« 目次10 | トップページ | 第302回:TPP協定知財章リーク文書(特許の保護期間延長と新薬保護の強化) »

2013年11月24日 (日)

第301回:TPP協定知財章リーク文書(DRM回避規制関連部分)

 また前々回前回に引き続き、今回はTPPリーク文書の中からDRM回避規制関連部分について取り上げる。DRM回避規制の問題は他の話に比べると特にややこしいこともあってかなかなか話題になりにくいのが残念なのだが、それでも決して重要性が劣る訳ではない。

 まず、また長くなるが、関連部分の抜粋と翻訳を以下に載せる。

Article QQ.G.10: {Copyright and Related Rights / Technological Protection Measures}(Footnote: Negotiators' Note: Article QQ.H.4.15 should be discussed after discussions on this issue.)
[US/AU/SG/PE/MX(Footnote: Negotiator's Note: MX supports this provision in principle.)(Footnote: Negotiator's Note: CA supports this provision in principle pending outcome of discussions on exceptions.)(Footnote: Negotiator's Note: CL is considering pending the outcome of the language of this proposal.) propose; MY/VN/BN/JP(Footnote: Negotiator's Note: NZ reserves its position on article QQ.G.10 pending the outcome of exceptions and limitations on TPMs protection. JP is considering a possibility of producing its proposal on Technological Protection Measures.) oppose: (a) In order to provide adequate legal protection and effective legal remedies against the circumvention of effective technological measures that authors, performers, and producers of phonograms use in connection with the exercise of their rights(Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position pending the clarification of the meaning of “rights”.) and that restrict unauthorized acts in respect of their works, performances, and phonograms, each Party shall provide that any person who:
(i) knowingly, [CL oppose: or having reasonable grounds to know](Footnote: Negotiator's Note: CA pending clarification of criminal remedies.), circumvents without [CL oppose: authority] [CL propose: authorization] any effective technological measure that controls access to a protected work, performance, phonogram, [PE/CA/CL oppose: or other subject matter]; or
(ii) manufactures, imports, distributes, [CL oppose: offers [CA/CL propose: for sale or rental] to the public, provides, or otherwise traffics(Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position pending clarification of “traffics”.) in] devices, products, or components, [CL oppose: or offers to the public] or provides services, that:
(A) are promoted, advertised(Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position pending clarification of the terms “promoted” and “advertised.”), or marketed by that person, [PE/SG/CL oppose: or by another person acting in concert with that person and with that person's knowledge,] for the purpose of circumvention of any effective technological measure,
(B) have only a limited commercially significant purpose or use other than to circumvent any effective technological measure, or
(C) are primarily designed, produced, or performed for the purpose of [CA oppose: enabling or facilitating] the circumvention of any(Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position pending clarification of “any”.) effective technological measure,
shall be liable and subject to the remedies set out in Article [12.12](Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position pending outcome of discussion of provision QQ.H.4(15).)(Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position pending outcome of discussion of provision QQ.H.4(15).). [CL propose: If the conduct is carried out in good faith without knowledge that the conduct in prohibited, a Party may exempt acts prohibited under this subparagraph that are carried out in connection with a nonprofit library, archive or educational institution].

Each Party shall provide for criminal procedures and penalties to be applied when any person, other than a nonprofit(Footnote: Negotiator's Note: CA seeks clarification if nonprofit applies to all institutions.) library, [CA/CL propose: museum,] archive, educational institution, or [CA/CL oppose: public noncommercial broadcasting entity,] [CA propose: any other nonprofit entity as determined by a Party's law] is found to have engaged [CA oppose: willfully and for purposes of commercial advantage [CL oppose: or private financial gain]] [CA propose: knowingly and for commercial purposes] in any of the foregoing activities. [SG/AU/PE/CL(Footnote: Negotiator's Note: CA seeks clarification of the intention of this sentence.) oppose: Such criminal procedures and penalties shall include the application to such activities of the remedies and authorities listed in subparagraphs (a), (b), and (f) of Article [15.5](Footnote: Negotiator's Note: CA seeks clarification as to whether article“15.15” is meant to refer to article QQ.H.7(7). CA reserves position pending clarification of QQ.H.7(7).) as applicable to infringements, mutatis mutandis. [(Footnote: [US/AU:For purposes of greater certainty, no Party is required to impose liability under Articles [9 and 10] for actions taken by that Party or a third party acting with the authorization or consent of that Party.] [Negotiator's Note: CA seeks clarification of this footnote.])][CL propose: No Party is required to impose civil or criminal liability for a person who circumvents any effective technological measure that protects any of the exclusive rights of copyright or related rights in a protected work, but does not control access to such work].

(b) In implementing subparagraph (a), no Party shall be obligated to require that the design of, or the design and selection of parts and components for, a consumer electronics, telecommunications, or computing product provide for a response to any particular technological measure, so long as the product does not otherwise violate any measures implementing subparagraph (a).

[CL oppose: (c) Each Party shall provide that a violation of a measure implementing this paragraph is independent of any infringement that might occur under the Party's law on copyright and related rights.]

(d)(Footnote: Negotiator's Note: CA is considering these limitations.) Each Party shall confine exceptions and limitations to measures implementing subparagraph (a) [CL oppose: to the following activities,] [CL propose: certain special cases that do not impair the adequacy of legal protection of the effectiveness of legal remedies against the circumvention of effective technological measures] [CL oppose: which shall be applied to relevant measures in accordance with subparagraph (e)]:
(i) [CA oppose: noninfringing reverse engineering activities with regard to a lawfully obtained copy of a computer program, carried out in good faith with respect to particular elements of that computer program that have not been readily available to the person engaged in those activities(Footnote: [CL propose: For greater certainty, elements of a computer program are not readily available to a person seeking to engage in non-infringing reverse engineering when they cannot be obtained from literature on the
subject, from the copyright holder, or from sources in the public domain.]), for the sole purpose of achieving interoperability of an independently created computer program with other programs(Footnote: [CL propose: Such activity occurring in the course of research and development is not excluded in this exception.])] [CA propose: reverse engineering activities with regard to a lawfully obtained copy of a computer program, for the sole purpose of achieving interoperability of the program or any other program];
(ii) [CA oppose: noninfringing good faith activities, carried out by an appropriately qualified researcher who has lawfully obtained a copy, [CL oppose: unfixed] performance, or display of a work, performance, or phonogram and who has made a good faith effort to obtain authorization for such activities, to the extent necessary for the sole purpose of research consisting of identifying and analyzing flaws and vulnerabilities of [CL propose: encryption] technologies(Footnote: [CL propose: Such activity occurring in the course of research and development is not excluded from this exception.]) [CL oppose: for scrambling and descrambling of information]] [CA propose: activities with regard to a lawfully obtained copy of a work, performance, or phonogram for the sole purpose of encryption research] ;
(iii) the inclusion of a component or part for the sole purpose of preventing the access of minors to inappropriate online content in a technology, product, service, or device that itself is not prohibited under the measures implementing subparagraph (a)(ii)(Footnote: Negotiator's Note: CA reserves its position.);
(iv) [CA oppose: noninfringing good faith activities that are authorized by the owner of a computer, computer system, or computer network for the sole purpose of testing, investigating, or correcting the security of that computer, computer system, or computer network] [CA propose: security testing activities that are authorized by the owner or administrator of a computer, computer system or computer network for the sole purpose of testing, investigating, or correcting the security of that computer, computer system or computer network];
(v) [CA oppose: noninfringing activities for the sole purpose of identifying and disabling a capability to carry out undisclosed collection or dissemination of personally identifying information reflecting the online activities of a natural person in a way that has no other effect on the ability of any person to gain access to any work] [CA propose: activities for the sole purpose of identifying or disabling a capacity to carry out collection or dissemination of personally identifying information];
(vi) lawfully authorized activities carried out by government employees, agents, or contractors for the purpose of law enforcement, intelligence, essential security, or similar governmental purposes(Footnote: Negotiator's Note: CA needs to reflect further on this paragraph.);
(vii) access by a nonprofit library, [CA propose: museum,] archive, or educational institution to a work, performance, or phonogram not otherwise available to it, for the sole purpose of making acquisition decisions; and
[CA propose: (viii) activities for the sole purpose of making a work, performance or phonogram perceptible to a person with a perceptual disability.
(ix) activities for the sole purpose of making an ephemeral reproduction of a work, performance or phonogram,
(x) circumvention of a technological measure on a radio apparatus for the sole purpose of gaining or facilitating access to a telecommunication service by means of the radio apparatus]
(viii) [CA oppose: noninfringing uses [SG oppose: of a work, performance, or phonogram] in a particular class of works, [SG oppose: performances, or phonograms] when an actual or likely adverse impact on those noninfringing uses [CL propose: or exceptions or limitations to copyright or related rights with respect to users] is [PE oppose: credibly demonstrated] [PE propose: found] [CL propose: demonstrated or recognized] in a legislative or administrative review or proceeding [SG oppose: by substantial evidence]; provided that [AU/PE oppose: any limitation or exception adopted in reliance upon this clause shall have effect for a renewable period of not more than three [SG propose: four] years] [AU/PE propose: any such review or proceeding is conducted at least once every four years] from the date of conclusion of such review or proceeding.]
[CA propose: (xi) Each Party may provide further exceptions and limitations to measures implementing subparagraph (a) in relation to non infringing uses as determined through a legislative, regulatory, judicial, or administrative process in accordance with the Party's law, following due consideration of the actual or potential adverse impact on those non infringing uses.]

(e)(Footnote: Negotiator's Note: CA is considering paragraph (e) pending the outcome on discussions on limitations and exceptions.) The exceptions and limitations to measures implementing subparagraph (a) for the activities set forth in subparagraph [4.9(d)] may [CL oppose: only] be applied as follows[CL oppose: , and only to the extent that they do not impair the adequacy of legal protection or the effectiveness of legal remedies against the circumvention of effective technological measures]:
(i) Measures implementing subparagraph (a)(i) may be subject to exceptions and limitations with respect to each [CL propose: situations and] activity set forth in subparagraph (d).
(ii) Measures implementing subparagraph (a)(ii), as they apply to effective technological measures that control access to a work, performance, or phonogram, may be subject to exceptions and limitations with respect to activities set forth in subparagraph (d) (i), (ii), (iii), (iv), and (vi).
(iii) Measures implementing subparagraph (a)(ii), as they apply to effective technological measures that protect any copyright or any rights related to copyright, may be subject to exceptions and limitations with respect to activities set forth in subparagraph (d) (i) and (vi).

(f)(Footnote: Negotiator's Note: CA is considering paragraph (f).) Effective technological measure means any [CA propose: effective] technology, device, or component that, in the normal course of its operation, controls access to a protected work, performance, phonogram, [PE/CL/CA oppose: or other protected subject matter,] or protects [CA oppose: any copyright or any rights related to copyright] [CA propose: rights related to a work, performance or phonogram].][CL propose: and cannot, in a usual case be circumvented accidentally.]

Article QQ.G.11: [SG/CL propose(Footnote: Negotiators' Note: NZ/PE/CA/AU/MX/MY/BN/VN support in principle pending drafting consultations.): Nothing in this agreement shall require any Party to restrict the importation or domestic sale of a device that does not render effective a technological measure the sole purpose of which is to control market segmentation for legitimate copies of cinematographic film or computer program, and is not otherwise a violation of law.]

Article QQ.G.12(Footnote: Negotiator's note: SG/CA/MX is willing to consider a more flexible approach to TPM provisions.): {Technological Protection Measures}
[CL/NZ/PE/VN/MY/BN/JP propose; AU/US oppose:
1. [PE/SG oppose: Each Party [VN propose: may] [VN oppose: shall] provide legal protections and remedies against the circumvention of effective technological protection measures in their domestic copyright laws where circumvention is for purposes of infringing the exclusive rights of copyright [NZ oppose: or related rights] owners.]

2. Each Party may provide that such protections and remedies shall not hinder or prevent uses of copyright or related rights protected material that are permitted under exceptions or limitations to the exclusive rights of copyright [NZ oppose: and related rights] owners, or the use of materials that are in the public domain.
[PE/SG: It is understood that nothing in this Article prevents a Party from adopting effective and necessary measures to ensure that a beneficiary may enjoy limitations and exceptions provided in that Party's national law, in accordance with Article QQG16, where technological measures have been applied to a work, performance or phonogram, and the beneficiary has legal access to that work, performance or phonogram particularly in circumstances such as where appropriate and effective measures have not been taken by rights holders in relation to that work, performance or phonogram to enable the beneficiary to enjoy the limitations and exceptions under that Party's national law.(Footnote: Negotiator's Note: MY/VN/CL does not object in principle but needs to reflect further on the language.)]

3. Subject to each Party's international obligations, the Parties affirm that they may establish provisions to facilitate the exercise of permitted acts where technological measures have been applied.]

ArticleQQ.G.13: {Copyright and Related Rights / Rights Management Information}
...

ARTICLE QQ.H.4.Y
...
[US/AU/SG propose;BN/VN/MX/JP oppose(Footnote: Negotiators Note: PE/MY/NZ/CL/CA reserve their positions pending resolution of related provisions regarding TPM and RMI.):15. In civil judicial proceedings concerning the acts described in Article 4.[9] (TPMs) and Article 4.[10] (RMI), each Party shall provide that its judicial authorities shall, at the least, have the authoriy to:
(a) impose provisional measures, including seizure or other taking into custody of devices and products suspected of being involved in the prohibited activity;
(b) [US/SG propose; NZ/AU/MY oppose: provide an opportunity for the right holder to elect between actual damages it suffered (plus any profits attributable to the prohibited activity not taken into account in computing those damages) or pre-established damages;] [AU/NZ/PE propose: order damages of the type available for the infringement of copyright]
(c) order [NZ propose: , where appropriate,] payment to the prevailing party at the conclusion of civil judicial proceedings of court costs and fees, and appropriate attorney's fees, by the party engaged in the prohibited conduct; and
(d) order the destruction of devices and products found to be involved in the prohibited activity.

第QQ.G.10条:{著作権及び著作隣接権/技術的保護手段}(原注:交渉官注:第QQ.H.4.15条が本事項に関する議論の後議論されなければならない。)
[米/豪/シンガ/ペルー/メキシコ(原注:交渉官注:メキシコは本規定を原則として支持している。)(原注:交渉官注:カナダは例外の議論の帰結を保留し、本規定を原則として支持している。)(原注:チリは例外の議論の帰結を保留し、検討している。)提案;マレ/ベトナム/ブルネイ/日(原注:ニュージーランドは技術的保護手段の保護に関する例外と制限の帰結を保留し、第QQ.G.10条についての態度を留保している。日本は技術的保護手段に関して提案を作成することができるかどうかを検討している。)反対:(a)著作者、実演家及び録音製作者がその権利(原注:交渉官注:カナダは「権利」の意味の明確化を保留し、その態度を留保している。)の行使に関連して利用し、その著作物、実演及び録音に関して不正利用を制限する有効な技術的手段の回避に対して適切な法的保護及び有効な法的救済措置を規定するため、加盟国は、以下を満たす者は責任を有し、第[12.12]条(原注:交渉官注:カナダは、第「12.12」条とは第QQ.H.4(15)条への参照を意味しているのかどうかについて明確化を求めている。)(原注:交渉官注:カナダはQQ.H.4(15)条の帰結を保留し、その態度を留保している。)で定められる救済措置の対象となることを規定しなければならない:
(ⅰ)保護を受ける著作物、実演、録音、[ペルー/加/チリ反対:又はその他の対象]へのアクセスをコントロールするあらゆる有効な技術的手段の情を知っての、[チリ反対:又はそうと知る合理的な理由があるときの](原注:カナダは刑事救済措置の明確化について保留している。)、[チリ反対:権限][チリ提案:許諾]のない回避;又は
(ⅱ)以下の装置、製品若しくは要素の製造、輸入、頒布、[チリ反対:[加/チリ提案:販売若しくは貸与のための]公衆への提供の申し出、提供若しくはその他の不正売買]又は以下のサービスの提供:
(A)何らかの有効な技術的手段の回避を目的としてその者[ペルー/シンガ/チリ反対:又はその者が知りつつ、その者と協力して行動する他の者]によって宣伝されるか、広告されるか(原注:交渉官注:カナダは「宣伝」及び「広告」の明確化について保留し、その態度を留保している。)又は売り出されるか(原注:交渉官注:カナダは「売り出し」の明確化についてその態度を保留している。)、
(B)何らかの有効な技術的手段の回避以外には制限された商業的に重要な目的又は利用しかもたないか、又は
(C)何らかの(原注:交渉官注:カナダは「何らかの」の明確化を保留し、その態度を留保している。)有効な技術的手段の回避[加反対:を可能とするか容易にすること]を主たる目的として設計、生産又は実施されている物又はサービス。
[チリ提案:ただし、その行動が禁止されていることを知らずに誠実になされたものである場合には、加盟国は、非営利の図書館、文書館又は教育機関に関係して実行された、本号の下で禁止された行為を除外することができる。]

非営利(原注:交渉官注:カナダは非営利が全ての機関にかかるのかどうかの明確化を求めている。)図書館、[加/チリ提案:美術館、]文書館、教育機関、又は[加/チリ反対:公的な非商業的放送主体、][加提案:加盟国の国内法によって決められるその他の非営利主体]以外の者が[加反対:故意にかつ商業的利益[チリ反対:又は私的な経済的利益]を得る目的で][加提案:情を知って営利目的で]上記の活動のいずれかに従事したと分かったとき、加盟国は、刑事手続き及び罰が適用されることを規定しなければならない。[シンガ/豪/ペルー/チリ(原注:交渉官注:カナダはこの文の意図の明確化を求めている。)反対:そのような刑事手続及び罰は、侵害に適用可能なものとして準用される、第[15.15]条(原注:交渉官注:カナダは、第「15.15」条とは第QQ.H.7(7)条への参照を意味しているのかどうかについて明確化を求めている。カナダはQQ.H.7(7)条の明確化を保留し、その態度を留保している。)の(a)、(b)及び(f)号に列挙された救済措置及び当局の活動の適用を含むものでなければならない。(訳注:リーク文書の第QQ.H.7条の7.の(a)、(b)及び(f)号は処罰が禁固刑、罰金刑、没収を含むことを規定している。)][(原注:[米/豪:明確化のため、どの加盟国も第[9及び10]条の下でその加盟国又はその許可若しくは同意を受けて第三者が取った行動について責任を課すことを要求されない。][交渉官注:カナダは本脚注の明確化を求めている。])][チリ提案:どの加盟国も、保護を受ける著作物において著作権又は著作隣接権の排他権を保護するが、その著作物へのアクセスをコントロールしない有効な技術的手段を回避した者に民事又は刑事の責任を課すことを要求されない。]

(b)(a)号を実施するにあたり、加盟国は、その製品が(a)号の実施措置を他の形で侵害しない限り、家電、通信又はコンピュータ製品の設計又は設計並びにコンポーネント及び部品の選択があらゆる特定の技術的手段への反応を与えることを求められることを義務とされない。

[チリ反対:(c)加盟国は、本項の実施措置の侵害は加盟国の国内法上で発生する侵害とは独立であることを規定しなければならない。]

(d)(原注:交渉官注:カナダは本制限を検討している。)(a)号の実施措置への例外又は制限は、[チリ反対(e)号に沿い、関連する措置に適用される][チリ提案:有効な技術的手段の回避に対する適切な法的保護及び有効な法的救済措置を損なわない特別な場合に][チリ反対:以下の活動に]限られる:
(ⅰ)[加反対:独立に作成されたプログラムと他のプログラムの間の相互運用性の達成のみを目的とした、そのような活動])に従事する者に容易に入手可能でない(原注:[チリ提案:明確化のため、それを関連文献から、権利者から又はパブリックドメインのソースから入手できないときに、コンピュータプログラムの要素がリバースエンジニアリングに従事しようとする者に容易に入手可能でないことである。])コンピュータプログラムの特定の要素に関して誠実に実行される、合法的に入手されたコンピュータプログラムの複製についての非侵害リバースエンジニアリング活動(原注:[チリ提案:そのような活動は研究の過程において生じ、開発もこの例外から排除されない。])][加提案:そのプログラム又は他のプログラムの相互運用性の達成のみを目的とした、合法的に入手されたコンピュータプログラムの複製についてのリバースエンジニアリング活動]
(ⅱ)[加反対:[チリ反対:情報のスクランブルとデスクランブルのための暗号]技術の欠陥及び脆弱性の特定及び分析からなる研究のみを目的としてそれに必要とされる限りにおいてなされ、複製、[チリ反対:固定されていない]実演又は著作物、実演若しくは録音の表示を合法的に入手し、そのような活動に対する許諾を得ようと誠実に努力した適切な資格を有する研究者によって実行される誠実な非侵害活動(原注:[チリ提案:そのような活動は研究の過程において生じ、開発もこの例外から排除されない。])][加提案:暗号研究のみを目的とした、合法的に入手した著作物、実演又は録音についての活動];
(ⅲ)(a)号(ⅱ)の実施措置の下でそれ自体禁止されるものではない、技術、製品、サービス又は装置における未成年の不適切なオンラインコンテンツへのアクセスの抑止のみを目的としたコンポーネント又は部品の導入(原注:交渉官注:カナダはその態度を留保している。);
(ⅳ)[加反対:コンピュータ、コンピュータシステム又はコンピュータネットワークのセキュリティを試験、調査又は修理のみを目的とした、コンピュータ、コンピュータシステム又はコンピュータネットワークの所有者に許可された誠実な非侵害活動][加提案:コンピュータ、コンピュータシステム又はコンピュータネットワークのセキュリティを試験、調査又は修理のみを目的とした、コンピュータ、コンピュータシステム又はコンピュータネットワークの所有者又は管理者に許可されたセキュリティ試験活動];
(ⅴ)[加反対:人の著作物へのアクセスの入手に対して他の影響を持たないような形でなされる、自然人のオンライン活動を反映するものである個人を特定する情報の非開示収集又は拡散を実行する能力を特定するか無力化することのみを目的とした非侵害活動][加提案:個人を特定する情報の収集又は拡散を実行する能力を特定するか無力化することのみを目的とした活動];
(ⅵ)法執行、諜報、必要な安全保障又は類似の政府の目的のために政府の職員、代理人又は契約者により実行される合法かつ正当な活動(原注:交渉官注:カナダはさらに本項について考察する必要があるとしている。);
(ⅶ)非営利図書館、[加提案:美術館、]文書館又は教育機関による、その入手又は意志決定のみを目的とした、入手不可能な著作物、実演又は録音へのアクセス;及び
[加提案:(ⅷ)著作物、実演又は録音を知覚に障害を有する者に知覚可能とすることのみを目的とした活動。
(ⅸ)著作物、実演又は録音の一時的複製の作成のみを目的とした活動、
(ⅹ)ラジオ装置手段による通信手段へのアクセスを手に入れるか容易化することのみを目的としたラジオ装置における技術手段の回避。]
(ⅷ)[加反対:その非侵害利用[又は利用者に関わる著作権又は著作隣接権への例外若しくは制限]における実際の又はあり得る悪影響が立法又は行政の検討又は手続きにおいて[シンガ反対:実質的な証拠によって][ペルー反対:納得の行く形で示された][ペルー提案:分かった][チリ提案:示されるか認められた]場合の特定の種類の著作物[シンガ反対:、実演又は録音]における[シンガ反対:著作物、実演又は録音]の非侵害利用;ただし、本条項にもとづいて採用されるどのような制限又は例外も[豪/ペルー反対:そのような検討又は手続きの決着の日から3[シンガ提案:4]年を超えない更新可能な期間で効果を持つようにされなければならない][豪/ペルー提案:そのような検討又は手続きは少なくとも4年ごとに実行される。]]
[加提案:(ⅺ)加盟国は、その非侵害利用における実際の又は潜在的な悪影響を熟考した上で、国内法に沿い、立法、規則、司法又は行政手続きを通じて決められる非侵害利用に関連して(a)号を実施する措置へのさらなる例外及び制限を規定することができる。]

(e)(原注:交渉官注:カナダは制限と例外の議論の帰結を保留し、(e)項を検討している。)4.9条(d)号に定められる活動のための(a)号の実施措置への例外及び制限は、以下のように[チリ反対:のみ][チリ反対:、かつ有効な技術的保護手段の回避に対する適切な法的保護及び有効な法的救済を損なわない限りにおいて、]適用され得る:
(ⅰ)(a)号(ⅰ)の実施措置は(d)号に定められる[チリ提案:状況及び]活動のそれぞれに関する例外及び制限の対象となり得る。
(ⅱ)(a)号(ⅱ)の実施措置は、著作物、実演又は録音へのアクセスをコントロールする有効な技術的手段に適用されているときに、(d)号(ⅰ)、(ⅱ)、(ⅲ)、(ⅳ)及び(ⅵ)に定められる活動に関する例外及び制限の対象となり得る。
(ⅲ)(a)号(ⅱ)の実施措置は、著作権又は著作隣接権を保護する有効な技術的手段に適用されているときに、(d)号(ⅰ)及び(ⅵ)に定められる活動に関する例外及び制限の対象となり得る。

(f)(原注:交渉官注:カナダは(f)号を検討している。)有効な技術的手段は、その通常の作用において保護を受ける著作物、実演、録音、[ペルー/チリ/加反対:又は他の保護対象]へのアクセスをコントロールするか、[加反対:あらゆる著作権又はあらゆる著作隣接権][加提案:著作物、実演又は録音に関する権利]を保護する[そして通常の場合において偶然に回避されることのない]あらゆる[加提案:有効な]技術、装置又はコンポーネントを意味する。

第QQ.G.11条:[シンガ/チリ提案(原注:交渉官注:ニュージー/ペルー/加/豪/メキシコ/マレ/ブルネイ/ベトナムは文言の検討を保留し、原則として支持している。):本協定の何によっても、加盟国は、映画フィルム又はコンピュータプログラムの合法的複製の市場分割をコントロールすることのみを目的とした技術的手段を有効化しない、他に法を侵害しない装置の輸入又は国内販売を制限することを要求されない。]

第QQ.G.12条:{技術的保護手段}
[チリ/ニュージー/ペルー/ベトナム/マレ/ブルネイ/日提案;豪/米反対:
第1項 [ペルー/シンガ/反対:加盟国は、有効な技術的保護手段の法的保護及び著作権[ニュージー反対:及び著作隣接権[権利者]]の排他権を侵害する目的で行われるときのその回避に対する救済措置を国内法で規定[ベトナム提案:できる][ベトナム提案:しなければならない]。

第2項 加盟国は、そのような保護及び救済措置が著作権[ニュージー反対:及び著作隣接権]権利者の排他権の例外又は制限の下で許される著作権又は著作隣接権の利用又はパブリックドメインにあるマテリアルの利用を妨げ又は抑止してはならないことを規定できる。
[ペルー/シンガ:技術的手段が著作物、実演又は録音に適用され、特にその著作物、実演又は録音に関して受益者が加盟国の国内法における制限又は例外を享受することを可能とするために適切かつ有効な手段が権利者によって取られていないような状況で受益者がその著作物、実演又は録音への合法的なアクセスを有している場合において、第QQG16条に沿い、本項の何も受益者が加盟国の国内法で規定される制限及び例外を享受できることを確保するために加盟国が有効かつ必要な措置を取ることを妨げないと理解される。]

第3項 その国際的義務に従い、加盟国は、技術的手段が適用されたとき許される行為の実行を容易化する規定を確立できることを確認する。

第QQ.G.13条:{著作権及び著作隣接権/権利管理情報}
(略:権利管理情報の削除等の禁止について規定)

第QQ.H.4.Y条
(略:その他の執行関連規定)
[米/豪/シンガ/提案;ブルネイ/ベトナム/メキシコ/日反対(原注:交渉官注:ペルー/マレ/ニュージー/チリ/加は技術的保護手段及び権利管理情報に関する関連規定の決着を保留し、その態度を留保している。):第15項 第4.[9]条(技術的保護手段)及び第4.[10]条(権利管理情報)に書かれた行為に関する民事手続きにおいて、加盟国は、少なくとも当局が以下のことをすることを規定しなければならない:
(a)禁止された活動に関与すると疑われる装置及び製品の没収又は他の保全を含め、仮の措置を課すこと;
(b)[米/シンガ提案;ニュージー/豪/マレ反対:現実に受けた損害の賠償(に加えてこの損害の算出において考慮されない禁止された活動に帰すことが可能な利益)か、あらかじめ定められた賠償から権利者に選択する機会を提供すること;][豪/ニュージー/ペルー提案:著作権の侵害において適用可能なその他の型の損害の賠償を命じること]
(c)[ニュージー提案:それが適切な場合に、]民事訴訟手続きにおいて、裁判所の費用及び料金並びに適切な弁護士料金の禁止された行動に関与した側による勝訴側への支払いを命じること;及び
(d)禁止された活動に関係するとされた装置及び製品の破壊を命じること。]

 DRM回避規制に関する問題も細かなことまで突っ込んで行くと切りがないのだが、この部分も、例外・制限を細かく限定列挙する形で単なるアクセスコントロールの回避行為そのものまで違法化・犯罪化しようとする主としてアメリカの提案と、アメリカ型のDRM回避規制法制を取っていない国々の提案との間での対立が極めて鮮明に出ている箇所である。(さらに言えば、アメリカは、このDRM回避規制と絡む形でも法定賠償の導入を求めていることも合わせて気をつけておくべきだろう。なお、コピーコントロールやアクセスコントロールといったDRMとその回避規制の問題自体についてはさんざん過去のエントリで書いてきているのでここでは説明を省略する。)

 8月30日の時点で日本はどうにかアメリカとは反対側の国々の提案に相乗りしていると分かるが、ここまで明確に対立しているとなると間を取るのも難しいだろうし、アメリカのスタンスが海賊版対策条約(ACTA)交渉以前から一貫してDRM回避規制規制の強化を各国に求めるというものであることを考えても(ACTA交渉の結果として出て来たDRM回避規制の強化については第266回などで書いた)、TPP交渉でもやはりACTA交渉の二の轍を踏み、日本でさらに意味不明の規制強化がなされるのではないかという懸念は拭い切れない。この点でもTPP交渉は間違いなく要注意である。

 次回は、TPP交渉におけるもう1つの大きな問題である特許と薬に関連する部分について取り上げたいと考えている。

(2013年11月25日夜の追記:いくつか誤記を修正し、合わせて文章を整えた。)

(2013年11月26日の追記:1箇所誤記を修正した。)

(2014年11月2日夜の追記:文字の半角全角を数箇所修正した。)

(2014年11月4日夜の追記:1箇所訳を補った(第QQ.G.10条(a)(ⅱ)(c)の最後に「又はサービス」を追加)。)

|

« 目次10 | トップページ | 第302回:TPP協定知財章リーク文書(特許の保護期間延長と新薬保護の強化) »

TPP・ACTA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/54043179

この記事へのトラックバック一覧です: 第301回:TPP協定知財章リーク文書(DRM回避規制関連部分):

« 目次10 | トップページ | 第302回:TPP協定知財章リーク文書(特許の保護期間延長と新薬保護の強化) »