« 第252回:知財計画2011の文章の確認 | トップページ | 第254回:民主党の新たな児童ポルノ法改正案全文の転載 »

2011年7月17日 (日)

第253回:カリフォルニア州の暴力ゲーム販売規制法を違憲無効と判断したアメリカ最高裁の判決・インターネットへのアクセスを基本的権利とする欧州安全保障協力機構の報告書

 7月1日に改正都条例(東京都青少年健全育成条例)が全面的に施行され、参議院を6月17日に通過して成立したいわゆるサイバー刑法(コンピュータ監視法)が7月14日に施行され(法務省HP参照)、さらに児童ポルノ法の改正を巡っても規制強化推進の動きがまた強まり、8月12日〆切で京都府から独自の児童ポルノ規制条例案のパブコメがかかるなど(京都府の意見募集ページ参照)、どうにも国内に関してはロクでもない話ばかりだが、世界的に見れば、そのような無茶な規制強化の流れに対して表現・情報の自由の原則から否を唱える動きも強まってきているのもまた確かである。今回は、表現・情報の自由を巡る世界の動きの中から、2つばかり特に重要と思うものを紹介しておきたいと思う。

(1)カリフォルニア州の暴力ゲーム販売規制法を違憲無効と判断したアメリカ最高裁の判決
 アメリカで、この6月27日に、ずっとくすぶり続けていた暴力ゲーム規制問題について規制強化を非とする最高裁判決が出された。そのうちどこかできちんとした形で翻訳・紹介されるのではないかとも思っているが、まずは、この画期的な判決についてざっとその概要を紹介したい。

 このアメリカ最高裁判決(pdf)の主判決本文の第1ページから、問題となったカリフォルニア州法の概要部分を訳出すると、以下のようになる。

California Assembly Bill 1179 (2005), Cal. Civ. Code Ann. §§1746-1746.5 (West 2009) (Act), prohibits the sale or rental of "violent video games" to minors, and requires their packaging to be labeled "18." The Act covers games "in which the range of options available to a player includes killing, maiming, dismembering, or sexually assaulting an image of a human being, if those acts are depicted" in a manner that "[a] reasonable person, considering the game as a whole, would find appeals to a deviant or morbid interest of minors," that is "patently offensive to prevailing standards in the community as to what is suitable for minors," and that "causes the game, as a whole, to lack serious literary, artistic, political, or scientific value for minors." §1746(d)(1)(A). Violation of the Act is punishable by a civil fine of up to $1,000. §1746.3.

 2005年のカリフォルニア州議会第1179号法案の第1746-1746.5条は、「暴力ゲーム」の未成年への販売又はレンタルを禁止し、パッケージに「18禁」ラベルを貼るように求めている。この州法は、「合理的な者であれば、全体として未成年の異常又は病的な関心を掻き立てるだろうと考え、」「未成年に適したものに関する社会の支配的な基準に明らかに反し、」「そのことにより、全体として、未成年に対する、真摯な文学的、芸術的、政治的又は科学的な価値を欠く、」やり方で、「描かれる行為として、プレイヤーに入手され得る表現に、人間のイメージの殺害、不具化、四肢切断、性的攻撃が含まれる、」ゲームをカバーしている。(第1746条(d)(1)(A)。)州法違反には、1000ドルまでの過料が科され得る。(第1746.3条。)

 まるで改正都条例を彷彿とさせる内容だが、要するに、このカリフォルニアの暴力ゲーム規制州法は、例によって強力効果論に基づいて表現物の青少年への販売を規制するものであり、業界にとって致命傷となりかねないこれほど曖昧な条文について、アメリカのゲーム業界がカリフォルニア州を相手取って最高裁まで延々争ったというのが事の経緯である。

 判決自体については最初の概要部分に良くまとめられているので、その部分を以下に訳出する。

BROWN, GOVERNOR OF CALIFORNIA, ET AL. v. ENTERTAINMENT MERCHANTS ASSOCIATION ET AL.
CERTIORARI TO THE UNITED STATES COURT OF APPEALS FOR THE NINTH CIRCUIT
No. 08.1448. Argued November 2, 2010. Decided June 27, 2011

Respondents, representing the video-game and software industries, filed a preenforcement challenge to a California law that restricts the sale or rental of violent video games to minors. The Federal District Court concluded that the Act violated the First Amendment and permanently enjoined its enforcement. The Ninth Circuit affirmed.

Held: The Act does not comport with the First Amendment. Pp. 2-18.
(a) Video games qualify for First Amendment protection. Like protected books, plays, and movies, they communicate ideas through familiar literary devices and features distinctive to the medium. And "the basic principles of freedom of speech... do not vary" with a new and different communication medium. Joseph Burstyn, Inc. v. Wilson, 343 U. S. 495, 503. The most basic principle - that government lacks the power to restrict expression because of its message, ideas, subject matter, or content, Ashcroft v. American Civil Liberties Union, 535 U. S. 564, 573 - is subject to a few limited exceptions for historically unprotected speech, such as obscenity, incitement, and fighting words. But a legislature cannot create new categories of unprotected speech simply by weighing the value of a particular category against its social costs and then punishing it if it fails the test. See United States v. Stevens, 559 U. S. ___, ___. Unlike the New York law upheld in Ginsberg v. New York, 390 U. S. 629, California's Act does not adjust the boundaries of an existing category of unprotected speech to ensure that a definition designed for adults is not uncritically applied to children. Instead, the State wishes to create a wholly new category of content-based regulation that is permissible only for speech directed at children. That is unprecedented and mistaken. This country has no tradition of specially restricting children's access to depictions of violence. And California's claim that "interactive" video games present special problems, in that the player participates in the violent action on screen and determines its outcome, is unpersuasive. Pp. 2-11.

(b) Because the Act imposes a restriction on the content of protected speech, it is invalid unless California can demonstrate that it passes strict scrutiny, i.e., it is justified by a compelling government interest and is narrowly drawn to serve that interest. R. A. V. v. St. Paul, 505 U. S. 377, 395. California cannot meet that standard. Psychological studies purporting to show a connection between exposure to violent video games and harmful effects on children do not prove that such exposure causes minors to act aggressively. Any demonstrated effects are both small and indistinguishable from effects produced by other media. Since California has declined to restrict those other media, e.g., Saturday morning cartoons, its video-game regulation is wildly underinclusive, raising serious doubts about whether the State is pursuing the interest it invokes or is instead disfavoring a particular speaker or viewpoint. California also cannot show that the Act's restrictions meet the alleged substantial need of parents who wish to restrict their children's access to violent videos. The video-game industry's voluntary rating system already accomplishes that to a large extent. Moreover, as a means of assisting parents the Act is greatly overinclusive, since not all of the children who are prohibited from purchasing violent video games have parents who disapprove of their doing so. The Act cannot satisfy strict scrutiny. Pp. 11-18.

ブラウンカリフォルニア州知事他 対 エンターテイメント小売協会他
第9巡回控訴裁判所に対する裁量上訴
第08.1448号。2010年11月2日弁論。2011年6月27日判決

被上訴人らは、暴力ゲームの未成年への犯罪又はレンタルを規制するカリフォルニア州法について施行前に提訴。連邦地裁は、この州法は表現の自由を規定する修正第1条に違反すると判断、その永久執行停止を命令。第9巡回控訴裁もその判断を是認。

判断:この州法は、表現の自由を規定するアメリカ合衆国憲法修正第1条に合致しない。
(a)ビデオゲームは、修正第1条の保護を受ける。保護を受ける本、実演、映画などと同様、ビデオゲームは、良く知られた文字デバイスとメディア固有の手段を通じて考えを伝えるものである。そして、「言論、表現の自由の原則が...」新たな、異なるコミュニケーションメディアだからといって「変わることはない。」(ジョセフ・バーシュタイン社対ウィルソン事件判決参照。)この最も基本的な原則-政府は、そのメッセージ、考え、主題、内容を理由として表現を規制する権限を持ち得ないというもの(アッシュクロフト対アメリカ市民自由連合判決参照)-には、猥褻物、煽動又は攻撃言論のような歴史的に保護されない表現とされる極わずかな限定的例外しか認められていない。そして、立法者は、単に、その社会的コストを無視して特定のカテゴリーの価値を量り、そのテストに落ちたら罰するとして、保護されない表現の新たなカテゴリーを作ることはできない。(アメリカ合衆国対スティーブンス事件判決参照。)ギンツバーグ対ニューヨーク事件判決で認められたニューヨーク州法とは異なり、このカリフォルニア州法は、成人のために作られた規定が子供にまで無批判に適用されないことを保証するべく、既存の保護されない表現カテゴリーの境界を調整するということをしていない。その代わりに、カリフォルニア州は、子供に向けられた表現のみに認められるとする、完全に新たな内容に基づく規制を作ろうとしている。これは前代未聞であり、間違っている。アメリカに、暴力描写に対する子供のアクセスを特別に制限する伝統はない。そして、プレイヤーがスクリーンにおいて暴力行為に参加し、その結果を決める、「インタラクティブな」ビデオゲームが特別な問題を提起しているという、カリフォルニア州の主張には説得力がない。

(b)この州法は保護を受ける表現の内容を規制するものであるから、それが厳格な違憲審査をパスしていることを、つまり、それがやむにやまれぬ国家利益によって正当化され、かつ、その利益に適合するように狭く限定されているということをカリフォルニア州が示すことができない限り、無効である。(R.A.V.対セント・ポール事件判決参照。)カリフォルニア州はこの基準を満たしていない。暴力ゲームに対する接触と子供に対する有害な影響の間のつながりを示すことを目的とした心理学的調査は、このような接触が未成年に攻撃的な行動を取らせることを証明していない。示されているどのような影響も、他のメディアによってもたらされる影響と区別がつかず、同じく小さなものである。カリフォルニア州が、例えば、アニメ番組のような他のメディアに対する規制をしていないことを考えても、そのビデオゲーム規制は、到底受け入れ難いものであり、カリフォルニア州は、規制がもたらす利益を追求しているのではなく、特定の関係者又は観点をわざと冷遇しようとしているだけなのではないかという深い疑念すら起こる。カリフォルニア州はまた、この州法が、自身の子供の暴力ゲームへのアクセスの制限を望んでいるだろうとする潜在的な親の要望に合致していることも示せなかった。ビデオゲーム業界の自主レーティングシステムが、既に大きな範囲でそれを達成しているのである。さらに、暴力ゲームの購入を禁止される全ての子供がその購入を認めない親を持つ訳ではなく、親の援助手段としても、この州法は、受け入れ可能なところを遙かに超えている。よって、この州法は厳格な違憲審査を満たさない。

 この概要部分だけでほとんど簡にして要を得ているとは思うが、補足として、主判決本文から、カリフォルニア州の持ち出している強力効果論調査を一蹴している部分も以下に少し抜粋しておく。(主判決本文の第12~14ページ)

  The State's evidence is not compelling. California relies primarily on the research of Dr. Craig Anderson and a few other research psychologists whose studies purport to show a connection between exposure to violent video games and harmful effects on children. These studies have been rejected by every court to consider them, and with good reason: They do not prove that violent video games cause minors to act aggressively (which would at least be a beginning). Instead, "[n]early all of the research is based on correlation, not evidence of causation, and most of the studies suffer from significant, admitted flaws in methodology." Video Software Dealers Assn. 556 F. 3d, at 964. They show at best some correlation between exposure to violent entertainment and minuscule real-world effects, such as children's feeling more aggressive or making louder noises in the few minutes after playing a violent game than after playing a nonviolent game.
  Even taking for granted Dr. Anderson's conclusions that violent video games produce some effect on children's feelings of aggression, those effects are both small and indistinguishable from effects produced by other media. In his testimony in a similar lawsuit, Dr. Anderson admitted that the "effect sizes" of children's exposure to violent video games are "about the same" as that produced by their exposure to violence on television...
  Of course,  California has (wisely) declined to restrict Saturday morning cartoons, the sale of games rated for young children, or the distribution of pictures of guns. The consequence is that its regulation is wildly underinclusive when judged against its asserted justification, which in our view is alone enough to defeat it. Underinclusiveness raises serious doubts about whether the government is in fact pursuing the interest it invokes, rather than disfavoring a particular speaker or viewpoint...

 カリフォルニア州の証拠には、全く説得力がない。カリフォルニア州は、クレイグ・アンダーソン博士の研究と、暴力ゲームへの接触と子供への有害な効果の間につながりがあることを示そうとしている、心理学者の他のわずかな研究に主に立脚している。これらの調査は、それらを考察した全ての法廷によって、正しくしりぞけられている。それらは、暴力ゲームが未成年に攻撃的な行動を取らせることを証明していない(少なくとも始めはそうであるかも知れないが)。その代わり、「ほとんど全ての研究は相関に立脚しているだけで、因果関係の証拠となっておらず、ほぼ全ての研究は、方法論に認められる明らかな欠陥によりおかしなものとなっているのである。」(ビデオソフト販売店協会事件判決参照。)それらはせいぜい、暴力的な娯楽への接触と、非暴力ゲームをプレイした後より暴力ゲームをプレイした後の方が、その後の数分、子供の気分が多少攻撃的になりざわつくといった程度の、現実の些細な効果の間に相関があるということを示すに過ぎない。
 例え、子供の暴力的な気分に対して暴力ゲームが何がしかの影響を与えるというアンダーソン博士の主張を仮に認めたとしても、この影響は、他のメディアによってもたらされる影響と区別がつかず、同じく小さなものである。類似の裁判における証言において、アンダーソン博士自身、暴力ゲームに対する子供の接触の効果量は、テレビにおける暴力表現に対する接触によってもたらされるものとほぼ同じであることを認めている。(中略)
 勿論、カリフォルニア州は、(賢明にも、)アニメ番組や子供向けとされたゲームの販売や銃の絵の頒布を規制していない。すなわち、その主張するところの正当化理由を考えても、我々の見るところ、それだけでも間違っているのは明らかであり、この規制は到底受け入れ難いというのが結論である。その不適切極まるやり方を見るにつけ、カリフォルニア州は、本当に規制がもたらす利益を追求しているのか、それとも、特定の関係者又は観点をわざと冷遇しようとしているのではないかという深い疑念すら起こる。(後略)

 珍妙な強力効果論を吹いて回る御用学者が規制を好む政府関係者に重宝されるのは、世の東西を問わず同じらしいが、このような強力効果論がまともに証明されたことがないというのもまた同じだろう。

 表現を巡る規制の動きについては、それぞれの国でその文化的背景が異なることに注意が必要だが、このアメリカの最高裁判決は表現の自由の法理に照らして当然のものである。この判決は、無論アメリカで大きな意味を持つだろうが、日本の法曹関係者にもアメリカの判例動向を注視している者は多く、日本の動きにも暗に多少の影響を与えて行くだろう。

 表現の規制を巡っては今後も延々同じことが繰り返されるのかも知れないが、表現の自由をその最大の基礎とする民主主義国家において、「子供の保護が問題となっているにしても、政府の行為には憲法による制限が課される」のが、基本中の基本として守って行かなければならない原則であることは、今後も変わりはしないだろう。

(2)インターネットへのアクセスを基本的権利とする欧州安全保障協力機構(OSCE)の報告書
 もう1つ紹介したいと思っているのは、強制力のあるものではないが、インターネットへのアクセスを基本的人権の1つとする欧州安全保障協力機構(OSCE)Wiki)の報告書(pdf)(OSCEの7月15日のリリースも参照)である。

 ここでは、特に、報告書の第31~34ページに書かれている結論と勧告の部分を以下に抄訳する。

E. Conclusions and Recommendations
The analysis of the data and information provided by the OSCE participating States on Internet content regulation leads to the following conclusions and recommendations:

The open and global nature of the Internet should be ensured
...

Access to the Internet should be regarded as a human right and recognized as implicit to the right to free expression and free information
...

The right to freedom of expression is universal - also in regards to the medium and technology
...

New technologies require new approaches

Typically, the stance taken by the participating States is that what is illegal and punishable in an offline form must at least be treated equally online. There are, however, several features of the Internet which fundamentally affect approaches to its governance. While rules and boundaries still exist, enforcement of existing laws, rules and regulations to digital content becomes evidently complex, problematic and at times impossible to enforce on the Internet. Participating States should develop alternative approaches adapted to the specific nature of
the Internet. Participating States should also place more emphasis on Internet and media literacy projects for vulnerable groups, particularly children.

Network neutrality should be respected
...

Internet 'kill switch' plans should be avoided

Existent legal provisions allow several OSCE participating States to completely suspend all Internet communication and "switch off" Internet access for whole populations or segments of the public during times of war, states of emergency and in cases of imminent threat to national security. Reaffirming the importance of fully respecting the right to freedom of opinion and expression, the OSCE participating States should refrain from developing, introducing and applying "Internet kill switch" plans as they are incompatible with the fundamental right to information.

OSCE participating States should avoid vague legal terminology in speech-based restrictions

Definitional problems and inconsistencies exist with regards to certain speech based restrictions. Clarifications are needed to define what amounts to "extremism", "terrorist propaganda", "harmful" and "racist content" and "hate speech". Legal provisions are often vague and open to wide or subjective interpretation. Any restriction must meet the strict criteria under international and regional human rights law. The necessity for restricting the right to speak and receive information must be convincingly established to be compatible with international human rights standards.

OSCE participating States should refrain from mandatory blocking of content or websites

Given the limited effectiveness of national laws and the lack of harmonization at international level to prosecute criminal online content, a number of OSCE participating States started to block access to online content deemed illegal and Web 2.0 based social media platforms situated outside their legal jurisdiction. As blocking mechanisms are not immune from significant deficiencies, they may result in the blocking of access to legitimate sites and content. Further, blocking is an extreme measure and has a very strong impact on freedom of expression and the free flow of information. Participating States should therefore refrain from using blocking as a permanent solution or as a means of punishment. Indefinite blocking of access to websites and Internet content could result to "prior restraint" and by suspending access to websites indefinitely states can largely overstep the narrow margin of appreciation afforded to them by international norms and standards.

Blocking of online content can only be justified if in accordance with these standards and done pursuant to court order and where absolutely necessary. Blocking criteria should always be made public and provide for legal redress.

Voluntary blocking and content removal arrangements should be transparent and open to appeal

Voluntary blocking measures and agreements exist in a number of OSCE participating States. However, private hotlines do not always have legal authority to require ISPs to block access to websites or to require removal of content. Any blocking system based exclusively on selfregulation or voluntary agreements between state actors and private actors have to be conceived in a way as not to interfere with fundamental rights. Furthermore, blocking criteria of hotlines and private actors are not always transparent or open to appeal. Any blocking or removal system based on self-regulation and voluntary agreements should be transparent, compatible with international norms and standards and provide for redress mechanisms and judicial remedies.

Filtering should only be encouraged as an end-user voluntary measure

OSCE participating States should encourage the use of end-user filtering software on individual home computers and in schools if their use is deemed necessary. However, the deployment of state-level upstream filtering systems, as well as government-mandated filtering systems, should be avoided. If the use of filters is encouraged by the states, users should be made aware of the potential limitations of filtering software as there are serious questions about the reliability of such tools as stand-alone solutions for child protection.

'Three-strikes' measures to protect copyright are incompatible with the right to information

The development of so-called "three-strikes" legal measures to combat Internet piracy in a number of participating States is worrisome. While countries have a legitimate interest to combat piracy, restricting or cutting off users' access to the Internet is a disproportionate response which is incompatible with OSCE commitments on the freedom to seek, receive and impart information, a right which in fact should be strengthened by the Internet. Participating States should refrain from developing or adopting legal measures which could result restricting citizens' access to the Internet. A discussion on whether or not current international standards on intellectual property protection are suited for our information society might be necessary.

Reliable information on applicable legislation and blocking statistics needs to be made available
...

E.結論と勧告
インターネットのコンテンツ規制に関して欧州安全保障協力機構(OSCE)参加国から提供されたデータと情報の分析から、以下の結論と勧告が導かれる:

オープンでグローバルなインターネットの性質を保障すること
(中略)

インターネットへのアクセスを基本的人権とし、表現の自由と情報の自由の権利に含まれるものとして認められなければならない
(中略)

表現の自由の権利は普遍的なものである-インターネットメディア・技術に対しても含め
(中略)

新たな技術は新たなアプローチを必要とする

典型的に参加国が取っているスタンスは、オフライン形式で違法で罰を科されることは少なくとも等しくオンラインでも同じように取り扱われなければならないというものである。しかしながら、インターネットには、その統制に対するアプローチに根本的な影響を与えるいくつかの性質がある。規制と国境はなお存在しているが、既存の法規制のデジタルコンテンツに対する執行は、インターネットにおいては、複雑で、問題があり、時として不可能ですらある。参加国は、インターネットの特性に応じた別のアプローチを推進するべきである。参加国はまた、インターネットと、弱者、特に子供に対するメディアリテラシープロジェクトにより力点を置くべきである。

ネット中立性を尊重すること
(中略)

「殺インターネットスイッチ」プランを回避すること

OSCEのいくつかの国では、既存の法規により、戦時、緊急時及び国家の非常事態時に、全インターネット通信を完全に中断し、その全国民あるいは公的部門のインターネットアクセスの「スイッチを切る」ことが可能とされている。OSCEの参加国は、言論と表現の自由の権利を完全に尊重することの重要性を再確認し、情報の自由の基本的権利と合致しないものとして、「殺インターネットスイッチ」プランの推進、導入及び適用を忌避するべきである。

OSCE参加国は、表現規制において法令用語を曖昧なものとしないこと

表現内容に基づく規制に関して、定義の問題・不統一が存在している。「過激派」、「テロリストのプロパガンダ」、「有害」、「人種差別的内容」や「ヘイトスピーチ」などの用語がどの程度のものを意味するのか明確化する必要がある。法令用語が曖昧で広く主観的な解釈が可能となっていることも多い。全ての制限は、国際的及び各国の人権法の厳格な基準を満たさなければならない。情報を伝え、受ける権利を制限する必要性は、国際人権法と合致するように、十分説得力を持って証明されていなければならない。

OSCE参加国は、コンテンツ又はウェブサイトの強制ブロッキングを忌避すること

オンラインコンテンツの訴追について、国内法の有効性が制限されており、国際的な調和が欠けているとして、いくつかのOSCE参加国は、違法とみなしたオンラインコンテンツやその法適用領域外にあるWeb2.0ベースのソーシャルメディアプラットフォームへのアクセスをブロックしている。しかし、ブロッキングシステムは重大な欠陥を免れ得ず、それは合法的なサイトやコンテンツへのアクセスをブロックするものとなり得る。さらに、ブロッキングは、行き過ぎた手段であり、表現の自由と情報の自由な流通に対して甚大な影響を与えるものである。したがって、参加国は、永続的な解決あるいは罰の手段としてブロッキングを用いることを忌避するべきである。ウェブサイトとインターネットへのアクセスの不明確な形でのブロッキングは、実質的な「事前検閲」たり得るものであり、ウェブサイトへのアクセスを不明確な形で中断することによって、国家は、国際的な規範と基準において許されている狭い裁量の余地を大きく踏み越えることになる。

その基準を満たし、裁判所の命令に従ってなされ、完全に必要である場合にのみ、オンラインコンテンツのブロッキングは正当化される。ブロッキングの基準は常に公表され、法的救済が提供されなければならない。

自主ブロッキング又はコンテンツ削除協定は、透明で上訴可能なものとすること

自主的なブロッキング手段・協定が、いくつかのOSCE参加国で存在している。しかしながら、民間ホットラインは、ウェブサイトへのアクセスブロッキングをISPに求める、あるいは、コンテンツの削除を求める法的権限を常に有している訳ではない。公的部門と民間部門の自主規制あるいは自主協定のみに基づくどのようなブロッキングも、基本的な権利に干渉するような形のものであってはならない。さらに、ホットラインと民間関係者のブロッキング基準も、常に透明で上訴可能なものとなっている訳ではない。自主規制あるいは自主協定に基づくどのようなブロッキングあるいは削除システムも、透明で、国際的な規範と基準に合致し、救済の機構と司法的救済が提供されていなければならない。

フィルタリングは、エンドユーザーの自主的な手段としてのみ推進されるべきである

OSCE参加国は、その利用が必要とみなせる場合に限り、家庭あるいは学校の個々のコンピュータにおけるエンドユーザーのフィルタリングソフト利用を推進するべきである。そして、国家レベルの上流フィルタリングシステムの配備や国家によって強制されるフィルタリングシステムは、回避されるべきである。国家によってフィルタリングの利用が推進される場合、ユーザーに対して、児童保護のための単独の解決手段としての信頼性について大きな疑義があり、フィルタリングソフトに限界が存在していることについてきちんと知らされなくてはならない。

著作権保護のための「3ストライク」ポリシーは、情報の自由に関する権利と合致しない

インターネットにおける海賊行為に対抗するため、何カ国かで推進されているいわゆる「3ストライク」法は、憂慮すべきものである。国が海賊行為に対抗する正当な利益を有しているにしても、インターネットに対するユーザーのアクセスを制限あるいは遮断することは、バランスを欠いた対応策であり、情報を探し、受け、分かち合う権利、実際のところ、インターネットによって強化されるべきこの権利に対するOSCEの責務と合致しない。参加国は、市民のインターネットへのアクセスを制限する法的措置を推進あるいは採用することを忌避するべきである。そもそも、現在の知的財産に関する国際的な基準が私たちの情報社会に適したものであるのかどうかについての議論が必要だろう。

既存の法規とブロッキングに関する信頼できる情報が公表される必要がある
(後略)

 ブロッキングに関する議論について多少甘いところもあるが、欧州を中心に多くの国が参加する国際機関で、これほど明確にインターネットへのアクセスを情報に関する基本的な権利の1つと認める報告書が出されるようになって来たことは注目に値する。法的拘束力こそないものの、国家による強制ブロッキングや3ストライクポリシーをほぼ完全に否定していることもじりじりと効いてくることだろう。(表現・情報規制問題について関心を寄せているのであれば、各国における規制の現状などもまとめられており、報告書全文を直接読むことをお勧めする。また、この報告書に興味を持たれたのであれば、合わせ、インターネットにおいても表現・情報の自由は守られなければならないとする国連特別報告官の報告(pdf)(国連人権高等弁務官事務所HPの6月3日のリリースも参照)も読んでおくと良いと思う。)

 翻って日本はと見ると情報・表現規制問題についてはかなり惨憺たる有様だが、あらゆる点で状況が悪いということもない。今後も私は個人でやれることを地道にやって行くつもりである。

(7月18日の追記:何カ所か誤記を訂正し、訳文を少し整えた。)

|

« 第252回:知財計画2011の文章の確認 | トップページ | 第254回:民主党の新たな児童ポルノ法改正案全文の転載 »

規制一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/40851827

この記事へのトラックバック一覧です: 第253回:カリフォルニア州の暴力ゲーム販売規制法を違憲無効と判断したアメリカ最高裁の判決・インターネットへのアクセスを基本的権利とする欧州安全保障協力機構の報告書:

« 第252回:知財計画2011の文章の確認 | トップページ | 第254回:民主党の新たな児童ポルノ法改正案全文の転載 »