2014年9月22日 (月)

第320回:電子書籍の中古販売に関するオランダとドイツの判決

 いつもならもう少し流れが見えるまで放っておくのだが、こうした海外の判例動向に興味を持っている人もいるようなので、今回は、少し前に話題になった電子書籍の中古販売に関する欧州における判決について取り上げたいと思う。

 その議論の前提となるのが、2012年7月3日に欧州司法裁判所で出されたユーズドソフト判決欧州司法裁のリリース(pdf))で、この判決によって欧州ではプログラムの中古販売は認められるということが一応確立された訳だが、プログラム以外についてどう考えるかということが各国で争われているのである。

(1)ドイツの判例(2014年5月15日のハンブルク高裁の判決)
 オランダの判決のことを書く前に、欧州全体の話として見るために、今のところ真逆の判断をしているドイツの判例として、この2014年5月15日に出されたハンブルク高裁の判決の話から書いて行く。

 この判決の最初に書かれている概要部分を訳出すると、以下のようになる。(以下、翻訳は全て拙訳。)

1. Die Verausserung von Audiodateien (Horbucher) uber das Internet in der Weise, dass einem Kunden die Moglichkeit geboten wird, die entsprechende(n) Datei(en) herunterzuladen und lokal auf einem eigenen Datentrager zu speichern, verwirklicht nicht den Tatbestand des "Verbreitens" i.S.v. § 17 UrhG.

2. Eine Erschopfung des Verbreitungsrechts i.S.v. § 17 Abs. 2 UrhG an Audiodateien (Horbucher) bzw. an ihren Kopien tritt nicht dadurch ein, dass einem Kunden die Moglichkeit geboten wird, die entsprechende(n) Datei(en) herunterzuladen und lokal auf einem eigenen Datentrager zu speichern und der Kunde von dieser Moglichkeit Gebrauch macht.

3. Eine analoge Anwendung von § 17 Abs. 2 UrhG auf Falle, bei denen die Verausserung von Audiodateien (Horbucher) uber das Internet in der Weise erfolgt, dass einem Kunden die Moglichkeit geboten wird, die entsprechende(n) Datei(en) herunterzuladen und lokal auf einem eigenen Datentrager zu speichern, kommt nicht in Betracht.

4. Die Rechtsprechung des EuGH (C-128/11, Urteil v. 3.7.2012) und des BGH (I ZR 129/08, Urteil vom 17.07.2013) zu Computerprogrammen, die ohne Zurverfugungstellung eines physikalischen Datentragers auf die Weise verausert werden, dass einem Kunden die Moglichkeit geboten wird, die entsprechende(n) Datei(en) uber das Internet herunterzuladen und lokal auf einem eigenen Datentrager zu speichern, ist weder direkt noch in ihren Grundsatzen auf ahnliche Angebote uber Audiodateien (Horbucher) anzuwenden.

5. In den Allgemeinen Geschaftsbedingungen eines Anbieters, der Audiodateien (Horbucher) in der Weise anbietet, dass einem Kunden die Moglichkeit geboten wird, die entsprechende(n) Datei(en) uber das Internet herunterzuladen und lokal auf einem eigenen Datentrager zu speichern, sind von Rechts wegen nicht zu beanstanden.
a. die Formulierung: "Im Rahmen dieses Angebots erwirbt der Kunde das einfache, nicht ubertragbare Recht, die angebotenen Titel zum ausschlieslich personlichen Gebrauch gemas Urheberrechtsgesetz in der jeweils angebotenen Art und Weise zu nutzen."
b. die Formulierung, die dem Kunden untersagt, die Datei(en)
"fur Dritte zu kopieren"
"weiterzuverkaufen".

1.そのデータをダウンロードし、自身のローカル媒体に蓄積可能なように顧客に提供される形での、インターネットでのオーディオデータ(オーディオブック)の譲渡は、ドイツ著作権法第17条の「頒布」の要件を満たさない。

2.そのデータをダウンロードし、自身のローカル媒体に蓄積可能なように顧客に提供され、こうして可能にされたことを顧客が利用することによっては、ドイツ特許法第17条第2項の頒布権の消尽は、オーディオデータ(オーディオブック)もしくはそのコピーにおいて生じない。

3.そのデータをダウンロードし、自身のローカル媒体に蓄積可能なように顧客に提供される形での、インターネットでのオーディオデータ(オーディオブック)の譲渡が行われる場合のドイツ著作権法第17条第2項の類推適用は問題にならない。

4.そのデータをダウンロードし、自身のローカル媒体に蓄積可能なように顧客に提供される形で、物理媒体の入手をともなわず譲渡されたコンピュータプログラムに関する欧州司法裁の判例(2012年7月3日の判決(C-128/11))及びドイツ最高裁(2013年7月17日の判決(I ZR 129/08))は、オーディオデータ(オーディオブック)の同様の提供には直接的にも、原則としても適用されない。

5.そのデータをダウンロードし、自身のローカル媒体に蓄積可能なように顧客に提供される形で、インターネットでのオーディオデータ(オーディオブック)を提供する提供者の以下のような書き方をされた一般取引条件は適法である。
a.「提供において、顧客は提供された形で著作権法に従って私的目的で利用する単純な譲渡不能の権利を入手する。」という書き方。
b.顧客はデータを
「第三者にコピーすること」
「再販売すること」
を禁じられるという書き方。

 この判決のことは、golem.deの記事(ドイツ語)irights.infoの記事(ドイツ語)の記事にも書かれているが、上告は認められず、確定したとあるので、現状ドイツでは電子書籍の中古販売は法的にはほとんど許されない状況にあると言って良い。(ドイツの判決は厳密には普通の電子書籍ではなく、オーディオブックに関するものだが、プログラムに比べてこれらを区別する意味は大してないので普通の電子書籍についても全く同じことが通用するだろう。なお、上の判決や記事中で言及されている通り、同趣旨の判決として2011年11月3日のシュトゥットガルト高裁の判決や、2011年9月20日のハンブルク地裁の判決もある。)

(2)オランダの判例(2014年7月21日のアムステルダム地裁の判決)
 これに対して、2014年7月21日のオランダのアムステルダム地裁の判決では、以下のように電子書籍の中古販売を合法と認めた。

inbreuk auteursrecht/onrechtmatig handelen

...
Alleen technisch DRM vrije ePub-edities kunnen via de website van Tom Kabinet worden aangeboden. Dit zijn e-books die vooral worden verkocht door onlinewinkels als Bol.com, Ako.nl, Bruna.nl, Libris.nl en Ebook.nl. Verkoop door deze onlinewinkels vindt plaats onder de toepasselijkheid van de Algemene Voorwaarden van de Nederlandse Thuiswinkel Organisatie. Daarbij kan worden aangetekend dat de meerderheid van de legaal aangeboden e-books via deze weg wordt aangeschaft. Genoemde algemene voorwaarden kennen geen restricties met betrekking tot de gebruiksduur voor producten bestaande uit een digitale inhoud (“gegevens die in digitale vorm geproduceerd en geleverd worden”). Er is dan sprake van een consumentenkoop in de zin van artikel 7:5 BW waardoor de koper de vrije beschikking krijgt over zijn exemplaar. De hiervoor genoemde algemene voorwaarden sluiten aan bij de definitie in artikel 7:5 BW, zoals in werking getreden per 13 juni 2014. Ook hieruit blijkt dat de levering van digitale inhoud naar Nederlands recht als een consumentenkoop moet worden aangemerkt. Bij de aanschaf van een e-book via een online boekwinkel is, aldus Tom Kabinet, anders dan in het UsedSoftarrest, dan ook geen sprake van een gebruikslicentie, maar van een koopovereenkomst in de zin van boek 7 BW. De koper wordt eigenaar en heeft de vrije beschikking over hetgeen hij heeft gekocht. De koper is niet gebonden aan enige (contractuele) gebruiksrestrictie. Het UsedSoftarrest is dan in het geheel niet relevant. In dit geding kan dit arrest alleen relevant zijn bij die e-books die als DRM vrije ePub-edities direct bij de uitgever (en dus niet bij een onlinewinkel) worden aangeschaft. Ook bij een dergelijke aanschaf staat voorop dat dit als een koopovereenkomst heeft te gelden (zie het Beeldbrigade-arrest, HR 27 april 2012, IEPT20120427). In dat geval wordt echter veelal niet gesproken over “koop” maar over een gebruikslicentie voor onbepaalde tijd tegen een eenmalige vergoeding. Als hierop al uitsluitend een gebruikslicentie van toepassing zou zijn, geldt dat ingevolge het UsedSoftarrest aldus ook de eigendom wordt overgedragen. Door het ondeelbare geheel van deze gebruikslicentie en de download is de licentie gelijk te stellen aan een verkoop met eigendomsovergang op de koper, hetgeen betekent dat sprake is van uitputting van het auteursrecht. De vergoeding voor een dergelijk e-book is redelijk als bedoeld in het UsedSoftarrest omdat de prijs van een e-book in de regel niet veel lager ligt dan van een papieren boek. Tom Kabinet faciliteert legitieme transacties en kan als een tussenpersoon (host) in de zin van artikel 6:196c BW worden aangemerkt. Verkopers zijn identificeerbaar aan de hand van hun e-mailadres en de door hen opgegeven bankrekening. Die gegevens zullen niet vals of onjuist worden opgegeven omdat dan geen transactie kan plaatsvinden. Tom Kabinet voert een validatiescan uit waarmee wordt gecontroleerd of hetzelfde e-book door dezelfde verkoper reeds eerder is aangeboden. De verkoper wordt verzocht zijn eigen exemplaar te verwijderen, hetgeen een verplichting is van de verkoper, niet van Tom Kabinet. Als een exemplaar via Tom Kabinet wordt verkocht, voorziet Tom Kabinet dit exemplaar van een watermerk. Alles bij elkaar genomen garandeert dit niet dat geen illegale kopieen via Tom Kabinet kunnen worden aangeboden, maar voor een verdergaande beveiliging is medewerking van de uitgeverijen nodig, die dit hebben geweigerd. Net als bij marktplaats.nl hanteert Tom Kabinet echter een ‘notice-and-take-down’ beleid; indien zij op illegaal aanbod wordt gewezen, treedt zij daar prompt tegenop. Zij heeft, net als marktplaats.nl geen preventieve controleplicht. Tom Kabinet verricht zelf geen ‘mededeling aan het publiek’ omdat zij een e-book op haar website niet inhoudelijk toegankelijk maakt. Verder is van belang dat het UsedSoftarrest in het midden laat of het downloaden van een programma van de website een mededeling aan het publiek is in de zin van artikel 3 (1) van de Auteursrechtrichtlijn. Volgens het Hof is dit niet relevant omdat het aanbieden van de mogelijkheid tot downloaden wordt getransformeerd in een distributiehandeling. Evenmin is sprake van een inbreukmakende verveelvoudiging als bedoeld in de Auteurswet. Tom Kabinet pleegt zelf geen reproductiehandelingen. Ook het uploaden van een e-book door de verkoper ervan is geen inbreukmakende verveelvoudiging in de zin van de Auteurswet of Auteursrechtrichtlijn, aldus Tom Kabinet.
...

Gelet op hetgeen hiervoor is overwogen is de voorzieningenrechter voorshands van oordeel dat Tom Kabinet in dit geding een verdedigbaar standpunt heeft ingenomen. Uit de wederzijdse standpunten en de Nederlandse juridische literatuur blijkt dat op dit moment niet met zekerheid kan worden gezegd wat de reikwijdte van het UsedSoft arrest is en of de betekenis van dit arrest zich ook uitstrekt tot de handel in e-books. Dat in buitenlandse rechtspraak (vooral in Duitsland) tot nu toe is geoordeeld dat het online ter beschikking stellen van werken, niet zijnde software, niet tot uitputting leidt, acht de voorzieningenrechter in dit geval niet doorslaggevend. Voor de hand ligt dat, zoals Tom Kabinet ook heeft betoogd en in een op onderdelen vergelijkbare bodemprocedure voor de rechtbank te Den Haag mogelijk zal geschieden, hierover in een bodemprocedure prejudiciele vragen worden gesteld. Bij deze bestaande onzekerheid acht de voorzieningenrechter de door het NUV en GAU gevraagde voorzieningen, mede gelet op hetgeen onder 4.5 is overwogen over het niet bereid zijn tot het voeren van enig overleg door het NUV en GAU, niet op zijn plaats. Gelet op het voorgaande kan vooralsnog evenmin worden geoordeeld dat Tom Kabinet onrechtmatig handelt door de handel in tweedehands e-books op haar website te faciliteren. De gevraagde voorzieningen zullen dan ook worden geweigerd.
...

著作権侵害/適法行為

(中略)
全ての技術的DRMフリー電子出版物はトムキャビネットのウェブサイトを通じて提供され得る。それは、Bol.comやAko.nl、Bruna.nl、Libris.nl、Ebook.nlのようなオンラインショップを通じて販売された電子書籍である。これらのオンラインショップを通じた販売は、オランダの市場販売の一般条件に適合している。ここで合法な電子書籍の提供の多くがこのようなやり方でされていることにも注意するべきである。取られている一般的な条件において、(「デジタル形式で製作され、提供されたデータ」である)デジタルコンテンツからなる製品の利用期間に関する制限をすることはできない。すなわち、自身の本については、民法第7章第5条の、自由な処分ができる購入条件に関する消費者購入の規定がある。ここで取られる一般的な条件は、2014年6月13日から施行されている所の民法第7章第5条に規定されている。すなわち、デジタルコンテンツの提供はオランダ法における消費者購入であり得ることが示される。トムキャビネットのような、オンラインブックショップを通じた提供は、ユーズドソフト判決における場合とも異なり、利用ライセンス規定にもよらず、民法第7章の購入契約による。購入者はその購入したものに対する自由な処分ができる所有者となる。購入者が、(契約によって)何かしら利用を制限されることはない。よって、ユーズドソフト判決は一般的に関係して来る訳ではない。本手続きにおいて、この判決はDRMフリー電子出版物として(オンラインショップからにおいてではなく)直接出版社から提供されている電子書籍の場合にのみ関係して来るであろう。このようなものにおいてはまず購入契約が通用する(2012年4年27日のBeeldbrigade判決参照)。この場合においては、それは「販売」ではなく、1回の料金による期限のない利用ライセンスと言われるであろう。ここで利用ライセンスが有効に締結されたとき、結果としてユーズドソフト判決が所有権の場合同様に適用される。このダウンロードの利用ライセンスの分割不可能な一体性から、このライセンスは、著作権の消尽が意味を持つ、所有権を購入者へ譲渡する販売に等しい。電子書籍の価格が基本的に紙の本より大幅に安いものではないことからも、このような電子書籍の対価について、ユーズドソフト判決で検討されている通りのことが妥当する。トムキャビネットが、民法第6章第196c条の仲介者(ホスティング者)として合法の取引を容易にしていることが注意されなければならない。販売者は、その電子メールと知らされた銀行口座を通じて特定可能である。そのデータは不正な場合のものであってはならず、そのようなものの取引が行われてはならない。トムキャビネットは同じ販売者によって同じ電子書籍が以前に既に提供されていないかどうかを管理する有効性チェックをまず行っている。販売者は自身の本を削除することを求められるが、それは販売者の義務であって、トムキャビネットの義務ではない。トムキャビネットを通じて本が販売されるとき、トムキャビネットはその本にウォーターマークをつけている。全ての点でトムキャビネットを通じて違法コピーが提供されないことが保証されている訳ではないが、より確かな保護のためには出版社との協力が必要となるところ、彼らはそれを拒絶している。そして、marktplaats.nlにおいてトムキャビネットは確かに「ノーティス・アンド・テイクダウン」ポリシーを用いており、そこで、違法に提供されたものはすぐに対策される。marktplaats.nl同様トムキャビネットに予防管理義務はない。トムキャビネットは、自らそのウェブサイト上で電子書籍をアクセス可能としているような「公衆送信」を行っている訳ではない。また、ユーズドソフト判決が、後半でウェブサイトからのプログラムのダウンロードを著作権指令の第3条第1項における公衆送信であるとしたことは重要である。当裁判所は、このダウンロードを可能とする提供が頒布行為となることはないと判断する。また、著作権法には侵害となる複製の規定がある。しかし、トムキャビネットは自身複製行為を行っている訳ではない。そこにおける販売者による電子書籍のアップロードも、トムキャビネット同様、著作権指令上の著作権法における侵害となる複製ではない。
(中略)

上記のことに基づき、当裁判所は、トムキャビネットは本手続きにおいて十分擁護されるべき立場を持つと判断する。様々な立場でもオランダにおける法律文献でも、ユーズドソフト判決の範囲とこの判決の原則が電子書籍の取引にも適用されることについて現時点ではっきりと言い切っているものはない。外国の判例(特にドイツにおけるもの)における判断は、オンラインで入手可能とされた作品は、ソフトウェアでないものは、消尽しないというものであるが、当裁判所の考えでは、本ケースに適用されることはない。ハーグ裁判所における同様の本訴訟においてトムキャビネットが主張している通り、本訴訟においてさらに予備的請求が可能なのは当然である。当裁判所の考えでは、NUV及びGAU(訳注:オランダの著作権団体)が求めていることは、NUV及びGAUがしようとしなかったことについて上の4.5で検討したことからも、適切なものではない疑いがある。上記のことから、今までのところ、トムキャビネットがそのウェブサイト上で電子書籍の中古取引を容易にしたことで違法な行為をしたと認めることはできない。したがって、申し立ては却下されるべきである。
(後略)

 オランダの裁判所の判断もまだ地裁レベルの話であり、今後どうなるかは何とも分からないが、これが一般的な形で電子データの中古販売を認めた世界でも珍しい判決であることは間違いない。ただ、上で翻訳した部分を見ても分かるように、販売時のライセンス契約よりもオランダ民法の契約規定が優先するとしたこと、中古販売業者がDRMにより不正コピー対策をしていたこと、権利者団体側が始めから相手に対して全く聞く耳を持たないかなり横暴な対応をしたことの全てが重なってこのような判断になったと考えられることは特に注意が必要だろう。

 物理媒体に固定された物の中古販売が権利者の許諾なく認められることについては既に世界的にほぼ一致しているものの、物理媒体を介さずに販売・購入された電子データの中古販売について法的にどう判断するかということはまだこれからの問題である。

 直接電子データとしてコンテンツを販売・購入することが普及しつつある中、消費者からすると、購入したものがCDなら中古販売ができるが、電子データそのものだと中古販売ができないというのはかなり納得の行かないものがあり、私自身は電子データの中古販売ももっと認めて行って良いのではないかと思っているが、オランダの判決がかなり端的に示しているように、電子データ自体の中古販売が認められるためには、

  • 購入電子データにDRMがかかっていないこと(またはDRMをかけることが規制されているか、何らかの形で外せるか、かけたまま譲渡が可能であるか)
  • 契約法または電子商取引法で、購入電子データの再販売等を契約では拘束できないとされること(契約法または電子商取引法は国によってかなり異なる)
  • 結果として、電子データにおける消尽が認められること(消尽は、知的財産権は1つの対象について1回のみ行使できるとする基本原則、原則としてはほぼ世界共通だが国によって扱いが多少異なる)
  • 中古販売業者等の関係者が法的に十分と評価されるだけの不正コピー対策をすること(DRMの法的評価も国によって濃淡がある)

という全ての条件が満たされることが必要となるので、甘い見通しは全く持っていない。

 欧州でも複数の国で欧州司法裁の判決の評価が分かれるという事態に立ち至っているので、オランダを筆頭に各国でさらに揉めた上で一般的な購入電子データの中古販売について欧州連合(EU)法上でどう考えるべきかという質問が再度欧州司法裁に投げられることになるのではないだろうか。

 昨今の消費者・利用者に厳しい著作権判例動向を考えても日本で電子データ自体の中古販売をする者はなかなか出て来ないだろうし、電子データ自体の販売・購入が普及して行く中、消尽という知的財産権の根本原則の1つをそれと関係してどう捉え直すかというこの非常に難しい問題について世界的に見通しがそれなりに立つまでにあと5年か10年くらいは余裕でかかるのではないかと私は思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第319回:二次創作規制の緩和を言うクールジャパン提言