2015年3月 5日 (木)

第333回:TPP交渉の透明化と著作権の権利制限の拡充を唱える国連の報告

 去年、2014年12月24日に文化的権利分野における特別報告官であるファリーダ・シャヘード氏が国連人権理事会に提出した、著作権政策と科学及び文化への権利に関する報告(doc)が国連人権高等弁務官事務所のホームページで公開されている。この報告は今のところ国内外で大きな反響を呼んでいないようだが、非常に興味深い内容を含んでいるので、今回はこの報告のことを取り上げたい。

 この報告(doc) の要約には、以下のように書かれている。(以下、全て翻訳は拙訳。)

The Special Rapporteur in the field of cultural rights, Farida Shaheed, submits the present report in accordance with Human Rights Council resolution 19/6.

In the present report, the Special Rapporteur examines copyright law and policy from the perspective of the right to science and culture, emphasizing both the need for protection of authorship and expanding opportunities for participation in cultural life.

Recalling that protection of authorship differs from copyright protection, the Special Rapporteur proposes several tools to advance the human rights interests of authors.

The Special Rapporteur also proposes to expand copyright exceptions and limitations to empower new creativity, enhance rewards to authors, increase educational opportunities, preserve space for non-commercial culture and promote inclusion and access to cultural works.

An equally important recommendation is to promote cultural and scientific participation by encouraging the use of open licences, such as those offered by Creative Commons.

 文化的権利分野の特別報告官ファリーダ・シャヘードは、人権理事会決議19/6に沿い、本報告を提出する。

 本報告において、特別報告官は、著作者の権利の保護及び文化的生活への参加の機会の拡大を強調しつつ、科学及び文化への権利の観点から著作権法及び政策を調査した。

 著作者の権利の保護は著作権の保護とは異なることを思い起こしつつ、特別報告官は、著作者の人権上の利益を高める幾つかのツールを提案する。

 特別報告官は、新たな創作に力を与えるために著作権の例外及び制限を拡大し、著作者への報償を増やし、教育の機会を増大し、非商業的文化の余地を維持し、文化的著作物への参入及びアクセスを推進することを提案する。

 同じく重要な提案は、クリエイティブコモンズによって提供されているもののようなオープンライセンスの利用の促進により文化的及び科学的参加を推進することである。

 この要約でも十分簡にして要を得ていると思うが、例えば、報告の第19段落で、

19. Considerable concern is expressed today about an apparent democratic deficit in international policymaking on copyright. Of particular concern is the tendency for trade negotiations to be conducted amid great secrecy, with substantial corporate participation but without an equivalent participation of elected officials and other public interest voices. For example, the recent negotiations around the Anti-Counterfeiting Trade Agreement and the Trans-Pacific Partnership have involved a few countries negotiating substantial commitments on copyright policy, without the benefit of public participation and debate. In contrast, treaty negotiations in WIPO forums are characterized by greater openness, participation, and consensus-building. Regardless of the forum, concern is often expressed that powerful parties may use international rule-making to restrict domestic policy options, advancing private interests at the expense of public welfare or human rights.

19.今日、著作権に関する国際的政策決定における民主主義に対する明らかな欠陥について非常に大きな懸念が表明されている。貿易交渉が、実質的に企業が参加しながらも選出議員や他の公衆の利益の声に同等の参加の余地はないまま、ごく秘密裏に進められている傾向について特に懸念がある。例えば、海賊版対策条約(ACTA)や環太平洋連携協定(TPP)を巡る最近の交渉は、公衆の参加や議論による支持をともなうことなく、わずかな交渉国で著作権政策への実質的なコミットメントについての交渉をしている。これに対し、WIPOの場における条約交渉はよりオープンで、より広く参加が行われ、より広い合意形成がされている。場にかかわらず、力のある関係者が、国際的なルール形成を利用して国内政策の幅をなくし、公共の福祉又は人権を犠牲にしながら私的な利益を推し進めているという懸念も良く表明されている。

と、ACTAやTPP交渉の秘密主義を名指しで批判し、第51段落で、

51. The Special Rapporteur received a number of contributions, which expressed the concerns of copyright holders about the threat cultural industries face due to digital piracy enabled by evolving digital technologies. Proposals to address that situation as related to the Internet include website blocking, content filtering and other limits on access to content subject to copyright, as well as the liability imposed on intermediaries for infringing content disseminated by users. In the view of the Special Rapporteur, such measures could result in restrictions that are not compatible with the right to freedom of expression and the right to science and culture. Additional concern is expressed over the deployment of aggressive means of combating digital piracy, including denial of Internet access, high statutory damages or fines and criminal sanctions for non-commercial infringement. There are also issues of piracy unrelated to the Internet. In the Special Rapporteur’s opinion, that important topic requires additional study from a human rights perspective.

51.特別報告官は、発展するデジタル技術によって可能となったデジタル海賊行為のために文化産業が直面する脅威についての権利者の懸念を表明する意見も多く受け取った。インターネットに関係するものとして、この状況に対応する提案は、ウェブサイトブロッキング、コンテンツ・フィルタリング、著作権の対象となるコンテンツへのアクセスに対するその他の制限並びにユーザーによって拡散される侵害コンテンツについて仲介者に課される責任などを含んでいる。特別報告官の見解では、このような措置は、表現の自由並びに科学及び文化への権利と合致しない制約をもたらすものになり得る。インターネットアクセスの否定、非営利侵害に対する高額の法定賠償又は罰金及び刑罰のような、デジタル海賊行為に対抗するための攻撃的な手段の開発に対してもさらに懸念を表明する。インターネットとは関係ない海賊行為の問題もある。特別報告官の意見では、このような重要なトピックには人権の観点からの研究をさらに必要とする。

と、表現の自由などの観点からブロッキングやストライクポリシーを否定し、第73段落で、

73. A few countries have a more expansive and flexible exception or limitation, commonly referred to as “fair use”. Such provisions authorize courts to adapt copyright law to permit additional unlicensed uses that comply with general standards of fairness to creators and copyright holders. For example, the fair use doctrine in the United States encompasses protection for parody and certain educational uses. It has also been interpreted to permit a search engine to return thumbnail-sized images as part of its search results and to protect technology manufacturers from liability where consumers record a television show to watch later. Most States do not have such broad and flexible exceptions and limitations; instead each specific type of allowable use is listed in the statute. While enumerated provisions may provide greater clarity regarding permitted uses, they may also fail to be sufficiently comprehensive and adaptable to new contexts.

73.わずかな国々が、一般的に「フェアユース」と呼ばれるより幅があり柔軟な例外又は制限を有している。このような規定は、創作者と権利者に対する公平性の一般基準と合致する追加の非ライセンス利用著作権法において認めることを裁判所に可能とする。例えば、アメリカにおけるフェアユース原理はパロディやある種の教育利用の保護を含んでいる。それはまた、検索エンジンが検索結果の一部としてサムネイルサイズの画像を返すことを許し、消費者がテレビ番組を後で見るために録画することの責任に対して技術メーカーを保護していると解釈されている。それ以外では、許される利用の特別な型がそれぞれ法律に列挙されている。列挙された規定は、許される利用に関してより大きな明確性を与えるだろうが、十分に包括的ではなく、新たな文脈への順応性がないということもあるだろう。

と、フェアユースの導入を推奨するなど、この報告は非常に良くポイントを突いたものとなっている。

 さらに、多少長くなるが、全体のまとめとして、最後の結論の部分も訳出しておくと以下のようになる。

VI. Conclusion and recommendations

90. The human rights perspective focuses attention on important themes that may be lost when copyright is treated primarily in terms of trade: the social function and human dimension of intellectual property, the public interests at stake, the importance of transparency and public participation in policymaking, the need to design copyright rules to genuinely benefit human authors, the importance of broad diffusion and cultural freedom, the importance of not-for-profit cultural production and innovation, and the special consideration for the impact of copyright law upon marginalised or vulnerable groups.

91. The Special Rapporteur draws the following conclusions and makes the following recommendations.

Ensuring transparency and public participation in law-making

92. International intellectual property instruments, including trade agreements, should be negotiated in a transparent way, permitting public engagement and commentary.

93. National copyright laws and policies should be adopted, reviewed and revised in forums that promote broad engagement, with input from creators and the public at large.

Ensuring the compatibility of copyright laws with human rights

94. International copyright instruments should be subject to human rights impact assessments and contain safeguards for freedom of expression, the right to science and culture, and other human rights.

95. Such instruments should never impede the ability of States to adopt exceptions and limitations that reconcile copyright protection with the right to science and culture or other human rights, based on domestic circumstances.

96. States should complete a human rights impact assessment of their domestic copyright law and policy, utilizing the right to science and culture as a guiding principle.

97. National courts and administrative bodies should interpret national copyright rules consistently with human rights standards, including the right to science and culture.

98. Copyright laws should place no limitations upon the right to science and culture, unless the State can demonstrate that the limitation pursues a legitimate aim, is compatible with the nature of this right and is strictly necessary for the promotion of general welfare in a democratic society (art. 4 of the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights). Standards applicable to restrictions on freedom of expression must also be duly taken into consideration. In all cases, the least restrictive measure shall be adopted.

Protection of the moral and material interests of authors

99. The right to protection of authorship is the right of the human author(s) whose creative vision gave expression to the work. Corporate right holders must not be presumed to speak for the interests of authors. Both professional and amateur creators must be empowered to have a voice and influence over copyright regime design.

100. Merely enacting copyright protection is insufficient to satisfy the human right to protection of authorship. States bear a human rights obligation to ensure that copyright regulations are designed to promote creators' ability to earn a livelihood and to protect their scientific and creative freedom, the integrity of their work and their right to attribution.

101. Given the inequality of legal expertise and bargaining power between artists and their publishers and distributors, States should protect artists from exploitation in the context of copyright licensing and royalty collection. In many contexts, it will be most appropriate to do so through legal protections that may not be waived by contract. Enforceable rights of attribution and integrity, droit de suite, statutory licensing and reversion rights are recommended examples.

102. States should further develop and promote mechanisms for protecting the moral and material interests of creators without unnecessarily limiting public access to creative works, through exceptions and limitations and subsidy of openly licensed works.

103. Copyright law is but one element of protection of authorship. States are encouraged to consider policies on labour practices, social benefits, funding for education and the arts, and cultural tourism from the perspective of that right.

Copyright limitations and exceptions and the "three-step test"

104. States have a positive obligation to provide for a robust and flexible system of copyright exceptions and limitations to honour their human rights obligations. The "three-step test" of international copyright law should be interpreted to encourage the establishment of such a system of exceptions and limitations.

105. States should consider that exceptions and limitations that promote creative freedom and cultural participation are consistent with the right to protection of authorship. Protection of authorship does not imply perfect authorial control over creative works.

106. States should enable allowance for uncompensated use of copyrighted works, in particular in contexts of income disparity, non-profit efforts, or undercapitalized artists, where a requirement of compensation might stifle efforts to create new works or reach new audiences.

107. States should ensure that exceptions and limitations cannot be waived by contract, or unduly impaired by technical measures of protection or online contracts in the digital environment.

108. At the domestic level, judicial or administrative procedures should enable members of the public to request the implementation and expansion of exceptions and limitations to assure their constitutional and human rights.

109. WIPO members should support the adoption of international instruments on copyright exceptions and limitations for libraries and education. The possibility of establishing a core list of minimum required exceptions and limitations incorporating those currently recognized by most States, and/or an international fair use provision, should also be explored.

110. WTO should preserve the exemption of least developed countries from complying with provisions of the TRIPS Agreement until they reach a stage of development where they no longer qualify as least developed countries.

Adopting policies fostering access to science and culture

111. Open access scholarships, open educational resources and public art and artistic expressions are examples of approaches that treat cultural production as a public endeavour for the benefit of all. Those approaches complement the private, for-profit models of production and distribution and have a particularly important role.

112. The products of creative efforts subsidized by governments, intergovernmental organizations or charitable entities, should be made widely accessible. States should redirect financial support from proprietary publishing models to open publishing models.

113. Public and private universities and public research agencies should adopt policies to promote open access to published research, materials and data on an open and equitable basis, especially through the adoption of Creative Commons licences.

Indigenous peoples, minorities and marginalized groups

114. Creativity is not a privilege of an elite segment of society or professional artists, but a universal right. Copyright law and policy must be designed with sensitivity to populations that have special needs or may be overlooked by the marketplace.

115. States should institute measures to ensure that all people enjoy the moral and material interests of their creative expressions and to prevent limitations, such as geography, language, poverty, illiteracy, or disability, from blocking full and equal access to, participation in and contribution to cultural and scientific life.

116. States should ratify the Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works for Persons Who Are Blind, Visually Impaired, or Otherwise Print Disabled, and ensure that their copyright laws contain adequate exceptions to facilitate the availability of works in formats accessible to persons with visual impairments and other disabilities, such as deafness.

117. States should adopt measures to ensure the right of indigenous peoples to maintain, control, protect and develop their intellectual property over their cultural heritage, traditional knowledge, and traditional cultural expressions.

118. Further studies should be undertaken to examine what reforms are needed to better enable access to copyrighted materials in all languages, at affordable prices.

The right to science and culture and copyright in the digital environment

119. All stakeholders should devote more focused discussion on how best to protect the moral and material interests of authors in the digital environment, taking care to avoid a potentially disproportionate impact on the rights to freedom of expression and cultural participation.

120. Alternatives to criminal sanctions and blocking of contents and websites for copyright infringement should be envisaged.

Ⅵ.結論及び勧告

90.人権の観点から、著作権が主に貿易の意味でのみ扱われるときに見失われ得る次のような重要なテーマが注目される:知的財産権の社会的機能及び人的側面、危うくなっている公共の利益、政策決定における透明性及び公衆参加の重要性、自然人の著作者を純粋に益するよう著作権の規則を設計する必要性、広い普及と文化的自由の重要性、非営利の文化的製作及び革新の重要性、並びに非主流の又は脆弱な集団に対する著作権法の影響に対する特別の考慮。

91.特別報告官は以下の結論を引き出し、以下の勧告を作成した。

立法における透明性と公衆参加の確保

92.貿易協定を含む、国際的な知的財産権のツールについては、公衆の参加及びコメントを可能としながら、透明な形で交渉されるべきである。

93.国内の著作権法及び政策は、創作者及び広く公衆からの入力を受け、広い参加を促すよう、公開の場で採用され、見直され、改正されるべきである。

著作権と人権の整合性の確保

94.国際的な著作権のツールは、人権に関する影響の評価に従い、表現の自由、科学及び文化への権利及び他の人権に対する人権の保障を含むべきである。

95.このようなツールは、国内の状況に基づき、著作権の保護と科学及び文化への権利又は他の人権とを合致させる例外及び制限を採用する各国の能力を損なうものであってはならない。

96.各国は、科学及び文化への権利を主導的原理としつつ、その国内の著作権法及び政策の人権に対する影響の評価を遂行するべきである。

97.国内の裁判所及び行政機関は、科学及び文化への権利を含め、人権の基準に合致する形で国内の著作権規則を解釈するべきである。

98.著作権法は、その制限が正当な目的を追求するものであって、その権利の性質と合致し、民主的社会における公共の福祉の促進に厳密に必要なものでない限り、科学及び文化への権利の制限を作り出すべきではない(経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の第4条)。表現の自由の制限に適用される基準もきちんと考慮に入れられなければならない。あらゆるケースにおいて、最も制約的でない手段が採用されるべきである。

著作者の人格的及び財産的利益の保護

99.著作者の権利の保護は、その創作的構想力が著作物に表現を与えた自然人である著作者の権利である。法人の権利者は著作者の利益について当然に話してはならない。職業的及び非職業的な創作者がともに著作権制度の設計に対して発言力及び影響力を持たなければならない。

100.単に著作権の保護を法制化することは、著作者の権利の保護についての人権を満足させるに不十分である。各国は、著作権の規則が創作者の生計を稼ぐ能力を促進し、その科学的及び文化的自由、その著作物の完全性並びに帰属に関する権利を保護するよう設計されることを確保するよう人権上の義務を負っている。

101.芸術家とその出版社及び頒布者の間の法的な専門の知見及び交渉力の差があることから、各国は、著作権ライセンス及びロイヤリティ徴収の文脈における利用において芸術家を保護するべきでわる。多くの文脈において、契約によって回避されることのない法的な保護を通じてそうされることがほぼ適切であろう。帰属と完全性の行使可能な権利、追及権、法定ライセンス及び復帰権は勧められる例である。

102.各国は、例外及び制限並びにオープンライセンス著作物の補助を通じて創作的著作物への公衆のアクセスを不必要に制限することなく創作者の人格的及び財産的利益を保護する仕組みをさらに発展させ、促進するべきである。

103.著作権法はそれでも著作者の権利の保護の一つの要素である。各国は、この権利の観点から、労働実務、社会的便益、教育及び芸術に対する財政支援及び文化観光を検討することを促される。

著作権の制限及び例外並びに「3ステップテスト」

104.各国は、その人権に関する義務を遵守するために著作権の例外及び制限の堅牢で柔軟な法制を規定する積極的な義務を有している。国際著作権法の「3ステップテスト」は、このような例外及び制限の法制の確立が促されるよう解釈されなければならない。

105.各国は、創作の自由及び文化的参加を促進する例外及び制限は創作を保護する権利と合致するものであることを考慮するべきである。創作の保護は創作的著作物への完全な著作者によるコントロールを与えることを意味しない。

106.各国は、特に、補償の要求が新たな著作物を創作するためかさらなる聴衆に届けるための努力を抑圧するであろう、収入の格差、非営利の努力又は資本の不十分な芸術家の文脈において、著作物の補償を受けない利用を認めるようにするべきである。

107.各国は、例外及び制限が契約によって避けられたり、技術的保護手段又はデジタル環境におけるオンラインの契約によって不当に損なわれたりし得ないことを確保するべきである。

108.国内において、司法又は行政手続きにより、公衆の構成員に憲法上の人権を確保するための例外及び制限の実施及び拡大を求めることを可能とするべきである。

109.WIPO加盟国は、図書館及び教育のための著作権の例外及び制限についての国際的ツールの採用を支援するべきである。ほとんどの国によって現在認められているそれを実現するのに最低限必要となる例外及び制限の中核リストを確立すること及び及び/又は国際的なフェアユース規定も検討するべきである。

110.WTOは、それらが少なくとも発展途上国ともはや評価されなくなる発展段階に達するまで、TRIPS協定の規定への合致への後発開発途上国への免除を維持するべきである。

科学及び文化へのアクセスを促す政策の採用

111.オープンアクセスの奨学金、オープンな教育資金並びに公的な芸術及び芸術的表現は、文化的な製作を皆の便益とするための公的な試みと見られるアプローチの例である。このようなアプローチは、製作及び頒布の私的な、営利モデルを補完するものであり、特別に重要な役割を有している。

112.政府、政府間機関又は慈善団体により補助された創作的な努力の製作物は、広くアクセス可能とされるべきである。各国は、自己出版モデルからオープンな出版モデルへ資金的支持を転換するべきである。

113.公立及び私立の大学及び公的研究機関は、特にクリエイティブコモンズライセンスの採用により、オープンで公正な基礎に基づき、公開された研究、素材及びデータへのオープンなアクセスを促進する方針を採用するべきである。

先住民、少数派及び非主流の集団

114.創作は、社会又は職業芸術家の選ばれた部門の特権ではなく、普遍的な権利である。著作権法及び政策は、特別な必要性を持つか、市場に見過ごされているであろう人々に気を配る形で設計されなければならない。

115.各国は、全ての人々がその創作的表現の人格的及び財産的な利益を享受することを確保し、地理、言語、貧困、リテラシー又は障害のような制約から、文化的及び科学的生活への完全かつ平等なアクセス、参加及び貢献を阻害することがないようにする手段を設けるべきである。

116.各国は、視聴覚障害者又は他の出版物についての障害者のために公開された著作物へのアクセスを容易にするためのマラケシュ条約を批准し、その著作権法が視覚障害者及び聴覚障害者のような他の障害者にアクセス可能な形式で著作物を入手可能とすることを容易にする適切な例外を含むことを確保するべきである。

117.各国は、その文化的遺産に対するその知的財産権を維持、管理、保護及び発展させるために、先住民の権利を保障する手段を採用するべきである。

118.さらなる研究に取り組み、あらゆる言語において、手頃な価格で、著作権による保護を受ける物へのアクセスをより可能とするのにどのような改革が必要かについて調査するべきである。

科学及び文化への権利並びにデジタル環境における著作権

119.全利害関係者は、表現の自由及び文化的参加に関する権利へのバランスを欠き得る影響を避けるよう注意しながら、デジタル環境において著作者の人格的及び財産的利益を保護する最善の方法についてさらに集中的に議論に注力するべきである。

120.著作権侵害に対する刑事罰並びにコンテンツ及びウェブサイトのブロッキングへの代替案を検討しなければならない。

 国連やユニセフは児童ポルノ規制に関しておよそロクでもないことばかり言っていたりするので、国連だからどうこうと言うつもりはさらさらないのだが、上で訳した部分を見ても分かる通り、著作権政策に絡む国際協定交渉の透明化、著作権侵害を理由としたブロッキングやストライクポリシーの禁止、フェアユース導入を含む権利制限の拡充、法人権利者による不当に大きな政治力行使の抑制、オープンライセンスの推進など、このように非常に良くポイントを突いた提案を含む報告が国連においてされるということは、著作権と表現の自由など他の人権との抵触がかなり先鋭化して来ていることを示すものとは言えるだろう。

 上で書いた通り、この報告は国内外で注目されている様子があまりなく、どれほど影響があるかは未知数であり、国内の関係者がどれほど知っているかも私には良く分からないが、特に今なお極秘裏に進められているTPP交渉の透明化についてなどいくら言っても言い過ぎということはない。TPP交渉について、リーク文書などから見て破綻が最も望ましいと考えていることに変わりはないが、さもなくば速やかに交渉内容を公開するとともに、その内容の検討に広く参加できるようにしてもらいたいと私も強く願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第332回:電子書籍の中古販売に関するオランダの控訴審判決