条の規定 公布の日から起算して二月を超えない範囲内において政令で定める日
二の二 附則第十八条の規定畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律(平成二十九年法律第六十号) 附則第一条第二号に掲げる規定の施行の日
 第四条中関税暫定措置法別表第一の三第〇四〇四・一〇号の改正規定(「九九円」の下に「(発効日の前日以後に輸入されるものにあつては、三五%及び一キログラムにつき一二○円)」を加える部分に限る。)及び附則第三条第一項の規定 発効日の前日
 附則第十九条の規定 環太平洋パートナーシップ協定が日本国について効力を生ずる日の前日
 第四条の二の規定及び附則第三条第三項の規定 環太平洋パートナーシップ協定が日本国について効力を生ずる日

 このように、この法改正案は、凍結項目とされた著作権の保護期間延長の施行までTPP11協定の発効で行おうとする内容のものとなっているのだが(凍結項目については第384回参照)、12カ国の全GDPの内85%を占める6カ国が国内手続きを完了しない限り発効せず、アメリカが脱退した時点で発効は絶望的となった元のTPP12協定と異なり、TPP11協定は、GDPにかかわらず6カ国の国内手続きの完了で済み、発効のハードルが相当下げられていることを考えると、凍結項目まで含めたこのような関連法改正案の作りは卑劣かつ姑息なものと言わざるを得ない。

 また、条約でわざわざ凍結項目とされた部分についてまで国内法を改正しようとすることは国際的に自ら墓穴を掘る最大級の愚行と言っても過言ではないが、もはや今の日本の政府与党にまともな判断力は全く期待できないのだろう。今現在国会が混乱しており、条約や法改正案の審議の目処が立たない状況なのは良いことである。このままこのTPP11協定の批准も関連法案の可決もされないことを私は心から願っている。

第386回で書いた通り、著作権保護期間延長を含む日欧EPAに合わせて法改正案を出して来るのだろうと思っていたが、私の見通しは甘かった。)

(2)特許法等の改正案
 後は、第390回で取り上げた不正競争防止法等の改正案(経産省のHP概要1(pdf)概要2(pdf)参考資料(pdf)要綱(pdf)法律案・理由(pdf)新旧対照表(pdf)参照条文(pdf)参照)には、特許法なども含まれている。

 この概要1(pdf)に書かれている特許法等の一部改正の項目に改正条文の番号を追加すると以下のようになる。

①これまで一部の中小企業が対象だった特許料等の軽減措置を、全ての中小企業に拡充する。(特許法第109条の2)
②裁判所が書類提出命令を出すに際して非公開(インカメラ)で書類の必要性を判断できる手続を創設するとともに、技術専門家(専門委員)がインカメラ手続に関与できるようにする。(特許法第105条)
③判定制度の関係書類に営業秘密が記載されている場合、その閲覧を制限する。(特許法第186条、意匠法第63条、商標法第72条)
④特許出願等における新規性喪失の例外期間を6月から1年に延長する。(特許法第30条、意匠法第4条)
⑤特許料等のクレジットカード払いを認める。(工業所有権に関する手続等の特例に関する法律第15条の3)
⑥最初に意匠出願した国への出願日を他の国でも出願日とすることができる制度について、必要書類のオンラインでの交換を認める。(意匠法第15条、第60条の10)
⑦商標出願手続を適正化する。(商標法第10条)

 基本的には地道な制度ユーザーのための改正でそれほど問題がある訳ではないので細かな説明は省略するが、第390回で書いたように不正競争防止法の改正案はやはり問題が多いと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

第390回:閣議決定された不正競争防止法案の条文(限定提供データ規制の追加とDRM規制の強化)

 政府・与党で検討されているという著作権ブロッキングや国会の動向など気になることは幾つもあるが、前回の続きで、先に今国会に提出されている知財関連法改正案の条文の話をしておきたい。

 やはりこの2月に不正競争防止法と特許法等を含む法改正案が閣議決定され、国会に提出されている(経産省のリリース参照)。これほど多くの法律をまとめる意味は謎という他ないが、この法改正案(概要1(pdf)概要2(pdf)参考資料(pdf)要綱(pdf)法律案・理由(pdf)新旧対照表(pdf)参照条文(pdf)参照)は、不正競争防止法、特許法、意匠法、商標法、弁理士法から工業標準化(JIS)法まで含むものになっている。

 ここではまず、中でも私が最も問題点の多いと思っている不正競争防止法の主要な改正条文を見て行くが、概要1(pdf)には、不正競争法改正の概要について以下のように書かれている。

(1)不正競争防止法の一部改正
①相手方を限定して業として提供するデータ(ID/パスワード等の電磁的方法により管理されているものに限る。)の不正な取得、使用及び開示を不正競争に位置づけ、これに対する差止請求権等の民事上の措置を設ける。
②暗号等の技術的制限手段について、その効果を妨げる機器の提供等だけでなく、その効果を妨げる役務の提供等も不正競争とする。
③書類提出命令における書類の必要性を判断するためのインカメラ手続、専門委員のインカメラ手続への関与【(3)②と同じ】

 このうち、①の限定提供データ関連で新しく追加される条文は以下のようになっている。(以下、下線を引いた部分が追加部分。)

(定義)
第二条
 この法律において「不正競争」とは、次に掲げるものをいう。
(略)
十一 窃取、詐欺、強迫その他の不正の手段により限定提供データを取得する行為(以下「限定提供データ不正取得行為」という。)又は限定提供データ不正取得行為により取得した限定提供データを使用し、若しくは開示する行為
十二
 その限定提供データについて限定提供データ不正取得行為が介在したことを知って限定提供データを取得し、又はその取得した限定提供データを使用し、若しくは開示する行為
十三
 その取得した後にその限定提供データについて限定提供データ不正取得行為が介在したことを知ってその取得した限定提供データを開示する行為
十四
 限定提供データを保有する事業者(以下「限定提供データ保有者」という。)からその限定提供データを示された場合において、不正の利益を得る目的で、又はその限定提供データ保有者に損害を加える目的で、その限定提供データを使用する行為(その限定提供データの管理に係る任務に違反して行うものに限る。)又は開示する行為
十五
 その限定提供データについて限定提供データ不正開示行為(前号に規定する場合において同号に規定する目的でその限定提供データを開示する行為をいう。以下同じ。)であること若しくはその限定提供データについて限定提供データ不正開示行為が介在したことを知って限定提供データを取得し、又はその取得した限定提供データを使用し、若しくは開示する行為
十六
 その取得した後にその限定提供データについて限定提供データ不正開示行為があったこと又はその限定提供データについて限定提供データ不正開示行為が介在したことを知ってその取得した限定提供データを開示する行為
(略)

 この法律において「限定提供データ」とは、業として特定の者に提供する情報として電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他人の知覚によっては認識することができない方法をいう。次項において同じ。)により相当量蓄積され、及び管理されている技術上又は営業上の情報(秘密として管理されているものを除く。)をいう。

(略)

(適用除外等)
第十九条
 第三条から第十五条まで、第二十一条(第二項第七号に係る部分を除く。)及び第二十二条の規定は、次の各号に掲げる不正競争の区分に応じて当該各号に定める行為については、適用しない。
(略)
 第二条第一項第十一号から第十六号までに掲げる不正競争
 次のいずれかに掲げる行為
 取引によって限定提供データを取得した者(その取得した時にその限定提供データについて限定提供データ不正開示行為であること又はその限定提供データについて限定提供データ不正取得行為若しくは限定提供データ不正開示行為が介在したことを知らない者に限る。)がその取引によって取得した権原の範囲内においてその限定提供データを開示する行為
 その相当量蓄積されている情報が無償で公衆に利用可能となっている情報と同一の限定提供データを取得し、又はその取得した限定提供データを使用し、若しくは開示する行為

 次に②のDRM規制関連の強化については、以下のような条文改正になっている。

(定義)
第二条
 この法律において「不正競争」とは、次に掲げるものをいう。
(略)
十一十七 営業上用いられている技術的制限手段(他人が特定の者以外の者に影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行に影像若しくは音の視聴、プログラムの実行若しくは情報(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)に記録されたものに限る。以下この号、次号及び第八項において同じ。)の処理又は影像、音若しくはプログラムの記録、プログラムその他の情報の記録をさせないために用いているものを除く。)により制限されている影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行制限されている影像若しくは音の視聴、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音若しくはプログラムの記録、プログラムその他の情報の記録(以下この号において「影像の視聴等」という。)を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする機能を有する装置(当該装置を組み込んだ機器及び当該装置の部品一式であって容易に組み立てることができるものを含む。)若しくは当該機能、当該機能を有するプログラム(当該プログラムが他のプログラムと組み合わされたものを含む。)を含む。)若しくは指令符号(電子計算機に対する指令であって、当該指令のみによって一の結果を得ることができるものをいう。次号において同じ。)を記録した記録媒体若しくは記憶した機器を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、若しくは輸入し、又は当該機能を有するプログラム若しくは当該機能を有するプログラム若しくは指令符号を電気通信回線を通じて提供する行為(当該装置又は当該プログラムが当該機能以外の機能を併せて有する場合にあっては、影像の視聴等を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする用途に供するために行うものに限る。)又は影像の視聴等を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする役務を提供する行為
十二十八 他人が特定の者以外の者に影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音若しくはプログラムの記録、プログラムその他の情報の記録をさせないために営業上用いている技術的制限手段により制限されている影像若しくは音の視聴ー若しくはプログラムの実行、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音若しくはプログラムの記録、プログラムその他の情報の記録(以下この号において「影像の視聴等」という。)を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする機能を有する装置(当該装置を組み込んだ機器及び当該装置の部品一式であって容易に組み立てることができるものを含む。)若しくは当該機能、当該機能を有するプログラム(当該プログラムが他のプログラムと組み合わされたものをー含む。)を含む。)若しくは指令符号を記録した記録媒体若しくは記憶した機器を当該特定の者以外の者に譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、若しくは輸入し、又は当該機能を有するプログラム若しくは当該機能を有するプログラム若しくは指令符号を電気通信回線を通じて提供する行為(当該装置又は当該プログラムが当該機能以外の機能を併せて有する場合にあっては、影像の視聴等を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする用途に供するために行うものに限る。)又は影像の視聴等を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする役務を提供する行為

 この法律において「技術的制限手段」とは、電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によって認識することができない方法をいう。)により影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音若しくはプログラムの記録、プログラムその他の情報の記録を制限する手段であって、視聴等機器(影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音若しくはプログラムの記録、プログラムその他の情報の記録のために用いられる機器をいう。以下この項において同じ。)が特定の反応をする信号を影像、音若しくはプログラムとともに記録媒体に記録し、若しくは送信する方式又は視聴等機器が特定の変換を必要とするよう影像、音若しくはプログラムを、プログラムその他の情報を変換して記録媒体に記録し、若しくは送信する方式によるものをいう。

(適用除外等)
第十九条
 第三条から第十五条まで、第二十一条(第二項第七号に係る部分を除く。)及び第二十二条の規定は、次の各号に掲げる不正競争の区分に応じて当該各号に定める行為については、適用しない。
(略)
 第二条第一項第十一号及び第十二号第二条第一項第十七号及び第十八号に掲げる不正競争 技術的制限手段の試験又は研究のために用いられる同項第十一号及び第十二号同項第十七号及び第十八号に規定する装置若しくはこれらの号、これらの号に規定するプログラム若しくは指令符号を記録した記録媒体若しくは記憶した機器を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、若しくは輸入し、又は、若しくは当該プログラム若しくは指令符号を電気通信回線を通じて提供する行為又は技術的制限手段の試験又は研究のために行われるこれらの号に規定する役務を提供する行為

 この法改正案は、経産省の産業構造審議会・知的財産分科会・不正競争防止小委員会の中間報告(pdf)をほぼそのまま条文化したものだが、その中間報告案に対する提出パブコメ(第385回参照)で書いた通り、これが有害無益な法改正のための法改正であるという私の考えに何ら変わりはない。

 「限定提供データ」とは、「業として特定の者に提供する情報として電磁的方法により相当量蓄積され、及び管理されている技術上又は営業上の情報」らしいが、具体的なデータとして何がどこまで規制の対象となるのかはやはり良く分からない。無償で公衆に利用可能となっている情報と同一の情報については適用除外も設けられているものの、そもそもこのような過度に曖昧かつ広範な定義の限定提供データについてその不正取得行為や不正開示行為を規制の対象とすること自体が間違いである。はっきり言って契約と既存の法規制による対応の方がましであり、この法改正が成立したら、かえってデータの利活用を阻害することになるだろう。

 また、DRM規制の強化も有害無益なものであるとやはり私は考えている。上の条文案は非常にややこしいが、要するに、規制の対象となる技術的制限手段の定義を、影像・音の視聴、プログラムの実行又は影像・音・プログラムの記録を制限するものから、影像・音の視聴、プログラムの実行、情報の処理又は情報の記録を制限するものに拡大するとともに、この技術的制限手段の回避手段として指令符号を追加し、規制されるサービス(役務提供)を追加するというものである。これは、技術的制限手段として情報処理一般、情報記録一般を制限するものまで含まれるようにするという意味で同じく規制を過度に広範なものとするものであり、一応今までと同様に試験又は研究の目的での回避手段の譲渡等が適用除外とされているが、このような適用除外で十分とは到底言い難い。やはり、この法改正が成立すると、場合によって必要となる機器の解析やリバースエンジニアリングなどが阻害されることにつながるだろう。アクティベーション方式への対応を意味する回避手段としての指令符号の追加や、サービス規制も現時点で法改正をする意味は全くない。

 私としてはこの不正競争防止法の改正に反対であることに変わりはなく、このような法改正が成立しないことを願っている。

 ③のインカメラ手続に関する改正部分については特許法等と同じなので回を分けて他の知財関連法改正と合わせて次回にまとめて取り上げたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

第387回:2017年の終わりに

 既に役所も休みに入り、一通り年内のイベントは終わったと思うので、今年も一年の終わりに今まであまり取り上げる暇がなかった細かな話をまとめて書いておきたいと思う。

 最初に特許庁では、産業構造審議会・知的財産政策部会・特許制度小委員会の報告書案に対する意見募集が1月24日〆切で開始されている。(特許庁のHP1、電子政府のHP1参照。)

 この第四次産業革命等への対応のための知的財産制度の見直しについて(案)(pdf)は、第377回で取り上げた検討会報告書や第378回で取り上げた知財計画2017の後を受けた検討の結果が示されているが、この報告書案によれば、案の定標準必須特許裁定制度の導入は見送られたようであり、後は次のような法改正事項が並んでいる。

  • 証拠収集手続の強化
  • 新規性喪失の例外期間の延長
  • 中小企業の特許料及び手数料の一律半減制度の導入
  • 判定における営業秘密の保護
  • クレジットカードを利用した特許料等及び手数料納付制度の導入

 このうち証拠収集手続の強化は、書類提出命令の必要性判断においてインカメラ手続を導入し、専門委員にインカメラに関与することを可能とするもので、ほぼ知財計画2017などに書かれていた通りのものだが、他の項目はこの報告書案で始めて方向性が明らかにされたものばかりであり、かなり唐突感がある。

 そうは言っても、基本的には全て制度ユーザーの利便性向上のための法改正事項であり、その限りにおいて特に大きな問題はないが、上から2つめの新規性喪失の例外期間の延長について、「このグレース・ピリオドについては、『環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律(TPP担保法)』によって、国際調和の観点から、米国と同様の1 年に延長されることとされているが、その施行を待つことなく早急に措置することが適当である」(第10ページ)とあからさまにTPP関連法の前倒しであることを明言している点は注意しておいてもいいだろう。(前回第384回で書いた通り、著作権の保護期間延長問題については直近ではTPPより日欧EPAの方がより致命的な影響を及ぼしそうな情勢であるが。)

 特許庁では、他にも8月には商標制度小委員会も開かれていたが、こちらの報告書がまとめられているということはまだないようである。また、内容の紹介は省略するが、弁理士制度小委員会の報告書案に対する意見募集も1月24日〆切で行われている。(特許庁のHP2、電子政府のHP2参照。)

 大して内容はないが、意匠絡みで、産業競争力とデザインを考える研究会という研究会が開催されており、11月22日には中間とりまとめが出されている。

 次に文化庁では、文化審議会・著作権分科会の下で、いつも通り、法制・基本問題小委員会著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会国際小委員会といった小委員会が開かれており、特に法制・基本問題小委員会でのリーチサイト対策の検討が要注意なのは間違いなく、保護利用小委員会での補償金問題の検討も気になっているが、まだいまいち方向性は見えていない。

 農水省では、日欧EPAの合意に対応し、地理的表示に関して、日EU・EPA(GI分野)の概要(pdf)指定の内容の決定についてを公開している。ただし、農水省の資料としては、知財本部・検・評価企画委員会の12月26日の産業財産権分野会合(第2回)資料(pdf)の方がまとまっていて分かりやすい。

 知財本部では、来年の知財計画に向けた検討が始まっているが、検証・評価・企画委員会に加えて知的財産戦略ビジョンに関する専門調査会が設置されている。この専門調査会は、「2025年~2030年頃を見据え、中長期の社会・経済の変化に対応する今後の知財システムの在り方に関する調査・検討する」ということで、どうやら4年前の知的財産政策ビジョン(pdf)のように意味不明の長期ビジョンをまたぞろ立てるつもりらしい

 今年もおよそロクなことがなかったが、政官業に巣食う全ての利権屋に悪い年を、このブログを読んで下さっている方々に心からの感謝を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

第385回:経産省・不正競争防止小委員会の中間報告案(不競法による限定公開データ保護の導入及びDRM規制強化を含む)に対する意見募集(12月25日〆切)への提出パブコメ

 各省庁で今年度の法改正の検討が進められているが、その中の1つとして経産省の産業構造審議会・知的財産分科会・不正競争防止小委員会の中間報告案(pdf)が12月24日〆切でパブコメにかかっている。(電子政府のHP参照。)

 この小委員会の4月版の中間とりまとめ案については第377回でも取り上げているが、やはり現行法で守られている営業秘密を超えてデータそのものを守ろうとしている点とDRM規制の強化をしようとしている点で極めて大きな問題がある。

 内容はいつにも増してレベルが低く書かれていることは全て法改正のための法改正としか思えないが、この中間報告案に対して私が出したパブコメをここに載せておく。

 なお、私の提出したパブコメでは触れていないが、この中間報告案には、政令改正によって分析方法や評価方法に関する営業秘密も不正競争防止法第5条の2の不正に取得した技術上の営業秘密の使用に関する推定規定の対象とすることや、証拠収集手続について特許法の改正がなされる場合に不正競争防止法においても同様の規定を導入するといったことも書かれている。

(以下、提出パブコメ)

(1)限定公開データの保護のための法改正について
・該当箇所
 第2~12ページ「第一章 データ利活用促進に向けた制度について」

・意見内容
 本中間報告案中の、限定公開データの保護のための不正競争防止法改正に反対する。

・理由
 本中間報告案では、一定の要件を満たすデータを不正競争防止法の保護対象とするとしているが、そもそも、既存の営業秘密の保護を超え、日本が独自に定義する過度に広範なデータを不正競争防止法の保護対象とすることに対する法改正ニーズ及び立法事実はない。

 たとえば、本中間報告案の第2ページに契約に基づく信頼を裏切り不正に使用・提供されるおそれがある云々と記載されているが、このようなケースは既存の法制及び契約による対応で十分である。本当に秘密とするべきデータであれば秘密保持契約を結んで開示するべきであり、さらに悪意のある利用については契約違反である上、一般的な不法行為規制による対応もあり得、技術的な管理を破ることについては不正アクセス禁止法による対応があり、詐欺については詐欺罪による対応があり得るのである。データの内容次第だが、多くの場合で著作権法による対応も考えられるであろう。

 第6ページでは、対価を支払って選択的に提供される分析データや素材データが対象になると書かれているが、これらはあくまで対価の対象として得られる公開データなのであるから、技術及び契約による対応で十分であり、契約によって利用範囲を定め、それを超える利用は損害賠償の対象となるといったことを明確にしておけばよいだけのことである。

 すなわち、本中間報告案に書かれていることは法改正のための法改正でしかなく、本中間報告案に記載されている法改正は一切するべきではない。

 私は以上のとおり本中間報告案に書かれた法改正そのものに反対しているのであって、個別の問題点について修正すれば法改正に関する問題が解消されると言うつもりは一切ないが、さらに個別の問題点について以下に指摘する。

(a)保護対象となるデータの要件について
 本中間報告案では、保護対象となるデータの要件について、技術的管理性、限定的な外部提供性及び有用性が要件となるとしているが、このように営業秘密を超えて単に技術的に管理されていれば保護の対象となるとするような要件には明らかに問題がある。

 このように単に技術的に管理された有用なデータが保護の対象となるとすると、あらゆる限定公開データ、すなわち、ネットにおいて、無料有料にかかわらずあらゆる会員制サイトで提供されるコンテンツ・データ、対価の対象として提供されるあらゆるコンテンツ・データが対象となり得る。また、データ取引は企業間(BtoB)の取引のみならず、企業対一般消費者(BtoC)や一般消費者間(CtoC)もあり得ることが注意されなくてはならない。たとえ一般公開データと同一のデータを保護対象外とし、不正競争行為となる類型に制限を加えたとしても、このようなあらゆる限定公開データを不正競争防止法の保護対象とすることはあまりにも広範であり、かえってデータの利活用を阻害する。

(b)不正競争行為の類型について
 本中間報告案では、保護対象となるデータについて、権限のない者による不正アクセスや詐欺等の管理侵害行為による取得行為等、契約者による不正利益又は図利加害目的での第三者提供行為等、転得者による不正行為に係るデータの悪意での使用行為等を不正競争行為の類型として追加するとしているが、このような行為類型の追加に対する根拠はないに等しい。

 不正アクセスや詐欺等については不正アクセス禁止法や詐欺罪等による対応が可能であり、それ以上の不正競争防止法による対応を必要とする根拠はない。契約者による不正利益又は図利加害目的での第三者提供行為等についても契約があるのであるから、契約による対応で十分であり、それ以上の対応を必要とする根拠はない。転得者による不正行為に係るデータの悪意での使用行為等もこのような類型を対象とするべき根拠となる実例は存在しない。

(2)DRM規制の強化につながる法改正について
・該当箇所
 第13~15ページ「第二章 技術的な制限手段による保護について」

・意見内容
 本中間報告案中の、DRM規制の強化につながる技術的制限手段に関する不正競争防止法改正に反対する。

・理由
 本中間報告案において、DRM規制について、技術的制限手段による保護対象に一般的な電子計算機処理用データを追加し、そのための無効化する装置等の提供行為を不正競争行為とするとともに、技術的制限手段の定義でアクティベーション方式によるものが含まれることを明確化し、無効化装置等の提供と同等とみなされる無効化サービス提供行為、不正な無効化符号提供行為を不正競争行為とするとしているが、同様に、このようなDRM規制強化のための立法事実はない。

 DRM規制については、利用者に与える影響も大きく、平成11年導入時の必要最小限の内容に止めるとの整理を守るべきである。コンテンツ以外のデータについてDRMによる保護をかけていることのみでは法律で保護を与えるべき根拠とはならないこと、DRMの無効化助長行為は無効化装置の提供とは異なり慎重な検討が必要であることなど、このような議論は導入当時と何ら変わるものではない。また、なぜか本中間報告案では著作権法について一切言及がないが、DRM規制については、著作権法による規制も考慮した総合的な検討も必須である。

 DRM規制の対象として追加されるデータの例として機器の制御や不具合の解析などのために用いられるデータやゲームのセーブデータがあげられているが、これらのようなデータを不正競争防止法上のDRM規制の対象とするべき根拠はない。たとえば、機器の制御や不具合解析のためのデータの暗号の解読のための行為がなぜ不正競争とされるべきなのか根拠は一切不明であり、このようなことが規制されると、場合によって必要となる機器の解析やリバースエンジニアリングなどが阻害されることにつながるであろう。セーブデータ改変は既に著作権法違反なのであるから、不正競争防止法による対処は不要である。

 また、アクティベーション方式は既に現行法の対象と考えられており、無効化装置等の提供と同等とみなされる行為についても同等とみなされる場合は現行法で対処可能であり、法改正は不要である。

 このような無意味なDRM規制強化の検討は全て白紙に戻し、今ですら不当に強すぎるDRM規制の緩和のための検討を著作権法と合わせ速やかに開始するべきである。

 繰り返しになるが、本中間報告案に書かれていることは全て法改正のための法改正でしかなく、本中間報告案に記載されている一切の法改正に私は反対する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

第377回:経産省の2つの知財関係の報告書(ADR制度導入や不競法上のDRM規制強化などを含む)

 幾つかの新聞で報道されている通りなのだが、経産省から2つ知財関係の報告書が公表されているので、ここでも念のため見ておきたいと思う。

(1)第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方に関する検討会報告書
 1つは第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方について(pdf)概要(pdf)参考資料(pdf))(経産省のリリース参照)と称するもので、例によって第四次産業革命という何だか良く分からないキーワードが踊っているだけの空疎極まる内容のものである。

 この報告書は全編ほとんど無意味なことしか書かれていないが、強いて法改正に絡むことが書かれているとすれば、第13ページの、

ビジネス関連発明を含む多様な特許に係る紛争処理システムの機能強化を図るべく、証拠収集手続において、書類提出の必要性を、当事者に書類を一旦提示させることで裁判所がインカメラ手続を通じて判断できるような制度や、中立的な第三者の技術専門家が関与できるような制度の導入に向けた検討を進める。

といった記載や、第16〜17ページの、

 第一に、社会的影響の大きい標準必須特許については、特許権者の権利を不当に害さないことに留意しつつ、特許権者と利用者の間でライセンスに関する協議が整わない場合に、利用者の請求に基づいて、行政が両者の間に入って、適切なライセンス料を決めるADR制度(標準必須特許裁定)の導入を検討する。なお、制度設計に当たっては、特許権行使専業企業への対応の必要性も考慮しつつ、デジュール標準以外の標準やFRAND条件でライセンスすることが宣言された標準必須特許以外の特許をどこまで対象とするか、実施権の設定を行う場合の要件をどのようにするか等についても検討を行う必要がある。
 第二に、多様な特許をめぐる紛争を迅速かつ簡便に解決するため、特許権者と利用者との間でライセンスに関する協議が整わない場合や権利侵害をめぐる紛争が起きた場合等に、当事者である中小企業等を含む多様な企業の請求に基づいて調整を行うADR制度(あっせん)について、既存のADR制度との関係を整理の上、検討する。

といった記載くらいである。前者の紛争処理システムの機能強化の話は前の特許庁の報告書の内容を超える情報は全くなく(第374回参照)、後者の標準裁定などの話についても既存のADR(裁判外紛争解決手続き)の利用もあまり進んでいない中で国が間に入る形の新しい制度を作る意味がさっぱり分からない。

 この報告書は、最後に、「本検討会における検討結果を、『知的財産推進計画2017』及び『日本再興戦略2017』等に反映するとともに、速やかに着手可能な取組については、平成29年度中を目途に結論が得られるよう、特許制度小委員会等で法改正を視野に入れた具体的な検討を進めることが適当である」と書かれている通り、知財計画などに間に合わせるためにありあわせで提言を出しておくというだけのもので、実際の具体的な検討はこれからなのだろうが、上のADRに関する話などどこまで実現性があるか甚だ疑わしい。

(2)営業秘密の保護・活用に関する小委員会中間とりまとめ案
 もう1つは産業構造審議会・知的財産分科会・営業秘密の保護・活用に関する小委員会で取りまとめ中の第四次産業革命を視野に入れた不正競争防止法に関する検討中間とりまとめ概要(案)(pdf)概要(pdf))である。(小委員会の4月20日の配布資料参照。)

 こちらも同じく良く分からないキーワードが踊る報告書案なのだが、この報告書案は特に不正競争防止法の改正を取り扱っているという点で注意を要する。

 まず、報告書案中の第1章の「データの保護制度の在り方について」から法改正に関する方向性の部分だけを抜き出して行くと、以下のようになる。

  • データの不正利用等に関し、新たな不正競争行為として行為規制を設ける方向で検討する。
  • データの保護対象を明確化した上で、保護すべきデータの範囲について検討する。
  • 新たな制度の創設により、データの利活用が進まなくなることがないよう、悪質性の高い取得行為を規制対象とする。今後、どのような行為がこの「悪質性の高い」行為に当たるかについて検討する。
  • 悪質性の高い行為により取得したデータを使用・提供等する行為を規制対象とする。
  • その他、例えば以下に掲げる行為についても規制の可否について検討する。・正当に取得したデータについて、データ提供者の意に反し、不正の利益を得る目的又は保有者に損害を加える目的での使用、提供の行為。・不正にデータを取得した者からデータの提供を受ける二次取得以降の取得についても、事情を知って、若しくは重大な過失により知らないで、当該データを使用、提供等する行為。
  • 保護対象として、データの保有・管理を行う者が当該データに対してのアクセスを認めていない者に対して、アクセスを認めていない者がデータを取得やアクセスすることを防止したいとの、データを保有・管理する者の意思について一定の認識ができる状態となっているデータ等を対象とする。
  • 保護すべきデータの範囲を画するにあたり、一定の「有用性」を有することを要件とする。
  • 保護すべきデータとして、データ自体が単体、集合物であることを問わず、保護対象とする。
  • まずは、電子データを念頭において検討する。
  • その他、保護すべきデータを検討するにあたって、以下の点を考慮することが考えられる。・事業に実際に利用しているデータを保護対象とする。・公知情報を集めたデータであっても収集したことで一定の価値を有するデータは保護対象とする。・営業行為を行わない個人のデータについては保護対象外とする。
  • 不正競争行為に対する救済措置として、差止請求、損害賠償請求、信用回復措置等の民事措置を設ける。
  • 刑事措置については、今後の状況の変化等を踏まえて慎重に検討する。

 具体的な内容は良く分からないところも多いが、要するに、今までの営業秘密の保護を超えて、一定の有用性・価値を有するデータを不正競争防止法で保護すると言っているのであり、これはかなりの注意を要する。また、データ管理情報について、「著作権の対象とならない情報に付与される管理情報について、ニーズをまずは調査した上で、ニーズがあると認められれば保護する方向で検討する」と言っていることにも注意しておいた方がいいに違いない。

 次に、第2章の「情報の不正利用を防止する技術の保護の在り方について」からやはり法改正の関する方向性の部分だけを抜き出すと、以下のようになる。

  • 「影像」、「音」について、分析等「視聴」以外の利用を制限するために施される技術的な制限手段を保護対象として必要に応じて追加する。
  • 人が視覚・聴覚で感知できないデータの利用を制限する手段の保護に関しては、必要に応じ検討する。
  • 技術的制限手段による保護対象の範囲としてどのようなデータとすべきかについて、技術的制限手段のユーザーに対しニーズ調査を行いつつ検討していく。
  • 技術的制限手段を無効化した上で利用等する行為の規制については、必要に応じ検討する。
  • 不正競争行為に対する救済措置として、差止請求、損害賠償請求、信用回復措置等の民事措置及び刑事措置を設ける。
  • アクティベーション方式等に係る技術的手段について、技術的制限手段の定義に含まれることを明確化する。
  • 技術的制限手段を無効化するサービスを提供する行為を、必要に応じて不正競争行為とする。
  • 無効化を可能とする情報を単に提供するだけのサービスに関しては、規制についてのニーズの把握に努めつつ、引き続き、慎重に検討する。
  • ただし、悪質な行為を伴う、技術的制限手段を無効化する方法を教えるサービスについては、必要に応じ検討する。
  • 技術的制限手段を無効化した上で利用等する行為の規制については、必要に応じ検討する。
  • 技術的制限手段を無効化するサービスを提供する行為に対する救済措置として、差止請求、損害賠償請求、信用回復措置等の民事措置及び刑事措置を設ける。

 やはり詳細不明なところが多いが、これは、不正競争防止法によるDRM規制、技術的制限手段に関する規制について大幅な規制強化の検討をすると言っているのであり、非常に要注意である。このような規制強化のニーズがあるとは私には全く思えず、DRM規制については現行法ですら厳し過ぎると私は考えているのである。

 こちらの中間とりまとめ案は今後どうなるのか良く分からないが、パブコメにかけられ次第私は意見を出すつもりでいる。

(5月11日夜の追記:5月9日に経産省から上で取り上げた営業秘密の保護・活用に関する小委員会の中間とりまとめ(案が取れたバージョン)が公開されたが(経産省のHP参照)、パブコメにはかかってない。極めて残念なことだが、どうやらこの報告書の内容について国民から広く意見を聞くつもりは経産省にはないようである。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

第374回:特許庁の報告書案から予想される今後の特許法改正

 今現在3月17日〆切で特許庁から「我が国の知財紛争処理システムの機能強化に向けて(案)(pdf)」という報告書案がパブコメにかかっている。

 この報告書案は、知財本部の検討の後を受け、産業構造審議会・知的財産分科会・特許制度小委員会で知財訴訟制度に関する検討結果をまとめたものと見て取れる。(知財計画2016中の関連する記載については第363回参照)

 特に大きな問題があるということはないが、今回はこの報告書案から予想される今後の特許法改正の内容をざっとまとめておきたいと思う。

 おおよそどうでもいい部分を飛ばして各検討事項の結論部分だけを抜き出して行くと、まず、「Ⅰ.適切かつ公平な証拠収集手続の実現」の「2.各論」の「(1)訴え提起後の証拠収集手続について」では、

  • ①公正・中立な第三者の技術専門家に秘密保持義務を課した上で、提訴後の証拠収集手続に関与できるようにする制度の導入について:「強制力のある査察制度の導入については引き続き慎重に検討」(第3ページ)、「日本の民事訴訟制度の枠組みに沿った形で公正・中立な第三者の技術専門家が証拠収集手続に関与する制度を導入することで、手続の充実化を図り、その運用を注視することが適切」(同上)、「例えば、秘密保持の義務を課された公正・中立な第三者の技術専門家が、書類提出命令(特許法第105条第1項)及び検証物提示命令(特許法第105条第4項、同条第1項)における書類及び検証物の提出義務の有無を判断するための手続(特許法第105条第2項、第3項。以下「インカメラ手続」という。)において裁判官に技術的なサポートを行うことを可能にすることや、鑑定人に検証の際の鑑定(民事訴訟法第233条)における秘密保持義務を課すことで、同手続を秘密保護に配慮した形で行うことを可能とすることなどが考えられる」(同上)
  • ②書類提出命令・検証物提示命令の要件である書類・検証物の提出の必要性を判断するためにインカメラ手続を利用することができるようにする制度の導入について:「書類提出命令・検証物提示命令の制度に関し、書類・検証物の提出の必要性の有無についての判断のために、裁判所がインカメラ手続により当該書類・検証物を見ることを可能にする制度を導入」(同上)
  • ③具体的態様の明示義務が十分に履行されなかった場合に書類提出命令が発令されやすくする方策について:「本方策については、②の新たな制度では対応が困難な課題が明らかになった場合に検討すべき課題とすることが適当」(第4ページ)
  • ④現行の書類提出命令を発令しやすくするよう、同命令と秘密保持命令を組み合わせて発令できるようにする方策について:「本方策については、②の新たな制度では対応が困難な課題が明らかになった場合に検討すべき課題とすることが適当」(第5ページ)

と書かれ、「(2)訴え提起前の証拠収集手続について」では、

  • 「現行の訴え提起前の証拠収集処分における任意性は維持した上で、訴え提起後の証拠収集手続の改善策と同様に、日本の民事訴訟制度の枠組みに沿った形で公正・中立な第三者の技術専門家が証拠収集手続に関与する制度を導入することで、手続の更なる充実化を図ることが適切」(第5ページ)、「例えば、秘密保持の義務を課された第三者の技術専門家が執行官に同行して技術的なサポートを行う仕組みを導入することが考えられる」(第5〜6ページ)

と書かれている。

 次に、「Ⅱ.ビジネスの実態やニーズを反映した適切な損害賠償額の実現」の「2.各論」の「(1)現行特許法第102条第3項に規定される損害賠償額の算定方法の在り方について」では、

  • 「特許法第102条第3項に規定される損害賠償額の算定方法の在り方については、今後、損害賠償額の認定に関する裁判所の運用や、理論的な検討の動向、国際的な動向を注視しつつ、引き続き慎重に検討」(第8ページ)

と、「(2)通常の実施料のデータベース等の作成について」では、

  • 「通常の実施料のデータベース等の作成が適当であるとは言えない」(第8ページ)

とされている。

 「Ⅲ.権利付与から紛争処理プロセスを通じての権利の安定性の向上」の「2. 各論」の「(1)侵害訴訟における特許庁に対する求意見制度、特許庁における有効性確認手続、侵害訴訟における訂正審判請求等を要件としない訂正の再抗弁について」では、

  • ①侵害訴訟における特許庁に対する求意見制度について:「裁判所調査官制度及び専門委員制度の運用状況やユーザーニーズの状況も注視しつつ、引き続き慎重に検討することが適当」(第9ページ)
  • ②特許庁における有効性確認手続について:「ユーザーニーズの状況を注視しつつ、引き続き慎重に検討することが適当」(第10ページ)
  • ③侵害訴訟における訂正審判請求等を要件としない訂正の再抗弁について:「訂正の再抗弁に関する裁判所の運用やユーザーニーズの状況も注視しつつ、引き続き慎重に検討することが適当」(第11ページ)

とされ、「(2)裁判所における更なる技術的専門性の向上や裁判所と特許庁との連携について」では、

  • 「司法と行政のそれぞれの役割に留意し、裁判所の公平性、中立性を保ちつつ裁判所と特許庁が連携する取組を今後も進めていくことが適当」(同上)

と書かれ、「(3)侵害訴訟等において権利の有効性が推定されることを確認的に規定するための明らか要件の導入の是非及び訂正審判等の要件緩和等の是非等について」では、

  • ①確認的な明らか要件の導入について:「裁判所による特許の有効性に関する判断の動向やユーザーニーズの状況を注視しつつ、引き続き慎重に検討することが適当」(第12ページ)
  • ②訂正審判等の要件緩和等(特許権の拡張・変更)について:「ユーザーニーズの状況も注視しつつ、引き続き慎重に検討を行うことが適当」(第13ページ)
  • ③訂正審判等の要件緩和等(予備的訂正・段階的訂正)について:「ユーザーニーズの状況も注視しつつ、引き続き慎重に検討することが適当」(同上)

と書かれている。

 後は審査の品質に関する取り組みについて書かれている程度なので省略するが、報告書案中の「慎重に検討」とはお役所文学で何のことはない「やらない」という意味なので、上の書きぶりから今現在特許法改正(恐らく他の知財法にも同様に導入されることになるのだろうが)により導入することがほぼ想定されているのは、要するに、

  • 書類・検証物の提出の必要性の有無についての判断のために裁判所がインカメラ手続により当該書類・検証物を見ることを可能にすること

のみなのだろうと知れ、これに加えて可能性が高いこととして想定されているのは、

  • 訴え提起後のインカメラ手続における裁判官や、訴え提起前の証拠収集手続における執行官に対して第三者の技術専門家の技術的なサポートを可能にすること

くらいなのだろうと分かる。

 どちらも実務的にはそれなりに重要とは言え、この報告書案の内容から見る限り次の特許法改正は小幅の改正に留まりそうである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

第372回:2016年の終わりに

 トランプ氏のアメリカ大統領選挙当選の結果発効の見込みが全く立っていないことが不幸中の幸いとは言え、日本の国会で極めて問題の多いTPP協定と関連法案が可決されるなど今年もおよそロクでもない年だったが、今日で各省庁も休みに入り、年内のイベントは一通り終わったと思うので、ここで、今まで取り上げる暇があまりなかった細かな話をまとめて書いておきたいと思う。

 まず、知財本部では、10月から検証・評価・企画委員会が開催されており、今のところほぼ今までの取り組みのフォローアップをしているだけで何か新しい方向性が出ているということはないが、産業財産権分野、コンテンツ分野、新たな情報財検討委員会と3つに分かれて検討が進められている。この中では、新たな情報財検討委員会がAI(人工知能)の作成・保護・利活用の在り方を検討しているようだが、例によって具体的に何をどうしたいのかいまいち良く分からない。

 次に文化庁では、例年通り文化審議会著作権分科会の下で、著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会法制・基本問題小委員会新たな時代のニーズに的確に対応した制度等の整備に関するワーキングチーム国際小委員会が開催されている。茂木和洋氏が最近の検討資料を氏のサイトに上げて下さっているが、私的録音録画補償金制度に関しては関係者の意見が対立したままで、一般的な権利制限規定(フェアユース)の導入には否定的と文化庁の検討は相変わらず全く期待できない状況である。さらに、まだかなり整理が必要だろうと思うが、法制・基本問題小委員会でリーチサイト対策についての検討が進められていることも要注意だろう。

 特許庁では、産業構造審議会知的財産分科会の下で、審査基準に関する検討なども行われているが、法制度に絡むものとして特許制度小委員会商標制度小委員会が開催されている。このうち7月に開催されていた商標制度小委員会の方ではすぐに法改正をするような話にはなっていないようだが、特許制度小委員会の方では知財計画2016(第363回参照)を受けて知財紛争処理システムの在り方に関する検討が行われている。

 また、経産省では、営業秘密の保護・活用に関する小委員会も開催されているが、これもまた資料を見ても何をどうしたいのか良く分からない。

 農水省では、種苗分科会が開催されているが、農水省関連としてはそのHPに書かれている通り、TPP関連法として成立した地理的表示保護法の改正法が既に施行されていることに注意が必要だろう。(無論改正法の他の部分はTPP協定の発効と結びついているので施行されていないが。)

 最後に、総務省では、知財とは直接関係がないが、放送を巡る諸課題に関する検討会放送コンテンツの製作・流通の促進等に関する検討委員会が開催されており、放送番組のネット同時配信の検討が行われている。

 TPP協定と関連法が国会を通った上、いつも通り各省庁は何のためか良く分からない検討のための検討をこぞって繰り広げており、来年も良い年にはなりそうもないが、だからと言って諦めるつもりもない。政官業に巣食う全ての利権屋に悪い年を。そして、この拙いブログを読んで下さっている方々に心からの感謝を。

(2017年1月11日の追記:特許庁のHPに資料が掲載されているが、昨日10日に意匠制度小委員会も開催されていたようである。意匠分野における優先権書類の電子的交換の仕組みの導入などそれなりに実務的に重要な検討もしているようだが、資料を見る限り、意匠法について大きな法改正が今すぐ動きそうな様子ではない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧