« 第264回:「知的財産推進計画2012」の策定に向けた意見募集(2月6日〆切)への提出パブコメ | トップページ | 第266回:写り込みに関する権利制限やDRM回避規制の強化を含む著作権法改正案 »

2012年2月27日 (月)

第265回:インターネット上のホスティングサービスプロバイダーに対して著作権フィルタリングを強制することはできないとする2012年2月16日の欧州司法裁判所の判決

 欧州司法裁判所で、インターネット上のホスティングサービスプロバイダーに対して著作権フィルタリングを強制することはできないとする判決(ケースC-360/10)が、この2月16日に出されている。(欧州司法裁判所のリリース(pdf)も参照。)

 第259回で翻訳紹介した判決と内容的にはほぼ同じものではあるのだが、欧州で立て続けにこのような判決が出されているということは非常に重要なこと思うので、同様にここで翻訳紹介しておきたいと思う。

 この事件は、ベルギーの音楽著作権団体SABAM対SNSプラットフォーム提供会社のNetlogの間で、ネットサービスにおける著作権侵害の一般的な監視・フィルタリングの強制の是非が争われたベルギーでの著作権侵害訴訟において、ブリュッセル地方裁判所が以下のような質問を欧州司法裁判所に付託したものである。

`Do Directives 2001/29 and 2004/48, in conjunction with Directives 95/46, 2000/31 and 2002/58, construed in particular in the light of Articles 8 and 10 of the European Convention on the Protection of Human Rights and Fundamental Freedoms [signed in Rome on 4 November 1950], permit Member States to authorise a national court, before which substantive proceedings have been brought and on the basis merely of a statutory provision stating that "[the national courts] may also issue an injunction against intermediaries whose services are used by a third party to infringe a copyright or related right", to order a hosting service provider to introduce, for all its customers, in abstracto and as a preventive measure, at its own cost and for an unlimited period, a system for filtering most of the information which is stored on its servers in order to identify on its servers electronic files containing musical, cinematographic or audio-visual work in respect of which SABAM claims to hold rights, and subsequently to block the exchange of such files?'

「欧州指令2001/29及び2004/48(訳注:著作権指令及び知的財産権の執行に関する指令)は、欧州指令95/462000/31及び2002/58(訳注:情報社会サービスに関する指令及び個人情報保護に関する指令)とともに、(1950年11月4日にローマで署名された)欧州人権条約の第8条及び第10条に照らしてこれらを解釈すれば、実質的な訴訟が提起された各国裁判所が、単に『(各国裁判所が)著作権又は著作隣接権を侵害するために第三者にそのサービスが使われる仲介者に対して差し止めを命じることができる』と規定する法令に基づいて、ホスティングサービスプロバイダーに、その全顧客に対し、全般的に、予防手段として、自身のコストで無期限に、SABAMがその権利を保有していると主張する、音楽、映画又は映像の著作物を含む電子ファイルをそのサーバーにおいて特定し、後にそのようなファイルの交換をブロックするために、そのサーバーに蓄積される情報のほとんどをフィルタリングするシステムを導入することを命じることを各加盟国に許しているか?」

 この質問に対して判決で欧州司法裁判所が示した判断は以下のようなものである。

26 By its question, the referring court asks, in essence, whether Directives 2000/31, 2001/29, 2004/48, 95/46 and 2002/58, read together and construed in the light of the requirements stemming from the protection of the applicable fundamental rights, are to be interpreted as precluding a national court from issuing an injunction against a hosting service provider which requires it to install a system for filtering:

-- information which is stored on its servers by its service users;
-- which applies indiscriminately to all of those users;
-- as a preventative measure;
-- exclusively at its expense; and
-- for an unlimited period,

which is capable of identifying electronic files containing musical, cinematographic or audio-visual work in respect of which the applicant for the injunction claims to hold intellectual property rights, with a view to preventing those works from being made available to the public in breach of copyright (`the contested filtering system').

27 In that regard, first, it is not in dispute that the owner of an online social networking platform - such as Netlog - stores information provided by the users of that platform, relating to their profile, on its servers, and that it is thus a hosting service provider within the meaning of Article 14 of Directive 2000/31.

28 Next, it should be borne in mind that, according to Article 8(3) of Directive 2001/29 and the third sentence of Article 11 of Directive 2004/48, holders of intellectual property rights may apply for an injunction against operators of online social networking platforms, such as Netlog, who act as intermediaries within the meaning of those provisions, given that their services may be exploited by users of those platforms to infringe intellectual property rights.

29 In addition, it follows from the Court's case-law that the jurisdiction conferred on national courts, in accordance with those provisions, must allow them to order those intermediaries to take measures aimed not only at bringing to an end infringements already committed against intellectual-property rights using their information-society services, but also at preventing further infringements (see Case C-70/10 Scarlet Extended [2011] ECR I-0000, paragraph 31).

30 Lastly, it follows from that same case-law that the rules for the operation of the injunctions for which the Member States must provide under Article 8(3) of Directive 2001/29 and the third sentence of Article 11 of Directive 2004/48, such as those relating to the conditions to be met and to the procedure to be followed, are a matter for national law (see Scarlet Extended, paragraph 32).

31 Nevertheless, the rules established by the Member States, and likewise their application by the national courts, must observe the limitations arising from Directives 2001/29 and 2004/48 and from the sources of law to which those directives refer (see Scarlet Extended, paragraph 33).

32 Thus, in accordance with recital 16 in the preamble to Directive 2001/29 and Article 2(3)(a) of Directive 2004/48, those rules may not affect the provisions of Directive 2000/31 and, more specifically, Articles 12 to 15 thereof (see Scarlet Extended, paragraph 34).

33 Consequently, those rules must, in particular, respect Article 15(1) of Directive 2000/31, which prohibits national authorities from adopting measures which would require a hosting service provider to carry out general monitoring of the information that it stores (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 35).

34 In that regard, the Court has already ruled that that prohibition applies in particular to national measures which would require an intermediary provider, such as a hosting service provider, to actively monitor all the data of each of its customers in order to prevent any future infringement of intellectual-property rights. Furthermore, such a general monitoring obligation would be incompatible with Article 3 of Directive 2004/48, which states that the measures referred to by the directive must be fair and proportionate and must not be excessively costly (see Scarlet Extended, paragraph 36).

35 In those circumstances, it is necessary to examine whether the injunction at issue in the main proceedings, which would require the hosting service provider to introduce the contested filtering system, would oblige it, as part of that system, to actively monitor all the data of each of its service users in order to prevent any future infringement of intellectual-property rights.

36 In that regard, it is common ground that implementation of that filtering system would require:

-- first, that the hosting service provider identify, within all of the files stored on its servers by all its service users, the files which are likely to contain works in respect of which holders of intellectual-property rights claim to hold rights;
-- next, that it determine which of those files are being stored and made available to the public unlawfully; and
-- lastly, that it prevent files that it considers to be unlawful from being made available.

37 Preventive monitoring of this kind would thus require active observation of files stored by users with the hosting service provider and would involve almost all of the information thus stored and all of the service users of that provider (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 39).

38 In the light of the foregoing, it must be held that the injunction imposed on the hosting service provider requiring it to install the contested filtering system would oblige it to actively monitor almost all the data relating to all of its service users in order to prevent any future infringement of intellectual-property rights. It follows that that injunction would require the hosting service provider to carry out general monitoring, something which is prohibited by Article 15(1) of Directive 2000/31 (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 40).

39 In order to assess whether that injunction is consistent with EU law, account must also be taken of the requirements that stem from the protection of the applicable fundamental rights, such as those mentioned by the referring court.

40 In that regard, it should be borne in mind that the injunction at issue in the main proceedings pursues the aim of ensuring the protection of copyright, which is an intellectual-property right, which may be infringed by the nature and content of certain information stored and made available to the public by means of the service offered by the hosting service provider.

41 The protection of the right to intellectual property is indeed enshrined in Article 17(2) of the Charter of Fundamental Rights of the European Union (`the Charter'). There is, however, nothing whatsoever in the wording of that provision or in the Court's case-law to suggest that that right is inviolable and must for that reason be absolutely protected (Scarlet Extended, paragraph 43).

42 As paragraphs 62 to 68 of the judgment in Case C-275/06 Promusicae [2008] ECR I-271 make clear, the protection of the fundamental right to property, which includes the rights linked to intellectual property, must be balanced against the protection of other fundamental rights.

43 More specifically, it follows from paragraph 68 of that judgment that, in the context of measures adopted to protect copyright holders, national authorities and courts must strike a fair balance between the protection of copyright and the protection of the fundamental rights of individuals who are affected by such measures.

44 Accordingly, in circumstances such as those in the main proceedings, national authorities and courts must, in particular, strike a fair balance between the protection of the intellectual property right enjoyed by copyright holders and that of the freedom to conduct a business enjoyed by operators such as hosting service providers pursuant to Article 16 of the Charter (see Scarlet Extended, paragraph 46).

45 In the main proceedings, the injunction requiring the installation of the contested filtering system involves monitoring all or most of the information stored by the hosting service provider concerned, in the interests of those rightholders. Moreover, that monitoring has no limitation in time, is directed at all future infringements and is intended to protect not only existing works, but also works that have not yet been created at the time when the system is introduced.

46 Accordingly, such an injunction would result in a serious infringement of the freedom of the hosting service provider to conduct its business since it would require that hosting service provider to install a complicated, costly, permanent computer system at its own expense, which would also be contrary to the conditions laid down in Article 3(1) of Directive 2004/48, which requires that measures to ensure the respect of intellectual-property rights should not be unnecessarily complicated or costly (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 48).

47 In those circumstances, it must be held that the injunction to install the contested filtering system is to be regarded as not respecting the requirement that a fair balance be struck between, on the one hand, the protection of the intellectual-property right enjoyed by copyright holders, and, on the other hand, that of the freedom to conduct business enjoyed by operators such as hosting service providers (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 49).

48 Moreover, the effects of that injunction would not be limited to the hosting service provider, as the contested filtering system may also infringe the fundamental rights of that hosting service provider's service users, namely their right to protection of their personal data and their freedom to receive or impart information, which are rights safeguarded by Articles 8 and 11 of the Charter respectively.

49 Indeed, the injunction requiring installation of the contested filtering system would involve the identification, systematic analysis and processing of information connected with the profiles created on the social network by its users. The information connected with those profiles is protected personal data because, in principle, it allows those users to be identified (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 51).

50 Moreover, that injunction could potentially undermine freedom of information, since that system might not distinguish adequately between unlawful content and lawful content, with the result that its introduction could lead to the blocking of lawful communications. Indeed, it is not contested that the reply to the question whether a transmission is lawful also depends on the application of statutory exceptions to copyright which vary from one Member State to another. In addition, in some Member States certain works fall within the public domain or may be posted online free of charge by the authors concerned (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 52).

51 Consequently, it must be held that, in adopting the injunction requiring the hosting service provider to install the contested filtering system, the national court concerned would not be respecting the requirement that a fair balance be struck between the right to intellectual property, on the one hand, and the freedom to conduct business, the right to protection of personal data and the freedom to receive or impart information, on the other (see, by analogy, Scarlet Extended, paragraph 53).

52 In the light of the foregoing, the answer to the question referred is that Directives 2000/31, 2001/29 and 2004/48, read together and construed in the light of the requirements stemming from the protection of the applicable fundamental rights, must be interpreted as precluding an injunction made against a hosting service provider which requires it to install the contested filtering system.

26 このような質問により、付託裁判所は、本質的に、欧州指令2000/31、2001/29、2004/48、95/96及び2002/58が、ともに読まれ、存在する基本的な権利の保護から来る要請に照らして解釈された場合に、各国裁判所が、次のようなフィルタリングシステムの導入を求める差し止め命令をホスティングサービスプロバイダーに出すことを排除していると解釈されるかどうかを聞いている:

-そのサービス利用者によってそのサーバーに蓄積される情報をフィルタリングし;
-無差別に全てのユーザーに適用され;
-予防手段として;
-そのコストのみにより;そして
-無期限に実行されるものであって、

差し止めを求める者が知的財産権を保有すると主張する、音楽、映画又は映像の著作物を含む電子ファイルを、これらの著作物が著作権を侵害する形で公衆送信されることを防止するために、そのサーバーにおいて特定するシステム(以下、「問題のフィルタリングシステム」という)。

27 この点で、まず、-Netlogのような-オンラインソーシャルネットワークプラットフォームが、ユーザーによって提供される、ユーザーのプロファイルに関する情報をそのサーバーに蓄積していること、そして、このプロバイダーが欧州指令2000/31の第14条の意味において、正しくホスティングサービスプロバイダーであることに争いはない。

28 次に、欧州指令2001/29の第8条第3項及び欧州指令2004/48の第11条第3文により、そのサービスがそのプラットフォームユーザーによって知的財産権の侵害に使われている場合に、知的財産権の保有者は、Netlogのようなオンラインソーシャルネットワークプラットフォームの管理者に対する差し止めを求めることができるとされていることも留意されるべきである。

29 また、当裁判所の判例から、これらの規定により、各国裁判所に与えられている権限として、情報社会サービスを用いて既に行われた知的財産権侵害を止めるだけではなく、さらなる侵害を防止することも目的とした手段をその仲介者に命じることが確かにできるとされている(判決C-70/10(Scarlet Extended)の第31段落参照)。

30 最後に、同判例から、欧州指令2001/29の第8条第3項及び欧州指令2004/48の第11条第3文の下に加盟国が規定することとされている差し止め手続きに関する規則、例えば要件やその手続きの仕方に関する規則など、は各国の国内法マターであるとされている(同Scarlet Extended判決第32段落参照)。

31 しかし、加盟国によって確立される規則と、同様にその各国裁判所による適用は、欧州指令2001/29及び2004/48並びにこれらの指令が参照する法源から来る制約を守らなければならない(同Scarlet Extended判決第33段落参照)。

32 そして、欧州指令2001/29の前文第16及び欧州指令2004/48の第2条第3項(a)に従い、これらの規則は、欧州指令2000/31の規定、さらに特定すれば、その第12条から第15条に影響を与えることはない(同Scarlet Extended判決第34段落参照)。

33 つまり、これらの規則は、特に、ホスティングサービスプロバイダーにその蓄積する情報の一般的な監視の実施を求める措置を採用することを各国当局に禁止している、欧州指令2000/31の第15条第1項を遵守しなければならないのである(同旨として、同Scarlet Extended判決第35段落参照)。

34 この点で、当裁判所は、特に、この禁止が、将来の知的財産権の侵害を防止するためにその全顧客の全データを積極的に監視することをホスティングサービスプロバイダーのような仲介プロバイダーに求める国内措置に適用されることを既に判示している。さらに、このような一般的な監視義務は、参照されている措置は公平でバランスの取れたものでなければならず、過度な負担となるものであってはならないと規定する、欧州指令2004/48の第3条と合致しない(同Scarlet Extended判決第36段落参照)。

35 この状況において、問題のフィルタリングシステムの導入をホスティングサービスプロバイダーに求める、本手続きにおける問題の差し止め命令が、このシステムの一部として、将来の知的財産権の侵害を防止するためにその全サービス利用者の全データを積極的に監視することを強制するものであるのかどうかを検討することが必要である。

36 この点で、このフィルタリングシステムの導入が以下のことを求めているのは共通の見方である:

-まず、ホスティングサービスプロバイダーが、その全サービス利用者によってそのサーバーに蓄積される全ファイルから、知的財産権の保有者が権利を保有すると主張する著作物を含んでいると思われるファイルを特定すること;
-次に、これらの蓄積されているファイルのいずれが違法に公衆送信可能とされているのかを決定し;そして
-最後に、違法であると考えられるファイルの公衆送信を防止すること。

37 この種の予防のための監視は、ホスティングサービスプロバイダーにおいてユーザーによって蓄積されるファイルの積極的な監視を求めるものであり、このように蓄積されるほぼ全情報とこのプロバイダーの全サービス利用者に絡むものである(同旨として、同Scarlet Extended判決の第39段落参照)。

38 以上のことに照らして、問題のフィルタリングシステムの導入を求める、このホスティングサービスプロバイダーに課される差し止め命令は、将来の知的財産権の侵害を防止するためにその全サービス利用者のほぼ全データを積極的に監視することをこれに強要するものであると言わざるを得ない。つまり、この差し止め命令は、欧州指令2000/31の第15条第1項によって禁止されているものである、一般的な監視をホスティングサービスプロバイダーに求めるものである(同旨として、同Scarlet Extended判決第40段落参照)。

39 この差し止め命令がEU法と合致しているかどうかを評価するためには、付託裁判所の言及するような、既存の基本的な権利の保護から来る要請を考慮に入れなければならない。

40 この点で、本手続きにおいて問題となっている差し止め命令は、ホスティングサービスプロバイダーの提供するサービスによって蓄積され、公衆送信可能とされる情報に含まれ、性質的に侵害され得る、知的財産権である著作権の保護を確保する目的を追求するものであることに留意するべきである。

41 知的財産権の保護は、欧州連合基本権憲章(以下、「憲章」という)の第17条第2項で確かに保障されているものである。しかしながら、この規定の記載又は当裁判所の判例のいずれも、この権利が不可侵であり、完全に保護されなければならないものであることを全く示唆していない(同Scarlet Extended判決第43段落参照)。

42 判決C-275/06(Promusicae)の第62段落から第68段落で明確にされているように、知的財産権に結びついた権利も含む、財産権という基本的な権利の保護は、他の基本的な権利の保護の間でバランスを取られなければならない。

43 さらに特定すれば、同判決の第68段落から、著作権者を保護するために採用される措置の内容において、各国当局及び裁判所は、著作権の保護と、このような措置によって影響を受ける各人の基本的な権利の保護の間で公正なバランスを取らなければならないということが言える。

44 したがって、本手続きのような状況において、各国当局及び裁判所は、特に、著作権者が享受する知的財産権の保護と、憲章の第16条によるホスティングサービスプロバイダーのような事業者が享受する営業の自由との間で、公正なバランスを取らなければならないのである(同Scarlet Extended判決第46段落参照)。

45 本手続きにおける、問題のフィルタリングシステムの導入を求めるこの差し止め命令は、権利者のための、関係するホスティングサービスプロバイダーによって蓄積される全て又はほとんど全てのデータの監視を含むものである。さらに、この監視に期限はなく、将来の全ての侵害に向けられ、既存の著作物だけでなく、このシステムが導入される時点でまだ作成されていない著作物も保護することを目的としている。

46 したがって、このような差し止め命令は、ホスティングサービスプロバイダーに、複雑で、コストがかかり、永続的なシステムをその自らのコストで導入することを求めるものであるから、ホスティングサービスプロバイダーの営業の自由の深刻な侵害となるものであり、また、これは、知的財産権の保護を確保する措置は不必要に複雑であったりコストのかかるものであったりしてはならないと定める、欧州指令2004/48の第3条第1項の要件にも反するものでもある(同旨として、同Scarlet Extended判決第48段落参照)。

47 このような状況において、問題のフィルタリングシステムを導入させる差し止め命令は、一方で、著作権者が享受する知的財産権の保護と、他方で、ホスティングサービスプロバイダーの享受する事業者の営業の自由との間で取られるべき公正なバランスの要件を遵守していないものとみなさざるを得ない(同旨として、同Scarlet Extended判決第49段落参照)。

48 さらに、この差し止め命令の影響はホスティングサービスプロバイダーに留まらず、問題のフィルタリングシステムはまた、ホスティングサービスプロバイダーのサービス利用者の基本的な権利、特に、それぞれ憲章の第8条及び第11条で保障されている、その個人情報の保護及び情報を受け伝える自由の権利を侵害するものたり得る。

49 実際、問題のフィルタリングシステムの導入を求める差し止め命令は、そのユーザーによってソーシャルネットワーク上に作成されるプロファイルと結びついた情報の特定、システマティックな分析及び処理を含んでいる。このプロファイルに結びついた情報は、基本的にユーザーの特定を可能とするものであるから、保護を受ける個人情報である(同旨として、同Scarlet Extended判決第51段落参照)。

50 さらに、このシステムが違法なコンテンツと適法なコンテンツを区別できないものであり、その導入が結果として適法なコンテンツのブロッキングにつながる以上、このシステムは潜在的に情報の自由の根幹を揺るがし得る。実際、送信が適法か否かという質問に対する答えが各国毎に異なる著作権の法的制限の適用によっても変わってくるということに議論の余地はない。また、ある著作物がある加盟国でパブリックドメインとなっていたり、またある加盟国で無料で関係する作者によりオンラインに掲載され得たりすることもあるであろう(同旨として、同Scarlet Extended判決第52段落参照)。

51 結論として、問題のフィルタリングシステムを導入することをホスティングサービスプロバイダーに求める差し止め命令を採るにあたり、ベルギー裁判所は、一方における知的財産権の保護と、他方における営業の自由、個人データの保護に関する権利及び情報を受け伝える自由の間で、取られるべき公正なバランスの要件を守っていないと言わざるを得ない(同旨として、同Scarlet Extended判決第53段落参照)。

52 以上のことに照らして、付託された質問に対する回答は、欧州指令2000/31、2001/29、2004/48は、合わせて読み、適用される基本的権利の保護から来る要件にも照らして解釈すると、ホスティングサービスプロバイダーに問題のフィルタリングシステムの導入を強制する差し止め命令を排除しているとなる。

 第259回で書いたことをここでも逐一繰り返す必要はないと思うが、このように、著作権フィルタリング・ブロッキングを原則として禁止する判決を欧州司法裁判所が立て続けに出していることは重要だろう。このような判決により、欧州では、どのレベルであれ、一般的な著作権フィルタリングやブロッキングの法的な強制は非常に難しくなっているに違いない。

 知的財産権もまた絶対ではなく、他の基本的な権利との間でバランスを取らなければならないのは当然のことだろうし、そこで問題になるのは、情報アクセス権を含む情報・表現の自由や、個人情報保護・プライバシー、営業の自由といった権利であるのは間違いなく、そして、このようなバランスをきちんと考えれば、一般的な著作権フィルタリングやブロッキングの強制は技術的検閲として法的に排除されるべきものということが分かるはずなのである。

 どこの国でも著作権団体やエセ人権団体がそれぞれ著作権侵害や児童ポルノを理由に検閲の導入を延々求めて来ている状況に変わりはないが、情報に関する自由もまた基本的人権として守られるべきものなのであり、このような認識がより広まることによって、一般的なフィルタリングやブロッキングの強制が非人道的なものとして永遠に排除されることを私は常に願っている。

 最近はツイッターの方でいろいろと記事を書き留めているが、最後に、ここでも注目すべき話を少し書いておくと、欧州では、海賊版対策条約(ACTA)に対する反対運動が激化し、このような反対も受ける形で、EUはACTAの批准手続きを中断し、条約を欧州司法裁判所の審査に回すことを決定している(washingtonpost.comの記事、「P2Pとかその辺のお話」のブログ記事参照)。

 またアメリカで、政府が消費者プライバシー権利章典の草案を公開し、法制化の検討を進めようとしていることも注目に値するだろう(internet watchの記事参照)。

 国内に目を転じるとほとんど前向きな話がないのが残念だが、次回も国内外の知的財産政策動向に関する話を書くつもりでいる。(なお、最近、不正アクセス防止法が閣議決定され、国会に提出されているので(警察庁のHP参照)、この話にするかも知れない。)

|

« 第264回:「知的財産推進計画2012」の策定に向けた意見募集(2月6日〆切)への提出パブコメ | トップページ | 第266回:写り込みに関する権利制限やDRM回避規制の強化を含む著作権法改正案 »

著作権国際動向(EU)」カテゴリの記事

コメント

著作権法改正案が提出され、また自公が修正案を検討とのことですが、馳浩議員の日記から。
http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/index.html

3月13日、文化庁河村次長と議員立法のDL罰則化法案を修正含みで意見交換したとのこと。

3月16日、理事会にてDL罰則を付与する自公の著作権法修正案を準備している旨を報告したとのこと。

投稿: reon | 2012年3月17日 (土) 19時43分

reon様

情報、コメントありがとうございます。

私も今回の内閣提出の著作権法改正案と自公の求めるダウンロード犯罪化との関係は要注意だと思っています。

今後も是非reon様も関係者と国会審議の動向にご注意頂ければ、可能であれば様子を見て直接国会議員に意見を伝えるよう努めて頂ければ幸いです。

投稿: 兎園 | 2012年3月18日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/44276383

この記事へのトラックバック一覧です: 第265回:インターネット上のホスティングサービスプロバイダーに対して著作権フィルタリングを強制することはできないとする2012年2月16日の欧州司法裁判所の判決:

« 第264回:「知的財産推進計画2012」の策定に向けた意見募集(2月6日〆切)への提出パブコメ | トップページ | 第266回:写り込みに関する権利制限やDRM回避規制の強化を含む著作権法改正案 »