2016年8月14日 (日)

第367回:東アジア地域包括経済連携協定(RCEP)の2015年10月版知財章リーク条文案

 日本も参加しており、現在進行形で続いている、TPPと並ぶ大規模な国際協定交渉に東アジア地域包括連携協定交渉(RCEP)がある。

 外務省のHPにある通り、RCEPはアセアン・ASEAN諸国と日中韓、オーストラリア、ニュージーランドとインドで交渉されているものであり、交渉開始から3年以上経過し、今現在もベトナムで第14回の交渉会合が開催されているはずだが、TPPと同じく秘密裏に交渉が進められており、その具体的な内容についてはいまだに良く分からないという状況にある。

 TPPに比べると危険性がかなり低いので後回しにしていたのだが、少し前、この4月にkeionline.orgからRCEPの2015年10月15日版知財章条文案がリークされているので、今回はざっとその内容を見ておきたい。

 そのリーク条文案(docx)から各節のタイトルとともに私が気になる部分を抜き出して翻訳をつけると以下のようになる。

[ASN/IN/AU/NZ/KR propose: JP oppose: SECTION 1 GENERAL PROVISIONS AND BASIC PRINCIPLES

...

SECTION 2 COPYRIGHT AND RELATED RIGHTS

...

[ASN/NZ/CN/IN/AU/JP propose; KR oppose: Alt 1: Article 2.3 Circumvention of Effective Technological Control Measures

Each Party shall [ASN propose; JP/AU oppose: endeavour to] provide adequate legal protection and effective legal remedies against the circumvention of effective technological measures that are used by [ASN propose; JP/AU oppose: copyright owners] [JP/AU propose; ASN oppose: authors, performers or producers of phonograms] in connection with the exercise of their [ASN/AU propose; JP oppose: copyright rights] [JP propose; ASN/AU oppose: rights in,] and that restrict acts, in respect of their works, [JP/AU propose; ASN oppose: performances, or phonograms,] which are not authorised by the [ASN/AU propose; JP oppose: copyright owners] [JP propose; ASN/AU oppose: authors, the performers or the producers of phonograms] concerned or permitted by law.]

[KR propose; ASN/AU/NZ/IN/CN oppose: Alt 2 : Protection of Technological Measures

1. Each Party shall provide adequate legal protection against the circumvention of any effective technological measures, which the person concerned carries out in the knowledge, or with reasonable grounds to know, that such person is pursuing that objective.

2. Each Party shall provide adequate legal protection against the manufacture, import, distribution, sale, rental, advertisement for sale or rental, or possession for commercial purposes, of devices, products or components, or the provision of services which:

(a) are promoted, advertised or marketed for the purpose of circumvention of;

(b) have only a limited commercially significant purpose or use other than to circumvent; or

(c) are primarily designed, produced, adapted or performed for the purpose of enabling or facilitating the circumvention of,

any effective technological measures.
...

[KR/AU Propose; ASN/CN/ oppose: Article 2.6 Copyright and Related Rights]

[KR/AU Propose; ASN/IN/CN/NZ oppose: 1. Each Party shall provide that the term of protection of broadcast shall not be less than 50 years after the taking place of a broadcasting, whether this broadcasting is transmitted by wire or over the air, including by cable or satellite.]

...

SECTION 3 TRADEMARKS

Article 3.1 [KR/CN/JP propose; ASN/IN/AU/NZ oppose: Trademarks Protection

1. The Parties shall grant adequate and effective protection to trademark right holders of goods and services.]

[AU/KR/JP/NZ/CN/IN propose; ASN oppose: 2. No Party shall require, as a condition of registration, that trademarks be visually perceptible, nor deny registration of a trademark solely on the grounds that the sign of which it is composed is a sound [JP/NZ/CN/KR/IN oppose: or a scent]. ]

SECTION 4 GEOGRAPHICAL INDICATIONS

...

SECTION 5 PATENTS

...

[JP/KR propose; ASN/IN/AU/NZ/CN oppose: Article 5.13 Patent Term Restoration

1. With respect to the patent which is granted for an invention related to pharmaceutical products, each Party shall, subject to the terms and conditions of its applicable laws and regulations, provide for a compensatory term of protection for any period during which the patented invention cannot be worked due to marketing approval process.]

[2. For the purposes of paragraph 1:

(a) "compensatory term of protection" means an extension of a term of patent protection;

(b) "marketing approval" means approval or any other disposition by the competent authorities that is intended to ensure the safety and, where applicable, efficacy of the pharmaceuticals as provided for in the relevant laws and regulations of each Party; and

(c) the length of the compensatory term of protection shall be equal to the length of extension which the patentee requests, provided that the compensatory term of protection shall not exceed either the length of time during which the patented invention cannot be worked due to marketing approval processes, or a maximum term as provided for in the laws and regulations. Such maximum term shall be at least five years.]

[KR propose: ASN/IN/AU/NZ/CN/JP oppose: 3. Each Party, at the request of the patent owner, shall adjust the term of a patent to compensate for unreasonable delays that occur in granting the patent. For purposes of this subparagraph, an unreasonable delay shall at least include a delay in the issuance of the patent of more than four years from the date of filing of the application in the territory of the Party, or three years after a request for examination of the application, whichever is later. Periods attributable to actions of the patent applicant need not be included in the determination of such delays].]

...

SECTION 6 INDUSTRIAL DESIGNS

...

[ASN/CN propose; AU/IN/JP/KR oppose: Alt 1: SECTION 7 GENETIC RESOURCES, TRADITIONAL KNOWLEDGE (GRTK)
AND FOLKLORE (GRTKF)

...

[JP/KR/NZ propose: SECTION 8 UNFAIR COMPETITION

...

SECTION 9 ENFORCEMENT OF INTELLECTUAL PROPERTY RIGHTS

...

[JP/KR/AU propose: SECTION 9bis ENFORCEMENT - CIVIL REMEDIES]

...

[KR propose; JP/NZ/ASN/IN/AU oppose: Article 9bis.3

In civil judicial proceedings, each Party shall, at least with respect to works, phonograms, and performances protected by copyright or related rights, and in case of trademark counterfeiting, establish or maintain pre-established damages, which shall be available on the election of the right holder. Pre-established damages shall be in an amount sufficient to constitute a deterrent to future infringements and to compensate fully the right holder for the harm caused by the infringement. ]

...

[JP/KR/AU propose; ASN/IN oppose: SECTION 9ter ENFORCEMENT - BORDER MEASURES]

...

[JP/KR/AU Propose ; ASN oppose: SECTION 9quater BORDER MEASURE - CRIMINAL REMEDIES]

...

[JP/KR/AU propose ; ASN oppose: SECTION 9quinquies ENFORCEMENT - IN THE DIGITAL ENVIRONMENT]

...

[ASN/IN/NZ/AU/KR propose: SECTION 10 COOPERATION AND CONSULTATION

...

SECTION 11 TRANSPARENCY

...

[ASN/IN/NZ/CN propose: SECTION 12 [AU oppose : SPECIAL AND DIFFERENTIAL TREATMENT] [AU propose : ADDITIONAL FLEXIBILITIES FOR LDC], TRANSITIONAL PERIOD AND TRANSITIONAL ARRANGEMENTS

...

[JP propose: SECTION 13 PROCEDURAL MATTERS

...

[アセアン/印/豪/ニュージー/韓提案:日反対:第1節 一般規定及び基本原則

(略)

第2節 著作権及び著作隣接権

(略)

[アセアン/ニュージー/中/印/豪/日提案;韓反対;代替1:第2.3条 有効な技術的コントロール手段の回避

各加盟国は、その[アセアン/豪提案;日反対:著作権][日提案;アセアン/豪反対:そこにおける権利]の行使に関連して[アセアン提案;日/豪反対:著作権者][日/豪提案:アセアン反対:著作者、実演家又はレコード製作者]によって用いられ、その著作物、[日/豪提案;アセアン反対:実演又はレコード]に関して、関係するか、法によって認められた[アセアン提案;日/豪反対:著作権者][日/豪提案:アセアン反対:著作者、実演家又はレコード製作者]の許諾を受けない行為を制限する有効な技術的手段の回避に対して適切な法的保護及び有効な法的救済を与えなければならない。]

[韓提案;アセアン/豪/ニュージー/印/中/反対:代替2:技術的手段の保護

第1項 各加盟国は、そうと知ってか、その者にその目的を追求していると知るに足る合理的な理由がある場合に関係者が実施した有効な技術的手段の回避に対して適切な法的保護を与えなければならない。

第2項 各加盟国は、以下の装置、製品又は部品の製造、輸入、頒布、販売、貸与、販売又は貸与のための広告若しくは商業目的での所持、若しくは以下のサービスの提供に対して適切な法的保護を与えなければならない:

それが有効な技術的手段の

(a)回避の目的のために推奨されているか、広告されているか、販売されているか;

(b)回避以外には制限された商業的に重要な目的又は用途しか持たないか;若しくは

(c)回避を可能とするか、容易とする目的のために主として設計されるか、適合されるか、実施されているか。
(略)

[韓/豪提案;アセアン/中反対:第2.6条 著作権及び著作隣接権

[韓/豪提案;アセアン/印/中/ニュージー反対:第1項 各加盟国は、放送の保護期間を、ケーブルや衛星も含め、その放送が有線で伝送されたか、無線で伝送されたかによらず、その放送がなされた時から50年以上とすることを規定しなければならない。]

(略)

第3節 商標

第3.1条[韓/中/日提案;アセアン/印/豪/ニュージー反対:商標の保護

第1項 加盟国は商品とサービスの商標権者に対して適切で有効な保護を与えなければならない。]

[豪/韓/日/ニュージー/中/印提案;アセアン反対:第2項 加盟国は、登録の条件として、商標が視覚的に近く可能であることを求めてはならず、それを構成する標章が音[日/ニュージー/中/韓/印反対:又は匂い]であることのみを理由として商標の登録を拒絶してはならない。]

(略)

第4節 地理的表示

(略)

第5節 特許

(略)

[日/韓提案;アセアン/印/豪/ニュージー/中反対:第5.13条 特許の保護期間の回復

第1項 医薬品に関係する発明に付与された特許に関して、各加盟国は、その適用法規の文言及び条件に従い、特許を受けた発明が販売認可手続きによって実施不可能であった期間について補償する保護期間を与えなければならない。]

第2項 第1項の目的において:

(a)「補償する保護期間」は、特許の保護期間の延長を意味する。

(b)「販売認可」は、各加盟国の関係法規の規定により、医薬品の安全及び、適用される場合は、有効性を保証する権限を有する当局による認可又はその他の処分を意味する。

(c)補償する保護期間の長さは、特許権者が求める延長の長さに等しくなければならない、ただし、補償する保護期間は、販売認可手続きのために特許を受けた発明を実施できなかった期間の長さか、法規において規定される最長期間を超えてはならない。この最長期間は少なくとも5年でなければならない。]

[韓提案:アセアン/印/豪/ニュージー/中/日反対:第3項 各加盟国は、特許権者の求めにより、特許付与において生じた不合理な遅延を補償するための特許の保護期間の調整をしなければならない。本項の目的において、不合理な遅延は、少なくとも、加盟国の領土内で出願日から4年を超えるか、出願審査請求から3年後かのいずれか遅い方の特許の発行における遅延を含まなければならない。特許出願人の行為に起因する期間はこの遅延の決定において含まれる必要はない]。]

(略)

第6節 工業意匠

(略)

[アセアン/中提案;豪/印/日/韓反対:代替1:第7節 遺伝資源、伝統的知識及びフォークロア

(略)

[日/韓/ニュージー提案:第8節 不正競争

(略)

第9節 知的財産権のエンフォースメント

(略)

[日/韓/豪提案:第9節の2 エンフォースメント−民事救済措置

(略)

[韓提案;日/ニュージー/アセアン/印/豪反対:第9の2.3条

民事司法手続きにおいて、各加盟国は、少なくとも著作権又は著作隣接権の保護を受ける作品、レコード及び実演に関し、及び商標権侵害の場合に、権利者の選択により利用可能なあらかじめ定められた損害賠償を確立又は維持しなければならない。あらかじめ定められた損害賠償は、将来の侵害に対する抑止となり、侵害によって生じた損害について権利者に対して完全な補償となるのに十分な量とされなければならない。]

(略)

[日/韓/豪提案;アセアン/印反対:第9節の3 エンフォースメント−国境措置

(略)

[日/韓/豪提案;アセアン反対:第9節の4 国境措置−刑事救済措置

(略)

[日/韓/豪提案;アセアン反対:第9節の5 エンフォースメント−デジタル環境における

(略)

[アセアン/印/ニュージー/豪/韓提案:第10節 協力及び協議

(略)

第11節 透明性

(略)

[アセアン/印/ニュージー/中提案:第12節[豪反対:特別な差異のある取り扱い][豪提案:後発開発途上国に関する追加の柔軟性]、移行期間及び移行に関する取り決め

(略)

[日提案:第13節 手続きに関する事項

(略)

 上で抜き出した部分からも分かる通り、このRCEPにおいてもTPPと同じく、

  • 技術的保護手段回避規制
  • 著作権の保護期間
  • 匂いの商標
  • 特許の保護期間延長
  • 法定損害賠償

といったかなり注意を要する事項について議論がされているが、TPPとは違って日本政府に対して強い圧力をかけられるアメリカが交渉に入っていないためだろう、このリーク条文案を見る限り、2015年10月の時点で日本政府が知財政策上危ないコミットメントをしている様子は特にない。

 RCEPにおける各国の構図は、韓米FTAのために既にアメリカ型の制度を導入しているためだろうが、韓国が最もアメリカ型の強い知財保護を要求し、それに次ぐ形で日本が保護強化を求め、他の多くの国がそれに反対するというものになっており、このような構図が続く限りにおいて、RCEPが日本にとって危ない形でまとまる可能性は低いのではないかと私は踏んでいる。(実際、同じくkeionline.orgからリークされている過去の2014年10月時点の各国知財章提案のリーク(印及びアセアン)を見ると、韓国の提案が著作権保護期間を70年とするなど群を抜いて危険だが、上で訳出した部分に書かれている通り、2015年10月時点の条文案では放送について50年以上とすることしか残っていない。)

 しかし、多様なアジア諸国による協定交渉の割には、上で訳した各節のタイトルからも分かる通り、著作権、商標、特許、意匠、地理的表示、不正競争等々と対象範囲が異常に広く、事項によってはTPPより細かな規定を含み、TPPの国内外での進展具合によって日本政府がRCEPの交渉の中で危うい提案をする可能性も否定できない。(アメリカ次期大統領主要候補であるヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏が2人ともTPPに対して明確に反対の立場を取っていることから、今の形でのTPPは死に体に近いと私は思っているが、日本政府が今なお前のめりの姿勢を崩していないのは不可解と言う他ない。アメリカが再交渉に関して日本における法改正・批准を顧慮することなどほぼないだろうからである。そもそも日本政府がアメリカとの再交渉についてそんな力を持っていたらTPPの条文はご覧の有様になっていないだろう。)

 そのため、このRCEPについても注意しておくに越したことはなく、今のところやはりリーク条文に頼らざるを得ないのは極めて残念なことと言わざるを得ないが、この交渉についてもその透明化、情報公開は必須だろうと私は思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第366回:著作権に対して表現の自由が優越し得ることを認めたドイツ憲法裁判所の判決