« 第205回:知的財産戦略本部会合の資料と特許制度研究会の報告書 | トップページ | 第207回:著作権の権利制限に関するイギリス政府の意見募集ペーパー »

2009年12月21日 (月)

第206回:イギリスのデジタル経済法案(イギリス版ストライクアウト法案)

 前回、知財本部の会合の話を取り上げたが、その議事録が公開されたので、そのリンクを最初に張っておく。

 この議事録中で、日本の知財学界の重鎮である、元東大教授の中山信弘氏は「戦略本部には、法案を作る能力が無いために、今までは戦略本部が戦略計画を作って、後は各官庁がそれを独自に実施しているという状態であったわけで、統一性がとれていなかった面が有るわけです。一例を挙げますと、政府として振興策を採り、今後の発展が期待されているコンテンツ産業の我が国の成長率は、世界の平均をはるかに下回っているわけであります。コンテンツは、知的財産制度と密接な関係に有るわけですけれども、その整備が遅れているにもかかわらず、各官庁の統一がとれていないというのが現状であります。この戦略本部が主導権をとって、きちっと各官庁を指導していくという、そういう立場をとっていただきたいと思います」と、明確に知財本部に苦言を呈しているが、この本部会合は30分という短時間で開催されたものであり、全ての意見は言いっぱなしに終わっている。

 菅副総理が最後に「単なる調整役ではなくて、戦略性を持った形での本部というものを、また色々知恵を借りて出していただきたいと思います」とは言っているが、やはり例年通り「専門調査会での検討を経て、来年前半に新たな知的財産推進計画を取りまとめ」ることとされ、鳩山首相・菅副総理を始めとして並んでいただろう大臣連が中山信弘先生の根本的な問題提起を理解したとは到底思えない状況である。この体たらくでは、残念ながら、来年も政策は迷走し続けるだろう。

 さて、まだ法案が貴族院(イギリス上院)に提出され委員会審議にかかっている段階であり、権利者団体以外ほぼあらゆる者に反対されていることを考えても、下院まで含めてこのまますんなり法案が通るとは思えないが、今回は、今現在イギリスで非難が沸騰しているデジタル経済法案、イギリス版ストライクアウト法案について紹介したいと思う。

 このデジタル経済法案には、孤児作品に関する事項なども含まれているので、もし何かあれば他の部分もそのうち紹介したいと思うが、ここでは、イギリス上院のHPに載っている当初の法改正案(pdf)から、通信法(2003年の現行通信法)改正部分の、ネット切断型の違法コピー対策、ストライクポリシーに関する第124A条から第124M条までを以下に抄訳する。

Online infringement of copyright: obligations of internet service providers
124A Obligation to notify subscribers of copyright infringement reports

(1) This section applies if it appears to a copyright owner that—
(a) a subscriber to an internet access service has infringed the owner’s copyright by means of the service; or
(b) a subscriber to an internet access service has allowed another person to use the service, and that other person has infringed the owner’s copyright by means of the service.

(2) The owner may make a copyright infringement report to the internet service provider who provided the internet access service if a code in force under section 124C or 124D (an “initial obligations code”) allows the owner to do so.

(3) A “copyright infringement report” is a report that—
(a) states that there appears to have been an infringement of the owner’s copyright;
(b) includes a description of the apparent infringement;
(c) includes evidence of the apparent infringement that shows the subscriber’s IP address and the time at which the evidence was gathered; and
(d) complies with any other requirement of the initial obligations code.

(4) An internet service provider who receives a copyright infringement report must notify the subscriber of the report if the initial obligations code requires the provider to do so.

(5) A notification under subsection (4) must include—
(a) a statement that it is sent under this section in response to a copyright infringement report made by a copyright owner;
(b) a description of the apparent infringement;
(c) evidence of the apparent infringement;
(d) information about copyright and its purpose;
(e) advice about how to obtain lawful access to copyright works;
(f) advice about the protection of electronic communications networks that use wireless telegraphy; and
(g) anything else that the initial obligations code requires it to include.

(6) The things that may be required under subsection (5)(g), whether in general or in a particular case, include in particular statements that—
(a) information about the apparent infringement may be kept by the internet service provider;
(b) the copyright owner may require the provider to disclose which copyright infringement reports made by the owner to the provider relate to the subscriber;
(c) following such a disclosure, the copyright owner may apply to a court to learn the subscriber’s identity and may bring proceedings against the subscriber for copyright infringement;
(d) the number and nature of copyright infringement reports relating to the subscriber may be taken into account for the purposes of any technical measures.

(7) In this section “notify”, in relation to a subscriber, means send a notification to the electronic or postal address held by the internet service provider for the subscriber (and sections 394 to 396 do not apply).

124B Obligation to provide copyright infringement lists to copyright owners
(1)
An internet service provider must provide a copyright owner with a copyright infringement list for a period if—
(a) the owner requests the list for that period; and
(b) an initial obligations code requires the internet service provider to provide it.

(2) A “copyright infringement list” is a list that—
(a) sets out, in relation to each relevant subscriber, which of the copyright infringement reports made by the owner to the provider relate to the subscriber, but
(b) does not enable any subscriber to be identified.

(3) A subscriber is a “relevant subscriber” in relation to a copyright owner if—
(a) the owner has made one or more copyright infringement reports in relation to the subscriber; and
(b) the number of the reports has reached the threshold (if any) set in the initial obligations code.

124C Approval of code about the initial obligations
(1)
The obligations of internet service providers under sections 124A and 124B are the “initial obligations”.

(2) If it appears to OFCOM—
(a) that a code has been made by any person for the purpose of regulating the initial obligations; and
(b) that it would be appropriate for them to approve the code for that purpose,
they may approve it, with effect from the date given in the approval.

(3) The provision that may be contained in a code and approved under this section includes provision that—
(a) specifies conditions that must be met for rights and obligations under the copyright infringement provisions or the code to apply in a particular case;
(b) requires copyright owners or internet service providers to provide any information or assistance that is reasonably required to determine whether a condition under paragraph (a) is met.

(4) The provision mentioned in subsection (3)(a) may, in particular, specify that a right or obligation does not apply in relation to a copyright owner unless the owner has made arrangements with an internet service provider regarding—
(a) the number of copyright infringement reports that the owner may make to the provider within a particular period; and
(b) payment in advance of a contribution towards meeting costs incurred by the provider.

(5) The provision mentioned in subsection (3)(a) may also, in particular, provide that—
(a) except as provided by the code, rights and obligations do not apply in relation to an internet service provider unless the number of copyright infringement reports the provider receives within a particular period reaches a threshold set out in the code;
(b) once the threshold is reached, rights or obligations apply in relation to a time before it was reached.

(6) OFCOM must not approve a code under this section unless satisfied that it meets the criteria set out in section 124E.

(7) Not more than one approved code may have effect at a time.

(8) OFCOM must keep an approved code under review.

(9) OFCOM may, at any time, for the purpose mentioned in subsection (2)—
(a) approve modifications that have been made to an approved code; or
(b) withdraw their approval from an approved code, with effect from a date given in the approval or withdrawal, and must do so if the code ceases to meet the criteria set out in section 124E.

(10) The consent of the Secretary of State is required for the approval of a code or the modification of an approved code.

(11) Where OFCOM give or withdraw an approval under this section, they must give notification of their approval or of its withdrawal.

(12) The notification must be published in such manner as OFCOM consider appropriate for bringing it to the attention of the persons who, in OFCOM’s opinion, are likely to be affected by the approval or withdrawal.

124D Initial obligations code by OFCOM in the absence of an approved code
(1)
For any period when sections 124A and 124B are in force but for which there is no approved initial obligations code under section 124C, OFCOM must by order make a code for the purpose of regulating the initial obligations.

(2) OFCOM may, but need not, comply with subsection (1) so far as the period falls six months or less after sections 124A and 124B come into force.

(3) A code under this section may do any of the things mentioned in section 124C(3) to (5).

(4) A code under this section may also—
(a) establish one or more bodies corporate with the capacity to make their own rules and establish their own procedures;
(b) determine the jurisdiction of a body established by the code or, for the purposes of the code, of any other person;
(c) confer jurisdiction with respect to any matter on OFCOM themselves (but this is subject to anything else in or under the copyright infringement provisions that relates to appeals by subscribers);
(d) provide for a person on whom jurisdiction is conferred to make awards of compensation, to direct the reimbursement of costs, or to do both;
(e) provide for such a person to enforce, or to participate in the enforcement of, any awards or directions made under the code;
(f) make other provision for the enforcement of such awards and directions; and
(g) make other provision for the purpose of regulating the initial obligations.

(5) OFCOM must not make a code under this section unless they are satisfied that it meets the criteria set out in section 124E.

(6) OFCOM must—
(a) keep a code under this section under review; and
(b) by order make any amendment of it that is necessary to ensure that while it is in force it continues to meet the criteria set out in section 124E.

(7) The consent of the Secretary of State is required for the making or amendment by OFCOM of a code under this section.

(8) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

124E Contents of initial obligations code
(1)
The criteria referred to in sections 124C(6) and 124D(5) are—
(a) that the code makes the required provision about copyright infringement reports (see subsection (2));
(b) that it makes the required provision about the notification of subscribers (see subsection (3));
(c) that it makes provision about how internet service providers are to keep information about subscribers;
(d) that it limits the time for which they may keep that information;
(e) that it makes any provision about contributions towards meeting costs that is required to be included by an order under section 124L;
(f) that the requirements concerning enforcement and related matters are met in relation to the code (see subsection (4));
(g) that the provisions of the code are objectively justifiable in relation to the matters to which it relates;
(h) that those provisions are not such as to discriminate unduly against particular persons or against a particular description of persons;
(i) that those provisions are proportionate to what they are intended to achieve; and
(j) that, in relation to what those provisions are intended to achieve, they are transparent.

(2) The required provision about copyright infringement reports is provision that specifies—
(a) requirements as to the means of obtaining evidence of infringement of copyright for inclusion in a report;
(b) the standard of evidence that must be included;
(c) the required form of the report; and
(d) a time limit for making the report.

(3) The required provision about the notification of subscribers is provision that specifies, in relation to a subscriber in relation to whom an internet service provider receives one or more copyright infringement reports—
(a) requirements as to the means by which the provider identifies the subscriber;
(b) which of the reports the provider must notify the subscriber of; and
(c) requirements as to the form, contents and means of the notification in each case.

(4) The requirements concerning enforcement and related matters are—
(a) that OFCOM or another person has, under the code, the functions of administering and enforcing it, including the function of resolving copyright infringement disputes;
(b) that any such other person is sufficiently independent of internet service providers and copyright owners;
(c) that there is a person who, under the code, has the function of determining subscriber appeals;
(d) that that person is sufficiently independent of internet service providers, copyright owners and OFCOM; and
(e) that there are adequate arrangements under the code for the costs of the carrying out by a person mentioned in paragraph (a) or (c) of functions in relation to the code to be met by internet service providers and copyright owners.

(5) The provision mentioned in subsection (4) may include, in particular—
(a) provision for the payment, to a person specified in the code, of a penalty not exceeding the maximum penalty for the time being specified in section 124K(2);
(b) provision requiring a copyright owner to indemnify an internet service provider for any loss or damage resulting from the owner’s failure to comply with the code or the copyright infringement provisions.
...

124G Obligations to limit internet access: assessment and preparation
(1)
The Secretary of State may direct OFCOM to—
(a) assess whether one or more technical obligations should be imposed on internet service providers;
(b) take steps to prepare for the obligations;
(c) provide a report on the assessment or steps to the Secretary of State.

(2) A “technical obligation”, in relation to an internet service provider, is an obligation for the provider to take a technical measure against particular subscribers to its service.

(3) A “technical measure” is a measure that—
(a) limits the speed or other capacity of the service provided to a subscriber;
(b) prevents a subscriber from using the service to gain access to particular material, or limits such use;
(c) suspends the service provided to a subscriber; or
(d) limits the service provided to a subscriber in another way.

(4) The assessment and steps that the Secretary of State may direct OFCOM to carry out or take under subsection (1) include, in particular—
(a) consultation of copyright owners, internet service providers, subscribers or any other person;
(b) an assessment of the likely efficacy of a technical measure in relation to a particular type of internet access service; and
(c) steps to prepare a proposed technical obligations code.

(5) Internet service providers must give OFCOM any assistance that OFCOM reasonably require for the purposes of complying with any direction under this section.

(6) The Secretary of State must lay before Parliament any direction this section.

124H Obligations to limit internet access
(1)
The Secretary of State may at any time by order impose a technical obligation on internet service providers if the Secretary of State considers it appropriate in view of—
(a) an assessment carried out or steps taken by OFCOM under section 124G; or
(b) any other consideration.

(2) An order under this section must specify the date from which the technical obligation is to have effect, or provide for it to be specified.

(3) The order may also specify—
(a) the criteria for taking the technical measure concerned against a subscriber;
(b) the steps to be taken as part of the measure and when they are to be taken.

124I Code by OFCOM about obligations to limit internet access
(1)
For any period during which there are one or more technical obligations in force under section 124H, OFCOM must by order make a technical obligations code for the purpose of regulating those obligations.

(2) The code may be made separately from, or in combination with, any initial obligations code made under section 124D.

(3) A code under this section may—
(a) do any of the things mentioned in section 124C(3) to (5) or section 124D(4)(a)to (f)); and
(b) make other provision for the purpose of regulating the technical obligations.

(4) OFCOM must not make a code under this section unless they are satisfied that it meets the criteria set out in section 124J.

(5) OFCOM must—
(a) keep a code under this section under review; and
(b) by order make any amendment of it that is necessary to ensure that while it is in force it continues to meet the criteria set out in section 124J.

(6) The consent of the Secretary of State is required for the making or amendment by OFCOM of a code under this section.

(7) Section 403 applies to the power of OFCOM to make an order under this section.

(8) A statutory instrument containing an order made by OFCOM under this section is subject to annulment in pursuance of a resolution of either House of Parliament.

124J Contents of code about obligations to limit internet access
(1)
The criteria referred to in section 124I(4) are—
(a) that the requirements concerning enforcement and related matters are met in relation to the code (see subsection (2));
(b) that it makes any provision about contributions towards meeting costs that is required to be included by an order under section 124L;
(c) that it makes any other provision that the Secretary of State requires it to make;
(d) that the provisions of the code are objectively justifiable in relation to the matters to which it relates;
(e) that those provisions are not such as to discriminate unduly against particular persons or against a particular description of persons;
(f) that those provisions are proportionate to what they are intended to achieve; and
(g) that, in relation to what those provisions are intended to achieve, they are transparent.

(2) The requirements concerning enforcement and related matters are—
(a) that OFCOM or another person has, under the code, the functions of administering and enforcing it, including the function of resolving copyright infringement disputes;
(b) that any such other person is sufficiently independent of internet service providers and copyright owners;
(c) that there is a person who, under the code, has the function of determining subscriber appeals;
(d) that that person is sufficiently independent of internet service providers, copyright owners and OFCOM;
(e) that there are adequate arrangements under the code for the costs of the carrying out by a person mentioned in paragraph (a) or (c) of functions in relation to the code to be met by internet service providers and copyright owners; and
(f) that provision is made, in accordance with subsection (3), for the appeal to the First-tier Tribunal of determinations of subscriber appeals.

(3) The provision mentioned in subsection (2)(f) is provision—
(a) enabling a determination of a subscriber appeal to be appealed to the First-tier Tribunal, including on grounds that it was based on an error of fact, wrong in law or unreasonable;
(b) giving the First-tier Tribunal power, in relation to an appeal to it, to—
(i) withdraw a technical measure;
(ii) confirm a technical measure;
(iii) take any steps that a person administering or enforcing the code could take in relation to the act or omission giving rise to the technical measure;
(iv) remit the decision whether to confirm the technical measure, or any matter relating to that decision, to a person mentioned in subsection (2)(c);
(v) award costs;
(c) in relation to recovery of costs awarded by the Tribunal.

(4) The provision mentioned in subsection (2) may also (unless the Secretary of State requires otherwise) include, in particular—
(a) provision for the payment, to a person specified in the code, of a penalty not exceeding the maximum penalty for the time being specified in section 124K(2);
(b) provision requiring a copyright owner to indemnify an internet service provider for any loss or damage resulting from the owner’s infringement or error in relation to the code or the copyright infringement provisions;
(c) provision for the taking of a technical measure to be postponed until a subscriber appeal to a person mentioned in subsection (2)(c) or an appeal to the First-tier Tribunal has been determined.
...

124K Enforcement of obligations
(1)
Sections 94 to 96 apply in relation to a contravention of an initial obligation or a technical obligation, or a contravention of an obligation under section 124G(5), as they apply in relation to a contravention of a condition set out under section 45.

(2) The amount of the penalty imposed under section 96 as applied by this section is to be such amount not exceeding £250,000 as OFCOM determine to be—
(a) appropriate; and
(b) proportionate to the contravention in respect of which it is imposed.

(3) In making that determination OFCOM must have regard to—
(a) any representations made to them by the internet service provider;
(b) any steps taken by the provider towards complying with the obligations contraventions of which have been notified to the provider under section 94 (as applied); and
(c) any steps taken by the provider for remedying the consequences of those contraventions.

(4) The Secretary of State may by order amend this section so as to substitute a different maximum penalty for the maximum penalty for the time being specified in subsection (2).

(5) No order is to be made containing provision authorised by subsection (4) unless a draft of the order has been laid before Parliament and approved by a resolution of each House.

124L Sharing of costs
(1)
The Secretary of State may by order specify provision that must be included in an initial obligations code or a technical obligations code about payment of contributions towards costs incurred under the copyright infringement provisions.

(2) Provision specified under subsection (1) may relate to, in particular—
(a) payment by a copyright owner of a contribution towards the costs that an internet service provider incurs;
(b) payment by a copyright owner or internet service provider of a contribution towards the costs that OFCOM incur.

(3) Provision specified under subsection (1) may include, in particular—
(a) provision about costs incurred before the provision is included in an initial obligations code or a technical obligations code;
(b) provision for payment in advance of expected costs (and for reimbursement of overpayments where the costs incurred are less than expected);
(c) provision about how costs, expected costs or contributions must be calculated;
(d) other provision about when and how contributions must be paid.
...

オンライン著作権侵害:インターネット・サービス・プロバイダーの義務
第124A条
 著作権侵害報告を契約者に通知する義務
第1項 著作権者に、以下のように思われた時に、本条は適用される。
(a)インターネット・アクセス・サービスの契約者が、そのサービスを用いて著作権者の著作権を侵害したと思われた時;あるいは
(b)インターネット・アクセス・サービスの契約者が、他の者にそのサービスを使用することを許し、この他の者が、そのサービスを用いて著作権者の著作権を侵害したと思われた時。

第2項 著作権者は、第124C条あるいは第124D条により効力を有する規約(「当初義務規約」)によってそうすることが可能とされていれば、インターネット・アクセス・サービスを提供するインターネット・サービス・プロバイダーに対し、著作権侵害報告を作ることができる。

第3項 「著作権侵害報告」は、
(a)著作権者の著作権の侵害があると思われることを記載し;
(b)その推定される侵害に関する詳細を含み;
(c)その推定される侵害に対する証拠として、契約者のIPアドレスと、この証拠が集められた時を含み;そして
(d)当初義務規約のその他の要件に合致する報告である。

第4項 著作権侵害報告を受け取ったインターネット・サービス・プロバイダーは、当初義務規約がプロバイダーにそうすることを求めている場合は、その報告を契約者に通知しなくてはならない。

第5項 第4項における通知は、次の事項を含まなければならないー
(a)それが、著作権者によって作られた著作権侵害報告に対する応答として本条に基づき送られたものであるという記載;
(b)推定される侵害に関する詳細;
(c)推定される侵害に関する証拠;
(d)著作権とその目的に関する情報;
(e)著作物への合法なアクセスをどのようにして得るかということに関する助言;
(f)ワイヤレス電子通信ネットワークの保護に関する助言;
(g)その他当初義務規約が含めることを求めている事項。

第6項 第5項(g)により求められている事項は、一般的なことを目的とするものであれ特定のことを目的とするものであれ、特に次の事項を含むー
(a)推定される侵害のインターネット・サービス・プロバイダーによる保存に関する情報;
(b)プロバイダーへの著作権者によって作られた著作権侵害報告が関係している契約者についての開示を、著作権者はプロバイダーに求められること;
(c)そのような開示において、著作権者は、契約者の個人情報の開示を裁判所に要求でき、契約者に対し、著作権侵害訴訟を起こせること;
(d)契約者に関する著作権侵害報告の数と性質が、何かしらの技術的手段の目的において考慮に入れられること。

第7項 本条において、契約者に関する、「通知」とは、インターネット・サービス・プロバイダーが契約者について保持している電子あるいは郵便のアドレスに通知を送ることを意味する(ここで、第394条から第396条(訳注:正式な通知に関する条項)は適用されない)。

第124B条 著作権者への著作権侵害リストの提供義務
第1項
 以下の場合には、インターネット・サービス・プロバイダーは、著作権侵害リストを著作権者に提供しなければならないー
(a)著作権者がある期間のそのリストを要求し;そして
(b)当初義務規約が、インターネット・サービス・プロバイダーにそれを提供することを義務づけている場合。

第2項 「著作権侵害リスト」は、
(a)著作権者が作成した著作権侵害報告に関係する契約者を並べたものであるが、
(b)契約者が特定できるようにはされていないリストである。

第3項 以下の場合に、契約者は、著作権者に対し「関係する契約者」とされるー
(a)著作権者が、その契約者について1つあるいはそれ以上の著作権侵害報告を作成し;そして
(b)その報告の数が、(もしあれば)当初義務規約に規定されているしきい値を超えている場合。

第124C条 当初義務規約の承認
第1項
 第124A条と第124B条におけるインターネット・サービス・プロバイダーの義務が、「当初義務」である。

第2項 情報通信庁が、
(a)この当初義務を規定する目的で誰かによって規約が作られ;そして
(b)その目的に照らしてその規約を承認することが適切であると、
判断する時、情報通信庁はそれを承認し、この承認によって与えられた日からそれは効力を有する。

第3項 本条において承認される規約の規定は、次の規定を含み得るー
(a)著作権侵害規定あるいは個別のケースで適用される法令における権利と義務が満たすべき条件の特定;
(b)(a)の条件が満たされているか否かを決定する上で合理的に必要となる情報あるいは補助の提供を、著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーに対して求められるようにすること;

第4項 第3項(a)に記載されている規定は、次のことに関して特に取り決めをインターネット・サービス・プロバイダーと作っていない限り、著作権者に関して権利あるいは義務は適用されないことを明確に記載し得るー
(a)ある特定の期間内に、著作権者からプロバイダーに送られる著作権侵害報告の数;
(b)プロバイダーに発生する費用の負担分の前払い

第5項 第3項(a)に記載されている規定は、特に、次のことを規定することができるー
(a)特定の期間内に著作権侵害報告の数が規約で決められているしきい値を超えない限り、インターネット・サービス・プロバイダーに関して権利と義務は適用されないこと、ただし、規約に特段の定めがある場合はこの限りでない;
(b)一旦そのしきい値に達した場合は、その到達前に権利あるいは義務が適用されること。

第6項 第124E条に決められているクライテリアを満たさない限り、情報通信庁は本条に規定されている規約を承認してはならない。

第7項 2つ以上の承認規約が同時に効力を持つことは無い。

第8項 情報通信庁は、承認した規約について確認をし続けなければならない。

第9項 情報通信庁は、第2項に記載されている目的で、以下のことができるー
(a)承認した規約に加えられる修正の承認;あるいは
(b)承認した規約からの承認の取り消し、これは承認あるいは取り消しで与えられた日から効力を有する、また、第124E条で定められているクライテリアを満たさない場合はそうしなければならない。

第10項 規約の承認あるいは承認した規約の修正には、大臣の同意を必要とする。

第11項 本条に基づき承認を与えるか取り消すかした場合は、情報通信庁は、その承認あるいは取り消しの通知をしなければならない。

第12項 その承認あるいは取り消しによって影響を受けると情報通信庁が考える者に注目されるよう情報通信庁が適切と考えるやり方で、その通知は公表されなくてはならない。

第124D条 承認規約が無い場合に情報通信庁によって作られる当初義務規約
第1項
第124A条と第124B条が施行されたが、第124C条に基づいて承認された当初義務規約が存在していない時には、情報通信庁は、当初義務を規定する目的の規約を命令によって作らなければならない。

第2項 第124A条と第124B条の施行後6ヶ月以内については、情報通信庁は、第1項に従ってもよいが、その必要は無い。

第3項 本条に基づく規約にも、第124C条第3項から第5項が適用される。

第4項 本条に基づく規約は、以下のことを含み得るー
(a)自身の規則を作り、自身の手続きを定め得る1つあるいはそれ以上の主体を設立すること;
(b)規約によって設立される主体、あるいは、規約の目的に照らして他の者の裁判権を定めること;
(c)何らかの事項について情報通信庁自体に裁判権を与えること(ただし、契約者による上訴に関する著作権侵害規定に関係する事項を除く);
(d)裁判権を与えられた者に、補償、費用の裁定に関する指導、あるいはその両方ができるようにすること;
(e)そのような者に、この規約をエンフォースメントできるように、あるいは、このエンフォースメントに、規約に基づいてなされる裁定あるいは指導に関与できるようにすること;
(f)そのような裁定あるいは指導のエンフォースメントに関するその他の規定;
(g)当初義務を規定することを目的とするその他の規定;

第5項 第124E条に定められているクライテリアを満たさない限り、情報通信庁は、本条に基づく規約を定めてはならない。

第6項 情報通信庁は、
(a)本条に基づく規約を確認し続け;そして
(b)それが効力を有している間に、第124E条で定められているクライテリアを満たすことを確保するのに必要である場合には、命令によってその修正をしなければならない。

第7項 本条に基づく規約の情報通信庁による作成あるいは修正には、大臣の同意を必要とする。

第8項 第403条(訳注:情報通信庁によって作られる規則と命令に関する条項)が、本条に基づく命令の作成に関する情報通信庁の権限にも適用される。

第124E条 当初義務規約の内容
第1項
 第124C条第6項と第124D条第5項に記載されているクライテリアはー
(a)規約において、著作権侵害報告(第2項参照)に関して必要な規定を作ること;
(b)契約者への通知(第3項参照)に関して必要な規定を作ること;
(c)インターネット・サービス・プロバイダーがどのように契約者に関する情報を保持するかに関する規定を作ること;
(d)その情報をいつまで保持できるかを定めること;
(e)第124L条の命令によって含められなくてはならないとされる費用の分配に関する規定を作ること;
(f)規約に関係して、エンフォースメントとそれに関連する事項について満たすべき条件を定めること(第4項参照);
(g)関係する事項について、規定がその目的に照らし客観的に正当なものであること;
(h)その規定が、特定の者について、あるいは、特定の者に関する記載について、不当な区別をするようなものとなっていないこと;
(i)その規定が、達成すべきことに対して、バランスの取れたものとなっていること;そして
(j)その規定が達成すべきことに関して、透明性が保たれていること。

第2項 著作権侵害報告についての規定は、次のことを定めなければならないー
(a)報告に含まれる著作権侵害の証拠を得る手段について求められる要件;
(b)含まれるべき証拠に関する基準;
(c)報告で必要とされる様式;そして
(d)報告作成の期限。

第3項 インターネット・サービス・プロバイダーが1つあるいはそれ以上の著作権侵害を受け取った契約者への通知についての規定は、次のことを定めなければならないー
(a)プロバイダーが契約者を特定する上で用いる手段に関する条件;
(b)プロバイダーが契約者に通知することを求められた報告について;そして
(c)それぞれのケースにおける通知の様式、内容と手段に関する条件。

第4項 エンフォースメントと関連事項に関して、以下のことが必要とされるー
(a)情報通信庁あるいは他の者が、本条に基づき、著作権侵害に関する紛争解決の役割を含め、それを管理し、エンフォースする役割を果たすこと;
(b)そのような他の者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(c)本条に基づき、契約者の上訴を判断する役割を果たす者がいること;
(d)その者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(e)(a)あるいは(c)に記載されている者によって実施されることの費用について、規約に照らして適切な取り決めが、インターネット・サービス・プロバイダーと権利者の間でなされること。

第5項 第4項に記載されている規定は、特に、次の事項を含むことができるー
(a)第124K条第2項で規定されている時点における最大の罰金を超えることの無い罰金の支払いを、規約で特定される者に支払うとする規定;
(b)規約あるいは著作権侵害に関する規定に、著作権者の過失により従うことができなかった場合に、それによって生じた損失あるいは損害について、インターネット・サービス・プロバイダーを免責することを著作権者に求める規定;

(略:第6項 「著作権侵害紛争」と「契約者による上訴」という用語の解釈・定義規定。)

(略:第124F条 進展報告書に関する規定。インターネットにおける著作権侵害の状況について、情報通信庁が定期的に大臣に報告することと規定。)

第124G条 インターネットアクセスを制限する義務:評価と準備
第1項
 大臣は、以下のことをするよう情報通信庁に指示することができるー
(a)1つあるいはそれ以上の技術的義務をインターネット・サービス・プロバイダーに課すべきであるか否かを評価すること;
(b)その義務の準備に必要な措置を取ること;
(c)その評価あるいは措置に関する報告を大臣に提供すること。

第2項 インターネット・サービス・プロバイダーに関する「技術的義務」とは、そのサービスの特定の契約者に対して技術的手段を取るプロバイダーの義務である。

第3項 「技術的手段」とは、
(a)契約者に提供されるサービスのスピードあるいは容量を制限する;
(b)契約者に、特定の物へのアクセスを得ることをできなくするか、そのような利用を制限する;
(c)契約者に提供されるサービスを遮断する;あるいは
(d)他の形で契約者に提供されるサービスを制限する手段である。

第4項 第1項に基づいて、大臣が情報通信庁に実行するあるいは取ることを指示する評価と措置は、特に、次のことを含むー
(a)著作権者、インターネット・サービス・プロバイダー、契約者あるいはその他の者に対する意見聴取;
(b)特定のタイプのインターネット・アクセス・サービスに関する技術的手段の有効性に対する評価;そして
(c)技術的義務規約の提案のための措置。

第5項 本条に基づいて出される指示の目的に照らして、情報通信庁が合理的に求められる補助を、インターネット・サービス・プロバイダーは情報通信庁に与えなければならない。

第6項 大臣は、本条に基づく指示について全て国会に報告しなければならない。

第124H条 インターネット・アクセスを制限する義務
第1項
 大臣は、以下のことを考慮して適切だと考える時は、インターネット・サービス・プロバイダーに技術的義務を課すことができるー
(a)第124G条に基づき情報通信庁によって実行される評価あるいは取られる措置;あるいは
(b)その他の考慮。

第2項 本条に基づく命令は、その技術的手段が取られる日を特定するか、それが特定されるべきことを規定する。

第3項 命令はまた、次のことを定めることができるー
(a)契約者に対して関係する技術的手段が取られるクライテリア;
(b)その手段の一部として取られる措置と、それが取られるべき時。

第124I条 インターネット・アクセスを制限する義務について情報通信庁が作る規約
第1項
 第124H条により効力を有する1つあるいはそれ以上の義務があるとされる期間に、情報通信庁は、その義務を規定する目的で、技術的義務規約を命令により作らなければならない。

第2項 この規約は、第124D条に基づき作られる当初義務規約と別にあるいはともに、作られることができる。

第3項 本条に基づく規約はー
(a)第124C条第3項から第5項あるいは第124D条第4項(a)から(f)に記載されている事項を含むことができ;そして
(b)他の技術的義務を規定する目的の規定を作ることができる。

第4項 情報通信庁は、第124J条で定められているクラリテリアを満たさない限り、本条に基づく規約を作ってはならない。

第5項 情報通信庁は、
(a)本条に基づく規約を確認し続け;そして
(b)それが効力を有している間に、第124J条で定められているクライテリアを満たすことを確保するのに必要である場合には、命令によってその修正をしなければならない。

第6項 本条に基づく規約の情報通信庁による作成あるいは修正には、大臣の同意を必要とする。

第7項 第403条が、本条に基づく命令の作成に関する情報通信庁の権限にも適用される。

第8項 本条に基づいて情報通信庁によって作られる命令を含む規則等は、国会の決定によって廃止され得る。

第124J条 インターネット・アクセスを制限する義務についての規約の内容
第1項
 第124I条第4項に記載されているクライテリアはー
(a)規約に関係して、エンフォースメントとそれに関連する事項について満たすべき条件を定めること(第2項参照);
(b)第124L条の命令によって含めなくてはならないとされる費用の分配に関する規定を作ること;
(c)それを大臣が作成することを求める時に必要とされるその他の規定を作ること;
(d)関係する事項について、規定がその目的に照らし客観的に正当なものであること;
(e)その規定が、特定の者について、あるいは、特定の者に関する記載について、不当な区別をするようなものとなっていないこと;
(f)その規定が、達成すべきことに対して、バランスの取れたものとなっていること;そして
(g)その規定が達成すべきことに関して、透明性が保たれていること。

第2項 エンフォースメントと関連事項に関して、以下のことが必要とされるー
(a)情報通信庁あるいは他の者が、本条に基づき、著作権侵害に関する紛争解決の役割を含め、それを管理し、エンフォースする役割を果たすこと;
(b)そのような他の者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(c)本条に基づき、契約者の上訴を判断する役割を果たす者がいること;
(d)その者は、十分にインターネット・サービス・プロバイダーと著作権者から独立していること;
(e)(a)あるいは(c)に記載されている者によって実施されることの費用について、規約に照らして適切な取り決めが、インターネット・サービス・プロバイダーと権利者の間でなされること。
(f)第3項に従い、契約者の上訴を判断する第一審の裁判所についての規定が作られること;

第3項 第2項(f)に記載されている規定は、
(a)間違った事実に基づく、法律の適用が間違っているあるいは不当である等の理由に基づき、第一審裁判所へ上訴することで、契約者の判断を可能とする;
(b)上訴に関して、第一審に以下の権限を与えるとする;
(ⅰ)技術的手段の除去;
(ⅱ)技術的手段の承認;
(ⅲ)技術的手段に関して行われる行為あるいは懈怠に対して、規約を管理し、エンフォースする者が、取ることのできる措置;
(ⅳ)第2項(c)に記載されている者に対して、技術的手段あるいはその他の事項を課す決定の緩和;
決定の
(ⅴ)費用の裁定;
(c)法廷によって裁定される費用の回復に関する規定である。

第4項 第2項に規定されている規定は、(大臣がそうでないことを求めない限り)特に、次の事項を含むことができるー
(a)第124K条第2項で規定されている時点における最大の罰金を超えることの無い罰金の支払いを、規約で特定されている者に支払うとする規定;
(b)規約あるいは著作権侵害に関する規定に、著作権者のミスにより従うことができなかった場合に、それによって生じた損失あるいは損害について、インターネット・サービス・プロバイダーを免責することを著作権者に求める規定;
(c)契約者による第2項(c)に記載されている者への上訴まで、あるいは、第一審の裁判所が上訴について決定する時まで、技術的手段を取ることを延期する規定;

(略:第5項 「著作権侵害紛争」と「契約者による上訴」という用語の解釈・定義規定。)

第124K条 義務のエンフォース
第1項
 当初義務あるいは技術的義務違反、あるいは第124G条第5項の義務違反に対しては、第45条(訳注:情報通信長による条件設定の権限に関する条項)に定められている条件違反に該当するものとして、第94条から第96条(訳注:情報通信庁によるエンフォースメント通知などに関する条項)が適ようされる。

第2項 第96条に基づいて、本条によって課される罰金は、25万ポンドを超えず、情報通信庁が、
(a)適切で;そして
(b)違反と比較してバランスの取れたものとして決定されるものとする。

第3項 この決定をする際には、情報通信庁は、次の事項を考慮に入れなければならないー
(a)インターネット・サービス・プロバイダーから提出される異議;
(b)(適用される場合は)第94条に基づいてプロバイダーに通知される義務違反に適うようにプロバイダーが取る措置;
(c)それらの違反の結果として生じたことの救済についてプロバイダーが取る措置;

第4項 大臣は、第2項で規定されている時点における最大の罰金の額の変更に関して本条を命令によって修正することができる。

第5項 命令案が国会に報告され、両院に承認されない限り、第4項により許される規定を含む命令は作られ得ない。

第124L条 費用の配分
第1項
 大臣は、著作権侵害規定に基づき発生した費用の分配について、当初義務規約あるいは技術的義務規約に含まれなければならない規定を、命令により定める。

第2項 第1項に基づいて定められる規定は、特に、次の事項に関係し得るー
(a)インターネット・サービス・プロバイダーに発生した費用の負担分の著作権者による支払い;
(b)情報通信庁に発生した費用の負担分の著作権者あるいはインターネット・サービス・プロバイダーによる支払い;

第3項 第1項で定められる規定は、特に、次の規定を含み得るー
(a)当初義務規約あるいは技術義務規約が含むべき発生した費用に関する規定;
(b)予想費用の前払い(と発生した費用が予想されたより少なかった場合には、超過分の返済)に関する規定;
(c)どのように費用、予想費用あるいは負担分が計算されるかということに関する規定;
(d)いつどのように負担分が支払われるかということについてのその他の規定;

(略:第124M条、用語の解釈・定義規定。)

 第124G条第3項でユーザーに課される技術的手段としてアクセス遮断があり得ることを明記している点からも、ストライク法案の1種であるとすぐに知れるが、これは、第188回で紹介したイギリス政府による3ストライクポリシーの提案をほぼそのまま条文化したものである。著作権団体の政治力はいまだ強く、イギリス政府もその圧力に負け、他のあらゆる者の意見を無視して、このような法案を国会に提出して来たものと見える。

 この法案は、憲法裁判で完全に否定されたフランスの3ストライク法案の第1案(第178回参照)、あるいは、ニュージーランドで一時導入されかかったものの、反発があまりにも大きかったために施行が見送られ、修正に関する検討が続けられている改正著作権法のストライク規定(第88回参照)に近く、実質的にインターネット・サービス・プロバイダーを著作権警察化し、大臣命令あるいは情報通信庁の権限で、著作権団体からの申告に基づいて推定有罪のネット切断を一方的にユーザーに課そうとする非道なものである。(また、「P2Pとかその辺のお話」で、最近明らかにされたというニュージーランドの修正ストライク規定が取り上げられているので、興味のある方は是非リンク先をご覧頂ければと思う。)

 前々回、既にネット大企業が反対に回ったことについて少し触れたが、イギリスでも、当然のように、政府与党と権利者団体以外にほとんどこのストライク法案の擁護者は見られない状況にあり、今後も何かあれば随時紹介して行きたいと思っているが、現状を見る限り、イギリスにおけるこのストライク法案の審議も、フランス同様、混乱を極めることになるだろう。

 第188回でも書いた通り、残念ながら、現状では世界的に見て著作権団体の方がまだ政治力が強く、このようにどこの国も政策的におよそロクなことを言い出さない状況が当分は続くのではないかと思うが、情報と技術の性質に対する完全な無理解を示し、国民の情報に関する最重要の基本権を侵害するものとしかなりようのない、ネット切断型のストライクポリシーや技術的な著作権検閲のような違法コピー対策は、失敗が約束されているものと私は考えている。

 なお、どこの国でもレーティング・認定・検閲利権の作り方は同じであり、やはり全く同じように批判されているので詳細は省略するが、このデジタル経済法は、1984年のビデオ録画法で今まで政府認定レーティング機関のレーティングの対象となっていたDVDなどに加えて、この法律を改正してビデオゲームもレーティングの対象として追加し、ゲームのレーティングを完全に義務化しようとしている点でもかなりタチが悪いものである。(このイギリスのレーティングシステムとこの法律の施行に関するゴタゴタについてさらに細かなことが気になるようであれば、政府認定検閲団体のイギリス映画倫理委員会の英語版wikiや1984年ビデオ録画法の英語版wikiを参照頂ければと思う。)

 今現在パブコメにかかっているイギリスの著作権の権利制限に関する提案についてもどうせなら一緒に紹介したいと思っていたが、ストライク法案の話だけでかなり長くなってしまったので、その話は次回に回したいと思う。

|

« 第205回:知的財産戦略本部会合の資料と特許制度研究会の報告書 | トップページ | 第207回:著作権の権利制限に関するイギリス政府の意見募集ペーパー »

著作権国際動向(イギリス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/32684162

この記事へのトラックバック一覧です: 第206回:イギリスのデジタル経済法案(イギリス版ストライクアウト法案):

« 第205回:知的財産戦略本部会合の資料と特許制度研究会の報告書 | トップページ | 第207回:著作権の権利制限に関するイギリス政府の意見募集ペーパー »