« 第218回:新たにリークされた文書から見る模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)に対する日本政府のスタンス(インターネット関連部分) | トップページ | 番外その23:青少年健全育成条例改正案についての都の見解に対する個人的見解 »

2010年3月14日 (日)

第219回:新たにリークされた文書から見る模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)に対する日本政府のスタンス(民事エンフォースメント関連部分)

 今回は、前回に続いて、カナダのオタワ大教授がそのブログ記事で取り上げた海賊版対策条約(ACTA)についての新たなリーク文書(pdf)(en.swpat.orgで作成されているテキスト版)の民事エンフォースメント関連部分を訳出する。日米共同提案の欄に2010年1月18日段階のものとしてあげられているのは、以下のような条文である。(翻訳はいつも通り拙訳。他の国のコメントも重要ではあるのだが、やはり煩雑になるので注釈については日本政府のスタンスを示すもの以外は省略した。)

1. SECTION 1: CIVIL ENFORCEMENT

Article 2.1 Availability of Civil Procedures

1. Each Party shall make available to right holders [US/J: civil judicial][Mex/NZ: or administrative] procedures concerning the enforcement of any [US/J: intellectual property right] [Sing/Can/NZ: copyrights and related rights and trademarks] [Kor: as provided for in the following individual articles in this Section].

Proposed article 2.1.1 moved to Article 2.X Injunction - Option 1

Article 2.X Injunctions

Option 1: In civil judicial proceedings concerning the enforcement of [Can/NZ: copyright or related rights and trademarks] [US/J: intellectual property rights], each Party shall provide that its [US/J: judicial authorities] [NZ: competent authorities] shall have the authority to issue an order to a party to desist from an infringement, including an order to prevent infringing goods from entering into the channels of commerce [US/Aus/Kor/Mor/NZ: and to prevent their exportation].

Article 2.2 Damages

1. Each Party shall provide that:
(a) in civil judicial proceedings, [US/J: its judicial authorities] [Mex/NZ: or competent authorities] [EU/NZ: on application of the{EU: injured party}{NZ:right holder}] shall have the authority to order the infringer [EU/NZ: who knowingly or with reasonable grounds to know, engaged in infringing activity] of [Can/Sing/NZ: copyright or related rights and trademarks] [US/J: intellectual property rights] to pay the right holder
(i) damages adequate to compensate for the [EU: actual] injury the right holder has suffered as a result of the infringement; or [EU: or]
(ii) [US/Mor/Aus/Kor/Sing: at least in the case of copyright or related rights infringement and trademark counterfeiting,][MX: in the case of IPR infringements] the profits of the infringer that are attributable to the infringement, which may be presumed to be the amount of damages referred to in the clause (i)[Aus/Sing/NZ/EU: which may be presumed to be the amount of damages referred to in clause (i)]; and
[(iii) Can/NZ: For greater certainty, a Party may limit or exclude damages in certain special cases.]

(b)
in determining the amount of damages for [Can/Sing/NZ: copyright or related rights infringement][MX: IPR] infringement [US/J: of intellectual property rights] [Can/Sing: and trademark counterfeiting], its [US/J:judicial][NZ: competent] authorities [US/J: shall][Aus/Can/NZ:may] consider, inter alia, [Can/NZ: any legitimate measure of value that may be submitted by the right holder, including] [EU/Can/NZ: the lost profits], the value of the infringed good or service, measured by the market price, [Can: or] the suggested retail price [NZ: suggested retail price], or other legitimate measure of value submitted by the right holder [Can/NZ: or other legitimate measure of value submitted by the right holder], [EU: the profits of the infringer that are attributable to the infringement].

2.
At least with respect to works, phonograms, and performances protected by copyright or related rights, and in cases of trademark counterfeiting, in civil judicial proceedings, [EU/Can: As an alternative to paragraph 1,] each Party [US/J: shall][EU/Can/NZ: may] establish or maintain a system that provides [Sing/NZ: for]:
(a) pre-established damages; or [Sing: a system that provides for]
b) presumptions for determining the amount of damages sufficient [US/Can: to constitute a deterrent to future infringements and] to compensate [US: fully] the right holder for the harm caused by the infringement.

Footnote: Such measure [Option J: shall][US/Sing/Can/EU: may] include the presumption that the amount of damages is (i) the quantity of the goods infringing the right holder's intellectual property right and actually assigned to third persons, multiplied by the amount of profit per unit of goods which would have been sold by the right holder if there had not been the act of infringement or (ii) a reasonable royalty [EU: or (iii) a lump sum on the basis of elements such as at least the amount of royalties or fees which would have been due if the infringer had requested authorization to use the intellectual property right in question].

3. Each Party shall provide that the right holder shall have the right to choose the system in paragraph 2 as an alternative to the damages in paragraph 1.

4. Each Party shall provide that its judicial [NZ: competent] authorities, except in exceptional circumstances, [EU: unless equity does not allow this], shall have the authority to order, at the conclusion of the civil judicial proceedings [US/J : concerning copyright or related rights infringement, patent infringement {Can/NZ: patent infringement}, or trademark infringement] [EU: concerning copyright or related rights infringement, patent infringement, or trademark infringement], that the prevailing party [US/J: shall][Can: shall] be awarded payment by the losing party of [NZ: appropriate ] court [{EU: reasonable and proportionate}EU/CAN/NZ: legal] costs or fees. Each Party [US/J:shall] [Mor: may] also provide that its [US/J: judicial] [NZ: competent] authorities, [US/Can/Mor/MX/NZ: except in exceptional circumstances] [EU: unless equity does not allow this], [US/Can/Aus/Mor: {US/Aus/Mor: at least }in proceedings concerning copyright or related rights infringement or willful trademark counterfeiting,] shall have the authority to order, [J/Can/Aus/NZ: in appropriate cases][MX: in appropriate cases], that the prevailing party be awarded payment by the losing party of [US/J: reasonable][NZ: appropriate] attorney's fees. [US/Aus/Mor: Further, each Party shall provide that its judicial authorities, at least in exceptional circumstances, shall have the authority to order, at the conclusion of civil judicial proceedings concerning patent infringement, that the prevailing party shall be awarded payment by the losing party of reasonable attorney's fees.][Mor: ,fees should be left to the discretion of the judge who determine the reasonable level of these fees][EU: Further, each Party shall provide that its judicial authorities, at least in exceptional circumstances, shall have the authority to order, at the conclusion of civil judicial proceedings concerning patent infringement, that the prevailing party shall be awarded payment by the losing party of reasonable attorneys' fees.

Article 2.3 Other Remedies

1. [US: At least] [Can: At least]with respect to goods that have been found to be [US/Aus/Can/Sing/Kor/NZ: pirated or counterfeit] [J/EU/MX: infringing an intellectual property right], each Party shall provide that in civil judicial proceedings, at the right holder's request, [J/Aus/EU/Can/MX/Kor/NZ: its judicial{NZ:competent} authorities shall have the authority to order that] such goods shall be [NZ: forfeited to the right holder] [US/J: destroyed], [EU/Can/NZ: recalled or definitively removed from the channel of commerce,] except in exceptional circumstances, [Can: except in exceptional circumstances,]without compensation of any sort.

2. Each Party shall further provide that its judicial authorities shall have the authority to order that materials and implements [J/Can/EU: the predominant use of which has been] [US/Aus/NZ: that have been used] [EU: that have been used] in the manufacture or creation of [J/MX/EU: infringing {MX: of IP}] [US/Aus/Can/Sing: pirated or counterfeit] goods [NZ : infringing copyright or relate rights or trademarks ] shall be, without compensation of any sort, [US/EU/MX: promptly][Aus: promptly] [Can: without undue delay][NZ: forfeited to the right holder] [US/J: destroyed] or [US/EU/MX/NZ: in exceptional circumstances,][Aus: in exceptional circumstances,] disposed of outside the channels of commerce in such a manner as to minimize the risks of further infringements.

3. In regard to counterfeit trademarked goods, the simple removal of the trademark unlawfully affixed shall not be sufficient [J/Aus/Can/MX:, other than in exceptional cases,] to permit the release of goods into the channels of commerce.

Article 2.4 Information related to Infringement

[EU: Without prejudice to other statutory provisions which, in particular, govern the protection of confidentiality of information sources or the processing of personal data,] Each Party shall provide that in civil judicial proceedings concerning the enforcement of [US/J: intellectual property rights][Can: copyright or related rights and trademarks], its judicial authorities shall have the authority upon a justified request of the right holder, to order the infringer to provide, [US/J; for the purpose of collecting evidence] [EU: for the purpose of collecting evidence][Mor: within the framework of measures of inquiry or investigation], any [Can: relevant] information [EU: information on the origin and distribution network of the infringing goods or services on a commercial
scale] [J: in the form as prescribed in its applicable laws and regulations] that the infringer possesses or controls, [J/Can/EU/MX: where appropriate,] to the right holder or to the judicial authorities. Such information may include information regarding any person or persons involved in any aspect of the infringement and regarding the means of production or distribution channel of such goods or services, including the identification of third persons involved in the production and distribution of the infringing goods or services or in their channels of distribution. [Can: For greater clarity, this provision does not apply to the extent that it would conflict with common law or statutory privileges, such as legal professional privilege.]

Article 2.5 Provisional Measures

[X. EU: Each Party shall provide that its judicial authorities shall have the authority, at the request of the applicant, to issue an interlocutory injunction intended to prevent any imminent infringement of an intellectual property right. An interlocutory injunction may also be issued, under the same conditions, against an intermediary whose services are being used by a third party infringe an intellectual property right. Each Party shall also provide that provisional measures may be issued, even before the commencement of proceedings on the merits, to preserve relevant evidence in respect of the alleged infringement. Such measures may include inter alia the detailed description, the taking of samples or the physical seizure of the documents or of the infringing goods.]

OPTION1 [1. US/EU/Sing: Each Party shall provide that its judicial authorities shall act expeditiously on requests for provisional measures inaudita altera parte] [Sing: and shall endeavor to make a decisions on such requests within ten days except in exceptional cases .] [US/EU: , and shall endeavor to make a decision on such requests {US: within ten days}{EU: without delay}{MX: within twenty days}, except in exceptional cases.]

OPTION2 [1. J: Each Party shall ensure that, where proceedings for provisional measures are conducted inaudita altera parte, the {J: judicial}{MX: competent} authorities shall be expeditiously make a decision on the request for provisional measures.]

OPTION3 [1. Can/Aus/Kor/NZ: Each Party's authorities shall act on requests for {Can/Aus: relief}{Kor/NZ: provisional measures} inaudita altera parte {Can: without undue delay} {Kor/Aus/NZ: expeditiously} in accordance with the Party's judicial rules.]

2. [US/J/NZ/MX: In civil {US/J: judicial}{NZ: or administrative} proceedings {MX: or administrative remedies} concerning copyright or related rights infringement and trademark counterfeiting{NZ: infringement}], [EU: In civil judicial proceedings concerning copyright or related rights infringement and trademark counterfeiting], each Party shall provide that its judicial authorities shall have the authority to order [Can/NZ:, in appropriate cases,] the seizure or other taking into custody of suspected infringing goods, materials, and implements relevant to the act of infringement [US/Aus/Can/NZ: and, at least for trademark counterfeiting, documentary evidence relevant to the infringement ][Sing: used to accomplish the prohibited activity ].

3. Each Party shall provide that its [US/J: judicial][MX: competent] authorities have the authority to require the plaintiff, with respect to provisional measures, to provide any reasonably available evidence in order to satisfy themselves with a sufficient degree of certainty that the plaintiff's right is being infringed or that such infringement is imminent, and to order the plaintiff to provide a reasonable security or equivalent assurance set at a level sufficient to protect the defendant [EU/Can:,ensuring compensation for any prejudice suffered when the measure is revoked or lapses due to any reason,] and to prevent abuse, [US/J: and so as not to unreasonably deter recourse to such procedures] [Can:  an so as not to unreasonably deter recourse to such procedures].

[4. EU/Can: Each Party shall ensure that the provisional measure referred to in paragraphs 1, 2 and 3 are revoked or otherwise cease to have effect, upon request of the defendant, if the applicant does not institute proceedings leading to a decision on the merits of the case before the competent judicial authority, either within a reasonable period to be determined by the judicial authority if the laws of a Party so permit or within a period not exceeding 20 working days or 31 calendar days.][NZ: Delete this paragraph.]

第1章 民事エンフォースメント

第2.1条 民事手続きの整備

第1項 各加盟国は、[本章の以下の各条に規定されている通り][日/米:知的財産権][シンガ/加/NZ:著作権、著作隣接権及び商標権]のエンフォースメントに関する[日/米:民事司法的][メキシコ/NZ:あるいは行政的]手続きを権利者のために整備する。

(注:提案されている第2.1.1条は、第2.X条 差し止めに移されるーオプション1)

第2.X条 差し止め

オプション1:[加/NZ:著作権あるいは著作隣接権及び商標権][日/米:知的財産権]のエンフォースメントに関する民事司法手続きにおいて、各加盟国は、その[日/米:司法当局][NZ:権限を有する当局]が、侵害品の流通チャネルへの流通[米/豪/韓/モロッコ/NZ:及びその輸出]を止める命令を含め、侵害を抑止する命令を当事者に出す権限を有することを規定する。

第2.2条 損害賠償

第1項 各加盟国は、以下のことを規定する:
(a)民事司法手続きにおいて、[欧/NZ:{欧:被侵害者}{NZ:権利者}の申し立てに基づき]その[日/米:司法当局][NZ:権限を有する当局]が、[欧/NZ:故意に、あるいは、知っていたと思われる合理的な理由がある場合において、侵害行為を行った][加/シンガ/NZ:著作権あるいは著作隣接権及び商標権][日/米:知的財産権]の侵害者に、権利者へ次の支払いを命じること
(ⅰ)侵害の結果として権利者が被った[欧:実際の]被害を適切に補償する損害賠償;あるいは[欧:あるいは
(ⅱ)[米/モロッコ/豪/韓/シンガ:少なくとも著作権あるいは著作隣接権及び商標権侵害のケースにおいて][メキシコ:知的財産権侵害のケースにおいて]、(ⅰ)に記載されている損害賠償の量と推定し得る[欧/豪/シンガ/NZ:(ⅰ)に記載されている損害賠償額と推定し得る]侵害に起因する侵害者の利益;及び
[(ⅲ)加/NZ:明確化のため、加盟国は、特別なケースにおける損害賠償に制限あるいは例外を設けることができる。]

(b)[加/シンガ/NZ:著作権あるいは著作隣接権侵害][加/シンガ:及び商標権侵害][日/米:知的財産権の][メキシコ:知的財産権]侵害の損害賠償額の決定において、その[日/米:司法][加/シンガ:権限を有する]当局が、市価、[加:あるいは]示される小売価格から計算される侵害品あるいは侵害サービスの価値、あるいは、権利者によって主張される他の正当な価値算定法[加/NZ:、あるいは、権利者によって主張される他の正当な価値算定法]、[欧:侵害に起因する侵害者の利益]を考慮に[日/米:入れる][豪/加/NZ:入れることができる]。

第2項 少なくとも、著作権あるいは著作隣接権によって保護される著作物、録音と実演に関しては、そして、商標権侵害のケースにおいては、民事司法手続きにおいて、[欧/加:第1項の代わりに、]各加盟国は、以下のことを規定する法制を整備・維持する:
(a)予め決められた損害賠償額;あるいは
(b)[米/加:将来の侵害を抑止し、]権利者に侵害によって生じた損害を完全に補償するのに十分な損害賠償額の推定

脚注:このような措置は、損害賠償額は、(ⅰ)侵害行為が無かったとしたら権利者によって販売されていただろう物の1個あたりの利益額を、権利者の知的財産権を侵害し、本当に第3者に帰す侵害品の数にかけた額あるいは(ⅱ)合理的な利用料[欧:あるいは(ⅲ)少なくとも問題の知的財産権の利用許可を侵害者が求めたとしたら、得られただろう合理的な利用料のような要素に基づいた総額]であるとする推定を[日:含む][米/欧/シンガ/加:含むことができる]。)

第3項 各加盟国は、権利者が、第1項に規定されている損害賠償に代えて第2項の法制を選ぶ権利を有することを規定する。

第4項 各加盟国は、例外的な状況を除き、[欧:公平性の原理によって許される限りにおいて、]その司法[NZ:権限を有する]当局が、[日/米:著作権あるいは著作隣接権侵害、特許権侵害{加/NZ:特許権侵害}、あるいは商標権侵害に関する][欧:著作権あるいは著作隣接権侵害、特許権侵害、あるいは商標権侵害に関する]民事司法手続きの終結時に、[NZ:適切な]法廷[欧:{合理的でバランスの取れた}欧/加/NZ:法的]費用について敗訴当事者が勝訴当事者に[日/米:支払わなければならない][加:支払う]ことを命じる権限を有することを規定する。各加盟国は、[米/加/豪/モロッコ:例外的な状況を除き、][欧:公平性の原理によって許される限りにおいて、][米/加/豪/モロッコ:{米/豪/モロッコ:少なくとも}著作権あるいは著作隣接権侵害あるいは故意の商標権侵害に関する手続きにおいて、]その[日/米:司法][NZ:権限を有する]当局が、[日/加/豪/モロッコ:適切なケースで、][メキシコ:適切なケースで、][日/米:合理的な][NZ:適切な]弁護士費用について敗訴当事者が勝訴当事者に支払うことを命じる権限を有することも[日/米:規定する][モロッコ:規定できる]。[米/豪/モロッコ:さらに、各加盟国は、その司法当局が、少なくとも例外的な状況において、特許権侵害に関する民事司法手続きの終結時に、合理的な弁護士費用について敗訴当事者が勝訴当事者に支払うことを命じる権限を有することを規定する。][モロッコ:、費用は、その合理的な水準を決める裁判官の判断に委ねられる。][欧:さらに、各加盟国は、その司法当局が、少なくとも例外的な状況において、特許権侵害に関する民事司法手続きの終結時に、合理的な弁護士費用について敗訴当事者が勝訴当事者に支払うことを命じる権限を有することを規定する。

第2.3条 その他の救済措置

第1項 [米:少なくとも][加:少なくとも][米/豪/加/シンガ/韓/NZ:海賊版あるいは模倣品][日/欧/メキシコ:知的財産権を侵害するもの]と分かった物について、各加盟国は、民事司法手続きにおいて、権利者の求めに応じ、何らの補償なく、例外的な状況を除き、[加:例外的な状況を除き、]そのような物の[NZ:権利者への没収を、][日/米:破棄を、][欧/加/NZ:商業チャネルからのリコールあるいは完全な除去を、][日/豪/欧/加/メキシコ/韓/NZ:その司法{NZ:権限を有する}当局が、命じる権限を有すること]を規定する。

第2項 さらに各加盟国は、その司法当局が、[日/欧/メキシコ:{メキシコ:知的財産権}侵害品][米/豪/加/シンガ:海賊版あるいは模倣品][NZ:著作権あるいは著作隣接権侵害品]の製造に[米/豪/NZ:用いられた][欧:用いられた][日/欧/加:主として用いられる]材料と装置について、何らの補償なく、[米/欧/メキシコ:速やかな][豪:速やかな][加:不当な遅滞の無い][NZ:権利者への没収][日/米:破棄]、あるいは、[米/欧/メキシコ/NZ:例外的な状況で、][豪:例外的な状況で、]さらなる侵害のリスクを最小化するような形での商業チャネルからの除去を命じる権限を有することを規定する。

第3項 商標権侵害品に関しては、[日/豪/加/メキシコ:例外的な状況を除き、]違法に付された商標の単なる除去は商業チャネルに物品を流すのを認めるのに十分でない。

第2.4条 侵害に関する情報

[特に、個人情報の処理あるいは情報源秘匿の保護に関する他の法規定にかかわらず、]各加盟国は、[日/米:知的財産権][加:著作権あるいは著作隣接権及び商標権]のエンフォースメントに関する民事司法手続きにおいて、その司法当局が、権利者の正当な求めに基づいて、[日/米:証拠を集めるために、][欧:証拠を集めるために、][モロッコ:審理における措置の枠内で、]その有するあるいは管理しているあらゆる[加:関連する]情報[欧:商業的な規模での侵害品あるいはサービスの起源と頒布ネットワークに関する情報]を、[日:適用される法令に規定された形式で、][日/欧/加/メキシコ:それが適切な場合は、]侵害者が権利者あるいは司法当局に提供することを命じる権限を有することを規定する。このような情報は、侵害品あるいはサービスの製造あるいは頒布あるいはその頒布チャネルにかかわる第3者を特定可能な情報など、何らかの形で侵害にかかわっている者に関する、そして、そのような物あるいはサービスの製造手段あるいは頒布チャネルに関する情報を含み得る。[加:より明確に、この規定は、コモンローあるいは法的な職業上の権利のような法規定上の権利に反しない限りにおいて適用される。]

第2.5条 仮の措置

第X項 欧:各加盟国は、その司法当局が、申立人の申し立てにより、知的財産権の差し迫った侵害を抑止するための仮処分を出す権限を有することを規定する。仮処分は、そのサービスが第3者によって知的財産権侵害に用いられている仲介者に対しても、同様の条件で、出され得る。各加盟国は、本訴訟が始まる前であっても、侵害の疑いについて関連する証拠を保全するためにも、この仮の措置が出され得ることを規定する。このような措置は、とりわけ、詳細な説明、サンプルの取得、あるいは、文書あるいは侵害品の物理的な差し押さえを含み得る。]

オプション1 [第1項 米/欧/シンガ:各加盟国は、その司法当局が、申し立てに基づき、他方当事者の意見を聞くことなく、迅速に仮の措置について行動し、[シンガ:例外的な状況を除き、その申し立てに基づき、10日以内に決定を行うよう努める][米/欧:例外的な状況を除き、その申し立てに基づき、{米:10日以内に}{欧:遅滞なく}{メキシコ:20日以内に}決定を行うよう努める]ことを規定する。]

オプション2 [第1項 日:各加盟国は、仮の措置の手続きが他方当事者の意見を聞かずに行われる場合、その{日:司法}{メキシコ:権限を有する}当局が、仮の措置の申し立てに基づき、迅速に決定を行うことを担保する。]

オプション3 [第1項 加/豪/韓/NZ:各加盟国の当局は、国内の司法法令に則り、{加/豪:救済命令}{韓/NZ:仮の措置}の申し立てに基づき、他方当事者の意見を聞くことなく、{加:不当な遅滞なく}{韓/豪/NZ:迅速に}行動する。]

第2項 [日/米/NZ/メキシコ:著作権あるいは著作隣接権侵害及び商標権侵害に関する民事{日/米:司法}{NZ:あるいは行政}手続きにおいて][欧:著作権あるいは著作隣接権侵害及び商標権侵害に関する民事司法手続きにおいて]、各加盟国は、その司法当局が、[適切な場合に、]侵害が疑われる物と、侵害に関係する材料と装置[米/豪/加/NZ:と、少なくとも商標権侵害について、侵害に関係する証拠文書]の差し押さえあるいは保全を命じる権限を有することを規定する。

第3項 各加盟国は、その[日/米:司法][メキシコ:権限を有する]当局が、仮の措置に関して、原告の権利が侵害されているか、その侵害が差し迫ったものであることについて十分に確証を得られるよう合理的に入手可能な証拠を提供することを原告に求める権限と、被告の保護と濫用の防止のため、[米/日:そして、このような手続きにおける償還を不当に制限することがないようにしつつ、]十分な程度の合理的なあるいは同等の保証金の供託を命じる権限を有することを規定する。

第4項 欧/加:各加盟国は、20営業日あるいは31日を超えない期間内か、加盟国の国内法が認めるようであれば司法当局によって決められる合理的な期間内に、権限を有する司法当局における本訴訟を申し立て人が起こさない場合、第1、2及び3項に記載された仮の措置は却下されるか、さもなければ効力を失うことを担保する。][NZ:本項削除。]

 詳しくは上を読んでもらえればと思うが、この民事エンフォースメント関連部分については、インターネット関連部分ほどの問題はないものの、第2.2条第2項にいわゆる著作権侵害(と商標権侵害)の法定賠償が入って来ていることには注意しておいた方が良い。何度かパブコメでも指摘している通り、法定損害賠償制度は、アメリカで一般ユーザーに法外な損害賠償を発生させ、その国民のネット利用におけるリスクを不当に高め、ネットにおける文化と産業の発展を阻害することにしかつながっていないものであり、日本において導入されるべきとは到底思えない制度である。このような条文が入っていることは、以前の知財本部の「インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関する調査」(提出パブコメ参照)に「損害賠償額の算定を容易にするための方策」についての項目があったことや、日本レコード協会などの権利者団体などが法定賠償制度の導入を求めていること(第2回インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループ(議事次第議事録)の日本レコード協会資料(pdf)参照)と決して無関係ではないと私は考えている。この部分については選択になっており、法定賠償制度の導入が必要となるとは条文上必ずしも読めず、日本政府のコミットメントも不明だが、この部分についてもポリシーロンダリングの危険性があるだろう。

 海外でこの条約の不透明性が大きな問題となって来ていることは何度か取り上げて来ているが、ドイツでは法務大臣が海賊版対策条約に絡んでストライクポリシーを導入することはないと言い(Spiegelの記事(ドイツ語)参照)、さらに、欧州議会で海賊版対策条約の透明性向上決議が633対13の圧倒的多数で議決されるなど(zdnet.frの記事(フランス語)、ガイスト氏のブログ記事1参照)、欧州において、その秘密性に対する不信、透明性を上げようとする力はこの上なく高まっている。これに対し、アメリカは欧州の透明性向上のための提案を拒否し、例によってこの条約もほぼ自国法制の押し付けに使っているので当然と言えば当然だが、今のまま条約の検討を進めることを主張しているというのが今の大まかな世界の状況である(nationaljournal.comの記事、ガイスト氏のブログ記事2参照)。

 しかし、翻って日本を見ると、つい先日の12日に開催された第4回知財本部のコンテンツ強化専門調査会(議事次第参照)でも、その資料インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策についての検討状況(pdf)で、具体的な条文を隠したまま、プロバイダーの責任制限とDRM回避規制の強化について「ACTA交渉における主な課題の1つであることを踏まえ、優先して検討」と一方的に宣言した上で、プロバイダーに無意味に責任を押し付け、その免責という形での、侵害行為を繰り返す利用者に対するサービスの停止(ストライクポリシー)やフィルタリングの強制、DRM(アクセスコントロール)回避機器規制における刑事罰の付与、アクセスコントロール回避行為そのものの規制を行うべきとやはり変わらず露骨に危険な規制強化色を出し続け、国民の意見も、関係各者の意見も無視して、政府がぬけぬけとポリシーロンダリングを図っているというのが日本の惨憺たる現状である。欧米における法規制の具体的解釈・運用の問題を勝手に無視して、やはり一方的に国際動向を決めつけているあたりなど、知財本部もやはり日本の官庁の例に洩れず、デタラメな国際動向プロパガンダを行っていることも見逃されてはならない。

(さらに、他の資料「知的財産財推進計画(仮称)」骨子に盛り込むべき事項(案)(コンテンツ強化関連)(pdf)では、「デジタル化・ネットワーク化に対応した著作権制度の在り方(保護期間、補償金等の権利の在り方を含む)について総合的な検討を行い、検討の結果、措置を講じることが可能なものから順次実施しつつ、2012年までに結論を得る。(中期)」という項目も入っているが、既に文化庁と権利者団体以外ではほぼ結論の出そろっている保護期間延長問題について、文化庁のデタラメな采配の結果既に裁判にまで発展している補償金問題について、今現在行政でこれ以上何を検討する必要があるのかさっぱり分からない。この点でも国民の意見は踏みにじられようとしている。)

 政府内の役人は何も考えていないのだろうが、端的に言って、海賊版対策条約(ACTA)について、日本は、自分で言い出しておきながら最も議論が遅れ、他国の異質な法制を一方的に押し付けられようとしているという、さらに、今のままでは日本は丸損の上ネット検閲条約の提案国として世界的に指弾されることになりかねないという愚かにもほどがある状況にある。明日15日にも、知財本部で第4回のインターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループが開催されるが(開催案内参照)、どのような中間とりまとめ案が出されるか、私は極めて不安である。

 また、前の提出パブコメから公益法人関係の奴を抜き出して少し手を入れただけなので、新しくエントリを立てて載せることはしないが、ハトミミ.comで3月23日〆切で行われている独立行政法人及び公益法人関係のパブコメも提出したので、最後に合わせ書いておく。

(2010年3月16日夜の追記:先日15日に知財本部で第4回のインターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループが開催された(議事次第参照)。その事務局作成の論点整理資料(pdf)でも、規制の問題点も多少一緒にあげられているものの、相変わらず、知財本部はその問題点の十分な検討もしないまま一方的に、DRM回避機器の規制について、「製造」及び「回避サービスの提供」まで対象行為を広げ、「のみ」要件の緩和・主観的要件と客観的要件の組み合わせによる規制等で対象機器の範囲を広げ、アクセスコントロール回避機器の頒布等に刑事罰を設け、回避機器の水際規制を設け、個人のアクセスコントロール回避行為を規制することが必要ではないかと、プロバイダー責任制限法により、無意味にプロバイダーの責任を増し、その免責条件として、ネット切断などの対策が含まれてくるだろうガイドラインをプロバイダーに押し付けることが必要ではないかと危険な規制強化の項目ばかりを並べ続けている。次回のコンテンツ強化専門調査会は3月23日だが(開催案内参照)、到底実のある議論がされるとは思えず、私の不信は高まるばかりである。)

(2010年3月20日の追記:またも一方的な論点整理が事務局から提示され、要領を得ない議論がなされるのではないかと私は懸念しているが、次回の第5回インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループは3月24日開催予定となっている(開催案内参照。コメント・情報ありがとうございます)。また、特許などが中心で他の話に比べるとそこまで問題が大きくないため、あまり取り上げていないが、次回の第5回知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会は3月26日開催予定となっている(開催案内参照)。)

(2010年5月1日の追記:一ヶ所翻訳中の誤記を訂正した。)

|

« 第218回:新たにリークされた文書から見る模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)に対する日本政府のスタンス(インターネット関連部分) | トップページ | 番外その23:青少年健全育成条例改正案についての都の見解に対する個人的見解 »

知財本部・知財事務局」カテゴリの記事

TPP・ACTA」カテゴリの記事

コメント

こんなのがありました。いつも思いますが、休日にやってほしいな。

インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関する
ワーキンググループ(第5回)の開催について
ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/boutyou/chosakuken_dai5.html

日 時:平成22年3月24日(水)13:00~15:00

場 所:内閣官房知的財産戦略推進事務局内会議室
(東京都千代田区永田町2-4-12 内閣府庁舎別館2階)

議 題:インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策について

投稿: | 2010年3月20日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/33774557

この記事へのトラックバック一覧です: 第219回:新たにリークされた文書から見る模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)に対する日本政府のスタンス(民事エンフォースメント関連部分):

« 第218回:新たにリークされた文書から見る模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)に対する日本政府のスタンス(インターネット関連部分) | トップページ | 番外その23:青少年健全育成条例改正案についての都の見解に対する個人的見解 »