« 第258回:総務省・利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備に関する提言」 | トップページ | 第260回:ダウンロードは著作権法上合法のままであるべきとするスイス政府の報告書 »

2011年11月27日 (日)

第259回:インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に対して著作権フィルタリングを強制することはできないとする欧州司法裁判所の判決

 アメリカにおけるオンライン海賊対策法(Stop Online Piracy Act:SOPA)の動向も気になるが、そちらは、「P2Pとかその辺のお話」を読んで頂くとして、ここでは、Techcrunchの記事にもなっているように、欧州司法裁判所が、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に対する著作権フィルタリングの強制を否定する判決を出したので、この判決の翻訳紹介をしておきたいと思う。

 欧州司法裁判所のリリース(pdf)に書かれている通り、このケース(C-70/10)は、ベルギーの音楽著作権団体であるSABAMがベルギーのISPであるScarlet Extended SAを訴え、第一審ではScarletに対するフィルタリング導入命令が出されたが、ScarletがEU法上の問題を持ち出して控訴し、控訴審が欧州司法裁判所に質問を付託していたというものである。

 まず、判決の主要部分を以下に訳出する。(いつも通り、翻訳は拙訳。)

Consideration of the questions referred

29 By its questions, the referring court asks, in essence, whether Directives 2000/31, 2001/29, 2004/48, 95/46 and 2002/58, read together and construed in the light of the requirements stemming from the protection of the applicable fundamental rights, must be interpreted as precluding an injunction imposed on an ISP to introduce a system for filtering
-- all electronic communications passing via its services, in particular those involving the use of peer-to-peer software;
-- which applies indiscriminately to all its customers;
-- as a preventive measure;
-- exclusively at its expense; and
-- for an unlimited period,
which is capable of identifying on that provider's network the movement of electronic files containing a musical, cinematographic or audio-visual work in respect of which the applicant claims to hold intellectual property rights, with a view to blocking the transfer of files the sharing of which infringes copyright (`the contested filtering system').

30 In that regard, it should first be recalled that, under Article 8(3) of Directive 2001/29 and the third sentence of Article 11 of Directive 2004/48, holders of intellectual property rights may apply for an injunction against intermediaries, such as ISPs, whose services are being used by a third party to infringe their rights.

31 Next, it follows from the Court's case-law that the jurisdiction conferred on national courts, in accordance with those provisions, must allow them to order those intermediaries to take measures aimed not only at bringing to an end infringements already committed against intellectual-property rights using their information-society services, but also at preventing further infringements (see, to that effect, Case C-324/09 L'Oreal and Others [2011] ECR I-0000, paragraph 131).

32 Lastly, it follows from that same case-law that the rules for the operation of the injunctions for which the Member States must provide under Article 8(3) of Directive 2001/29 and the third sentence of Article 11 of Directive 2004/48, such as those relating to the conditions to be met and to the procedure to be followed, are a matter for national law (see, mutatis mutandis, L'Oreal and Others, paragraph 135).

33 That being so, those national rules, and likewise their application by the national courts, must observe the limitations arising from Directives 2001/29 and 2004/48 and from the sources of law to which those directives refer (see, to that effect, L'Oreal and Others, paragraph 138).

34 Thus, in accordance with recital 16 in the preamble to Directive 2001/29 and Article 2(3)(a) of Directive 2004/48, those rules laid down by the Member States may not affect the provisions of Directive 2000/31 and, more specifically, Articles 12 to 15 thereof.

35 Consequently, those rules must, in particular, respect Article 15(1) of Directive 2000/31, which prohibits national authorities from adopting measures which would require an ISP to carry out general monitoring of the information that it transmits on its network.

36 In that regard, the Court has already ruled that that prohibition applies in particular to national measures which would require an intermediary provider, such as an ISP, to actively monitor all the data of each of its customers in order to prevent any future infringement of intellectual-property rights. Furthermore, such a general monitoring obligation would be incompatible with Article 3 of Directive 2004/48, which states that the measures referred to by the directive must be fair and proportionate and must not be excessively costly (see L'Oreal and Others, paragraph 139).

37 In those circumstances, it is necessary to examine whether the injunction at issue in the main proceedings, which would require the ISP to install the contested filtering system, would oblige it, as part of that system, to actively monitor all the data of each of its customers in order to prevent any future infringement of intellectual-property rights.

38 In that regard, it is common ground that implementation of that filtering system would require
-- first, that the ISP identify, within all of the electronic communications of all its customers, the files relating to peer-to-peer traffic;
-- secondly, that it identify, within that traffic, the files containing works in respect of which holders of intellectual-property rights claim to hold rights;
-- thirdly, that it determine which of those files are being shared unlawfully; and
-- fourthly, that it block file sharing that it considers to be unlawful.

39 Preventive monitoring of this kind would thus require active observation of all electronic communications conducted on the network of the ISP concerned and, consequently, would encompass all information to be transmitted and all customers using that network.

40 In the light of the foregoing, it must be held that the injunction imposed on the ISP concerned requiring it to install the contested filtering system would oblige it to actively monitor all the data relating to each of its customers in order to prevent any future infringement of intellectual-property rights. It follows that that injunction would require the ISP to carry out general monitoring, something which is prohibited by Article 15(1) of Directive 2000/31.

41 In order to assess whether that injunction is consistent with European Union law, account must also be taken of the requirements that stem from the protection of the applicable fundamental rights, such as those mentioned by the referring court.

42 In that regard, it should be recalled that the injunction at issue in the main proceedings pursues the aim of ensuring the protection of copyright, which is an intellectual-property right, which may be infringed by the nature and content of certain electronic communications conducted through the network of the ISP concerned.

43 The protection of the right to intellectual property is indeed enshrined in Article 17(2) of the Charter of Fundamental Rights of the European Union (‘the Charter'). There is, however, nothing whatsoever in the wording of that provision or in the Court's case-law to suggest that that right is inviolable and must for that reason be absolutely protected.

44 As paragraphs 62 to 68 of the judgment in Case C-275/06 Promusicae [2008] ECR I-271 make clear, the protection of the fundamental right to property, which includes the rights linked to intellectual property, must be balanced against the protection of other fundamental rights.

45 More specifically, it follows from paragraph 68 of that judgment that, in the context of measures adopted to protect copyright holders, national authorities and courts must strike a fair balance between the protection of copyright and the protection of the fundamental rights of individuals who are affected by such measures.

46 Accordingly, in circumstances such as those in the main proceedings, national authorities and courts must, in particular, strike a fair balance between the protection of the intellectual property right enjoyed by copyright holders and that of the freedom to conduct a business enjoyed by operators such as ISPs pursuant to Article 16 of the Charter.

47 In the present case, the injunction requiring the installation of the contested filtering system involves monitoring all the electronic communications made through the network of the ISP concerned in the interests of those rightholders. Moreover, that monitoring has no limitation in time, is directed at all future infringements and is intended to protect not only existing works, but also future works that have not yet been created at the time when the system is introduced.

48 Accordingly, such an injunction would result in a serious infringement of the freedom of the ISP concerned to conduct its business since it would require that ISP to install a complicated, costly, permanent computer system at its own expense, which would also be contrary to the conditions laid down in Article 3(1) of Directive 2004/48, which requires that measures to ensure the respect of intellectual-property rights should not be unnecessarily complicated or costly.

49 In those circumstances, it must be held that the injunction to install the contested filtering system is to be regarded as not respecting the requirement that a fair balance be struck between, on the one hand, the protection of the intellectual-property right enjoyed by copyright holders, and, on the other hand, that of the freedom to conduct business enjoyed by operators such as ISPs.

50 Moreover, the effects of that injunction would not be limited to the ISP concerned, as the contested filtering system may also infringe the fundamental rights of that ISP's customers, namely their right to protection of their personal data and their freedom to receive or impart information, which are rights safeguarded by Articles 8 and 11 of the Charter respectively.

51 It is common ground, first, that the injunction requiring installation of the contested filtering system would involve a systematic analysis of all content and the collection and identification of users' IP addresses from which unlawful content on the network is sent. Those addresses are protected personal data because they allow those users to be precisely identified.

52 Secondly, that injunction could potentially undermine freedom of information since that system might not distinguish adequately between unlawful content and lawful content, with the result that its introduction could lead to the blocking of lawful communications. Indeed, it is not contested that the reply to the question whether a transmission is lawful also depends on the application of statutory exceptions to copyright which vary from one Member State to another. Moreover, in some Member States certain works fall within the public domain or can be posted online free of charge by the authors concerned.

53 Consequently, it must be held that, in adopting the injunction requiring the ISP to install the contested filtering system, the national court concerned would not be respecting the requirement that a fair balance be struck between the right to intellectual property, on the one hand, and the freedom to conduct business, the right to protection of personal data and the freedom to receive or impart information, on the other.

54 In the light of the foregoing, the answer to the questions submitted is that Directives 2000/31, 2001/29, 2004/48, 95/46 and 2002/58, read together and construed in the light of the requirements stemming from the protection of the applicable fundamental rights, must be interpreted as precluding an injunction made against an ISP which requires it to install the contested filtering system.

付託された質問についての判断

29 その付託した質問により、ベルギー国内裁判所は、要するに、欧州指令2000/312001/292004/4895/46及び2002/58(訳注:それぞれ順に、情報社会サービス、著作権、知的財産権エンフォースメント、個人情報保護及び個人情報・プライバシーの取り扱いに関する指令)が、合わせて読み、適用される基本的権利の保護から来る要件にも照らして解釈すると、ISPに次のようなフィルタリングシステムの導入を強制する差し止め命令を排除していると解釈されるべきか否かを聞いている:
-そのサービス、特にピア・ツー・ピアソフトウエアに関するもの、を通じた全ての電気通信をフィルタリングするものであり;
-その全ての顧客に無差別に適用され;
-予防手段として用いられ;
-その費用において排他的で;かつ
-無期限に課され、
プロバイダーのネットワーク上で、申告者が知的財産権を保持すると主張する、音楽、映画あるいは映像作品を含む電子ファイルの動きを、その共有が著作権を侵害することとなるファイルの転送をブロックする目的で、特定することの可能なフィルタリングシステム(以下、「問題のフィルタリングシステム」という)。

30 この点で、まず、指令2001/29の第8条第3項及び指令2004/48第11条第3段落の下で、知的財産権の権利者は、ISPのような、その権利を侵害する第三者によってそのサービスが使われる仲介者に対する差し止め命令を求めることができるとされていることに留意が必要である。

31 次に、当裁判所の判例から、各国裁判所に与えられた権限として、これらの規定に従って、その情報社会サービスを用いて知的財産権に対して既に侵された侵害を終わらせるだけでなく、さらなる侵害を防ぐことを目的として措置を取るようにも、これらの仲介者に命じることができるとされている。(このことについて、ケースC-324/09のL’Oreal判決[2011](訳注:商標権侵害におけオークションサイト運営会社への措置に関するケース。欧州司法裁のリリース(pdf)も参照)の第131段落参照)。

32 最後に、同判例から、指令2001/29の第8条第3項及び指令2004/48第11条第3段落の下で、その要件や及び必要な手続きに関係するものなど、各加盟国が規定しなければならない差し止め命令の実施法令は、各国法マターであるとされている(必要応じて読み替え、L’Oreal判決の第135段落参照)。

33 つまり、これらの各国法令と、各国裁判所によるその適用は、指令2001/29及び2004/48並びにこれらの指令が参照する法源から来る制限を守らなければならない(このことについて、L’Oreal判決の第138段落参照)。

34 そのため、指令2001/29の前文第16及び指令2004/48の第2条第3項に従い、加盟国によって設定されたこのような法令が、指令2000/31に、さらに詳細に言えば、その第12から15条に影響を及ぼすということはない。

35 すなわち、これらの法令は、特に、そのネットワーク上で送信される情報の全体的な監視の実行をISPに求める措置の採用を各国当局に禁じる、指令2000/31の第15条第1項を守らなければならない。

36 この点で、当裁判所は、特に、将来の知的財産権侵害を予防するためにISPのような仲介プロバイダーにその各顧客の全データを積極的に監視することを求めるような各国の措置に、この禁止が適用されることを既に判示している。さらに、このような全体的な監視の強制は、規定しているところの措置が公平でバランスの取れたものでなければならないと規定している、指令2004/48の第3条にも合致しないであろう(L’Oreal判決の第139段落参照)。

37 この状況において、問題のフィルタリングシステムの導入をISPに求めている本件の差し止め命令が、そのシステムにより、このISPに将来の知的財産権侵害を予防するために各顧客に関係する全データを積極的に監視することを強制しているかどうかを確かめることが必要である。

38 この点で、このフィルタリングシステムの導入が、次のことを求めているのは共通の見方である:
-最初に、ISPが、その全顧客の全電気通信において、ピア・ツー・ピアに関連するファイルを特定し;
-次に、ISPが、そのトラフィックにおいて、知的財産権の権利者が権利を持つと主張する著作物を含むファイルを特定し;
-三つ目に、ISPが、これらのファイルのうちどれが違法に共有されているものであるかを検知し;かつ
-四つ目に、ISPが違法と考えられるファイル共有をブロックすること。

39 この種の予防のための監視は、本件ISPのネットワーク上で伝達される全ての電気通信を積極的に監視するものであり、伝達される全ての情報とこのネットワークを使う全ての顧客を網羅するものである。

40 以上のことに照らして、本件ISPに課された、問題のフィルタリングシステムの導入を求める差し止め命令は、このISPに将来の知的財産権侵害を予防するために各顧客に関係する全データを積極的に監視することを強制していると言わざるを得ない。つまり、この差し止め命令は、指令2000/31の第15条第1項によって禁止されているものである、全般的な監視の実行をISPに求めるものである。

41 この差し止め命令がEU法に合致するか否かを判断するにあたり、ベルギー国内裁判所が言及しているような、適用される基本的権利から来る要件も考慮に入れられなければならない。

42 この点で、本件の差し止め命令が、本件ISPのネットワークを通じて伝達される電気通信の性質と内容から侵害されることとなり得る、知的財産権の1つである著作権の保護を目的とするものであることにも留意が必要である。

43 確かに知的財産権の保護は欧州連合基本権憲章(以下、「憲章」という)の第17条(2)に規定されている。しかしながら、この規定の文言あるいは当裁判所の判例において、この権利が不可侵でそのため完全に保護されなければならないということは全く示されていない。

44 ケースC-275/06のPromisicae判決[2008](訳注:著作権民事訴訟における個人情報の取り扱いに関するケース。欧州司法裁のリリース(pdf)も参照)の第62から68段落で明確にされているように、知的財産に結び付いた権利を含む、基本的な財産権は、他の基本的な権利に対してバランスが取られなければならないものである。

45 さらに詳細に言えば、同判決の第68段落から、著作権者を保護するために採用される措置について、各国当局は、著作権の保護と、このような措置によって害される個人の基本的な権利の保護の間で公平なバランスを取らなければならないとされているのである。

46 よって、本件のような状況においては、各国当局及び裁判所は、特に、著作権者が享受する知的財産権の保護と、憲章の第16条によりISPのような関係者が享受する営業の自由の間で公平なバランスを取らなければならない。

47 本件において、問題のフィルタリングシステムの導入を求める差し止め命令は、権利者の利益のために本件ISPのネットワークを通じてなされる全電気通信の監視を含んでいる。さらに、この監視に期限はなく、将来の全ての侵害に向けられ、既存の著作物だけではなく、このシステムが導入された時点でまだ創作されていない未来の著作物の保護まで企図している。

48 よって、このような差し止め命令は、ISPに、複雑で高コストで恒久的なコンピュータシステムを自身の費用で導入することを求めるものであり、知的財産権の保護のための措置は不必要に複雑であったり高コストであってはならないとする、指令2004/48の第3条第1項で定められている要件にも反するものであり、このISPの営業に関する自由の重大な侵害となるものである。

49 この状況において、問題のフィルタリングシステムを導入する差し止め命令は、一方で著作権者が享受する知的財産権の保護と、他方でISPのような関係者が享受する営業の自由の間で、取られるべき公正なバランスの要件を守っているとは見なせないものと言わざるを得ない。

50 さらに、問題のフィルタリングシステムがISPの顧客の基本的な権利、特に、それぞれ憲章の第8及び11条で保障された権利である、その個人データの保護や情報を受け伝える自由に関する権利をも侵害し得るものである以上、この差し止め命令の影響は、本件ISPにとどまらない。

51 まず、問題のフィルタリングシステムの導入を求める差し止め命令が、全コンテンツの系統立った分析と、違法なコンテンツがネットワーク上で送信されたとする、利用者のIPアドレスの収集及び特定を含むというのが共通の見方である。そこからその利用者が正確に特定され得るのであり、このIPアドレスは保護を受ける個人データである。

52 また、このシステムは違法なコンテンツと適法なコンテンツを的確に区別できるものではなく、結果として、その導入が適法なコンテンツをブロッキングすることにつながる以上、この差し止め命令は潜在的に情報の自由の根幹を揺るがし得る。実際、送信が適法か否かという質問に対する答えが各国毎に異なる著作権の法的制限の適用によっても変わってくるということに議論の余地はない。さらに、ある著作物がある加盟国でパブリックドメインとなっていたり、またある加盟国で無料でオンラインに掲載され得たりすることもあるであろう。

53 結論として、問題のフィルタリングシステムを導入する差し止め命令を取るにあたり、ベルギー裁判所は、一方における知的財産権の保護と、他方における営業の自由、個人データの保護に関する権利及び情報を受け伝える自由の間で、取られるべき公正なバランスの要件を守っていないと言わざるを得ない。

54 以上のことに照らして、付託された質問に対する回答は、欧州指令2000/31、2001/29、2004/48、95/46及び2002/58は、合わせて読み、適用される基本的権利の保護から来る要件にも照らして解釈すると、ISPに問題のフィルタリングシステムの導入を強制する差し止め命令を排除しているとなる。

 上で訳出した部分を読んでもらえば大体分かると思うが、この判決は簡潔なものながら、このような著作権ブロッキング・フィルタリングの問題の本質的な点をほぼ全て良く突いていると言って良い。

 知的財産権もまた絶対ではなく、他の基本的な権利との間でバランスを取らなければならないのは当然のことだろうし、そこで問題になるのは、情報アクセス権を含む情報・表現の自由や、個人情報保護・プライバシー、営業の自由といった権利であるのは間違いないのである。(このブログでは営業の自由の問題はあまり取り上げていないが、法規定・法的措置の内容次第で、このような経済的自由権も当然問題になって来る。)

 また、コンテンツの違法性の的確な検知の不可能性について言及されている点や、個人を特定可能なIPアドレスを個人情報としている点も重要である。これらの点については、今後も問題になって行くことと思うが、個々人の許容性と、法的例外のような法律上の話が複雑に絡む、著作権問題に関してコンテンツの違法性を的確に検知するシステムは今後も開発不可能だろうし、それが不可能である以上、必ず基本的な権利の1つである情報・表現の自由に対する抵触は発生するのである。また、この判決では簡単に触れられているだけだが、欧州では他にもいくつか同様の判決を出している裁判所もあり、IPアドレスと個人情報保護の関係の問題についても今後さらに法的な議論が深められて行くことだろう。

 このような判決が出された背景には、欧州指令2000/31の第15条第1項にプロバイダーに対する全体的な監視の強制の禁止が規定されていることもあるとは言え、原則に立ち返り、欧州司法裁が、情報・表現の自由などの他の基本的な権利とのバランスまで考えて、著作権ブロッキング・フィルタリングのISPに対する強制を原則として禁止した意味は非常に大きい。

 著作権規制に対して言えることは児童ポルノ規制についても言えるはずだが、惜しむらくはこの判決が欧州における児童ポルノ問題にまで影響するかは何とも分からない。この点で、児童ポルノ問題に関して、著作権問題以上に印象プロパガンダと団体ロビーが幅を利かせているのは残念という他ないが、今後さらに世界的に議論が深まって行くにつれ、如何なることを理由とするにせよ、ブロッキングや強制フィルタリングやネット切断は通常人権侵害となるというごく当然のことが世界のどこであれ当然のことと受け止められる日が来ると私は信じている。

|

« 第258回:総務省・利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備に関する提言」 | トップページ | 第260回:ダウンロードは著作権法上合法のままであるべきとするスイス政府の報告書 »

著作権国際動向(EU)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/43166932

この記事へのトラックバック一覧です: 第259回:インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に対して著作権フィルタリングを強制することはできないとする欧州司法裁判所の判決:

« 第258回:総務省・利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備に関する提言」 | トップページ | 第260回:ダウンロードは著作権法上合法のままであるべきとするスイス政府の報告書 »