« 第163回:イギリス知的財産庁の意見募集ペーパー「デジタル社会における著作権」 | トップページ | 第165回:ポルトガルの私的複製・権利制限関連規定 »

2009年3月29日 (日)

第164回:フランスの3ストライクポリシーを否定する欧州議会のランブリニディス・レポート

 フランスで、3ストライク法案の審議が揉めるだけ揉める中、EU議会が、この3月26日に、またもストライクポリシーを否定するレポートを採決した(欧州議会のリリースレポート本文01netの記事ecransの記事参照)。

 第83回で紹介したボノ氏のレポート、第116回で紹介した通信ディレクティブ案の採決に加え、EU議会がストライクポリシーを否定するのは、これで3度目である。(通信ディレクティブ改正案のストライクポリシー否定条項は、フランスの多数派工作によって理事会レベルで一旦は取り除かれたが、第160回のついでに少し紹介したように、欧州議会によって再び取り入れられ、また採決を待つ状態になっているようである。)

 ギリシア出身の欧州議員ランブリニディス氏が中心になってまとめたこのレポートは、法的拘束力こそ無いものの、欧州議会のリリースにも書かれている通り、欧州議会の圧倒的多数の賛成(賛成481、反対25、棄権21)を得て採決されており、タイムリーにこのようなレポートが採決されたことは、フランスにおける3ストライク法案の審議をさらに困難なものとすることだろう。

 概要としては欧州議会のリリースでも良いのだが、このレポートには極めて重要な観点が非常に多く含まれているので、その内容の全てを以下に訳出する。

A. whereas the evolution of the Internet proves that it is becoming an indispensable tool for promoting democratic initiatives, a new arena for political debate (for instance e-campaigning and e-voting), a key instrument at world level for exercising freedom of expression (for instance blogging) and for developing business activities, and a mechanism for promoting digital literacy and the dissemination of knowledge (e-learning); whereas the Internet has also brought with it an increasing number of opportunities for people of all ages to communicate with people from different parts of the world, for example, and has thereby expanded the scope for people to familiarise themselves with other cultures and thus enhance their understanding of other people and cultures; whereas the Internet has also extended the diversity of news sources for individuals as they are now able to tap into the flow of news from different parts of the world,

B. whereas governments and public interest organisations and institutions should provide a suitable regulatory framework and appropriate technical means to allow citizens actively and efficiently to take part in administrative processes through e-government applications,

C. whereas the Internet gives full meaning to the definition of freedom of expression enshrined in Article 11 of the Charter of Fundamental Rights of the European Union, especially in terms of its 'regardless of frontiers' dimension,

D. whereas transparency, respect for privacy and an environment of trust amongst I-stakeholders should be considered indispensable elements in order to build a sustainable security vision for the Internet,

E. whereas on the Internet, freedom of expression and privacy can at the same time be both better enhanced and more exposed to intrusions and limitations by both private and public actors,

F. whereas, through the freedom that it provides, the Internet has also been used as a platform for violent messages such as the ones intentionally inciting terrorist attacks, as well as for websites which can specifically incite hate-based criminal acts, and whereas cybercrime threats more broadly have increased worldwide and are endangering individuals (including children) and networks,

G. whereas these crimes must be countered effectively and decisively, without altering the fundamental free and open nature of the Internet,

H. whereas, in a democratic society, it is the citizens who are entitled to observe and to judge daily the actions and beliefs of their governments and of private companies that provide them with services; whereas technologically advanced surveillance techniques, sometimes coupled with the absence of adequate legal safeguards regarding the limits of their application, increasingly threaten this principle,

I. whereas individuals have the right to express themselves freely on the Internet (for instance user-generated content, blogs and social networking) and whereas Internet search engines and service providers have made it considerably easier for people to obtain information about, for example, other individuals; whereas, however, there are situations in which individuals wish to delete information held in such databases; whereas, therefore, companies must be able to ensure that individuals can have person-related data deleted from databases;

J. whereas technological leaps increasingly allow for the secret surveillance, virtually undetectable to the individual, of citizens" activities on the Internet; whereas the mere existence of surveillance technologies does not automatically justify their uses, but whereas the overriding interest of protecting citizens" fundamental rights should determine the limits and precise circumstances under which such technologies may be used by public authorities or companies; whereas combating Internet crime and the threats to an open democratic society which certain persons and organisations constitute when they use the Internet to damage citizens' rights must not mean that Member States assume the right to intercept and monitor all data traffic on the Internet which occurs on their territory, whether that applies to their own citizens or data traffic from abroad; whereas the combating of crime must be proportionate to the nature of the crime;

K. whereas identity theft and fraud are an increasing problem that the authorities, individual citizens and companies are only beginning to recognise, leaving major security concerns in relation to the intensified use of the Internet for a wide range of purposes, including commerce and the exchange of confidential information,

L. whereas it should be recalled that, when dealing with rights such as freedom of expression or respect for private life, limitations to the exercise of such rights may be imposed by public authorities if they are in accordance with the law, necessary, proportionate, and appropriate in a democratic society,

M. whereas, on the Internet, there is a major power and knowledge divide between corporate and government entities on the one hand, and individual users on the other; whereas, therefore, a debate must be launched on necessary limitations to "consent," both in terms of what companies and governments may ask a user to disclose and to what extent individuals should be required to cede their privacy and other fundamental rights in order to receive certain Internet services or other privileges,

N. whereas due to its global, open, and participatory nature, the Internet enjoys freedom as a rule, but this does not preclude the need to reflect (at national and international levels, as well as in public and in private settings) upon how the fundamental freedoms of Internet users as well as their security are respected and protected,

O. whereas the host of fundamental rights that are affected in the Internet world include, but are not limited to, respect for private life (including the right to permanently delete a personal digital footprint), data protection, freedom of expression, speech and association, freedom of the press, political expression and participation, non-discrimination, and education; whereas the content of such rights, including their field of application and their scope, the level of protection provided by such rights and the prohibitions on abuse of such rights should be governed by the rules on the protection of human and fundamental rights guaranteed by the Constitutions of the Member States, international human rights treaties, including the ECHR, general principles of Community law and the Charter of Fundamental Rights of the European Union, and/or by other relevant rules of national, international and Community law, in their respective fields of application,

P. whereas all the actors involved and active on the Internet should assume their respective responsibilities and engage in fora where pressing and important issues relating to Internet activity are discussed in order to seek and promote common solutions,

Q. whereas e-illiteracy will be the new illiteracy of the 21st Century; whereas ensuring that all citizens have access to the Internet is therefore equivalent to ensuring that all citizens have access to schooling, and whereas such access should not be punitively denied by governments or private companies; whereas such access should not be abused in pursuit of illegal activities; whereas it is important to deal with emerging issues such as network neutrality, interoperability, global reachability of all Internet nodes, and the use of open formats and standards,

R. whereas the international, multicultural and especially multi-lingual character of the Internet is not yet fully supported by the technical infrastructure and protocols of the World Wide Web,

S. whereas in the on-going process of the "Internet Bill of Rights," it is important to take into account all relevant research and undertakings in the field, including recent EU studies on the topic,

T. whereas economic activity is important for the further dynamic development of the Internet, while the safeguarding of its economic efficiency should be ensured through fair competition and the protection of intellectual property rights, as necessary, proportionate and appropriate,

U. whereas the right balance should be maintained between the re-use of public sector information which opens unprecedented opportunities for creative and cultural experimentation and exchange, and the protection of intellectual property rights,

V. whereas throughout the world, companies in the information and communications technology (ICT) sector face increasing government pressure to comply with domestic laws and policies in ways that may conflict with the internationally recognised human rights of freedom of expression and privacy; whereas positive steps have been taken, among which that taken by a multi-stakeholder group of companies, civil society organisations (including human rights and press freedom groups), investors and academics who have created a collaborative approach with the aim of protecting and advancing freedom of expression and privacy in the ICT sector, and have formed the Global Network Initiative (GNI),

W. whereas strong data protection rules are a major concern for the EU and its citizens, and Recital 2 of Directive 95/46/EC on data protection clearly states that technology (i.e. data-processing systems) is "designed to serve man" and must respect "fundamental rights and freedoms, notably the right to privacy, and contribute to economic and social progress, trade expansion and the well-being of individuals",

1. Addresses the following recommendations to the Council:
Full and safe access to the Internet for all
a)
participate in efforts to make the Internet an important tool for the empowerment of users, an environment which allows the evolution of "bottom up" approaches and of e-democracy, while at the same time ensuring that significant safeguards are established as new forms of control and censorship can develop in this sphere; the freedom and protection of private life that users enjoy on the Internet should be real and not illusory;

b) recognise that the Internet can be an extraordinary opportunity to enhance active citizenship and that, in this respect, access to networks and contents is one of the key elements; recommend that this issue be further developed on the basis of the assumption that everyone has a right to participate in the information society and that institutions and stakeholders at all levels have a general responsibility to assist in this development, thus attacking the twin new challenges of e-illiteracy and democratic exclusion in the electronic age;

c) urge Member States to respond to a growing information-aware society and to find ways of providing greater transparency in decision-making through increased access by their citizens to information stored by governments in order to allow citizens to take advantage of that information; apply the same principle to its own information;

d) ensure together with other relevant actors that security, freedom of expression and the protection of privacy, as well as openness on the Internet, are approached not as competing goals, but instead are delivered simultaneously within a comprehensive vision that responds adequately to all these imperatives;

e) ensure that the legal rights of minors to protection from harm, as prescribed by the UN Convention on the Rights of the Child and as reflected in EU law, are fully reflected in and across all relevant actions, instruments or decisions relating to strengthening security and freedom on the Internet;

Strong commitment to combating cybercrime
f)
invite the Presidency of the Council and the Commission to reflect on and develop a comprehensive strategy to combat cybercrime, pursuant, inter alia, to the Council of Europe Convention on Cybercrime, including ways in which to address the issue of "identity theft" and fraud at EU level in cooperation with both Internet providers and user organisations, as well as the police authorities dealing with IT-related crime and to put forward a proposal on how to create awareness campaigns and prevent such crime, while at the same time ensuring that the use of the Internet is safe and free for all; call for the creation of an EU desk for assistance to victims of identity theft and identity fraud;

g) encourage reflection on the necessary cooperation between private-public players in this field and on the enhancement of law enforcement cooperation, along with appropriate training for law enforcement and judicial authorities, including training on issues of fundamental rights protection; recognise the need for shared responsibility and the benefits of co-regulation and self-regulation as efficient alternatives or complementary instruments to traditional legislation;

h) ensure that the work undertaken in the framework of the "Check the Web" project and the recent initiatives aimed at improving the circulation of information on cybercrime, including by the setting-up of national alert platforms and a European alert platform for reporting offences committed on the Internet (creation of a European platform for cybercrime by Europol) are necessary, proportionate and appropriate and accompanied by all the necessary safeguards;

i) urge Member States to update legislation to protect children using the Internet, in particular in order to criminalise grooming (online solicitation of children for sexual purposes), as defined in the Council of Europe Convention of 25 October 2007 on the Protection of Children against Sexual Exploitation and Sexual Abuse;

j) encourage programmes to protect children and educate their parents as set out in EU law with respect to the new e-dangers and provide an impact assessment of the effectiveness of existing programmes to date; in doing so, take particular account of the online games which primarily target children and young people;

k) encourage all EU computer manufacturers to pre-install child protection software that can be easily activated;

l) proceed to the adoption of the directive on criminal measures aimed at the enforcement of intellectual property rights, following an assessment, in the light of contemporary innovation research, of the extent to which it is necessary and proportionate, and while simultaneously prohibiting, in pursuit of that purpose, the systematic monitoring and surveillance of all users" activities on the Internet, and ensuring that the penalties are proportionate to the infringements committed; within this context, also respect the freedom of expression and association of individual users and combat the incentives for cyber-violations of intellectual property rights, including certain excessive access restrictions placed by intellectual property holders themselves;

m) ensure that the expression of controversial political beliefs through the Internet is not subject to criminal prosecution;

n) ensure that there are no laws or practices restricting or criminalising the right of journalists and the media to gather and distribute information for reporting purposes;

Constant attention to the absolute protection and enhanced promotion of fundamental freedoms on the Internet
o)
consider that "digital identity" is increasingly becoming an integral part of our "self" and in this respect deserves to be protected adequately and effectively from intrusions by both private and public actors - thus, the particular set of data that is organically linked to the "digital identity" of an individual should be defined and protected, and all its elements should be considered inalienable personal, non-economic and non-tradable rights; take due account of the importance of anonymity, pseudonymity and control of information flows for privacy and the fact that users should be provided with, and educated about, the means to protect it efficiently, for instance through various available Privacy-Enhancing Technologies (PETs);

p) ensure that Member States that intercept and monitor data traffic, regardless of whether that applies to their own citizens or to data traffic from abroad, do so under the strict conditions and safeguards provided for by law; call on Member States to ensure that remote searches, if provided for by national law, are conducted on the basis of a valid search warrant issued by the competent judicial authorities; note that simplified procedures for conducting remote searches in comparison with direct searches are unacceptable, as they infringe the rule of law and the right to privacy;

q) recognise the danger of certain forms of Internet surveillance and control aimed also at tracking every "digital" step of an individual, with the aim of providing a profile of the user and of assigning 'scores'; make clear the fact that such techniques should always be assessed in terms of their necessity and their proportionality in the light of the objectives they aim to achieve; emphasise also the need for an enhanced awareness and informed consent of users with respect to their e-activities involving the sharing of personal data (for instance in the case of social networks);

r) urge the Member States to identify all entities which use Net Surveillance and to draw up publicly accessible annual reports on Net Surveillance ensuring legality, proportionality and transparency;

s) examine and prescribe limits to the "consent" that can be requested of and extracted from users, whether by governments or by private companies, to relinquish part of their privacy, as there is a clear imbalance of negotiating power and of knowledge between individual users and such institutions;

t) strictly limit, define and regulate the cases in which a private Internet company may be required to disclose data to government authorities, and further ensure that the use of that data by governments is subject to the strictest data protection standards; establish effective control and evaluation of that process;

u) stress the importance of Internet users being able to enhance their right to obtain the permanent deletion of their personal data located on Internet websites or on any third party data storage medium; ensure that such a decision by users is respected by Internet service providers, e-commerce providers and information society services; ensure that Member States provide for the effective enforcement of citizens' right of access to their personal data, including, as appropriate, the erasure of such data or its removal from web sites;

v) condemn government-imposed censorship of the content that may be searched on Internet sites, especially when such restrictions can have a 'chilling effect' on political speech;

w) call on the Member States to ensure that freedom of expression is not subject to arbitrary restrictions from the public and/or private sphere and to avoid all legislative or administrative measures that could have a "chilling effect" on all aspects of freedom of speech;

x) recall that transfer of personal data to third countries must take place in accordance with the provisions laid down in, inter alia, Directive 95/46/EC and in Framework Decision 2008/977/JHA;

y) draw attention to the fact that the development of the 'Internet of things' and the use of Radio Frequency Identification (RFID) systems should not sidestep the protection of data and of citizens' rights;

z) call on the Member States to apply Directive 95/46/EC on personal data in relation to the Internet correctly; remind the Member States that this Directive, especially Article 8, applies regardless of the technology used for the processing of personal data and that its provisions call for Member States to provide the right to a judicial remedy and compensation for their infringement (Articles 22, 23, and 24);

aa) encourage the incorporation of fundamental principles of the "Internet Bill of Rights" into the research and development process of Internet-related instruments and applications and the promotion of the "privacy by design" principle according to which privacy and data protection requirements should be introduced as soon as possible in the life cycle of new technological developments, assuring citizens a user-friendly environment;

ab) support and request the active involvement of the European Data Protection Supervisor and of the Article 29 Working Party in the development of European legislation dealing with Internet activities with a potential impact on data protection;

International undertakings
ac)
exhort all Internet players to engage in the on-going process of the "Internet Bill of Rights," which builds on existing fundamental rights, promotes their enforcement, and fosters the recognition of emerging principles; in this respect the dynamic coalition on the Internet Bill of Rights has a leading role to play;

ad) ensure that, in this context, a multi-stakeholder, multi-level, process-oriented initiative and a mix between global and local initiatives are considered in order to specify and protect the rights of Internet users and thereby ensure the legitimacy, accountability and acceptance of the process;

ae) recognise that the global and open nature of the Internet requires global standards for data protection, security and freedom of speech; in this context call on Member States and the Commission to take the initiative for the drawing up of such standards; welcome the resolution on the urgent need for protecting privacy in a borderless world, and for reaching a Joint Proposal for setting International Standards on Privacy and Personal Data Protection of the 30th International Conference of Data Protection and Privacy Commissioners held in Strasbourg, on 15-17 October 2008; urge all EU stakeholders (public as well as private) to engage in this reflection;

af) stress the importance of developing a real Web E-agora where Union citizens can have a more interactive discussion with policy makers and other institutional stakeholders;

ag) encourage the active participation of the EU in different international fora dealing with global and localised aspects of the Internet, such as the Internet Governance Forum (IGF);

ah) take part together with all the relevant EU actors in the establishment of a European IGF that would take stock of the experience gained by national IGFs, function as a regional pole, and relay more efficiently Europe-wide issues, positions and concerns in the upcoming international IGFs;

A.インターネットの発展により、それが、民主的な取り組みを推進する上で必須のツールと、(例えば電子キャンペーンや電子投票など)政治的議論の新たな場と、表現の自由を世界レベルで実現するためのキーツールとなっていることを考え;例えば、インターネットが老若男女全ての物に世界の他の部分の人々と連絡し合う機会を増やし、そのことにより、人々が他の文化に触れる地平を拡大し、このようにして、人々の他の国民と文化の理解を高めたことを考え;インターネットがまた、個々人のニュース源の多様性を増し、世界の様々な部分から流れるニュースに触れることを可能としたことを考え、

B.政府と公的機関が、電子政府アプリを通じた、行政プロセスへの活発で効率的な市民参加を可能とする適切な技術的手段と法的枠組みを提供するべきであることを考え、

C.インターネットが、欧州基本的な権利条約第11条に銘記されている表現の自由の定義に、特に「国境なき」次元で、完全な意味を与えるものであることを考え、

D.インターネット関係者間の、透明性、プライバシーの尊重と信頼環境が、インターネットの持続的なセキュリティ展望に必要不可欠な要素であると考えられることを考え、

E.インターネットにおいて、表現の自由とプライバシーが両方ともより強化され得るにもかかわらず、同時に、公共部門と民間部門の両方プレイヤーによってさらに侵害され制限される危険に晒されていることを考え、

F.それが提供する自由を通じて、インターネットはまた、テロ攻撃の意図的な煽動のような暴力的なメッセージのためや、具体的な憎悪に基づく犯罪行為を助長し得るウェブサイトのために使われ得ること、サイバー犯罪の脅威がより広く世界で増大し、(子供を含め)個々人とネットワークを危険にしていることを考え、

G.これらの犯罪に対しては効果的かつ断固として反撃がなされなくてはならないが、インターネットの本質的に自由でオープンな性質を変えることはあってはならないということを考え、

H.民主主義社会においては、市民が、自身にサービスを提供する政府と民間企業の行動と方針について観察し判断する権利を有しているにもかかわらず、高度な技術による監視手法が、間々適切な法的防止手段を欠く形で、この原則をますます脅かしていることを考え、

I.個々人が、インターネットにおいて(例えばユーザー作成コンテンツやブログ、SNSなどにおいて)自由に自ら表現する権利を有していること、インターネットの検索エンジンとサービスプロバイダーが、インターネットで、例えば他の人の、情報を得ることを非常に容易化したことを考え;しかしながら、個々人がそのようなデータベースに保存された情報を削除することを望む状況があることを考え;したがって、企業は、各個人が、個人に関係する情報をデータベースから削除できることを確保しなければならないことを考え;

J.技術の飛躍によって、事実上その個人に知られない形で、インターネットにおける市民の活動を、秘密裏に監視することがますます可能となっていることを考え;監視技術の存在のみをもって自動的にその使用が正当化される訳ではなく、市民の基本的な権利を守るという最優先事項から、そのような技術が公的機関あるいは企業によって使用され得る状況を厳格に制限するべきであることを考え;ある者あるいは機関がインターネットを市民の権利を侵害するために使用し、なしているインターネット犯罪、オープンな民主主義社会への脅威への対策と称して、加盟国が、自国の市民間のものであれ、外国からのものであれ、その領土内のインターネット上の全てのデータトラフィックを傍受し、監視する権利を有していると考えることは許されないことを考え;犯罪対策はその犯罪の性質に対してバランスの取れたものでなくてはならないことを考え;

K.ID窃盗や詐欺の問題が増加しているが、当局、個々の市民と企業が認識し始めたばかりのこの問題については、機密情報の交換と取引も含む広い範囲の目的のためのインターネットの増大する利用に比して、主要なセキュリティに関する懸念がおきざりにされていることを考え、

L.表現の自由や私的生活の尊重のような権利を取り扱う際には、そのような権利の行使に対する制限は、民主主義社会において必要で、バランスが取れ、適切なものである法に一致する形でのみ、公的機関によって課され得るものであることを思い起こすべきであり、

M.インターネットにおいて、一方における企業や政府機関と、他方の個人ユーザーとの間で大きな力と知識の格差があることを考え;したがって、企業や政府がユーザーに開示するように求めるであろうことと、個人が、あるインターネットサービスあるいは他の恩恵を受けるために、プライバシー他の基本的な権利についてどこまで譲歩することが求められるかの両方の観点から、「同意」に対する必要な制限について議論が開始されるべきであることを考え、

N.そのグローバルで、オープンで、一般参加型の性質により、インターネットは自由をルールとして享受しているが、このことは、インターネットユーザーの基本的な権利並びにセキュリティがいかに尊重され、守られるべきかということを(各国レベルで、国際レベルで、公的及び民間の場で)検討する必要性を排除するものではないことを考え、

O.インターネットの世界に存在する基本的な権利には、(デジタル足跡を永遠に削除する権利を含む)私的生活の尊重、データ保護、表現、言論、集会の自由、出版、政治表現、政治参加の自由、平等と教育の権利が、これらに限られるものではないが、含まれることを考え;それぞれの適用分野と範囲を含む、このような権利の内容、このような権利によって守られる保護のレベルとこのような権利の濫用は、加盟国の憲法、欧州人権裁判所も含めた、各種の国際人権条約、共同体法と欧州人権憲章の一般原則、と/もしくは、それぞれの適用分野における、各国、国際、共同体法の関係規定によって保障されている人権と基本的な権利の保護ルールによって治められるべきであることを考え、

P.インターネットに活発に参加する全てのプレーヤーは、自身の責任を自覚し、共通の解を探し、推進するために、インターネット活動に関する緊急で重要事項を議論するフォーラムに参加するべきであることを考え、

Q.電子文盲が21世紀の新たな文盲となるだろうことを考え;全市民にインターネットへのアクセスを保障することは、全市民に学校へのアクセスを保障することに等しいことを、このようなアクセスは、政府あるいは民間企業によって罰として切断されてはならないことを考え;このようなアクセスが非合法活動の追求のために濫用されるべきではないことを考え;ネットワーク中立性、相互運用性、全インターネットノードに対するグローバルな到達性と、オープンフォーマット・スタンダードの使用といった新たに生じている問題の取扱いが重要であることを考え;

R.インターネットの、国際的な、多文化的、特に多言語的性格が、WWWプロトコルの技術的インフラによってまだ完全にサポートされていないことを考え、

S.「インターネット権利章典」進行プロセスにおいては、このトピックに関する最近のEUの研究も含め、この分野で全ての関係する研究と取り組みを考慮に入れることが重要であることを考え、

T.経済活動が、インターネットのさらなるダイナミックな発展のために重要である一方、経済効率性が、必要で、バランスが取れ、適切な、公正競争と知的財産権の保護を通じて、保障されるべきであることを考え、

U.創造的で文化的な挑戦と共有に対するかつてない機会を開くものである、公共部門の情報の2次利用と、知的財産権の保護の間で、正しいバランスが保持されるべきであることを考え、

V.世界中で、情報通信技術(ICT)部門の企業が、国際的に認められた表現の自由とプライバシーに関する人権と衝突する形で、国内の法律と政策に従うよう政府からの増大する圧力に晒されていることを考え;様々なポジティブな歩みがなされて来ているが、その中には、ICT分野における表現の自由とプライバシーの保護と推進のために共同アプローチを取り、グローバル・ネットワーク・イニシアティブ(GNI)をまとめた、企業、(人権と出版の自由推進グループを含む)市民社会組織、投資家と学者等からなる横断的グループによって取られた歩みがあることを考え、

W.強いデータ保護のルールは、EUとその市民の主要な関心事であり、データ保護に関するディレクティブ95/46/ECの前文2が、技術(つまり、データ処理システム)は、「人間の役に立つよう」設計され、「基本的な権利と自由、特にプライバシーの権利」を保護し、「経済と社会の発展、貿易の拡大と各個人の福祉に寄与しなければならない」と明確に述べていることを考え、

1.(欧州議会は)理事会に次のことを提案する:
あらゆる者に対するインターネットへの完全で安全なアクセス
a)
インターネットを、ユーザーに力を与える重要なツールとし、「ボトムアップ」アプローチと電子民主主義の発展を可能とする環境とする努力に参加し、この分野において新たな形式の管理と検閲が発達し得るだけに、同時に十分な保護を保障すること;インターネットにおいてユーザーが享受する私的生活の自由と保護は、現実のものであるべきであり、架空のものであってはならないのである;

b)インターネットは、積極的な市民運動を活性化するまたとない機会を与える場となり得るということと、この点において、ネットワークとコンテンツへのアクセスはそのキーとなる要素の一つであるということを認識すること;あらゆる者は情報社会に参加する権利を有し、あらゆるレベルの機関と関係者は、その発展を支援する一般的な責任を有しているという前提に基づいて、このことのさらなる発展を支援し、このようにして、電子時代における、民主主義からの排除と電子文盲という二つの新たな課題に対抗すること;

c)情報意識社会の成長に責任を持ち、市民によるさらなる情報活用のために、政府に蓄積されている情報により市民がアクセスできるようにすることを通じて、デシジョンメイキングの透明性を向上させる方法を見つけるよう、加盟国に要請すること;

d)他の関係するプレーヤーとともに、インターネットにおける表現の自由、プライバシーの保護並びにオープン性は、相反するゴールではなく、これらの全ての要請に適切に答える共通のビジョンの中で、全ての同時達成を保障すること;

e)国連子供の人権条約に規定され、EU法に反映されている通り、害から保護される未成年の法的権利は、インターネットにおける自由とセキュリティの強化に関係する、全ての行為、ツールあるいは決定を通じてかつその中に完全に反映されることを保障すること;

サイバー犯罪対策への強いコミットメント
f)
理事会と委員会の長に、サイバー犯罪対策としての包括的な戦略について検討し、それを発展させることを促すこと、特に、インターネットプロバイダーとユーザー団体並びにIT関係犯罪を取扱う警察当局と協力し、EUレベルで「ID窃盗」と詐欺の問題に当たることとしているサイバー犯罪に関する欧州理事会条約に従い、どのように、啓蒙キャンペーンを作り、そのような犯罪を予防するとともに、あらゆる者に対してインターネットの安全で自由な利用を確保するかについての提案作りを進めることを促すこと;ID窃盗とID詐欺の被害者を支援するための場をEUに設けるよう呼びかけること;

g)基本的な権利の問題に関する教育も含め、法執行と司法当局に対する適切な教育と並行して、この分野における官民のプレーヤーの間の必要な協力と、法執行協力の強化についての検討を促すこと;

h)「Check the Web」計画の枠組みの中でなされる仕事と、インターネットにおける違反通報のための国内通報プラットフォームと欧州通報プラットフォームの設置(欧州警察によるサイバー警察のための欧州通報プラットフォームの作成)を含む、サイバー犯罪に関する情報共有を改善することを目的とした最近の取り組みが、必要で、バランスが取れた、適切なものとされることを、それに必要なあらゆる保護措置を伴わせることを保障すること;

i)2007年10月25日の性的搾取と性的虐待に対する児童保護のための欧州理事会条約に規定されているように、インターネット上の児童保護のため、特にグルーミング(性的な目的でのオンライン児童勧誘)を犯罪化するための、法律改正を加盟国に要請すること;

j)新たな電子的危険性に関し、EU法に欠かれている通り、児童を保護し、親を教育するための計画を推進し、既存の計画の有効性の影響評価を提供すること;その際で、青少年を第一のターゲットにしているオンラインゲームのことを考慮に入れること;

k)容易に起動できるよう児童保護のためのプログラムをプリインストールするよう、全てのEU域内のコンピュータ製造業者に促すこと;

l)知的財産権の刑事エンフォースメントに関するディレクティブの採択を進め、最近のイノベーションに関する研究に照らし、それが必要でバランスの取れたものであることについて評価を引き続き行い、同時に、その目的の追求のためのインターネットにおける全ユーザーの系統立ったモニター・監視を禁じ、また、罰を侵害に対してバランスの取れたものとすることを保障すること;また、このコンテキストにおいて、個々のユーザーの表現と集会の自由を尊重し、知的財産の権利者によって提案されている過度のアクセス制限も含め、知的財産権のサイバー違反に対するインセンティブに対抗すること;

m)インターネットを通じた議論を呼びうる政治的信条の表現が、刑事訴追の対象とならないことを保障すること;

n)報道目的で情報を集め頒布するジャーナリストとメディアの権利を制限したり、犯罪かしたりするような法律や実務を作らないことを保障すること;

インターネットにおける基本的な自由の完全な保護と推進に関する継続的な注意
o)
「デジタルアイデンティティ」がますます我々の「自己」の必須の一部となって来ていると、この点で、官民のプレイヤーによる侵犯からの適切で有効な保護を受けるに値すると-このように、ある個人の「デジタルアイデンティティ」に元々結びついていたデータは定義され、保護されるべきであると、このような全ての要素は、奪うことのできない、非経済的かつ取引不可能な個人の権利と考えられるべきであると考えること;

p)加盟国が、自国内の市民間のものであるか、外国からのものに適用されるかにかかわらず、データトラフィックの傍受と監視は、法によって提供される厳格な条件と保護措置の下で行われるということを保障すること;遠隔捜査は、国内法によって規定されるとしても、管轄を有する司法当局が発行する有効な令状に基づきなされることを保障するよう加盟国に呼びかけること;直接捜査に比して遠隔捜査の遂行を容易にする手続きは、それが法規則とプライバシーの権利を侵害するものであることから、認容できるものではないことに注意すること;

q)ユーザーのプロファイルを提供し、スコアを付けることを目的としながら、ある個人の全ての「デジタル」ステップを追跡することも目的としたある種のインターネット監視と管理の危険性を認識すること;そのような技術は、それが達成しようとする目的に照らして、その必要性とバランスの面から常に評価されるべきであるという事実を明確にすること;個人データの共有も含め、その電子活動について、ユーザーの意識の向上とインフォームドコンセントの必要性も強調すること;

r)ネット監視を行っている全ての主体を特定し、合法性とバランスと透明性を保障するべく、広くアクセス可能な形のネット監視年次報告書を作成するよう加盟国に要請すること;

s)政府からであれ、民間企業からであれ、そのプライバシーの一部を断念するよう、ユーザーに求められ得、期待し得る「同意」に対して検討し、制限を規定すること;

t)インターネット私企業が、政府機関への情報開示を求められるケースを厳格に制限し、規定し、規制し、さらに、政府によるそのデータの使用は最も厳格な基準に服するということを保障すること;この手続きの有効な管理と評価を確立すること;

u)インターネットサイトあるいは第三者のデータ記録媒体上に置かれた自身の個人データを永遠に削除する、インターネットユーザーの権利の強化の重要性に力点を置くこと;ユーザーによるそのような決定が、インターネットサービスプロバイダー、電子商取引プロバイダーと情報社会サービスによって、尊重されることを保障すること;加盟国が、そのようなデータの削除あるいはそのウェブサイトからの除去も含め、自身の個人データに対してアクセスする市民の権利の有効な執行手段を提供することを保障すること;

v)インターネットサイトに関して行われ得る政府主導のコンテンツ検閲を、そのような制約が政治的言論に対して「萎縮効果」を発生させるときは特に、断罪すること;

w)表現の自由は、公的及び/あるいは民間部門からの恣意的な制約に服するものではなく、表現の自由のどの面であれ「萎縮効果」を発生させ得る法的あるいは行政的手段を排除するよう、加盟国に呼びかけること;

x)第3国への個人データの転送は、特に、ディレクティブ95/46/ECと枠組みの決定2008/977/JHA中の規定に一致する形でなされるべきことを想起すること;

y)「物のインターネット」と無線ICタグ(RFID)利用の発展によって、データと市民の権利の保護が回避されることがあってはならないという事実に注意を払うこと;

z)インターネットに関係する個人データに関するディレクティブ95/46/ECを正しく取り入れるよう加盟国に呼びかけること;このディレクティブ、特にその第8条は、個人データの取扱いに関して技術によらず適用されるものであることを、このディレクティブの規定は、その侵害に対する司法救済と補償への権利を提供することを各国に求めている(第22、23と24条)ことを、加盟国に思い起こさせること;

aa)市民にユーザーフレンドリーな環境を約束するとともに、「インターネット権利憲章」の基本原則を、インターネット関係のツールとアプリケーションの研究開発プロセスに組み込むことを促進し、プライバシーとデータ保護の要請が、新たな技術発展のライフサイクルの中に可能な限り早く取り入れられるべきであるという「プライバシー設計」の原則を推進すること;

ab)欧州データ保護監視局と、データ保護に対して潜在的な影響を与えるインターネット活動を取り扱う欧州法の展開について第29条ワーキングパーティの積極的な関与を支持し、求めること;

国際的取り組み
ac)
全インターネットプレイヤーに、存在している基本的な権利の上に作られる「インターネット権利憲章」の進行プロセスへの参加を要請し、その実行を推進し、新たに生まれつつある原則の認識を育てること;この点で、インターネット権利憲章におけるダイナミックな連合は、主要な役割を果たす;

ad)このコンテキストにおいて、多数の利害関係者、様々なレベル、プロセス主体の取り組みと、国際的なものと地域的な取り組みの混合が、インターネットユーザーの権利を特定し、守るために考慮されることを保障し、そして、このプロセスの正当性、説明責任と受け入れを保障すること;

ae)インターネットのグローバルでオープンな性質から、データ保護、セキュリティと表現の自由についてのグローバルスタンダードが求められることを認識すること;このコンテキストにおいて、そのようなスタンダードの起草への取り組みを加盟国と委員会に求めること;2008年10月15~17日にストラスブールで開催された、第30回データ保護とプライバシー委員国際会合における、国際スタンダード作成のための共同提案に達するための、ボーダーレス世界におけるプライバシーの保護のための緊急の必要性に対する決意を歓迎すること;

af)EU市民が、政策立案者や他の機関の利害関係者とよりインタラクティブな議論をすることのできる真のウェブ電子集会場の開発の重要性を強調すること;

ag)インターネット・ガバナンス・フォーラム(IGF)のような、インターネットの世界的な、そして地域的な側面を取り扱う様々な国際フォーラムにおける、EUの積極的な参加を促すこと;

ah)関係するEU域内の全プレーヤーとともに、各国のIGFによって得られた経験を蓄積する欧州IGFの立ち上げに参加し、地域の軸としての役を果たし、来るべき国際IGFにおいて、より効率的に欧州全域で課題、立場と関心を共有すること;

 具体的にストライクポリシーを否定しているのは、前文Qの「このようなアクセスは、政府あるいは民間企業によって罰として切断されてはならない」という箇所であるが、一通り読んで頂ければ分かる通り、このレポートは、教育などへのアクセスと同様、インターネットへのアクセスを基本的な権利として位置づけようとするものである。当然そこから、インターネットへの自由で安全なアクセスはあらゆる者に保障されるべきであり、ネット切断のような違法コピー対策はバランスを欠く非人道的なものとして否定されるべきということも導かれるのである。また、ネットにおける技術的検閲・監視の禁止・規制に触れている点も大きい。

 情報・表現の自由やプライバシーといった基本的な権利の本質に立ち帰って考えれば、これは当然の帰結だが、この観点を常にないがしろにし続ける、既得権益にまみれた既存のあらゆる政府と団体に対する私の憤りに果ては無い。

 規制派は常に自分たちに都合の良い動きだけを取り上げて国際動向を「作って」来るが、彼らが良く引き合いに出す欧米の動きも決して単純ではない。欧州においても、このように、インターネットにおける情報・表現の自由とプライバシーの保障に真正面から取り組み、インターネットへのアクセスを基本的な権利と位置づけようとする動きが確かに存在していることは無視されてはならない事実である。

 ただし、この点さえ除けばほとんど諸手を挙げて賛同するのだが、児童ポルノの単純所持規制を求めている狂った欧州理事会条約を引いていることからも分かるように、児童ポルノに関してのみは、その情報の単純所持・取得・ダウンロード・閲覧・アクセス罪の真の危険性が、キリスト狂道徳に髄まで毒されている欧州において、政治のレベルまでなかなか認識されるに至らないのは実に残念かつ愚かなことと言わざるを得ない。ことキリスト狂道徳に関する限り、彼らの合理性は完全な破綻を示すのである。

 何度でも繰り返すが、情報の種類・精神的要件の有無・取得回数の限定にかかわらず、情報の単純所持・取得・ダウンロード・アクセス罪の創設は、必然的に、インターネットのあらゆる利用者のアクセスに回避不能の危険性を作り出すことにつながるのである。情報の単純所持・取得・ダウンロード・アクセス罪とインターネットへの自由で安全なアクセスとは断じて両立し得ないのだ。

 児童ポルノを理由にした、欧米の狂った非人道的な情報・思想統制は、新たな宗教裁判・思想裁判、21世紀の火刑法廷として歴史に断罪される日がいつか来るだろう。宗教問題では無く利権問題に過ぎない著作権問題上の、ダウンロード違法化やストライクポリシーが、無用の混乱と社会的コストの浪費を招くだけのものとして断罪される日はもっと早く来るに違いない。

(ストライクポリシーに関しては、アメリカでAT&Tが著作権侵害警告を送り始めているよう(seattlepi.comの記事参照)だが、これも同断だろう。)

 今現在、日本において、ダウンロード違法化問題についても、児童ポルノ規制問題についても極めて危険な状態にあるのは残念でならないが、インターネットへの自由で安全なアクセスは情報に関する基本権の一つであり、長い時間がかかるかも知れないが、情報・表現の自由を謳う民主主義国家では、そう確立して行くものと私自身は確信している。

(追記:警察庁の「総合セキュリティ会議」が、「インターネット上での児童ポルノの流通に関する問題とその対策について」という報告書(pdf)をこの26日に公表している(時事通信のネット記事internet watchの記事cnetの記事も参照)。警察は、半官検閲センターのインターネットホットラインセンターとは別に、「児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体(仮称)」として、ブロッキング対象サイトリストを作る完全な検閲団体をもう一つ作りたいらしい。パブコメを取っていないので意見を言う機会すら与えられなかったが、警察なり、どこぞの団体なりの恣意的な判断で全国民がアクセスできなくなるサイトを発生させることは どこをどうやっても検閲にしかならず、絶対にやってはならないことである。日本の警察も、市民の自由と安全を脅かしてでも新たな利権を作ることに余念がないと見える。)

|

« 第163回:イギリス知的財産庁の意見募集ペーパー「デジタル社会における著作権」 | トップページ | 第165回:ポルトガルの私的複製・権利制限関連規定 »

著作権国際動向(EU)」カテゴリの記事

コメント

レコード輸入権の時に活躍してくれた民主党の川内博史議員が質問主意書を提出したようです。

http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori/e/9f9b80848a9dc1e60d62eec1aecbdaed

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a171221.htm

投稿: jado | 2009年3月31日 (火) 11時10分

jado様

コメント・情報ありがとうございます。

私も、この川内議員の質問については、文科省・文化庁がどのような答弁をするかについて気になっていたところです。(答弁書も既に閣議決定されているようなので(http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/index.html)、じきに出てくるでしょう。)

こうした活動をして下さる議員が一人でもいることは本当に有り難いのですが、民主党も党としてはどうにも当てにならないので、先行きは実に不安です。

(jado様、名前を間違えており大変失礼致しました。コメントの宛名を修正させて頂きました。)

投稿: 兎園 | 2009年3月31日 (火) 22時52分

>兎園さん
名前はjaboではなく、jadoです。念のため

投稿: jado | 2009年4月 1日 (水) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429615/28856534

この記事へのトラックバック一覧です: 第164回:フランスの3ストライクポリシーを否定する欧州議会のランブリニディス・レポート:

« 第163回:イギリス知的財産庁の意見募集ペーパー「デジタル社会における著作権」 | トップページ | 第165回:ポルトガルの私的複製・権利制限関連規定 »