« 第299回:TPP協定知財章リーク文書(著作権保護期間延長、法定賠償、非親告罪化関連部分) | トップページ | 目次10 »

2013年11月18日 (月)

第300回:TPP協定知財章リーク文書(インターネットサービスプロバイダーの責任関連部分)

 前回に続き、今回は、リークされた8月30日時点のTPP(環太平洋パートナーシップ)協定の知財章条文案中のインターネットサービスプロバイダー(ISP)の責任に関する部分を取り上げる。

 まず、かなり長くなるが、関連部分の抜粋と翻訳を以下に載せる。

{SECTION I: INTERNET SERVICE PROVIDERS}
Article QQ.I.1:
(Footnote: Negotiators' Note: JP is still considering its positions on this Section.){Internet Service Provider Liability}
[CL/BN/NZ/MY/VN/CA/SG/MX propose; AU/US oppose: 1.(Footnote: Negotiator's Note: PE is still considering its position on paragraphs 1, 2 and the new paragraph 3 presented by CA.) Each Party shall limit the liability of, or the availability of remedies against, internet service providers(Footnote: Each Party may determine, within its domestic law, what constitutes an internet service provider) [when acting as intermediaries(Footnote: Negotiator's Note; NZ is still considering this phrase.)], for infringement of copyright or related rights that take place on or through communication networks, in relation to the provision or use of their services.]

[CA propose: 2. Limitations referred to in the previous paragraph shall cover at least the following functions:
a. mere conduit, which consist of the provision of the means to transmit information provided by a user, or the means of access to a communication network;
b. hosting of information at the request of a user of the hosting services;
c. caching carried out through an automated process, when the internet service provider:
i. does not modify information other than for technical reasons;
ii. ensures that any directions related to the caching of information that are specified in a manner widely recognized and used by industry are complied with; and
iii. does not interfere with the use of technology that is lawful and widely recognized and used by the industry in order to obtain data on the use of information;
d. providing an information location tool, by making reproductions of copyright material in an automated manner, and communicating the reproductions.]

[CA propose: 3. Qualification by an internet service provider for the limitations as to each function in the previous paragraph shall be considered separately from qualification for the limitations as to each other function. Eligibility for the limitations in the previous paragraph may not be conditioned on the internet service provider monitoring its service, or affirmatively seeking facts indicating infringing activity.]

[CL/BN/NZ/VN/MX propose; AU/US/SG/MY oppose: 2.(Footnote: Negotiators' Note: VN to consider this provision further.)(Footnote: Negotiator's Note: BN is considering its reactions to the proposals presented by CA on paragraphs 2 and 3.) The framework in Paragraph 1 [CA oppose: will only apply if an internet service provider meets conditions, including] [CA/CL/VN propose; NZ/MX oppose: shall be accompanied in a Party's law by]:
(a) [CA/NZ/CL/VN/MX propose: procedures for notifications of claimed infringement and for] removing or disabling access to infringing material [CA/CL/MX oppose: upon notification from the right holder through a procedure established by each Party]; and]
[CA/NZ/CL/VN(Footnote: Negotiator's Note: MX is considering its reactions to paragraph 2b and 3.) propose: (b) legal incentives for internet service providers to comply with these procedures, or remedies against internet service providers who fail to comply.]]

[CA propose: 4. Each Party shall provide legal incentives for internet service providers to comply, or remedies against internet service providers who fail to comply, with any procedures established in each party's law for:
(a) effective notifications of claimed infringement; or
(b) removing or disabling access to infringing material residing on its networks.]

[CA/CL/VN(Footnote: Negotiator's Note: NZ is considering its reactions to paragraph 3.)] propose: [CA oppose: 3.] [CA propose: 5.] The framework in Paragraph 1 will not apply to the extent that an internet service provider provides a service primarily for the purpose of enabling acts of copyright or related right infringement.]

[CA propose: 6. This Article is without prejudice to the availability in a Party's law of other defences, limitations and exceptions to the infringement of copyright or related rights. This Article shall not affect the possibility of a court or administrative authority, in accordance with Parties' legal systems, or requiring the internet service provider to terminate or prevent an infringement.]

[US/AU/SG/NZ/PE propose; BN/VN/CA/MX oppose: 1. [SG/MY oppose(Footnote: Negotiator's Note: NZ proposes to look at the placement of this paragraph vis a vis its placement elsewhere in the text.): For the purpose of providing enforcement procedures that permit effective action against any act of copyright(Footnote: For purposes of this paragraph, “copyright” includes related rights. Negotiators' Note: The placement of the footnote will depend on the outcome of the chapeau of this paragraph.) infringement covered by this Chapter, including expeditious remedies to prevent infringements and criminal and civil remedies] each Party shall provide, consistent with the framework set out in this Article:
(a) [MY/VN oppose: legal incentives for service providers to cooperate with copyright owners in deterring the unauthorized storage and transmission of copyrighted materials; and]

(b) limitations in its law [MY/NZ/SG propose: on the liability of, or on the remedies] [NZ/MY/VN oppose: regarding the scope of remedies (Footnote: [NZ propose: For the avoidance of doubt, limitations regarding the scope of remedies available can be implemented through limitations on the liability of internet service providers.])] available against service providers for copyright infringements that they do not control, initiate or direct, and that take place through systems or networks controlled or operated by them or on their behalf, as set forth in this subparagraph (b).(Footnote: This subparagraph is without prejudice to the availability of defenses to copyright infringement that are of general applicability.) [PE propose:(Footnote: [PE propose: For greater clarity, the failure of an ISP to qualify for the limitations in subparagraph (b) does not itself result in liability.])]
(i) [MY/VN oppose: These limitations shall preclude monetary relief and provide reasonable restrictions on court-ordered relief to compel or restrain certain actions for the following functions, [NZ oppose: and shall be confined to those functions]][(Footnote: [US/PE/SG/AU propose; CL/NZ/VN oppose: A Party may request consultations with the other Parties to consider how to address under this paragraph functions of a similar nature that a Party identifies after the entry into force of this Agreement.])]:
(A) transmitting, routing, or providing connections for material without modification of its content[CL propose:(Footnote: [CL/MY/SG/NZ/AU/PE/US propose: Such modification does not include modifications made as part of a technical process.])], or the [MY oppose: intermediate and] transient storage of such material in the course thereof;
(B) caching carried out through an automatic process;
(C) storage, at the direction of a user, of material residing on a system or network controlled or operated by or for the service provider(Footnote: [CL/MY/SG/NZ/AU/US propose: For greater certainty, such storage of material may include e-mails and their attachments stored in the provider's server and web pages residing on the provider's server.]); and
(D) referring or linking users to an online location by using information location tools, including hyperlinks and directories.

(ii) These limitations shall apply only where the service provider does not initiate the transmission of the material, and does not select the material or its recipients (except to the extent that a function described in clause (i)(D) in itself entails some form of selection).

(iii) Qualification by a service provider for the limitations as to each function in clauses (i)(A) through (D) shall be considered separately from qualification for the limitations as to each other function[CL oppose: , in accordance with the conditions for qualification set forth in clauses (iv) through (vii)]

(iv) With respect to functions referred to in clause (i)(B), the limitations shall be conditioned on the service provider:
[CL/MY oppose: (A) permitting access to cached material in significant part only to users of its system or network who have met conditions [NZ propose: imposed by the originator of the material] on user access to that material;]
(B)(Footnote: Negotiator's Note: MY needs to reflect further on this provision.) complying with rules concerning the refreshing, reloading, or other updating of the cached material when specified by the [CL oppose: person making the material available online] [CL propose: supplier of the material] in accordance with a relevant industry standard data communications protocol for the system or network through which that person makes the material available that is generally accepted in the Party's territory;
(C)(Footnote: Negotiator's Note: MY will reflect further on this provision.) not interfering with technology used(Footnote: CL/SG/NZ/AU/US/PE propose: A Party may require that such technology shall be used in a lawful manner.]) at the originating site consistent with industry standards generally accepted in the Party's territory to obtain information about the use of the material, and not modifying its content in transmission to subsequent users; and
(D) [MY oppose: expeditiously] removing or disabling access, on receipt of an effective notification of claimed infringement, to cached material that has been removed or access to which has been disabled at the originating site.

(v) With respect to functions referred to in clauses (i)(C) and (D), the limitations shall be conditioned on the service provider:
(A) not receiving a financial benefit directly attributable to the infringing activity, in circumstances where it has the right and ability to control such activity;
(B) [MY oppose: expeditiously] removing or disabling access to the material residing on its system or network on obtaining actual knowledge of the infringement or becoming aware of facts or circumstances from which the infringement was apparent, such as through effective notifications of claimed infringement in accordance with clause (ix); [NZ oppose: and
(C) publicly designating a representative to receive such notifications.]

[MY/NZ oppose: (vi) Eligibility for the limitations in this subparagraph shall be conditioned on the service provider:
(A) adopting and reasonably implementing a policy that provides for termination in appropriate circumstances of the accounts of repeat infringers; and
(B) accommodating and not interfering with standard technical measures accepted in the Party's territory(Footnote: [CL/SG/NZ/AU/PE/US propose: A Party may require that such standard technical measures shall be used in a lawful manner, and that such measures are subject to approval by relevant authorities.]) that protect and identify copyrighted material, that are developed through an open, voluntary process by a broad consensus of interested parties(Footnote: [CL/SG/NZ/AU/PE/US propose: A Party may provide that interested parties include copyright owners, service providers or other interested parties, [CL/SG/NZ/AU/US propose: as may be approved by relevant authorities,] as applicable.]), that are available on reasonable and nondiscriminatory terms, and that do not impose substantial costs on service providers or substantial burdens on their systems or networks.]

(vii) Eligibility for the limitations in this subparagraph may not be conditioned on the service provider monitoring its service, or affirmatively seeking facts indicating infringing activity [NZ/MY oppose: , except to the extent consistent with such technical measures.]

[NZ oppose: (viii) If the service provider qualifies for the limitations with respect to the function referred to in clause (i)(A), court-ordered relief to compel or restrain certain actions shall be limited to terminating specified accounts, or to taking reasonable steps to block access to a specific, non-domestic online location.[MY oppose: If the service provider qualifies for the limitations with respect to any other function in clause (i), court-ordered relief to compel or restrain certain actions shall be limited to removing or disabling access to the infringing material, terminating specified accounts, and other remedies that a court may find necessary, provided that such other remedies are the least burdensome to the service provider [CL propose: and users or subscribers] among comparably effective forms of relief. Each Party shall provide that any such relief shall be issued with due regard for the relative burden to the service provider [CL propose: , to users or subscribers] and harm to the copyright owner, the technical feasibility and effectiveness of the remedy and whether less burdensome, comparably effective enforcement methods are available. Except for orders ensuring the preservation of evidence, or other orders having no material adverse effect on the operation of the service provider's communications network, each Party shall provide that such relief shall be available only where the service provider has received notice of the court order proceedings referred to in this subparagraph and an opportunity to appear before the judicial authority.]]

[NZ oppose: (ix) For purposes of the notice and take down process for the functions referred to in clauses (i) [CL propose: (B)] (C) and (D), each Party shall establish appropriate procedures in its law or in regulations for effective notifications of claimed infringement, and effective counter-notifications by those whose material is removed or disabled through mistake or misidentification. Each Party shall also provide for monetary remedies against any person who makes a knowing material misrepresentation in a notification or counter-notification that causes injury to any interested party as a result of a service provider relying on the misrepresentation.]

[NZoppose:(x) If the service provider removes or disables access to material in good faith based on claimed or apparent infringement, each Party shall provide that the service provider shall be exempted from liability for any resulting claims, provided that, in the case of material residing on its system or network, it takes reasonable steps promptly to notify the [CL oppose: person making the material available on its system or network] [CL propose: supplier of the material] that it has done so and, if such person makes an effective counter-notification and is subject to jurisdiction in an infringement suit, to restore the material online unless the person giving the original effective notification seeks judicial relief within a reasonable time.]

(xi) Each Party shall establish an administrative or judicial procedure enabling copyright owners [NZ oppose: who have given effective notification of claimed infringement] to obtain expeditiously from a service provider information in its possession identifying the alleged infringer.

(xii) For purposes of the function referred to in clause (i)(A), service provider means a provider of transmission, routing, or connections for digital online communications without modification of their content between or among points specified by the user of material of the user's choosing, [NZ oppose: and for purposes of the functions referred to in clauses (i)(B) through (D) service provider means a provider or operator of facilities for online services or network access(Footnote: [CL/MY/SG/NZ/AU/US/PE propose: As used in subparagraph (xii), a Party may provide that network access includes cases in which network access is provided by another provider.]).]]

[US/AU/SG propose; CL/MY/NZ/VN/BN/CA/MX/PE oppose: Annex to Article QQ.I.1.3(b)(ix)
...

{第1節:インターネットサービスプロバイダー}
第QQ.Ⅰ.1条:
(原注:交渉官注:日本は本節に対する態度をなお検討している。){インターネット・サービス・プロバイダーの責任}
[チリ/ブルネイ/ニュージー/マレ/ベトナム/加/シンガ/メキシコ提案;豪/米反対:第1項(原注:交渉官注:ペルーはカナダが提示した第1項、第2項及び新たな第3項に対する態度をなお検討している。) そのサービスの提供又は利用に関係して、通信ネットワークにおいて又はそれを通じて発生した著作権又は著作隣接権の侵害について、[仲介者として行動するとき(原注:ベトナムはこの記載をなお検討している。)]インターネットサービスプロバイダー(原注:加盟国はその国内法においてインターネットサービスプロバイダーを構成するものを決定できる。)の責任を制限するか、それに対する救済措置の提供を行わなければならない。]

[加提案:第2項 前項に書かれた制限は少なくとも以下の機能をカバーするものでなければならない:
a.利用者によって提供された情報を伝達する手段又は通信ネットワークへのアクセス手段の提供からなる単なる伝送;
b.ホスティングサービスの利用者からの要求による情報のホスティング;
c.インターネットサービスプロバイダーが以下を満たす場合の、自動化されたプロセスを通じたキャッシング:
ⅰ.技術的な理由を除き情報を改変しておらず;
ⅱ.業界で広く認められ、使われているやり方で特定された情報のキャッシングに関係するあらゆる管理が適合することを確保し;かつ
ⅲ.
情報の利用についてのデータを手に入れるために業界で広く認められ、利用されており、合法である技術の利用を妨げない場合;
d.
自動化されたやり方で著作物の複製を作ることによってなされる情報ロケーションツールの提供及びその複製の通信。]

[加提案:第3項 前項の各機能に関する制限のためインターネットサービスプロバイダーが満たすべき要件はそれぞれ他の機能に関する制限のための要件とは別に判断されなければならない。前項の制限のための適格性は、そのサービスをインターネットサービスプロバイダーが監視すること又は積極的に侵害活動を示唆する事実を探すことを条件としないものであり得る。]

[チリ/ブルネイ/ニュージー/ベトナム/メキシコ提案;豪/米/シンガ/マレ反対:第2項(原注:交渉官注:ベトナムは本項をさらに検討するとしている。)(原注:ブルネイはカナダが第2項及び3項に提示した提案への対応を検討している。) 第1項の枠組みは[加反対:インターネットサービスプロバイダーが以下のことを含む条件に合致する場合にのみ適用される][加/チリ/ベトナム提案;ニュージー/メキシコ反対:国内法により以下のことを定めなければならない]:
(a)[加/チリ/メキシコ提案:加盟国によって確立された手続きを通じて権利者がした通知に基づく]侵害物の削除又はそのアクセスの不可能化[加/ニュージー/チリ/ベトナム/メキシコ提案:のための及び主張の侵害の通知のための手続き];及び]
[加/ニュージー/チリ/ベトナム(原注:メキシコは第2項(b)及び第3項への対応を検討している。)提案:(b)インターネットサービスプロバイダーがその国内法によって確立されている手続きに合致するようにする法的なインセンティブ又は合致することに失敗したインターネットサービスプロバイダーに対する救済措置。]]

[加提案:第4項 加盟国は、インターネットサービスプロバイダーがその国内法によって確立されている以下のための手続きに合致するようにする法的なインセンティブ又は合致することに失敗したインターネットサービスプロバイダーに対する救済措置を規定しなければならない。
(a)有効な主張の侵害の通知;又は
(b)そのネットワークに存在する侵害物の削除又はそのアクセスの不可能化。]

[加/チリ/ベトナム(原注:交渉官注:ニュージーランドは第3項への対応をなお検討している。)]提案:[加反対:第3項][加提案:第5項] 第1項の枠組みは、インターネットサービスプロバイダーが主に著作権又は著作隣接権侵害行為を可能とする目的でサービスを提供する場合にまでは適用されない。]

[加提案:第6項 本条が、加盟国の国内法における著作権又は著作隣接権に関する他の抗弁、制限及び例外の適用可能性の妨げとなることはない。本条が、裁判所又は行政当局が加盟国の法制度に沿って侵害を停止又は抑止することをインターネットサービスプロバイダーに求め得ることについて影響を与えない。]

[米/豪/シンガ/ニュージー/ペルー提案;ブルネイ/ベトナム/加/メキシコ反対:第1項 [シンガ/マレ反対(原注:交渉官注:ニュージーランドは本項の位置について条文の他の位置と比べて見ることを提案している。):侵害を防止する迅速な救済措置並びに刑事及び民事の救済措置を含め、本章がカバーする全ての著作権(原注:本項の目的において、「著作権」は著作隣接権を含む。交渉官注:注の場所は本項の冒頭の帰結による。)の侵害行為に対する有効な行動を可能とする執行手続きを規定する目的で]加盟国は、本条に定められた枠組みに沿って、以下のことを規定しなければならない:
(a)[マレ/ベトナム反対:著作物の不正な蓄積及び伝達を抑止することにおいて著作権者と協力するためのサービスプロバイダー向けの法的なインセンティブ;及び]

(b)サービスプロバイダーが管理も開始も指示もせず、サービスプロバイダー又はその代理により管理されるか又は実行されたシステム又はネットワークを通じて発生する著作権侵害について適用可能な、[マレ/ニュージー/シンガ提案:責任又は救済措置についての][ニュージー/マレ/ベトナム反対:救済措置の範囲に関する(原注:[ニュージー提案:疑義の排除のため、適用可能な救済措置の範囲に関する制限はインターネットサービスプロバイダーの責任の制限を通じて実施され得る。])]国内法上の制限は本(b)号で規定されている通りのものとする。(原注:本号が一般的に適用可能な著作権侵害への抗弁の適用可能性の妨げとなることはない。)[ペルー提案:(原注:明確化のため、本号の制限の要件におけるISPの欠格はそれ自体では責任に影響を及ぼさない。)]
(ⅰ)[マレ/ベトナム反対:これらの制限は金銭的救済命令を除外せず、以下の機能についてのある行動を強制又は制限する裁判所の救済命令に関する合理的な制限を規定しなければならない、][ニュージー反対:そして、これらの機能に限定されなければならない][(原注:[米/ペルー/シンガ/豪提案;チリ/ニュージー/ベトナム反対:本協定の発効後に加盟国が特定する類似の性質の機能を本項の元でどのように取り扱うかについて加盟国は他の加盟国との検討を求めることができる。])]
(A)その内容を改変せずに行われる[チリ提案:(原注:[チリ/マレ/シンガ/ニュージー/豪/ペルー/米提案:この改変は技術プロセスの一部をなす改変を含まない。])]マテリアルの伝達、ルーティング又は接続の提供若しくはその過程におけるそのようなマテリアルの[マレ反対:仲介及び]一時的蓄積;
(B)自動化されたプロセスを通じて実行されるキャッシング;
(C)サービスによって又はそのために管理されるか実行されたシステム又はネットワークにおける利用者の指示に基づくマテリアルの蓄積(原注:[チリ/マレ/シンガ/ニュージー/豪/米提案:明確化のため、このマテリアルの蓄積はプロバイダーのサーバーに蓄積される電子メール及び添付並びにプロバイダーのサーバーに存在するウェブページを含み得る。]);及び
(D)ハイパーリンク及びディレクトリー等の情報ロケーションツールを使った利用者へのオンラインのロケーションの参照又はリンク。

(ⅱ)この制限は、((ⅰ)(D)に書かれている機能自体からある形式の選択が必然的に生じる場合を除き)サービスプロバイダーがマテリアルの伝達を開始せず、そのマテリアル又は受信者を選択しない場合にのみ適用されなければならない。

(ⅲ) [チリ反対:(ⅳ)から(ⅶ)に規定される満たすべき要件に従い、](ⅰ)(A)から(D)の各機能に関する制限のためのインターネットサービスプロバイダーの満たすべき要件はそれぞれ他の機能に関する制限のための要件とは別に判断されなければならない。

(ⅳ)(ⅰ)(B)に記載されている機能に関して、その制限はサービスプロバイダーが以下を満たすことを条件とする:
[チリ/マレ反対:(A)[ニュージー提案:マテリアルの提供元から課された]そのマテリアルへの利用者アクセスの条件に合致するそのシステム又はネットワークの利用者のみにマテリアルのキャッシュの大部分へのアクセスを提供しており;]
(B)(原注:交渉官注:マレーシアはさらに本規定について考察する必要があるとしている。)そのマテリアルをオンラインで送信可能化した者の使ったシステム又はネットワークのため、加盟国の領土内で一般的に用いられている関連業界標準データ通信プロトコルに沿い、[チリ反対:そのマテリアルをオンラインで送信可能化した者][チリ提案:そのマテリアルの提供者]によって特定されたマテリアルのキャッシュのリフレッシュ、リロード又はその他の更新に関する規則に従っており;
(C)(原注:交渉官注:マレーシアはさらに本規定について考察する予定である。)加盟国の領土内で一般的に用いられている業界標準と一致する形でマテリアルの利用についての情報を手に入れるために元サイトで使われている技術(原注:[チリ/シンガ/ニュージー/豪/米/ペルー提案:加盟国はこの技術が合法的な形で使用されることを求めることができる。])に干渉せず、後の利用者への伝達においてその内容を改変せず;かつ
(D)有効な主張の侵害の通知の受け取りにより元サイトで削除されるかアクセスを不可能化されたマテリアルのキャッシュを[マレ反対:迅速に]削除するか、そのアクセスを不可能化すること。

(ⅴ)(ⅰ)(C)及び(D)に記載されている機能に関して、その制限はサービスプロバイダーが以下を満たすことを条件とする:
(A)そのような活動を管理する権利と能力を持っている状況で、その侵害活動に直接的に起因する金銭的利益を受け取っておらず;
(B)(ⅸ)に沿って有効な主張の侵害の通知などを通じて、侵害を実際に知るか、侵害が明らかな場合にその事実又は状況に気づいた際に[マレ反対:迅速に]そのシステム又はネットワークにおいてマテリアルを削除するか、そのアクセスを不可能化し;[ニュージー反対:かつ
(C)そのような通知を受ける代表窓口を一般的に告知すること]

[マレ/ニュージー反対:(ⅵ)本号の制限の制限のための適格性は、サービスプロバイダーが以下を満たすことを条件とする:
(A)繰り返しの侵害者のアカウントを適切な状況で停止することを定めるポリシーを採用し、合理的に実施し;かつ
(B)関係者(原注:加盟国は、この関係者が著作権者、サービスプロバイダー又は他の関係者を含むこと[チリ/シンガ/ニュージー/豪/米提案:及び関係当局の同意を受け得ること]を適用可能なこととして規定し得る。)の広い合意によるオープンかつ自主的な手続きを通じて開発され、合理的かつ非排他的条件で入手可能であり、サービスプロバイダーに実質的なコストを課すものではないかそのシステム又はネットワークへ実質的な負荷を課すものではない、著作物を保護、特定する、加盟国の領土内で広く用いられている標準的技術的手段(原注:加盟国はこの標準的技術的手段が合法的な形で使用され、この手段が関係当局の同意を受けることを求めることができる。)に適合し、それに干渉しないこと。]

(ⅶ)本号の制限のための適格性は、[そのような技術的手段と一致する場合を除き]そのサービスをインターネットサービスプロバイダーが監視すること又は積極的に侵害活動を示唆する事実を探すことを条件としないものであり得る。

[ニュージー反対:(ⅷ)サービスプロバイダーが(ⅰ)(A)に記載されている機能に関する制限の要件を満たす場合、ある行為を強制するか制限する裁判所の救済命令は特定のアカウントを停止するか、特定の国外のオンラインロケーションへのアクセスをブロックする合理的な段階を踏むことに限定される。[マレ反対:サービスプロバイダーが(ⅰ)の他の機能に関して制限の要件を満たす場合、ある行為を強制するか制限する裁判所の救済命令は侵害物を削除するか、そのアクセスを不可能化するか、特定のアカウントを停止することに限定され、裁判所が必要と判断した他の救済措置は、そのような他の救済措置がサービスプロバイダー[チリ提案:、利用者又は契約者]への負担が比較可能な有効な形式の救済措置の中で最も負担の少ないものである場合に限る。加盟国は、サービスプロバイダー[チリ提案:、利用者又は契約者]への関係する負担及び著作権者への害、技術的な実現可能性及び救済措置の有効性、並びに、より負担とならない、比較して有効な執行手段があるかどうかを考慮してそのような救済命令が出されることを規定しなければならない。証拠の保全を確保する命令又はサービスプロバイダーの通信ネットワークの運営に物質的に不利な影響を与えないときを例外として、加盟国は、サービスプロバイダーが本号に記載された裁判所の命令についての通知を受け取り、司法当局の前に出頭する機会を有している場合のにみそのような救済命令が適用可能であるようにしなければならない。]]

[ニュージー反対:(ⅸ)(ⅰ)[チリ提案:(B)](C)及び(D)に記載されている機能のためのノーティスアンドテイクダウン手続きの目的において、加盟国は、有効な主張の侵害の通知及び錯誤又は虚偽表示からマテリアルを削除又は不可能化した者によるカウンターの通知のための適切な手続きをその国内法又は規則において確立しなければならない。加盟国は、サービスプロバイダーがその虚偽の表示に依拠して関係者に害をなした場合の、通知又はカウンターの通知におけるマテリアルの故意の虚偽の表示者に対する金銭的救済措置も規定しなければならない。

[ニュージー反対:(ⅹ)主張の又は明白な侵害に基づき誠実にサービスプロバイダーがマテリアルを削除するかそのアクセスを不可能化したなら、加盟国は、サービスプロバイダーは後の申し立てについての責任を免除されることを規定しなければならない、ただし、マテリアルがそのシステム又はネットワークに存在している場合は、[チリ反対:そのマテリアルをそのシステム又はネットワークで送信可能化した者][チリ提案:そのマテリアルの提供者]にサービスプロバイダーがそうしたことを速やかに通知する合理的な段階を踏み、そのような者が有効なカウンターの通知を行い、侵害訴訟において司法管轄下にあり、元の有効な通知を行った者が合理的な期間内に司法救済をもとめない場合にマテリアルをオンライン上に戻した場合に限る。]

(ⅺ)加盟国は、それを所有しているサービスプロバイダーから侵害の疑いがある者を特定する情報を手に入れることを[ニュージー反対:有効な主張の侵害の通知を行った]権利者に可能とする行政又は司法手続きを確立しなければならない。

(ⅻ)(ⅰ)(A)に記載された機能の目的について、サービスプロバイダーは利用者の選択によるマテリアルの利用者によって特定される点の間でその内容を改変せずに伝達、ルーティング又はデジタルオンライン通信のための連結を行うプロバイダーを意味する、[ニュージー反対:そして、(ⅰ)(B)から(D)に記載された機能の目的について、サービスプロバイダーはオンラインサービス又はネットワークアクセスのための設備の提供者又は運営者を意味する(原注:[チリ/マレ/シンガ/ニュージー/豪/米/ペルー提案:(ⅻ)で用いられるように、加盟国は、ネットワークアクセスが他のプロバイダーによって提供される場合も含むことを規定し得る。])。]]

[米/豪/シンガ提案;チリ/マレ/ニュージー/ベトナム/ブルネイ/加/メキシコ/ペルー反対:第QQ.Ⅰ.1.3条(b)(ⅸ)の付録
(略:通知とカウンターの通知の様式について)

 上の翻訳を読んで頂ければ大体分かるのではないかと思うが、このISPの責任に関する条項は主として上半分にカナダ提案、下半分にアメリカ提案という並記の形になっており、反対も含まれ、全条文がそのまま敷き写しという訳ではないものの、基本的に米加それぞれの国内法にかなり沿った規定となっている。

 ここで、特にストライクポリシーやサイトブロッキングとの関係で言えば、確かにアメリカ提案の第1項(b)(ⅵ)でその責任制限のために、プロバイダーが「繰り返しの侵害者のアカウントを適切な状況で停止することを定めるポリシーを採用し、合理的に実施」することが必要とされている点や、同(ⅷ)で裁判所の命令でという限定つきながら「特定のアカウントを停止するか、特定の国外のオンラインロケーションへのアクセスをブロックする合理的な段階を踏む」とされている点が要注意なのは間違いないだろう。アメリカの国内法のことも考えると、この条文をもってただちにネット切断型のストライクポリシーやサイトブロッキングがプロバイダーに強制されるとは読めないのだが、実際このような条文の解釈は曖昧であり、国によってはこのような条文を盾にストライクポリシーやサイトブロッキングを必須とするような法改正をごり押しするポリシーロンダリングが行われることも十分に考えられるのである。

 そして、文書の注釈から、日本は8月30日時点でこの部分についての態度を保留していたと分かるが、どのようなポジションを取っているのか今も不明のままである。現行のプロバイダー責任制限法の規定を新規条文の形で入れ込むことが日本としては最も望ましいだろうが、並記の形ながらここまで議論が進められている中でそのような自由度が後発組の日本に与えられているとはちょっと想定しがたい。

 日本の現行のプロバイダー責任制限法から考えると、アメリカ型のノーティスアンドテイクダウン制度の導入を求めるアメリカ提案よりカナダ提案の方がまだ近いが、カナダ提案でも細かな要件の規定ぶりが日本とはかなり違っている。また、さらに他の国の提案に相乗りすることも考えられるが、やはりアメリカは何かしらの圧力を日本政府に加えて来ているに違いなく、この部分についても果たしてどのようなことが日本政府内あるいは交渉会合の場で検討されているのか甚だ不安であり、プロバイダー責任制限法についてもTPP交渉の進展具合に従って無意味に法改正圧力が強まるのではないだろうか。

 このようなインターネットにおける責任と法執行に関する部分は海賊版対策条約(ACTA)でも最後まで揉めたところであり(アメリカ国内の話で言えばオンライン海賊行為停止法(SOPA)も一騒動の末に廃案とされた)、ポリシーロンダリングの危険性も考えると全て削除するに越したことはないと個人的には思うが、全て秘密の国際交渉では何がどうなるか分からず、このISPの責任に関する部分についても私は強い懸念を抱いている。

 次回は、引き続きDRM回避規制に関する部分を取り上げたいと思っている。

(2013年11月19日夜の追記:翻訳文を少し整えた。)

|

« 第299回:TPP協定知財章リーク文書(著作権保護期間延長、法定賠償、非親告罪化関連部分) | トップページ | 目次10 »

TPP・ACTA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/53980713

この記事へのトラックバック一覧です: 第300回:TPP協定知財章リーク文書(インターネットサービスプロバイダーの責任関連部分):

« 第299回:TPP協定知財章リーク文書(著作権保護期間延長、法定賠償、非親告罪化関連部分) | トップページ | 目次10 »